FC2ブログ

わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一皮、剥いてきました

本当に。

 先日、ドッグパークの催しの際の抽選で、「グリコール・フェイシャル・ピール」たるギフト券を当てました。Facial Peelというとおり、グリコール酸入の水のジェット噴射で顔の表面の古い角質や老廃物を取り除き、その後、保護クリームを塗ってくれるんだそうです。価値は$150なり。肌のくすみやニキビ跡、小じわを改善して、美肌・美白・若返り効果があるんだそうだ。「Peel」ってことは、剥くの~?!と、やや驚きつつ、むか~し観た映画「世界残酷物語」のシーンを思い浮かべてガクブルしつつも、折角150ドル相当が当たったんだから使わにゃ損!と、恐れ恐れながら決行してみたのです。で、30分ほどのプロセスの後で鏡を見ても、劇的な違いは感じられず。ま。そりゃそうか。でも、分厚いツラの皮が少しは薄くなったかな?

 ジェット噴射を受けている間はチクチク、その後、肌を鎮めるクリームを塗ってもらって暗い部屋で放置されている間はヒリヒリ。美しくなるには我慢が必要なのね~、と、実感した30分間でした。でも、機具やオフィスのセッティング等の初期費用は高そうだけど、30分で150ドルって、結構良い商売じゃない?などと、下世話な詮索を巡らせるわたくし。流行っているようで、平日なのに、かなり忙しそうでしたし。私が契約している翻訳のエージェントの一つは、美容業界専門の翻訳を行っているのですが、日本への輸入向け製品の翻訳では、アンチ・エイジング系が圧倒的に多いのですよね。この、顔剥き(←日本語にすると、さも恐ろしげ)も、効能としてアンチ・エージングが大きいそうだし、永遠に美しくvは、万国の女性の見果てぬテーゼなのねぇ~

 ところで、顔の皮を剥くとはいっても、既に剥がれかけた表面の薄皮を吹き飛ばす程度で、モンド映画みたいに全部剥がしちゃうんではありません…って、当たり前か!でも、折角美しく(?)なったのに、その後、外に出たら日光サンサンで、いきなり日焼けしたよ…orz



Amazon.comでLady Gagaのニューアルバムが99セントだったんでDLしたよv
スポンサーサイト
  1. 2011/05/26(木) 21:59:40|
  2. わにの傾向と対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

清々しい人間になりたい

 洗濯、朝からひたすら洗濯。年末に来ていた駆け込み案件を月曜までに仕上げねばならないので、仕事しながら合間に洗濯。旅行の後は、洗い物が大変なんだよね…orz

 出かける前に冷蔵庫をカラにしたのに、今日のうちに買い物に行かなかったので、晩ご飯が何もない(><)んで、外に食べに出ることに。本当は、話題の「アバター」を見て、ついでに軽く食べて…の予定だったのですが、IMAX3Dのチケットは、二時過ぎには本日分完売だって。大人気だとは知っていたけど、公開後既に数週間経っているのに、この客入りは凄い。仕方ないんで、明日のチケットを買って今日のところは撤退し、列の出来ているモール内のレストランも避けて、近所のハウス食品経営のカレーのチェーン店へ行きました。一応は、お正月なので和食(?)

 カレーは日本人にとっては、心休まる懐かしい味、Comfort Foodだと思います。Wikipediaにもそう書いてある…って、なんか急にWikimediaから、寄付を有難うってメールが来てて驚いたよ。わに夫が、いつもお世話になってるからって寄付したんだけど、なんで私の名前でするかね?

 と、話が逸れたけど、そのカレー屋さんで、テキパキと動き回る給仕さんに感心しました。アメリカのレストランと、何が違うのかはっきり判らないけど、どこかが違う。特に日本人女性の店長さん(?)、ハキハキした口調と態度、ニコニコと笑顔を崩さず、さり気なくお客を気遣う様子が、とても清々しく、同時にプロフェッショナリズムを感じさせて、見習いたいものだと思いました。カレーを食べて、新年早々、いい刺激を得てしまった。お客を心遣うという、日本の接客業の基本を、今一度、考えさせるひと時でした。私も、ハキハキ、テキパキ、さりげない心遣いを目指して、精進したいものだ…と、新年の抱負を語って、今日はおしまい。
  1. 2010/01/02(土) 21:17:41|
  2. わにの傾向と対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

親知らず抜歯の顛末

 昨日、親知らずを抜いてもらいました。先週、歯の検診に行った時、問題になる前に抜いた方が良いと、今の家の近所の抜歯専門医さんを紹介していただき、月曜に相談に行ったら、ちょうど昨日の朝にキャンセル開きがあるというので、なにやら心の準備も出来ていないうちに、怒涛の如く話が進んで、今に至る、なのです。

 抜いたのは上の二本、麻酔をするので、6時間前から水を含めた一切の飲食禁止。全身麻酔は初めてなので、不安と同時に、もしかして途轍もなく奇天烈な夢でも見るんではないかと、密かに期待。治療室に入って、普通の歯医者さんの治療椅子と変わらないような椅子に座って、はい、ちょっとチクリとしますからね、と、右腕に針を差し込まれて --- で、次に気が付いたら、全てが終わってました。麻酔、畏るべし… 全く新しい世界が開けるかと思ったのに~、と、言ったら、麻酔医さんが、「そりゃ、Medical Pot(医療用マリファナ)でしょー」と、アブない冗談で返してくれました。

 術後はフラフラで自力で帰宅なんか出来ないといわれたので、わに夫にはお休みを取ってもらって運転手さんに。確かに、わに夫にドクターが何やら説明している間も、意識朦朧。今日は安静に、と、言われたんだけど、家帰って、横になったら途端に爆睡でした。途中、何度かフラフラ起きて水を飲んだり、お手洗いに行く以外は、ずーっと寝ていたので、ほぼ丸一日、寝ていたことに?!歯医者さんのオフィスから、痛みはないですか?と、お電話がありましたが、寝てばかりなんで、痛みも何も…って、状態です。こんなに寝てばっかりでいいんですか?と、尋ねると、痛み止めの薬も、抗生物質も、眠くなる成分が入ってるので、よく効いてるんでしょう、じゃ、お大事に~、と、軽い対応。そうか、親知らずを抜くと大変というのは、その後丸一々前後不覚に陥るから大変ってことだったのか!と、悟りを開いて、また寝る。今は、保冷パックをほっぺの両方に当てて、タオルで結んで、漫画みたいな状態ですが、あまり痛みは感じないので、こんなモノかぁ~って感じです。

 とまぁ、ちょっとした、日常アドベンチャーな1日でした(←寝てるのにアドベンチャー?)歯
  1. 2009/10/21(水) 22:23:26|
  2. わにの傾向と対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

わににスマートフォン

 わに夫が片身離さず持ち歩いているブラックベリーが瀕死状態に。今朝、休日の朝一番にわに夫、携帯電話屋へと駆け込みました。で、新しいブラックベリーを一つ買ったら、もう一台タダ!ってんで、私のも替えてきた。今の携帯ですら、使いこなせてないのに...

 新携帯は、Blackberry Storm。タッチパネル式で、日本語のメールも読めるようになったのが、大きな進化です。ウェブもブラウズできる筈なんだけど、私の知識が、未だ、そこまで至らず。それにしても、携帯電話がどんどんデカく、重くなっていくなぁ...

こんなの


 最初にしたことは、愛する犬猫たちの写真を撮って、待ち受け画面に設定すること。機能色々のスマートフォンも、わににとっては猫に小判、豚に真珠...かも...orz
  1. 2009/09/26(土) 20:35:28|
  2. わにの傾向と対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

こいつ、使えねー!

 昨日、LAに到着した華南しゃんの運転手で、パサデナのカリフォルニア工科大学と、アニメ・エキスポの会場である、ダウンタウンのコンベンション・センターへ...の、筈が、やっぱり道に迷って、無駄にパサデナとダウンタウンを強制裏道観光させてしまった、わにです。ちゃんと地図を印刷していったにも関らず、それでも迷う方向感覚ゼロの女、それが私...orz

 まずは、機械工学の学術書が欲しいという華南しゃんに、カル・テックなら沢山あるんじゃないかと行ってみたのはいいけれど、今時は、教科書は皆、オンラインで購入するのだそうで、本屋さんには、ちょびっとしかなかった。この本屋さんに辿り着くまでがまた難航で、構内をグルグルする羽目に。広い学校じゃないから良かったようなものの、私の卒業した田舎の学校みたいなトコだったら、とんでもないコトになるとこだった(私の行った学校には、構内にゴルフ場やら、滝やら湖やら、農場まであったからねぇ…)。ちなみに、本屋さんは、最初に真横を通り過ぎた建物の中だった...orz

 その後、ホールフーズ・マーケットの駐車場入口を探して、大きく周りを一周してみたり、この道を南に行けば高速に~、と、言いながら、通り過ぎてしまったり、あやうく高速出口を間違えそうになりながらも、一旦、リトル・トーキョーのホテルへ。ここから、コンベンション・センターは、メインからピコを西に行けばいいんだな、楽勝だね!と、地図をチェックしたにも拘らず(またか...)、予想外の一方通行やら、突然の渋滞やらで、訳もなく30分以上、華南しゃんを連れ回してしまう。普通なら10分も掛からないよ...orz

 それでも何とか、コンベンション・センターの入口に辿り着き、じゃ、後で迎えに来るねー、と、別れた後、暫く運転して見つけた日陰で、新聞なんと読みながら待っていると、登録、終わりましたーと連絡があったので、じゃ、入口前に付いたら電話しますね、と、言ったはいいが...電話、繋がらないよ!!どうやら、私の安もん携帯サービスでは、国外の番号を受信は出来ても、こっちからは掛けられないらしいのだ。今更、そんな事を知ってどうする!?手遅れだ!と、焦りまくる。予め、これくらいチェックして置けよ、わに...orz

 とりあえず駐車場に車を置いて、辺りを探し回る。すみませーん、セフィロスみませんでしたか?セフィロス、知りませんか?と、相手構わず尋ねて回る。ゴスロリのお姉ちゃんにも、セーラー服のお兄ちゃんにも、ナルトなご一行にも、涙目で聞いてみたけど、みんな知らないって。大きなコスプレの荷物を抱えた華南しゃんを小一時間も待たせて、やっと、最初に別れた場所に華南しゃんを発見...って、ゆーか、何故一番最初に、そこに行ってみないんだ、わに!?!

 と、一日中、使い物にならないっぷりを大いに発揮した、わたくしでした。華南しゃん、ごめんよぉ...
  1. 2009/07/02(木) 23:48:10|
  2. わにの傾向と対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。