わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オバマは二年寝太郎だった?

 今朝の国務省におけるオバマ大統領の中東政策に関する包括演説は、ちょっぴり驚きの内容でした。北アフリカから中東に広がった民主革命を全面的に支持するというのは予想通りとしても、イスラエルとパレスティナの紛争について、そのl国境は1967年中東戦争以前の国境に基づくべきとの見解表明は、大きな反応を引き起こすこと必至です。アメリカ大統領が、1967年以前の停戦ライン(東エルサレムを含む西岸、ガザ地区とイスラエルの境界)に基づくパレスティナ国家の樹立に関して言及するのは初めてのことで、オバマサン、随分と思い切ったな!という感じです。二年前のカイロでの演説以来の、アメリカ大統領として頼れる発言です。

 去年12月、チュニジア首都の貧しい野菜売の青年の焼身自殺に始り、今や中東、北アフリカ・モスリム各国の民主化運動に対して、中東と北アフリカへの政治的、経済的改革をへの支持を明確に再確認し、イラン、シリア、同盟国バーレーンに対しても弾圧を非難。リビアに対しても、カダフィ追放へのNATOの介入の正当性を強調しました。

「(民主的)理念を具体的行動に移すことを、我々の最優先課題にする」と、民主化革命をアメリカが支援していくことを明らかにしたのも頼もしい限りです。そしてアメリカ国民に向けては、アメリカもまた、帝国イングランドとの戦いで民主主義を得たことを思い返して欲しいと、これら諸国での民主化運動支援を訴えました。オバマ覚醒!とでもいうべき、思い切った発言の数々、そうなのよ、これが私達が期待を寄せたバラク・オバマなのよ!って感じです。あとは、この発言がカイロの時と同様、どっかにフェード・アウトしないように…

 アメリカ大統領は世界上の最も影響力のある人物…大きく譲っても、そのうちの一人であることに間違いはないでしょう。そのアメリカ大統領が、このように世界に影響を及ぼす発言をすること、そして発言し続けることは、大いに意義のあることです。イスラエルの治安部隊がヨルダン川西岸から全面的に撤退せよというオバマ発言に、イスラエルが反発することも必至です。20日にはホワイトハウスでオバマ大統領と、イスラエルのネタニヤフ首相の会談が行われますが、それに先駆けての今回の演説で、この会談の行方がますます注目されます。オバマ大統領の歴史的とも言える今回の演説、どのように進んでいくのか、世界よ、刮目して待て!



三年寝てて、選挙期間中だけ起きてるよかいいか…w
スポンサーサイト
  1. 2011/05/19(木) 20:00:31|
  2. アメリカ経済・政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Lost in Translation?

 昨日来た、今週のタイム誌を読んでると、石油会社のエクソンの先4半期の収益が、過去最大だったという短い記事が出ていて、むっきー!原油価格高騰のせいで(?!)、ガソリンの値段が上がり、庶民はヒーヒーと苦しんでるのに、なんで、石油会社が儲けまくってんの?ガソリン代が高いのは、実は、石油会社の利ざやが増えてるからじゃないんか?と、疑いたくもなるですよ!

 元アメリカのビッグ3で、最後までくすぶってたGMも、やっと先期には利益を上げたし、企業の収益は上がるわ、株価も上がるわ、全米のCEO達の春のボーナスは過去最大額になるわ、なんだか景気のいい話で花盛りなのに、アメリカ一般の景気は相変わらずドヨ~ンなのは何故っ?と、ちょっと数字に突っ込めば、何のことはない、「アメリカの」会社は今や、製造も販売市場も国外にある、っと話を、私の好きなラジオ番組、NPRのマーケット・プレイスで、ロバート・ライヒ教授がしておられました。なるほど道理で、国内は停滞したままなハズね と、納得してる場合じゃない。むっきー

 アメリカ経済そのものは年額で1.8%しか増えてないし、なんか仕事の数は増えてるのに、就労者数は増えない。だって、全部、メキシコと国に行ってるんだもんw GEなんて、商売相手の60%が海外で、雇用者も54%が米国外。S&P 500の会社の総販売額の半分近くが、海外での商売で稼いでるってんだもの、商務省の報告によりますと、これらの会社は過去十年間に、国内で200万の職をカットし、同時に国外で3万人を新たに雇用したそうざますわよ。これのどこが「アメリカ」の会社やねん?トヨタやホンダの方が、ずーっとアメリカンやんけ、われっ!んでもって、最高裁判所の判決によって、これらの会社には、選挙時には上限無しでいっくらでも選挙資金を注ぎ込んでもいいってことになってるんだって。この国が誰によって回されてるか、これじゃバレバレよねぇ。でも、自分ち(日本)の状況見てたら、いっそ、企業に国を動かしてもらったほうが、よっぽどマシなんじゃないかって気がしてくるのが哀しい… ってゆーか、民主党以外なら何でもマシ?



だから菅とぼったくり企業CEOはグアンタナモに放り込めって!           
  1. 2011/05/06(金) 23:50:13|
  2. アメリカ経済・政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アメリカ、ヤバイ!!

アメリカの政府機能停止の恐れが、現実化しそうになっています。今年度の米連邦政府暫定予算期限が、明日0時に迫っているにも関わらず、民主党の大統領と共和党の議会が合意に至っていないのです。このまま妥結できないと、週明けには、80万人の政府職員は無給で一時帰休となり、行政サービス機能も停止。年金生活者や、低所得者向け保険プログラム加入者は、小切手が来ない、国内のみならず、海外でも機能が停止するので、もし在外米人が緊急事態で急遽帰国しなければならなくなったら、とか、アフガニスタンで戦闘をしている軍はどうなる、とか、かなり切迫した問題です。

 共和党が財政緊縮を求めているのに対し、民主党が消極的なのが争点ではありますが、最も困難なのが、人工妊娠中絶をサポートするプランド・ペアレントフッドへの予算を巡る抗争。中絶絶対反対の一部共和党議員が一歩も引かず、歩み寄りはとても難しそうです。 政府が機能停止しちゃうなんて、本当にありえるの?と、普通では考えられない事態ですが、実際にクリントン時代、1995年には、4週間近くも連邦政府が機能停止に陥った実績(?)があるだけに、予断を許しません。この時は大混乱を引き起こして、この事態は、議会の過半数を握っていた共和党のせいだと怒った国民が、中間選挙で大敗したクリントン大統領を支持し、翌年お大統領選でクリントンは再選を果たしました。まさかオバマ大統領が、同じ効果を狙っているとは思いたくないけど、もしそうならば、政治ゲームに振り回される国民はたまったもんじゃない。

 それに、実はもっと深刻な危機が来月半ばにはやってくるのです。政府の財政赤字残高が、5月16日までに法廷上限の14・3兆ドルに達してしまうという問題。議会は、今までにも何度も繰り返してきた法廷上限引上げを審議してるけど、財政緊縮論派が勢力を増している共和党は、上限引き上げにも批判的。この上限引き上げができないと、財政赤字を増やせない。発行済の国債の利払いや償還の優先は決定されてるけど、この利払いや償還が滞ると国債の債務不履行(デフォルト)になっちゃうのです。こうなれば、ドルと米国際に対する国際信用は大失墜で、世界の金融市場は大混乱。国内のみならず、国際的にも大迷惑!

 何はともあれ、今まで通りに焼け石に水を掛け続けなきゃ、どうにもならない米経済。ほんと、(;´д`)トホホ…


個人や企業だったら、とっくに破産してるとこだよ
  1. 2011/04/07(木) 21:15:11|
  2. アメリカ経済・政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメリカ経済がしとしとぴっちゃんな件

 今朝、いつものようにコーヒーを飲みながら新聞を読んでいると、突然の大きな衝撃音!ちょうど、わに夫が出ていったばかりだったの慌てて飛び出しました。見れば、家の前の道でバンとSUVが衝突し、わに夫は携帯を耳に押し当てたまま、二台の車の間を行ったり来たりしていた。車に乗っていた人たちは怪我もなかったようだし、直ぐにパトカー、続いてレッカー車が来て事故車を引っ張って行きましたが、ヒヤリとした朝でした。うちの家の前を通る道、見通しがいいのに、何ヶ月かに一回は事故が起こります。中学、高校への主要路なので、特に気をつけて運転して欲しいものですが、急いでいる人が多いのかしら…

さて…

  ムスリム世界が大激動している今日この頃、ワシントンでは何の変化もなく、相変わらず、お金が無い~!とボヤき合う日々が続いています。オバマ大統領は、今後10年間で連邦負債を1兆1千億ドル、カットしちゃう!と、言い放ちましたが、なんか理想論ばっかで、具体的に、こいつはいけそうだ!って案が、全然出てこないんだから、国民も、もう、お国が何と言おうが、適当に聞き流してる感じ。一つでも、これは実現できそう、効果ありそうって打開案が国民に提示されれば、オバマ大統領の2012年再選、民主党の議席回復も楽勝だろうに…

 借金返すにゃ収入増と支出減ってのは、世界最大の経済だろうが、途上国のスラム住民であろうが、何ら変わりはないのですが、収入を増やすには、働いてお金を稼がねばならない。で、アメリカの場合、その「働く」機会が大いに不足してて、働きたいけど仕事が無いのが困りもの。支出を減らすためには、無駄を無くして浪費はしない。最低限必要なものにだけお金を使うのが大原則だけど、戦争だの、保険だの、年金だの、今更お小遣いカットとはいかないんで、逆に国民の健康や教育といった必要最低限をカットして、その結果、予防が出来ないんで重病人になってから病院行ったら、どえらい治療費がかかるとか、教育レベルの低下で最低賃金しか稼げない人口増加とか競争力喪失とかで、すっかりドツボ。その上、戦争なんかしちゃうもんだから、ザルみたいに出ていくんだけど、しっかり閉まらない蛇口から水がポットン、ポットン程度しか、お金が落ちてこないんだもん。哀しいよね。

 それでも、とんでもない高失業率がもう何十年も続いてる一部ヨーロッパ諸国に比べたら、まだマシなんだし、老若男女が揃ってデモして要求を訴えるという事態にはならないだけ、この国の国民は満たされているのでしょう。政府そのものが売国奴的な振る舞いに出ている日本も、やっぱ同じなんだろうな…orz 


政府に一攫千金のチャンスって…何だろう?
  1. 2011/02/15(火) 22:57:12|
  2. アメリカ経済・政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

催眠療法サイトとか

 仕事でMacを使わねばならないのですが、ずーっとPCユーザーだった私には、慣れないMacは、どうも使い勝手が悪い。例えば、ゴミ箱を空にするときに、一回だけでなく、二回確かめてくるとこがキライ。んでもって、間違ってゴミ箱に入れてしまったファイルを取り出そうとすると、いちいちリストアしてからじゃないとオープンできないのがキライ。必要なファイルを検索するのに、それぞれのフォルダーに行かなきゃならないのがキライ、右クリックがないのがキライ、そして何より、Delete キーが無いのがキライっ!ブツブツ文句を言ってると、「問題があるなら、グーグルで解決法を調べるといいよ」と、アドバイスしてくれた人がいました。ふと、「I hate Mac. Any solution?」と、ググったら、「マックが好きにな~る、好きにな~る」なんて催眠術のサイトが出たりして?と、想像して少し笑った

 でも、兎に角、医療費が高い、保険にかかるのも高いアメリカ、ネットで催眠療法、なんてサイトがあっても不思議じゃないかも?国民観な健康保険を目指して、オバマ大統領が推し進めてきた健康保険改革は、11月の中間選挙での共和党圧勝で、暗礁に乗り上げかけています。何はともあれ、アメリカ人的に、政府が何かを俺達に無理やり買わせようとしている!ってのがキライ!らしいのだ。それを言うなら、年金(ソーシャル・セキュリティー)制度や収入税だって、有無を言わさず連邦政府に持ってかれるんだから、新しい国民健康保険と同じようなシステムやんか、って気もするんだけど、前からあったのは許すけど、新しく何かが加わるのがイヤなのかな?この国民健康保険だって、基本的にグルーポンみたいなモンで、国民皆が買って、基金を集めないことには機能しないんで、任意にしたんじゃ実施できない。困ったねぇ…

もう、いっそ、国民の御意向は伺わず、勝手に収入税から保険料金差し引いちゃったらいいんじゃね?なんて思ってしまうワタクシなのでしたw



保険、高いよ、保険…orz
  1. 2011/02/10(木) 20:26:53|
  2. アメリカ経済・政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。