わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハイブリッド支持宣言

 日系スーパーのチラシが郵送されてきました。中華三昧が86セントは買いだめするしかないでしょうvとか、うーむ、無添加減塩味噌がパック$3.28ね、無添加っつー事は早く使い切らねば徳にはならないし、うち、どの程度味噌使うかなぁ…などと、しみじみ眺めて考察に耽るワタクシである。七段飾り雛人形まで売ってるよ。お値段は、$1599だって。これって、高いのか安いのか、相場が全然わからないけど、子供の頃、お雛様のある家が羨ましかったなぁ。うちビンボーだし、家も狭いから、お雛様なんて買ってもらえなかったから。娘が居れば、二人飾り程度なら欲しいかも。でも、うち息子しか居ないし…などと、なんか下の方の、スパム特価一缶$1.78なんてのを無視すれば、本当に、私って何処に住んでたかしら~?状態。

 ここLAは既に、日本とアメリカがフュージョンしている…と、無理矢理、今日の話題にもって行く私。ここ数日の、毒ギョーザ騒ぎと、それに対し「日本の自作自演じゃないのか」などと言ってのける中国を見て、私は、共和党候補マッケイン支持を、ここに表明いたします!わに夫が、連邦の健康医療保険プログラムに関っているわに家としては、これを目玉に持ってくるヒラリー姐さんに期待したいところですが、栗きんとん夫は、名うての中国支持者。同じく栗きんとん妻も、類似したブレインを持ってくるだろうから、外交政策の方向が急に変わるとは思えない。中国の牽制には、期待の持てない政権です。一方、オバマは、外交面での経験不足がネック。今のこの世界情勢の中で、選ばれてから学習します、なんて呑気な事はやってられない。日本の核保有を支持し、イラク撤退に反対するマッケインは、確かにタカ派ですが、マッケイン自身が元軍人で、自身の息子が海兵隊員として戦地に赴いている。自分はベトナム戦争から兵役逃れしておきながら、国民を戦地に送り、イラク一般市民を巻き込んでいるブッシュとはm一線を画すると思います。それに、今、事後策も無くイラクから撤退しても、混乱を引起すだけだろうし。

 偽コンサバ、表向きは共和党だが心は民主党といわれるマッケイン、共和党ー民主党のハイブリッドといってもいいのでは?うち、息子は日米ハイブリッドだし、乗ってる車はプリウスだし、私的にハイブリッド候補支持は、理に適ってるわ。あとは、ガチガチの南部の共和党員を大統領本選まで、上手くだまくらかし続けて欲しいと願うばかりです。これを言ったら、わに夫に「妻が共和党支持者だったなんて~」と、嘆かれたw
スポンサーサイト
  1. 2008/01/31(木) 19:25:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海が見たい

なんちゃって。

 水曜日にチェスをしにいくサンタモニカの図書館は、海岸から間近にあり、図書館前の小さな広場からは海が見えます。今日は、上息子が放課後プログラムで居ないので、チェスクラブに行くのを面倒くさがる若息子に、「だってアタシ、海が見たいの」などと、三流昼メロドラマのような台詞で、無理矢理、息子を車に押し込む私。実際には、今日中に返却しなければならない本があったからなんだけど。二局ほど指して、さて帰ろうと言う時に「おかーさん、海を見なきゃ!」と、腕を引かれる。ここから見えるだけで十分です!いや、海を見るとかってここに来たんだから海岸に行かねば!とかって、親子で揉める。冗談だったんだってばぁ(TT) 結局、海岸を暫く歩かされ、ホットドッグを買わされました。風が強くて、母は寒かったです…orz
  1. 2008/01/30(水) 19:59:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大統領選とかADHDとか

 やっぱマッケイン候補が来ましたね!そして、数ヶ月前には最有力候補だったジュリアーニ元NY市長と、エドワーズが戦線離脱。まだまだ波乱がありそうで、11月の本選挙まで目の離せない米国大統領選です。偽コンサバなんて言われて、表向きは共和党だが、中身は民主党なんて批判されるマッケイン候補、実はそれが理想的なのかも?と、思ってしまったりして。ここ、カリフォルニア州知事ガーバネーターことシュワ氏も、共和党なんだけど、民主党並みのリベラルな健康保険政策や、環境保護政策を打ち出し、なかなかに良い仕事してます。マッケインの奥さんも美人でファーストレディーに良さげだし。なんかマッケイン派になってしまいそうな私。

 大統領選からガラリ変わって、お次は昨日の新聞に出ていた話題。ADHD(ADD含む)は、年齢と共に自然治癒されるので、どの段階で薬による制御を停止するかが問題だ、って記事です。ADHDは、成長と共にその症状が薄まると言うのは、以前から言われていたことですが、このたびフィンランドの研究チームが、それを実際に照明して見せたようです。昔なら「子供の頃は、全く落着きの無い子だったけど、年頃になってマシになってきたわね」って感じ?私も、よく言われたわさ。

 で、脳の成長と共に、ADHDが治癒されれば、もう薬による助けは必要ないけど、それを見逃して、いつまでも薬を摂取し続けると、今度はそれも問題だし、さてどうしよう?と、今ここの段階。私は、ADHDは病気だと思ってないので、「治癒」とか「症状」ってのも違和感あるんですが、一応便宜的に、これらの言葉を使います。ADHDは、かつて人類が狩猟民族であった時に、生残る為に必要だあった、という意見があります。常に、周辺の変化に敏感で、一瞬にして興味の対象を切り替え、常時動き回り、時には、特定の一つの事だけに短期的に完全集中できる能力と言うのは、ハンターに必須でした。でも、その能力は現代社会には、上手く合致しない。それがADHDだ、と。だったら、農耕民族を祖先とする日本人にもADHDいるの、なんで?になっちゃいそうだけど、結構、説得力ある意見だと思う。この法則(?)でいくと、自閉症は、かつてのシャーマン気質の名残?

 わに家の若息子もADDで、毎朝お薬を飲んで登校します。お薬忘れると、比喩ではなく本当に、一日中ぴょんぴょん飛び跳ねまくるし、授業なんか聞いてない。自分だけ勝手に跳ねてりゃいいんだけど、クラスに迷惑掛かっちゃうし。でも、スキーに行く時は、薬は飲みません。「下り坂=滑る」なので、ブラックダイアモンドもゴー!だし、モーグルは間を滑らず、瘤から瘤へと八艘跳び。もー、めちゃくちゃ速い。冗談みたいに速い。スキーチームにスカウトされたことも何度かある。でも、これはADD特有の、考える前に身体が動いちゃったり、深く考えないから怖いもの知らずな故であって、母としては、一日に数回、心臓発作起こしそうなのだ。こんな若息子も、それが個性だと思っているので、薬に頼ること自体は、決して気分のいいことではないのだけれど、彼はマサイの戦士じゃないので、座って授業を受けることが要求され、道には戦っても絶対勝てない自動車が走る現代社会でこういった行動は、危なっかしくてダメダメダメ!なのだ。

 でも、上記のような研究結果も出たし、ADD特有の症状が治まった時を、しっかり見極めなければならないと思っています。母、責任重大(掌ぐっ!)
  1. 2008/01/29(火) 21:06:44|
  2. ああ息子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

火曜日には選挙に行こう!

 やっと晴れました。ホント、久しぶり… やっと洗濯物が干せます。一応、乾燥機はあるんだけど、やっぱ天日干しが一番!月曜日は、午前・午後、二回のコンピューター授業のお手伝いボランティアで、時間を取られるので、余り他の事が出来ません。夕方には、わに夫がコロラドから帰ってきたので、ロサンゼルス国際空港まで迎えに行ったのですが、空港に入る車、一台一台チェックして、中も警官が一杯。普段は紫一色の空港入口のコラムも、中央管制塔も、赤、青、白、ピンク、紫と色を変えて綺麗でした。街で、何かのイベントでもあったのかなぁ…

 明日はいよいよ、フロリダ州大統領選予備選挙。特に、共和党のジュリアーニ候補には、天下分け目の大決戦です。私としては、マッケイン候補にこのまま突き進んで欲しいけど、そうなると、民主党に勝って欲しい、でもマッケインもいいな…で、益々やきもきしそう。息子が海兵隊員として、実際にイラクに従軍中の、マッケインのイラク問題対応は如何なるものか見てみたい気もするし。一方の民主党は、オバマvs.ヒラリー一騎打ち的状況になってきました。新風を吹き込むオバマか、経験とバックボーン・メンバーに勝るヒラリー姐さんか…こっちもワクワク。さて、どんな結果が出るのかな?!
  1. 2008/01/28(月) 20:21:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LAはワガママ

 コロラドに居るわに夫からの電話によると、かつてのご近所さん達がホームパーティーしてくれたよ~、エルクさん達が家の前に居たよ~、雪降ってたよ~、と。うらやましいっ!!!しかし、今朝のわに夫は、ホテルで自分お眼鏡を踏ん付けて壊し、お山を降りて眼鏡作りだそうだ。よりによって、こんな時に…orz 明日はエンジニアや工務店の人が来てくれるので、家の基盤をチェックしたり、内装を整えたりする相談です。ああ、もう本当にお金掛かる…(涙)

 一方、ここLAは今日も雨。昨夜も土砂降りだったし、火事の心配はなくなったけど、今度は地滑りが心配されているらしい。晴れたら困る、降っても困る。面倒ねw
  1. 2008/01/27(日) 17:09:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

怠慢国際結婚主婦の一日

 4時起きして、わに夫を空港へ送る。いつまで経っても売れないコロラドの家(とほほ…)のチェックの為、エバーグリーンに戻るのです。私も行きたいなぁ…エルクさん達や裏庭のMr.コヨーテ、ご近所さん達に会いたい。

 入口にはムラサキ色のネオン塔が林立し、道路の両側に椰子の木が整然と建ち並ぶ、いかにも「ロサンゼルスでござ~い!」なLA国際空港に、わに夫を落として、欠伸しながら”地獄のハイウェイ”405号線を還る。土曜日の朝5時なのに、結構な交通量。みんな、何処へ行くのかなぁ?リムジンなんかは、パーティー帰り?

 帰宅して、寝直してたら、息子達が6時半には起き出して騒ぐ。あんたら、平日はベッドから蹴り落とさないと起きないくせに、なんで、休みの日には早起きするかね?その息子達、揃って友達の家に遊びに行ったので、その間に映画…「P.S. I Love You」か、「ミート・ザ・スパルタンズ」を観にいきたいと思ったんだけど、どうも上映時間が中途半端で、上手く息子達のいない時間に収まりきらない。喧嘩売っとんか、ゴラァ!で、上息子を送って行ったついでに、そこのお母さんに、お茶を出して頂いて暫くだべる。

 わに夫がいないので、夕食はいい加減にヤキソバ。ここじゃ、普通のスーパーでもヤキソバ用の麺や、うどんも売ってるの。キャベツのざく切りとベーコンを炒めて、麺を投入し、日系スーパーでゲットした、おたふくソース・ヤキソバ用とオイスターソースで味付けるだけで、とっても幸せな気持ちになれます。

 ちょっと検索かけると、国際結婚妻の「セレブな」生活やお買物ブログが沢山出てくるけど、アメリカ程度じゃ、国際結婚だからって、外国に住んでるからって、日本のお母さん達とは全然違う生活ってワケじゃないと思うんだけど…と、しみじみ感じる、子供の送り迎えして、PTAでこき使われ、内職(翻訳業)に励み、亭主の居ぬ間に手抜きするワタクシでした。
  1. 2008/01/26(土) 17:16:56|
  2. 国際結婚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

シャワーわにやら、創造的資本主義やら

 Ashahi.comで見つけたニュース。広島の宮島水族館で飼われているコビトカイマンの「だいごろう」くんは、頭から水を掛けられると、後ろ足で立ち上がるんだって。水族館のHPでは、動画も見れます。ここをポチしてください。かわいいっ!!!今度、日本に帰ったら、絶対見に行くっ!(掌ぐっ!)

 もう一つ時事ねたで、私的に開発援助の星の一人であるビル・ゲイツ氏が、「創造的資本義(Creative Capitalism)」を提唱した、というニュース。元記事はここ。キング・オブ・キャピタリズムその人の言葉だけに、説得力あり。これは全く新しいことではなく、実はゲイツ氏は、去年の6月、ハーバード大の卒業式でのスピーチでも、同じコンセプトを語っています。この「資本主義」は、一時、某国際援助界で流行った「何でも市場に任せちゃえ!」な丸投げ市場理論ではなく、『資本主義の背景となっている自己利益はさまざまな革新の原動力となったが、すべての人がその恩恵を受けられるようにするためには、制度を見直す必要がある』『他者の生活向上のための啓発にもっと力を入れれば、企業はそれに押される形で、世界の貧困層向けに手ごろな価格で貴重な製品を提供することに重点を置くようになるかもしれない。』(上記記事より引用)というもの。市場競争主義のもたらす恩恵を、制度の再編成によって、より多くの裾野に広げよう、というものだと、私は解釈しました。この、ゲイツ氏のスピーチは、ここで見れます。アップル・コンピューターのCMでは、ゲイツ氏のそっくりさんが、冴えないオッサンの代表みたいに扱われていますが、なんのなんの、無茶苦茶かっこいいよ、ビルさん!
Vistaたん
↑は、「ビスタ」で検索したら最初に出てきた画像。整理整頓が得意なんだそうだ…っていうか、私のPC教育は間違っているような気がする…


 最後に全然関係ない話。今日、ジムに行って、サウナでぬくぬしてたら、前に座ったばば様の肩にタトゥがあるのに気付いた。若い時に入れたタトゥって、年齢取って肌の張りが無くなると、こうなるんだぁ…と、ぼんやりと思った。諸行無常…ちーん

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2008/01/25(金) 21:50:49|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨ばっかり!

 雨~!昨日からずっと、じゃじゃ降り。英語で言うと「犬と猫降り」。明日も明後日の予報も雨。週末の予報も雨。洗濯物たまる~!LAでは滅多に雨は降りません、なんて言ったの誰だよ。1月は雨季ですが、それでも大して降りません、なんて絶対ウソ!今年は例年よりよく降る、なんて言われても、越してきたばかりで今まで比べようが無いので、判りません!わにのLAの印象は「よく雨が降る。しかも一杯降る」です!(きっぱり!)

 負傷中の我家の愛犬チョコチップは、包帯を濡らしてはいけないので、外に出るときは足にビニール袋装備。ビニール袋巻いて、パラボラアンテナよろしくエリザベスカラーくっつけた姿は、なかなか哀れにして滑稽。ついつい笑ってしまう。ごめんよ、チップ…
  1. 2008/01/23(水) 19:01:38|
  2. 犬達と猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

贅沢というもの

 日本は寒波襲来中で、雪の降った地域も多いとか。つい昨夏まで、雪も氷点下の気温も日常茶飯事な地域に住んでたのに、今ではすっかり、気温が10℃を割ると寒い寒いとガタガタ震え、ニュース写真で見た雪景色の東京が不思議に見えてしまったり。今朝は雨模様で薄寒かったので、例のスポーツクラブ行って、泳いだ後サウナでぬくぬくしようと思っていたのですが、朝、チップの包帯替えに行ったら、結構待たされてしまって、気分が削がれちゃった。4レーンしかない短いプールなので、レーンが開いてない時は泳ぎたくないの。それには9時までに行かないと、のんびり水中ウォーキングのおば様方や、ゆーっくり泳ぐ(というより浮いてる)じっ様方と、かち合ってしまう。こういうオバ様、じっ様とのサウナでの交流は楽しいんだけど、プールじゃ、遠慮して、ばば様(←何故か、おば様から変化してる)、じっ様よけつつ、飛沫立てないようスローな平泳ぎしかできない。やっぱ、バシャバシャ派手に跳ねてみたり、底の方に沈んでうにゃうにゃ~っと泳いでみたりするのが楽しいんだな。わにだし。私的には、ジムに払った会費はプールの為!ってココロなので、マシンだけ使う為に出かけるというコンセプトは無いんである。まぁ、包帯替えとチェックで30ドルだったし、待合室で他のわんこも一杯モフモフできたし、それはそれで良かったのではないかと。

 ところで、若い映画俳優の死が続きます。(いきなり話変えるか!?!)「ロック・ユー」や「ブロークバック・マウンテン」で達者な演技を見せ、私のお気に入りの一人だった若手俳優ヒース・レジャーが亡くなりました。まだ28歳。マット・デイモンと共演した「ブラザーズ・グリム」が面白かったので、続編を期待してたのに、残念です。原因は未だ発表されていませんが、また薬物中毒か自殺なんだろうな…幸い未遂に終わったけど、去年のオーウェン・ウィルソンの自殺未遂も、結構なショックでした。自分がいい年になると、自分が直接その人を知っている、いないに関りなく、若い人の急な死には、本当に無念を感じます。

 だけど、若くして成功を納め、お金持ちで、人にチヤホヤされて、華やかな生活で…でも、満たされないから、薬に頼ったり、自殺を試みたりしてしまうのでしょうが、ここLA周辺を見渡しても、彼らと同じ年代の青年達は、毎日、生活の為に汗水たらして働いてるわけです。炎天下、道路工事のラテン系の兄ちゃんとか、深夜ビル掃除の黒人の兄ちゃんとか。こういう人たちはギャングの徘徊する危険な街に生まれ育ち、なんとか十代を生き延びて、家族を養うために頑張ってるワケです。LAでは、こんな彼らの姿を毎日、目にするはずです。死に急ぐことすら、ここでは贅沢です。

 親の金で、毎夜クラブでパーティーに明け暮れ、ブランド物を買い、高級レストランでお食事のお金持ちって若者も、うじゃうじゃいるけど、毎日の生活に困る若者も沢山、沢山いて、彼らと毎日接するのもLAなのです。LAじゃ、パリス・ヒルトンみたいなのんは一杯いるのよ。パリスみたいに芸能人として、それを売り出してないだけで。フェラーリとかを運転してる、どう見ても十代のバカ息子、モールで高級店の紙袋を鈴なりに腕に掛け、バレーパーキングでジャガーだのメルセデスなどを持ってこさせるバカ娘、ちっとも珍しくないです。ワタクシ高級住宅地に住んでるから、そんな人見かけないわ、って人がいたら、そりゃ似非高級。ベル・エアやらビバリーヒルズみたいなお金持ちエリアこそ、庭の芝刈り、犬の散歩、掃除、洗濯、自分の車をガレージに駐車させるのまで人任せだから、一層そういうブルーカラーな有色人種の姿が多いぜ。

 死者を鞭打つ気は無いけど、鬱だ、死のう…と、思う前に、その選択肢すらない人もいるという事実を考えてみて欲しい…って考えたら、鬱にはならんか!
  1. 2008/01/22(火) 23:22:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

男の子達ピンチ?

警告:今日の話題はちょっとビミョーで、女子の第二次性徴に関する記事の紹介です。うわっ!と、思われたら、スキップしてください。

 今朝のロサンゼルス・タイムズ紙に、アメリカの少女が第二次性徴を迎える年齢が低下しているという記事が出ていました。原文はここから。これによると、白人では7歳、アフリカ系では6歳で胸が膨らみ始めるのだそうです。これは、女性ホルモンの分泌される期間の長期化を意味し、乳がんの危険性が高まるなどの恐れがあるのだとか。一方、初潮を迎える平均年齢は12歳で、第二次性長期が長期化しています。早期の成長の原因として、環境ホルモンの影響が疑われていますが、真相は未だ明らかにはなっていません。6歳、7歳といえば、まだ小学校低学年。ひんにゅー好きなロリコンの皆さんには、嬉しくない傾向。確かに小学校の校庭を見回せば、細身なのに胸は立派な女の子達が。アメリカ人は成長が早い、なんて思っていましたが、そういう問題ではなかったようです。中学校ともなれば、顔はあどけないのに、シャレにならないほどグラマラスな女の子達が、パチパチのTシャツ着てたりして、結構、目のやり場に困っちゃう。一方で男の子の方は、女の子のような急激な成長期の変化は見られません。一般に女子のほうが成長が早いといわれますが、アメリカでは一層、その差が広がりつつあるわけですね。男の子、ますますタジタジね。

 我家の息子達はでも、12歳と9歳なのですが、同じ年齢層の男の子達の中でも、身体も小さく、幼い部類です。女の子達はというと、既に去年、若息子のクラスメイト3人で、誰が若息子のガールフレンドかを巡って喧嘩したという過去が。若息子の場合、モテるというより、ちっこいのでペットのように可愛がられてるって感じなのですが。その時は、まぁ微笑ましいわね、うふふなんて思っていましたが、事態は、もっと深刻だった??今のクラスにも、自称若息子のガールフレンドが居るのですが、これもガールフレンドというよりは姉御。若息子自身に「クラスで誰が一番好き~?」と聞くと「ロビン君!」と、即答が返ってきたりする。だから、それは違うって…orz
  1. 2008/01/21(月) 19:41:42|
  2. ああ息子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

計画性に欠ける

 日曜日なので、家族でゲティー・センターに行ってみようと思ったのですが、駐車場に入るまでが長~い列。方向を変えて、ロング・ビーチの水族館に向かったのですが、入場料大人21ドル、子供12ドルと知って、うわわっ、一家で$66!?(汗)と、再び予定変更し、結局ビーチへ。休日の娯楽といえばビーチしかないらしき、わに一家です。LA周辺って、お金さえ払えば、ディズニーランドにユニバーサル・スタジオ等々、沢山のお楽しみスポットがありますが、安くで家族で遊べる場所のオプションは少ないと思うわ。もともとは美術館に行くつもりだったので、足元は普通にスニーカーでしたが、桟橋を歩いたり、サーファーを見ているだけでも楽しい。ただ、風の強い海沿い向けの服装ではなかったので、ちょっと寒かった(><)

P1200003.jpg

 行き先のハンティントン・ビーチは、サーフィンのメッカ。ドッグ・ビーチがあるので、いつもなら犬達抜きで来る気にはならないのですが、チップ負傷中に付き、この機に犬連れではいけないお店や、サーフィン博物館を見てみました。博物館とはいっても、入場無料の小さな展示ですが、ハンティントン・ビーチやサーフィンの歴史など、なかなか面白かったです。もちっと若かったら、サーフィン始めてみたかったな…
  1. 2008/01/20(日) 22:20:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チップの災難

 チョコレートチップが後足の肉球を怪我したので、動物病院に連れて行きました。昨日の夕方に少し後足を浮かしたような歩き方をしていたので見てみた時は傷は見つからなかったのですが、自分で舐めすぎて悪化させてしまったようです。すっかり包帯ぐるぐる巻きにされて、恨めしげ…




 実は、評判の高いカリフォルニア動物病院に連れて行くつもりだったのが、そのちょっと手前にある西ロサンゼルス動物病院に行っちゃったのだなぁ(笑)。どちらも週末・時間外も開いている救急設備があり、大きな看板も目立つので、最初に見た「動物病院」のサインに、疑いも無く入っちゃった、愉快なわにこさんです。道理でアポ取った筈なのに「見つかりませんねぇ…」と、言われたわけです。ちゃんと診てもらえたから別にいいけどw

P1190009.jpg


 これが、その病院なんだけど、この建物全部が動物病院なのだ。日本のちょっとした人間用総合病院並です。こんなに大きな動物病院が、1ブロック隔てて2件並んでるんだから、やっぱLAは大都会だなぁ!と、感心しちゃった。総合病院だから色々な施設も揃っているけど、街の真ん中だから、テキサスやコロラドと違って、馬やら牛やらピューマやらが運び込まれるわけじゃないし、犬猫その他の小動物ペットだけで、こんな大施設を賄えるとは、さすが。待合室にも、いかにもハイソな雰囲気の奥様が、可愛いビションを抱いて座ってたりしました。

 治療には思ったより時間がかかり、麻酔も使ったというので、これはかなりの費用になりそうだと一瞬青ざめましたが、$180ちょっとでした。まぁ、良心的価格?

テーマ:ロサンゼルスの犬達 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/01/19(土) 21:18:25|
  2. 犬達と猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ボビー・フィッシャーの死

 月曜日に小学校の事務所においてきた、インターナショナル・フェスティバルのプリント、やっと今朝、校長の許可を得ましたよ。なんで、なんで、なんでこんなに時間が掛かるんでしょうね~!?!静かに怒ってしまいましたよ。今朝は、フェスティバル実行委員会のミーティングがあったのですが、当然ながら、校長の許可が出なくて予定がずれ込んでいるのは私だけではなく、ミーティングの半分を、いかにして校長を避けて回るかに費やしてしまいました。校長、PTAの怒りを買って会議続きなんで忙しいんですが、一層回りを怒らせてますよ。クビにするなら私も署名するぜ、と、密かに思う私です。日本では、モンスター・ペアレンツなるものが話題になっていますが、この場合は、父兄側は無茶を言っているわけではないですからね。さて、書きたいことを書いて、腹の虫が収まったところで、今日の驚きを…

ボビー・フィッシャーが死んだ。

 エキセントリックなキャラクターで知られる元世界チェス・チャンピオン、ボビー・フィッシャーがアイスランドで亡くなったそうです。享年64歳。ロシア勢の独占するチェス界で、アメリカ人として始めて王座を獲得し、一躍寵児となるも、王座防衛戦を拒否して、一度も負けること無しにグランド・チャンピオンを失い、その後暫くはLA郊外のパサデナで安ホテルを転々としたり、友人の家の地下に居候したりという生活を続けた後、経済制裁中の旧ユーゴスラビアでの試合が原因で母国の米国から国外追放処分を食らったのが、1992年。その後行方不明になるも、日本に潜伏してたのがバレてニュースになったのも記憶に新しいところ。き〇〇いと天才は紙一重というけれど、紙一重どころか、天才で同時にきち〇〇な人でしたね。合掌…
  1. 2008/01/18(金) 18:29:21|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豊かな日

 お天気いい!ので、犬連れて、近所の公園へ。この公園に隣接するゴルフ場、は、全米で最も忙しいゴルフ場なのだそうで、平日なのに幾つかのグループがコースを回っていました。人気の秘密(?)は、都会のど真ん中という便利さなのでしょうが、なんだか平坦で、「プロゴルファー猿」に出てくるような断崖絶壁とか足元に鳴門海峡が渦巻いてるとかって、すげえ!感はない、ごくごく平凡なコースです。私はゴルフしないけど、こんなお天気のいい日には、のどかに平坦なコースをゴルフってちょっと楽しそう。

P1190012.jpg


 公園には、無言の了解ドッグランがあり、他にも何匹かの犬がボールを追っかけたり、わけもなく走り回ってたり。うちの犬達も、群れに混じって、行ったり来たり。公園管理のカートがこっちに向かってきて、一瞬どきっとしたけど、リード無しの犬も見てみぬフリで通り過ぎて行き、胸を撫で下ろしました(笑)。適当に犬を遊ばせて、私は木陰で持ってきた雑誌を読み、一時間ちょっと過ごして帰ってきたのですが(お腹空いたんでw)、なかなかに贅沢な一時間でした

P1190024.jpg
  1. 2008/01/17(木) 22:46:17|
  2. 犬達と猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「和」のこころ

 地元紙、ロサンゼルス・タイムズの娯楽欄には、毎日1ページ大とか、見開き2ページ丸々使った映画の広告が載りますが、大きく「投票する前にこの映画を見て!」って書いてあることがあります。この投票とは、アカデミー会員による今年のアカデミー賞を決める投票ね。こんなのわざわざ毎日主張しなきゃならないほど、実は候補作を全部見ずに決めちゃう会員が多いってことかしら?来月に予定されているアカデミー賞授賞式は、例の脚本家組合のストを受けて、既に授賞式出席拒否を表明しているスターも多いらしく、スターの居ない式になるかも?だって。LAとしては、またまた大打撃~!

 Trader Joe'sで、抹茶味のヨーグルトを見つけたので、試しに買ってみました。お味のほうは、うーむ…(-人-)としか、言いようが無い。ちゃんと酸っぱいヨーグルトと苦い抹茶の味が両方正確に再現されているのが敗因かと…以前試した、マンゴー豆腐もそうだったけど、上手くブレンドしないで、二つの味が両立してる。日本のお菓子みたいに、ほろ苦い抹茶と甘いチョコとか互いに引き立てあうような「和」の心に欠けてるんだねぇ… 実はわたくし、抹茶味のお菓子にはチトうるさい、抹茶味お菓子評論家を自負しております。今までのベストは、お友達が京都駅で買って送ってくれたケーキ!すっごい美味しかった!!
  1. 2008/01/16(水) 17:22:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

それでも地球は回る

 日系スーパーで、冷凍たこ焼き50個入り($9.99)買った。これで、いつでも好きな時に、たこ焼きが手軽に食べられる。幸せ…

 今日、気になったニュースは「ローマ法王庁(バチカン)は15日、法王ベネディクト16世(80)がローマ大学で17日に予定していた演説を中止するとの声明を発表した。演説に反対する学生らが大学の建物を占拠するなどの運動を展開していることを受けた決定。」(MSNサンケイニュース)っての。たこ焼きから急にバチカン。

 これはイカンだろう、という気がします。法王の演説反対の理由は、1990年、枢機卿時代の「法王庁(バチカン)による天文学の父、ガリレオ・ガリレイ弾圧について法王が容認する発言」なんだって。結構、取って付けた様な理由じゃない?この「容認する発言」の正確な内容は、ウェブで調べてみたけど、英語と日本語では出てこなかったので、演説反対を受けて取りやめって記事だけじゃ、何の判断の仕様がありません。ガリレオ・ガリレイの異端審告有罪については、既に前法王ヨハネ・パウロ二世時代、バチカンが正式に過ちであると認めてるんだよね。ちょっと調べてみたら、これが1992年なので、現法王の枢機卿時代の発言は、それ以前という事になります。やっぱ、言いがかりじゃないの??

 もしかして?と、私が勘繰る裏事情は、ローマ大学側の、宗教…というより、カトリック教会への拒絶があるのではないかと。それって、行き過ぎると、アンチ・カトリック教という、新カルトになりそうで、なんだか不毛なデス・スパイラル。アメリカでは、9-11依頼の保守的潮流に対する反発か、ここ数年で無神論について語られる事が多くなったように思います。わに夫も無神論者なんで、わに家の本棚には、善良なアメリカ市民の皆様にはお見せ出来ないキケン地域が存在するわけですが、そんな無神論関連書の中には、こりゃ「無神教」っていう宗教だがや、と思えるようなものもあります。これも不毛ね。宗教、信仰…本当に厄介なシロモノね。

 ところで余談ですが、ガリレオ・ガリレイについてはこの本が凄く面白かった。
  1. 2008/01/15(火) 10:28:51|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またもや官僚主義の壁(アンタらいっぺん国連で働いてみぃ)

 何処に行くにも車。つまんないと思う。例えば、日本の実家だと、家から歩いて、必要なら電車なりバスなりに乗って、目的地に行くのだけれど、家の横に停めてある車に乗りこむだけって、途中の楽しみなんか全く無い。運転下手だから、のんびり周りの風景を楽しむ余裕なんてないし、特にここじゃ、高速ばっかだし。車好きな人は、運転そのものを楽しむんだろうけど、ウチの車はどうせオートマのハイブリッド車だし。1月だってのに暑いほどで、自転車漕いで、近所のスーパー行くのが娯楽といえないでもない。幸い、ウチの近くには、自転車でいける距離内に主要チェーン系スーパーに加え、Trader Joe's、Whole Food Marketがあります。一番遠いのはWhole Food Marketで、わっセわっセと一生懸命漕いで20分くらい。ここで前後のかごとハンドル左右分の野菜や果物を一杯買って、バランス取りながら帰ってくると、ジムのエクササイス・マシーン以上にカロリー消費しそうだけど、それを考えると少し悲しいので、あまり考えないようにする。

 さて、月曜日は、午前午後の二回、コンピューター授業のお手伝いに行く日。わたくしが管轄する(滝涙)、インターナショナル・フェスティバルのTシャツ・デザイン・コンテスト、締切りを一週間延ばして、より多くの応募を募ろうと、プリントの下書きを持っていきました。私的に理想の予定としては:

下書きを事務所に渡す

朝のコンピューター授業

校長の許可を得て、プリントをコピー

家に持って帰って昼ごはん食べながらホッチキス

各教室に配ってもらうよう事務所に持っていく

午後のコンピューター授業

めでたし、めでたし

 
 だったのですが、そんな上手く行く筈はなく、校長の許可は早くて水曜だと(呆)。とにかく彼女は忙しいから、というのが、事務長さんの弁明だけど、だったら、教頭か事務長に替りに検閲してもらおうという気は無いんですか、そうですか。

 この校長、PTA役員のご近所さんによると、今、揉め揉めの最中なのだとか。ふふふ、ゴシップの甘い香り~v なんでも先学期、先生のつけた成績が気に食わず、思いっきり上方訂正させたんだって。そんなコトしてりゃ、確かに忙しいだろうね。成績に下駄を履かせるってのは以前、ハーバード等アイビーリーグ校が始め、その他の所謂「名門」大学もそれに倣って、10年ほど前に全国的問題になったんだけど、小学校でもやっていたのか!?って、感じ。私自身、似たような恩恵を思いっきり受けたような気がするんで(実際、教授に「院生だから悪い成績付けられないし~」って、テストで呆れた点数だったのに「B」貰った。学部生でも「C」以下は出さなかったらしい)、偉そうな事は何も言えませんが、小学校から、実力以上の成績貰ったら、上の学校行った時、ショックがでかくないか?って、心配にもなります。

 これって少し、かけっこのビリが可愛そうだから、皆で手を繋いでゴールってゆとり教育を思い出します。悪い成績が可愛そうだから、みんな良い成績にしましょうっての?でも、そのウラには実は、校長の「この学校に英才教育用のマグネット・プログラム」を創設したいって思惑があるらしい。マグネットあると、連邦から資金もらえるし。そしたら、校長のお給料も上がるんかな?で、そんな校長の横暴ともいえる成績改定に対して、先生や一部保護者が怒ってるんだって。だ~か~ら~、連日会議で忙しいんだって。へーえ、これからも、目が離せませんね、なんか進展あったら教えてねvと、お願いしてきました。さてさて、どうなりますことやら…(わくわく)
  1. 2008/01/14(月) 22:44:37|
  2. アメリカの学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スト、困ったなぁ…

 今日は、カリフォルニア・サイエンス・センターへ行きました。こないだ行ったばかりって気もするけど、ここは入場料タダだし、日曜は路上駐車も無料なので、お金を使わずに遊べるのが魅力。この地域はラテン系住民が多く、こんなお天気のいい日には、近所に住む家族連れが一杯。聞こえてくるのはスペイン語ばかりだし、チリンチリンと鈴を鳴らしながら、手押し車を押すアイスクリーム屋さんが通過ぎて行ったりして、なんだか異国に居るみたい。昔、仕事で南米のどっかに行ったとき(どこだったか忘れた)、コンサルの兄ちゃんと、次の会合場所までアイス舐めながら歩いてたら、二人とも舌が青だか緑だかになっちゃって、これはちょっとマズいだろうと二人で焦ったことがあったなぁ、と、思い出す。日本じゃ見かけなくなったよね、食べると舌が毒々しい色に染まるアイスキャンディーって。

 今夜は例年なら、ハリウッドでゴールデングローブ賞の授賞式だったはずなんだけど、今年は脚本家組合のストの所為で中止になったのね。手前味噌だが、このストについては過去ログのここを見てくだされ。今迄なら、全く気にも止めなかったろうけど、LA住民になった今は話は別で、この中止によって地域が食らう経済的損失に、ほろほろと涙してしまいます。昨日の新聞では、州の予算節減についての記事が大きく出ていましたが、教育費や州民健康保険の削減や州立公園の閉鎖等々、厳しい内容でした。前回も書いた通り、脚本家組合のストがLAとその周辺地域に及ぼす経済的損失は大きなもので、目に見える変化としては、住宅価格がどんどん下がり始めました。新聞では、シュワ州知事が介入する!という、悲鳴にも煮た希望的きじが何度も出ましたが、実際のところ知事の介入は未だ無く、知事が介入したところで、どうにもならないのではないか?という悲観的観測も多いようです。

 このままストが続いて、脚本無しのアカデミー賞授賞式、ってのも面白そうだけど、現実問題としちゃ、LAにお金落としてくださいよ、ハリウッドさん!ってお願いしたい気もする…取りあえず、中学校の前の道の陥没、早く直して~!
  1. 2008/01/13(日) 08:27:14|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眠い

眠い、眠い、眠いっ!

 なんで、こんなに眠いのでしょう?寝ても、寝ても、眠い…折角の週末、朝寝したいのに、さっさとご飯出すみゃ!と、夜明けと共に私の上に飛び乗る猫、猫に起こされて庭に出せと騒ぐ犬達、平日にはベッドから引きずり落とさないと起きないのに、週末には朝っぱらから元気な息子達。土曜でも、わに夫は普通に会社に行ってしまうし、わに家の土曜日は、平和とは程遠い。あと5分でいいから寝たい。わたしゃ、朝寝、朝酒、朝湯が大好きなんだよ!潰す身上も無いけどなっ!(偉そうに言うことか?)

 家に一日中居ると、ゲームばっかりするので、とにかく息子達を連れ出すことにする。ハイウェイに乗ると、東に雪で白くなった山が見えた。あそこに行っても、スキーが出来るわけでもないのに、そのまんま、どんどん走って雪のある山まで行きたくなった。冷たいし、寒いし、雪かき大変だし、雪なんてキライだったはずなのにな。実際問題、あんまり遠くに行くのはめんどいので、近場で、サンタモニカへ行き、プロムナードをぶらぶらした後、海沿いを散歩(こればっかり)。

 高速に乗ると、つい周りの車が気になってしまう。青いトラックを見るとどきっ!とする。ありえない!と、思いつつ、ラム君に会えないかな…なんて夢想してしまう。まるで、別れた男に未練たっぷりのストーカー女。後悔は先に立たないけど、後から役にも立たない私なのに、恨みだけは根に持つタイプだったのかしら??

 寝不足という訳でもないのに、一日中眠くて、後ろ向きな私でした。
  1. 2008/01/12(土) 20:05:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

肉まんの誘惑と林檎の未来

 ジムに行って泳ぐ。コロラドでもテキサスでも、プール、プールと大騒ぎしてたけど、私はプールが大好きなのだ。だって、わにだし。サウナで汗も流して、カロリー消費した気分になったけど、ついつい、向かいのファミマで肉まん買ってしまった。ミミさんのせいだからねっ!(←アメリカはSELF社会…Somebody Else's Faults)お言葉通り、肉まん、美味しゅうございました…

 小学校のコンピュータ授業のお手伝いに行く。冬休みの間に、スマートボードが導入されていた。例の寄付金で買ったのかなぁ?パソ専任講師はまだ扱いに慣れていなくて、10分近くも、ああだ、こうだと試した挙句に諦めた。45分しかない授業を無駄にして…とは、思ったけど、口に出さないオトナな私(爆笑)。実は、コロラドの小学校のチェスクラブで使ってたのと同じ機械なので、使い方は何となく知ってるんだけど、日本人らしく(大爆笑)出しゃばらず、黙って事の成り行きを見守っていました。単に根性悪なだけだって?ま、手を出して、やっぱダメだったら益々時間を無駄にするだけだし。

 新しいノート型PCも入っていて、これがTOSHIBA。お?Windowsに鞍替え??と、思ったら、中身はMac OSだった。Apple Computersの未来を見たような気がした…

テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

  1. 2008/01/11(金) 10:47:14|
  2. アメリカの学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

お台所の秘密

 うわわわわぁぁぁっ!筋肉痛だ~!

 小一時間の運動で地を這う自分、情けなさ過ぎる…orz 上腕から腕の付け根に、特に来ました。この辺が弱点?今日は、腕痛い~、疲れた~と、昨日、チェスしに行ったサンタモニカの図書館で借りてきた本を読んで、これといって何もせず過ごしてしまった。借りたのは、お気楽なSFの短編集やら、LA近辺のガイドブック、お掃除の方法なんて所帯じみたムック本や、綺麗な写真集と、毎度同じような本ばかりなのだけど、今回のヒットは、キッチンの改装本。うちの台所、狭いのは仕方ないとしても、そのくせ無駄なスペースがあったり、何だか使い勝手も悪い。なんか工夫が必要だなぁ…って、日頃から感じてるので、キッチンの改装や工夫関係の本には、つい手が出てしまいます。で、この本、「Easy Transformations: Kitchens」という、ずばりなタイトルで、発行は去年の3月。メインは、お洒落なインテリアなので、写真を見るだけで楽しいんだけど、ちょっとした隙間の利用とか、ごちゃっと見えないスマートな収納法とか、ふーむ、なるなる…と、感心しながら見てたのね。でも、つい、この↓写真見て、筋肉痛の腹筋よじりながら爆笑しちゃった。
P1120005.jpg


 コーンフレークはいい。エビアンとペリエもまだ許せる。でも、なんだよ、この整然と並んだ409、Cascade、Wiskのストック。409はマジックリンみたいな万能液体クリーナーで、カスケードは食器洗い機用洗剤、ウィスクはお洗濯洗剤ね。もう、どんだけ掃除洗濯が好きやねん?と、小一時間。で、食べ物系はコーンフレークにインスタントのマカロニ&チーズミックス、ホールトマトの缶詰って…料理は手抜きして、その分掃除しまくるとか?なんか、このキッチンの持主の生活を妄想してたら、笑いが止まらなくなってしまった。要するに、キッチンを素敵に保つ秘訣は、料理はしないが掃除はしまくる、ってこと?そう思い出すと、きっちり並んだペーパータオルの列も「ああ、これも掃除用なんだろうな」と、思えてしまう。うちの台所、雑然としてるのは仕方ないんだ!なんて、開き直っちゃった。

 ところで、こういうインテリアが本や雑誌で紹介されている家のオーナーは、ゲイのカップルがとても多いのです。共働きだけど子供もいないから、お金があるし、センスのいい人も多いからかしら?でも、このお家は、そうじゃないだろうな、と思う。だって、ゲイの人には、お料理好きな人も多い。雑誌や本で紹介される家でも、凄いグルメキッチンだったりするし、ここLAで家探しの際に見て回ったお家の一つは、プロ用のグリルやオーブンのある立派なキッチンが付いていて、そこの持主はやっぱゲイカップルでした。私はかなーり魅かれたんだけど、わに夫の通勤に不便だから選べなかった。わに夫婦の古い友人にも、お料理の腕はプロ並、身嗜みに気を使い常にさりげなくお洒落な服装、自分の容姿にも敏感なのでジム通いしてお腹なんか全く出てないし、わに夫が「チック・ムービー」なぞとのたまう文芸恋愛映画も好き。おまけに物腰は柔らかく、4ヶ国語ぺらぺらで、稼ぎも大変よろしい…ってステキな人が居るけど、やっぱゲイ。世の中、上手くいかないわよね~

テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

  1. 2008/01/10(木) 21:33:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鋼鉄の意思を持つ女

 と、いうわけで、先日入会したスポーツジムで、パーソナルトレーナーと会う。初めてということで、体力検査などをしてもらうのです。小一時間、飛んだり跳ねたり、漕いだり引っ張ったりして、簡単なメニューを作ってもらいます。下半身とバランス感覚はいいけど(スキーのおかげかなv)、上半身の筋力が弱い、と判断されました。その後はオフィスで、今後のプログラムについて説明。これについては、色々と前以て人から聞いたり、読んだりしていたので、来たか、来たか!って、感じです。あちらさんも商売なので、トレーナーとの個人セッションや、栄養プログラムを売りつけようとする。一方こちらは、年会費と毎月の会員費以外はびた一文払わねえぜ!という態度で挑む。この点に関しては、鉄壁の守りを誇るわたくしである。

 割引プランに特別価格、幾ら会費を払っても適切な指導無しには効果は上がらないという脅し、相手もプロなので飴と鞭とで迫るけど、私は、大阪で生まれた女やから、財布の紐、ゆるめん~♪(世良正則の古い古い歌の節でよろしく)。金銭がらみでは、そう簡単に負けません。じゃ、また二週間後に体重と体脂肪をチェックして、また相談しましょうという事にする。しかし、筋肉痛だわ…

 ところで、本日の大ショック。ウィル・スミスがサイエントロジー信者って本当!?!
  1. 2008/01/09(水) 18:46:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニューハンプシャー、来た!!!

 共和党マッケイン、民主党ヒラリーが勝利!!!下馬評では、アイオワで勝ったハッカビーとオバマが有利でしたが、蓋を開けてみれば、私的にはなかなか嬉しい結果に。マッケインは、古いアメリカの良心、って感じがします。それが、現代に適しているかどうかは別としてね。でも、共和党候補者の中では、一番マシだと思う。ハッカビーてさ、進化論信じてない。TV出てるの見ると面白いけど、コメディアンじゃないんだから、面白くても仕方ないか。

 ヒラリーは失速したかと思ったけど、意外な復活。先日、泣いちゃったので、女性の同情票を集めたという説もあるけど、だとしたら、聖子ちゃんよか成功したわけね。でも、アイオワもニューハンプシャーも白人の多い州だけに、オバマの健闘は特筆すべきことでしょう。やっぱヒラリー対オバマの一騎打ちになるのかな?最終的には、オバマヒラリーのコンビで行って欲しいと、密かに期待しているのですが。今までは、ニューハンプシャーが最初の予備選挙の地で、ここでの結果が、最終的な候補者を占う鍵となるとされていましたが、アイオワが先に来るようになって、予想がつきにくくなったのではないでしょうか?アイオワ…全米の思惑を占うには、ちと微妙な州だし。次の山場は、メガ・チューズデーこと今月25日。大統領選もいよいよ本番、面白くなってきました。流石に今度は、民主党に勝って欲しいな。
  1. 2008/01/08(火) 21:20:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豆腐の意思を持つ女

 週末中降ったり止んだりだった雨も上がって今朝は晴天、やっと学校も始まりました。冬休み中3週間、私は怠け者ぶりを更にグレードアップし(をいをい)、朝起きるの辛かった。これじゃいかんなー、という後ろめたさは常に心の中にあるのだけれど、そこはそれ、生来の怠けモンだから、なかなか実行に移せないのが困ったところ。正月休み中の私のぐうたらぶりには、遂にわに夫の堪忍袋の尾も切れたらしく、「どこでもいいから、スポーツクラブに入会してこーい!」と、勧告されてしまいました。え~っ!?

 うちの近くのジムは二箇所。上息子の中学の近くのバリーズと、日系スーパーや旭屋書店、和食レストランの並ぶソーテル地域のYMCA。YMCAには一度見学に行ったけど、オリンピックサイズのプール(!)もあり、設備も良ければ、案内してくれたPTさんも感じよかった。でも、ソーテルから1ブロックってのは、危険すぎる。いくら汗を流しても、消費したカロリー以上を、その辺の日本風ケーキを出すカフェで食べちゃうに違いない。「ラニングマシーン使ってる間、退屈だし」と、ついつい本屋さんに行って、本を買っちゃうにちがいない。ガラス張りのトレーニングルームで美しいおねいさんがステップマシーンをわっせわっせ上り、その横では「俺様の筋肉を見よ!」と、マッチョな青年がリフトやってるっていうのは苦手…というか、自分、場違い過ぎ。ばば様がプールの端っこで歩いてるYMCAの方が、絶対私向きではあるんだけど、ソーテルはまずい。まずすぎる…

 己の意思の弱さを鑑みれば、ここはバリーズのほうが賢明だろうと判断し、今日入会してきたんだけど、同じモール内にファミマがあった。中、のぞいてみたら、コンビニお握りやら、日本のお菓子、日本語の雑誌まで売ってる!うわー、悪魔の誘惑…orz

 LAね、噂の通り、とっても危険な街です。
  1. 2008/01/07(月) 18:55:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

母の怒り

無駄に長い冬休みも、やっと今日が最終日。明日からは、学校が始まります。今日は、ダウンタウンの日系人博物館で、日本のお正月をテーマにしたイベントがあると聞いて、私はずっと楽しみにしていたのだな。ところが、今朝になって上息子が「まだ宿題終わってない」と。
ぬわんだってー!!!

 母ちゃん、激怒。

 昨日まで、もう他に宿題ないって言ってたやんか!と、怒る私に、今朝、学校のかばん開けたら見つけた、だと。この3週間、一度もかばんのチェックしてなかったのか!?母、怒髪天。お出掛けは諦めて、宿題に励むことにする。8月31日に、徹夜で宿題片付けるタイプだな、こいつ…orz
  1. 2008/01/06(日) 18:17:28|
  2. ああ息子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブルーレイの勝利!なの??

 LAは今日も雨。これで、火事の心配は減ったかな?雨の土曜日、家でゆっくり映画でも見たいけど、わに家のDVDプレーヤーは、引越し以来壊れたまま。しょぼい近所の図書館の中で、映画コレクションだけは立派なので、タダで新作映画が借りることが出来るんだし、プレーヤー欲しいよね、でも、HD-DVDとBD,どっちがいいのかなぁ、なんて、つい先日も電気屋さんでわに夫と二人、眺めていたのですが、ここに至ってワーナー・ブラザースが全面的にBD支持することを発表し、少なくとも悩み(?)が一つ解消しました。「えいちでぃーでぃーびー」より、「ぶるーれい」の方が言い易いし。

 おとーさんっ、DVDプレーヤー買いに行こうよっ!と、私は張り切ってしまったのですが、わに夫は、ワシントン・レッドスキンズのプレイオフ・ゲームを見ねばならぬ!と、動かない。どうせ負けるのに(結果:はい、負けました)。広告見てたら、ブルーレイ・プレーヤー、SONY製が、400ドルで、好きなディスクを10枚選べるとある。ディスク要らないから、もう少し安くなればいいのに…

 新しいPCを買うとプリンターが付いて来たり、デジカメ買ったら中途半端な目盛り0数のカードがおまけになってたり、って商法が、アメリカの電気屋さんでは普通。ヒラリーを選ぶとビルが付いてくるのはお徳感があるけど、別にそれいらないから、その分値下げしてくんないかなぁ、と、思うことのほうが多い。日本みたいに、ポイントカードでも付けてくれて、値引きがあるほうが私はいいな。
  1. 2008/01/05(土) 14:12:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

現実逃避中

 嵐が南下しつつあるそうで、LAも今日は雨。雨が降ると、渋滞は一層酷くなるのですが、ただ車の数が多いだけではなく、みな通常よりもゆっくり走っているのも原因かと。いつもなら通勤時以外なら75mphで行ける高速が、周りが揃って65mph程度なので、トロトロしててイラつく。速度を緩めねばならないほどの大雨でもないのに、無言の了承でも存在するかのように、みなゆっくり走行になる。もしかしてLAの道は特に雨に弱いんだろか、私が知らないだけなんじゃないか、などと勘繰ってしまいます。

 サンタモニカ中央図書館の魅力の一つは、棚一つ分だけだけど日本語の本がおいてあること、もう一つは、地下に安くで停められる市営駐車場があること。LA近辺では、何処に行っても駐車場が悩みの種なのです。ほんとは「何で図書館行くのに駐車料金払わならんねん!?」という気持ちも抜けないんだけど、これが都会というものかねぇ…(タメイキ)
 ところで、ショッピングモールのサンタモニカ・プレイス隣接の駐車場は、夕方6時まで無料。一応、3時間以内無料になってるけど、パトロールしてるのは見たことが無い。観光スポットのサードストリート・プロムナードや、海岸にも近い穴場です。このモール、いつ行っても、フードコート以外に人が居ないのが心配だけど、潰れないで欲しいわ。

 図書館では、きれいな写真が一杯のインテリアの本や、LA周辺観光ガイドに加え、村上春樹や郡ようこの短編集を借りました。人気作家なのに、今まで余り読んだこと無いので、この機会に読んでみようかな…と、思って。タダだし。村上春樹は、一応かの有名な「ノルウェイの森」だけは読んでみたけど、ピンと来なかったし、群ようこはエッセイが面白かったので、小説も面白いかも、と、まずは短編に手を出してみました。

 ここ数日、本の事ばかり書いていますが、周りに目を向けると、ケニアがえらい事になってて物凄く嫌な感じがするのに、ルワンダ同様、自分は何一つ出来ないという事実や、クリントン候補が失速して「やっぱりな…」という諦めと失望の気持ちと共に、この調子でオバマも終盤にはどんどん支持が下がっていって、結局は白人男性であるいう理由でエドワーズが漁夫の利を得て、アメリカは何も変わらないんじゃないか、とか、パキスタンはこれからどうなるんだろう、とか、何事に関しても傍観者であるしかない平民の自分は、考えて怒ったり、落ち込んだりするだけ無駄だ、とか、思ってしまうので、現実逃避気味なのです。

 世界中で、民主主義の名の下に、殺し合いをしています。大学院時代、参加型開発の親方ともいえる某U教授の授業で、独裁にも意義はある!と、臍曲がりなレポート書いたら、見事Cを食らいましたが(怒りのコメントもついてたなw)、大戦後のソ連が、ユーゴスラビアが、日本が、ある程度の形を成したのは、スターリンやチトーの、GHQの民主主義、何それ?な押さえ付け管理政治のお蔭じゃないか?と、今再び、思ってしまいます。ソ連はちょっと長すぎたけどね。今、中国が、いきなり民主主義なんかになったら、想像するだに恐ろしい状態になるんじゃないかと思います。民主主義を否定しているわけではありません。日本人として生まれ、アメリカで暮らす私は、民主主義の恩恵をたっぷりと受けているのですから。民主主義は素晴らしい、でも、そこへ至る道へ払わねばならない犠牲が大きすぎると思うのです。他に何か…多くの命を無駄(敢えて「無駄」と言わせてもらいます)にしないで済む方法は無いものか、と、思うのです。一部では、戦後日本のように「ぐたぐた考えず、いきなり民主主義だぁ!」と、ぶっつけてしまうという方法が論議されていました。考える前に跳べ、って感じですか。私はこれを、ADD民主化と勝手に命名。日本では、GHQが、崖っぷちから背中を蹴っ飛ばすようにこれを実践。同じことをイラクでやろうとしたら大失敗したのが藪とその仲間達。がけの下にあったのは、ぬくぬくの民主化温床じゃなくて、泥沼だったのね。

 経済や情報は勝手にどんどんグローバル化していくのに、政治や体制は、既成の枠にはまったままで、枠を壊そうとか、超えようって動きすら感じられないような気が。人のフィジカルな流通は進んでも、サイコロジカルには、それぞれの箱から出て行くことは無いような窒息感があります。この先、地球はどうなってくのかな?もっとも私は、どう向かおうが、傍観しているだけなのでしょうが…
  1. 2008/01/04(金) 18:32:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日もぐうたら

 朝起きて、メールをチェックしたら、翻訳会社から依頼が来ていた。おお、本年初仕事vと、ファイルを開いたら、年末に発見された溺死体の身元割り出し捜査協力依頼、写真付(どう見てもグロ)の翻訳依頼だった。仕事は選ばない方だけど、これはちょっと悲しかった…

 とっとと済ませて、今日は図書館に行く!と、心に決め、さぁ出掛けるぞってトコに電話が掛かってきて、上息子が友達の家に遊びに行ってしまった。母は寂しい。気が抜けたんで図書館は明日にしようと決めて、ブックオフで買った漫画を読み返す。「キャプテン翼 Golden-23」1-7巻。はいはい、笑ってください。この漫画は、ついつい日曜の午後6時半になるとチャンネルを合わせてしまう「サザエさん」のような存在です。6巻までは、相変わらずのトンデモぶり爆裂で面白かったけど、7巻は翼くんしか出てこなくてつまらなかった。翼くんがキライなわけじゃないけど、この漫画、主人公が出てこない方が面白い。でも、このシリーズではまだ、私のお気に入り、日向小次郎くんも殆ど出てこないのが残念。家族思いで男気があって、とんでもなくおバカな社会不適格者気味の小次郎くんは、多分、私の漫画史上一番の気に入りキャラクター。ちなみに、映画で一番好きなキャラクターは、CGアニメ「マダガスカル」に出てくるペンギンのリコ。

rico.jpg 本編では華麗な包丁さばきで、ライオンのアレックスの為に寿司をつくり、DVDのおまけについてきた短編中では、火のついたダイナマイト片手に「ボッカーンしていい?」を連発してた、サイコなペンギンね。来年の「マダガスカル2」公開と同時に、このペンギン達のアニメがTVシリーズとして放映されるらしくて、新年明けたばかりだというのに、もう来年のことを楽しみにしています。早く観たいv
  1. 2008/01/03(木) 19:47:32|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戦闘妖精・雪風

 昨夜は早速、ブックオフで獲得したお宝を読み耽る。まずは$1コーナーで発掘した「戦闘妖精・雪風<改>」
51.jpg
 前回日本に帰ったときにも、<改>編が出ているのは知っていましたが、買い損なっていたので、ラッキーですv なんか、前より分厚くなってるのは、それだけ書き足しがあるってこと?と、一瞬期待したけど、中見たら、字がどーん!と、大きくなってた。トシと共に、細かい字が辛くなってきたから有難い。でもこれって、私みたいな老眼に苦しむ往年のファン向けサービスだったら、嬉しいけどちょっと哀しい…orz

 私の、神林長平氏作品との出会いは「敵は海賊」シリーズです。天野喜孝氏の可愛い猫の絵に惹かれて表紙買い。あの頃のハヤカワ文庫の天野表紙は、私の財布の大敵だった(遠い目)。それでハマって作者買いを始めたんだけど、簡潔な文章や、魅力的な登場人物、そして独特の世界観は、若かりし頃の(ひたすら遠い目)私を、一時夢中にさせました。うちの黒猫、結局「クロ」なんて判りやすい名前になってしまいましたが、「敵は海賊」シリーズに出てくるクロ猫型宇宙人の名前、アプロもかなり付けたかった名前。次の子は「アプロ」かな。

 で、雪風<改>。タイトルの「雪風」は、「海賊」シリーズの、意思を持つ高性能フリゲート艦・ラジェンドラの前身とも取れる戦闘電子偵察機の名前。ラジェンドラのように感情もないし、喋らないけど、意思を持ちつつある機械です。喋る乗り物といえば「ナイト・ライダー」のキット、感情を持つ機会と言えば、「銀河ヒッチハイクガイド」の鬱病ロボット、マーヴィンが思い浮かびますが、雪風は、感情を一切排した、機械らしい機械という所がかえって魅力です。その雪風に、ひたすら片思いなのが、そのパイロットである主人公の深井零。私的には、ちょっとマーヴィンの人間版というイメージなのですが、数年前に出たOAVでは、こういう人らしいです。残念ながら、全然、マーヴィンに似ていません(失礼すぎるだろ、わに…)。ちなみに左のヤク中サーファー崩れみたいな人はブッカー少佐。傷跡はどうした?? 深井中尉は、細くて、前髪がうっとおしくて、暗いパイロット…なんか、「エリア88」の風間真を彷彿とさせます。その繋がりで、クーリィ准将をサキ・ヴァシュタールに脳内変換してみると、かなりイヤな感じです…と、だんだん脱線しすぎて、何の話をしているか、判らなくなってきました。511.jpg

 神を信じるかと聞かれて無言でいたら殴られた、とか、戦争してて当たり前の時代、とか、目には見えない敵である宇宙生命体(?)ジャムという存在など、色々と思い出深いのですが、人間ではなく機を救う事を優先するコンピューターというモチーフは、ウィル・スミスの映画版「アイ・ロボット」でも出てきましたね。あの、映画を見たときの「えーっと、こういう場面、どっかであったなぁ」という既視感はここだったか!と、思い出して、少しスッキリした。思えば、ロジックが全てのバルカン人、スポックさんはじめ、何ら珍しくも無い設定なんだけどね。で、感情の無い機械と知性を持つが故に、感情欠如を不完全と捕えるデータは、つまり雪風とラジェンドラの間をつなぐものなのか…って、徒然過ぎて何を書いているか謎になってきたので、今日はここまで。
  1. 2008/01/02(水) 21:03:38|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

元旦にも海!

あけまして、おめでとうございます!

 素適な元日を過ごされましたでしょうか?静かで落ち着いた一日であったり、のんびりな一日であったり、はたまた多忙な一日?私の実家はパーマ屋さんなので、大晦日から元旦にかけは、お嬢さん方の着付けでバトルフィールドでした。大学出て初めての勤務先は放送局。で、正月番組でやっぱりバトルフィールドw 私が紅白歌合戦を始めて通しで見たのは、アメリカに来てNYCに住んでいた頃、日本の番組を生中継するケーブル番組を購入していた友人の家です。

 わに家の元日は、いつものように早朝、餌催促の猫に起こされ、いつものようにシリアルで簡単朝ごはん、その後ゴロゴロ転がって新聞を読み(まず最初に読むのは漫画)…という、毎度変わらぬ一日でした。でも、去年はコロラドの山の中で雪に埋めれながら、わに夫の祖母、大叔父と一緒にTVを見て過ごしましたが、今年はガラリと変わって、またまたビーチへ。いつもなら、鬼のような渋滞の、地獄のハイウェイ・405号線も、今日ならそれほど混んではいまい…と、クリスマスに行ったドッグビーチとは逆に南下して、ハンティントン・ビーチへ。サーフィンの聖地としても有名で、ここで働くライフガードのリアリティー・ショーも放映中の超有名かつ人気のビーチです。わに家の目当ては、ドッグ・ビーチ!犬達を自由に遊ばせることのできる海岸です。まずは、チップからGo!
0811_1


  サイモンは、海よりも周りに一杯いる他の犬達が気になって仕方が無く、脱線しては、チップに連れ戻されます。

P1010009.jpg


 同じドッグビーチでも、マリブの、Leo Carillo州立公園より、ずっと沢山の人が居ました。犬連れだけではなく、初波乗りのサーファー達も。
P1010010s.jpg


P1010023.jpg


 夕暮れ時までたっぷり遊んで、犬も子供達も満足。私も綺麗な貝殻がいっぱい拾えて嬉しかったんだけど、帰りに寄るつもりだった日系スーパーのMarukaiが閉まっちゃって、ちょっと残念。行ってみたかったのだー!でも、その近くのBookOffには行けました。ブックオフまであるんだもん、ほんと凄いよ、LA… かごに一杯文庫やら漫画やら買って、すご~く幸せ。私的には、最高に良い一年初まり
  1. 2008/01/01(火) 22:45:28|
  2. 犬達と猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。