わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本語、はじめました

 大変恥ずかしながら、わに息子たちは日本語が不自由です。特に若息子は、不自由なんて生易しいレベルではなく、オハヨーとサヨナラしか言えないような有様です。これじゃマズいよね、恥ずかしいよね、とは、ずーっと思ってたんだけど、なにしろ、わに夫は日本語全く駄目なので、家の中の会話は英語ばかりだし、ついつい日本語学習が先延ばしになってしまっていました。しかしだ!ここらで心機一転、日本語やるか!と、掌ぐっ!の母である。

 で、気合入れて、日本語学習プログラムを買ってきたんですよ。ロゼッタストーンっていう、アメリカではショッピングモールなんかでもよく売っている、外国語習得プログラムの日本語版。で、親子でPCに向かって、「おとこのこはたべています」とか「おんなのひとはのんでいます」って、やってんですが、ちゃんと発音できないと、次に進めません。その基準は中々に厳しく、私もたまにひっかかり、日本人としてのプライドが崩れそうです。わに夫に「大阪弁だからじゃない?」などと言われて、日頃から標準語と関西弁のバイリンガルを自負するわたくしとしては、怒り心頭なのである。失礼ね、私の英語は訛ってるけど、日本語は十分に標準語として通じます!プンプン!

 外国人向けのプログラムなので、会話なのに「彼は走っています」とか、「彼女たちは笑っています」なんて、普通、そんなこと言わんだろ…orzな、不自然な文章が、結構笑いを誘います。日本語はナチュラルに主語を省く言語なんだよ。
 日本語を勉強する外国人の間では「サザエさん」が、教材に使われたこともあるそうですが、確かに磯野家は正しい日本語をしゃべっていますね。日常会話の勉強には、ぴったりかも。だって、「ドラえもん」も、よさげな感じですが、「どこでもドア~」とか言われた日にゃ、頭抱えて悩むしかないでしょう。「ちびまる子ちゃん」もいいかも?ただし、「ズバリそうでしょう!」は、ほどほどにw
スポンサーサイト
  1. 2008/06/30(月) 21:48:36|
  2. ああ息子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

文化としての宗教

 ご近所のご家族に招待されて、裏庭BBQへ。このお宅はユダヤ教徒なので、血を抜いたコーシャー(Kosher)のソーセージが振舞われました。コーシャーとは、ユダヤ教の戒律に基づいた食餌法のことで、お肉に関しては特別なと札法を持ちいらねばならないほかに、「血を食べてはいけない」とも決められているので、コーシャー・ミートは、全て血抜きしてあるのです。他にも、ラクダや豚は食べてはならない、とか、肉と乳製品を一緒に食べてはならない、とか、色々と決まりがあるようですが、仏教徒だけど殺傷した動物の肉食っちゃうよ、な、われわれ多くの日本人と同様、厳密に従っているユダヤ教徒ばかりでもないようです。この掟によると、チーズバーガーもご法度になっちゃうねぇ…

 コーシャー肉は初めて食べたけど、普通のソーセージみたいな噛んだらじゅっ、という感じではなく、口の中でホロホロとお肉が崩れる感じ。でも、ぱさぱさしてるっていうのでもなく、スパイスがよく効いていて美味しかった。このお宅、特に信心深いというわけではなく、チーズバーガーもおっけいな緩いユダヤ教徒なのだそうですが、珍しいだろうと、わざわざコーシャー・ソーセージも用意してくださったのです。確かにこんな機会でもなければ、味わうこともなかったでしょう。感謝、感謝…

 ハリウッドはユダヤ人だらけ、と、よく聞きますが、LAもNYC同様、ユダヤ教の人がとても多いようです。近所のトレーダー ジョーズでも、コーシャーのお肉を常備しているし、サンタモニカ・ブルバードやウィルシャー・ブルバードには、ユダヤ教寺院や学校が立ち並んでいます。正統派の、現兵に戒律を守っているグループの人口も多いようですが、今日御呼ばれしたお宅のように、信仰というよりは文化や慣習としてのユダヤ教を受け入れているグループも多いよう。日本人が、一応は仏教徒です、新年とお盆にはお寺に参拝もしますが、特に毎日仏像を拝んだりしないし、ベジタリアンでもございません、ってのと似てるような気がします。これも、ユダヤ教も仏教も、古い宗教だから、生活の中の慣習として馴染んでしまったが故の寛容さかもしれません。つーことは、キリスト教やらイスラム教は、まだまだ若いもんだから、元気一杯突っ張ってるんで、ああやってドンパチもやっちゃうんかねぇ…?盗んだバイクで走り出す~♪ってのと、同じノリですか?迷惑なので、早く大人になって欲しいものです。
  1. 2008/06/29(日) 22:24:16|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LA中央図書館と、オルヴェラ・ストリート

 今日は以前から行ってみたかった、ロサンゼルス中央図書館に行ってきました。図書館好きな私。高層ビルの狭間にあるにもかかわらず、堂々たる存在感の建物です。天辺の三角形は、ピラミッドを現しているんだって。形といい、色合いといい、なんか、日本の国会議事堂に似てるような気がする。折角なので、図書館の建築や館内の壁画や彫刻についての、ガイドツアーに参加してみました。

 ロサンゼルス市の公立図書館システムは、ダウンタウンの中心地にあるこの中央図書館の他、各地域に支局図書館が70あり、全米第三位の規模なのだそう。この建物は、1926年築の旧館と、隣接する1993年完成の新館で出来ています。旧館の建物は1986年の放火で大きなダメージを受け、取壊しも考えられたそうです。この火事で、この図書館が所有していた蔵書の20%にあたる40万以上の文書が破壊されたとか。一体、何で図書館を燃やそうなんて考えたんだろう!?!犯人が見つかったかどうか知りたくて、少し検索してみたけど、見つからなかった。

 ダウンタウンには誰も住んでいないのに図書館なんかいらんだろ、という理由からも、被害を受けた図書館の取壊し計画も進んでいたそうですが、有志の努力によって無事に改修・増築が実現し、今日に至りますが、その資金獲得に大きな役割を果たしたのが、すぐ北側に建つLAで一番高いU.S.バンク・ビルでした。トンデモ爆笑映画「ドラゴン・ウォーズ」で蛇に巻きつかれてたビルね。




 市の規定が要求する土地より狭い場所に、高い建物を建てるため、このビルのオーナーは、図書館から「上空権」を買い取り、そのお金が図書館再建に使われたそう。また、旧館地下の駐車場も、同じくUSバンク・ビルのオーナーが作ったもので、オフィスの閉まる週末には、図書館利用者が一律1ドルで利用できます。ダウンタウンでは駐車スペースが頭痛の種なので、これはとっても有難い申し合わせ。

 太陽の光がいっぱい差し込む明るいロタンダの、カリフォルニアの歴史を描いた壁画や地球を象ったシャンデリア、外国語本の部屋の奥のアイヴァンホーの壁画や、天井の装飾など、内装も修復されています。改修後に敷かれたカーペットのデザインも、このロタンダの壁画がモチーフになっていて、よく見ると色々と楽しい発見が。外国語の本のコレクションには、日本語本の棚も2つありましたが、やっぱり「選択の基準は一体…?」って感じだった。なんか、江原なんちゃらのスピリチュアル本やら、漫画の「ダーリンは外国人」とかあったし。なぜか、猫の飼い方本が数冊あったんで、私も一冊借りてみた。お料理本も沢山あったけど、日本では普通に手に入ってもアメリカではスーパーに売ってない食材や、計量法の違いもあって、かえってメンドウなんだよね。

 旧館西側のカフェテリアでサンドイッチ買って、お隣のマクガイア・ガーデンの木陰でランチ。噴水の音が涼しげで、気持ちいいv


おお、上の蛇さんの成れの果てが、こんなところに!?


 ちなみに、私がツアーに参加している間、わに夫と息子たちは子供向けのマジック・ショーを楽しんでいました。色んな無料プログラムがあるのも、図書館のいいところね。コロラドの図書館には、ずいぶんお世話になったなぁ…

 ゆっくり図書館で本を選んだり、ダウンタウンを歩いた後は、110号線を越えて少しだけ北上し、チャイナタウンへ。中華もいいけど、今日はメキシカンにしてみようと、お隣のオルヴェラ通り(Olvera Street)へ行きました。エル・プエブロ州立史跡公園にも指定されているこの一角は、LA市内でも最も古い地域で、LA発祥の地と呼ばれています。陽気なマリアッチ音楽が流れ、カラフルな民族衣装や操り人形、皮革製品など、メキシコの民芸品を売るお店が並び、メキシコの市場の雰囲気そのもの。LA最古の家を含め、多くの古いレンガ造りの建物が残っており、自由に見学できますが、今日は博物館もビジターセンターも、もう閉まっていて残念(><)



 プラザから、1869年築のピコ・ハウスを望む。当時は西部一の高級ホテルだったそうな。後ろの三角屋根は、LA市庁舎。ちなみに、プラザのお向かいは、ユニオン・ステーション。ピコハウスは、国定歴史的建造物に指定されており、一階は博物館になっています。
 
 通りに残る古い建物を利用したレストランも多く、わに一家もその一軒で晩御飯。48ozのメガ・マルガリータたるものを注文してしまい、これだけでおなかが膨れてしまった…orz お隣のテーブルの二人が、流しのマリアッチを雇ったので、私たちも恩恵にあずかりラッキーでした。ギャラリーや博物館が閉まっているのは残念だけど、この地域は、石畳に長い影の差す黄昏時が、なんとなくロマンティックで素敵だと思います。

おまけ: オルヴェラ・ストリートの猫さん
06-30 040
  1. 2008/06/28(土) 22:56:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Across the Universe

 去年のスリープ・ヒット、「Across the Universe」を観ました。アクロス・ザ・ユニバース 公式サイトによると、日本での公開は、再来月のようです。ビートルズの曲に乗せた、ベトナム戦争真っ最中の1960年代の青春グラフィティーで、台詞が歌だったり、いきなり周り中が踊りだしたり、お話の内容もバリバリに「ああ、青春」なので、見ていて少し気恥ずかしかった。家でカウチポテトしながらではなく、映画館で、これから青春グラフィティーなミュージカルを観るんである!」と、心の準備をしてから観たほうが楽しめるかもしれない。60年代っぽい(?)サイケな映像は面白いけど、ちょっとやりすぎで、延々ミュージックビデオを見てるような気になる場面もありました。

 緊迫した時代が舞台なので、平和デモの暴動や、ベトナム戦争の様子、キング牧師の暗殺なども描かれてはいるのですが、基本的にはヌルいラブストーリー。お話も、暴動に巻き込まれたり、戦場で危機にあったり、なんて場面もあるにもかかわらず、なんだかユルく進んでいきます。逆に、この緊張感たっぷりの時代を描きながらも、音楽や映像を楽しみながら、登場人物たちの動向をのんびり追っていく、肩の力を抜いて観れる娯楽映画に仕上がっているのが、楽しみどころなのか??

 主人公の二人、リバプールからアメリカに父親に合いにやってきたジュード、裕福な家庭に育ったルーシー、どちらもハンサムすぎない、美人過ぎない爽やかカップルで、生暖かく見守りたくなります。しかし、妹と親友が同じベッドにいるのを見ちゃった兄ちゃん、もう少しショックを受けてもよさそうなもんだが… その、二人を引き合わせるきっかけになるルーシーの兄・マックスは、上流階級の子弟が多いプリンストンの学生ながら、破天荒な性格で、彼と悪友たちの騒ぎっぷりは、「なるほど、ジョージWは、イェールでは、こういう学生だったに違いない」と、思わせるものがw でも、マックスは徴兵されると、嫌々ながらも、ちゃんとベトナム行ったけどね。ジュードとマックスが借りたNYCのアパートの大家さん、歌手のセディーと、その恋人でギタリストのジョジョは、歌がうまくて、聞き応えがあります。同じアパートの住民でアジア人のプルーデンスの存在は、よく判らなかった。単に、他にアジア人がいないから紛れ込ませただけって感じで、付け焼刃っぽかったなぁ。彼女は、同じ学校の美少女に失恋して、NYCに出てきたんだけど、私は、この失恋相手がルーシーだと思ってたのね。後から、ストーリー見直したら、別人だったけど。紛らわしい。

 監督のジュリー・テイモアさんは、ブロードウェイ・ヒットの「ライオン・キング」の演出家。映画「タイタス」や「フリーダ」の様式美は私も気に入っていたので、この映画にも期待大、だったのですが、これに関しては、ちょっとやりすぎちゃったかな?って、気もする。「Hair」とか、「Rent」が好きな人なら、とっても楽しめるんじゃないかな。これも結局は、しみじみと、ビートルズはいいねぇvと、浸る映画なのでしょう。この映画で使われているアレンジもいいけど、やっぱオリジナルが聴きたくなっちゃうよ。
  1. 2008/06/27(金) 22:04:35|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメリカ、崩壊

 大変なことになった、という気がします。連邦最高裁判所による、ワシントンDCでの銃の自宅保有を認めないのは違憲であるとの判決は、少なからず全国の自治体に影響を与えることになるでしょう。自己防衛のための銃所持を禁止するのは人権侵害だということらしいですが、銃規制の方向の正に逆をいく時代錯誤な判決に、開いた口が顎外れちまった状態です。違法だろうが何だろうが、どうせ隠し持ってるヤツなんて多いんだし、何も変わらないのでは?というのは、甘い見通しで、大手を振って持てるんだから持つ、こうなったら皆持ってるだろうから、自分も持つ…な、連鎖反応で、益々、銃の所持率が上がり、一層危険な状況に陥っていくという、デススパイラルか、はたまた蟻地獄か、な、近未来が待っているのではないでしょうか。アメリカ、未だ開拓時代から進歩できず。

 一方、経済の方面では、原油先物価格が最高値を更新と同時に、株は1930年代の大恐慌時代以来の低値という、どん底どころか底割れ状態に。米国中西部の大規模洪水や豪雨のせいで、とうもろこしの価格高騰が見込まれており、トウモロコシを食料とする豚の肉も既に値上がり傾向を示しています。公共交通機関が発達していない、というより、存在しない郊外や農村部住民には、乗用車は贅沢ではなく必需品。ガソリン代の急激な値上げに続き、食料も益々高くなる。超の付くお金持ち以外は、現在の生活レベル維持が困難になっています。色々な雑誌や新聞で、どこを節約するかというインタビューを見かけますが、よくある答は、外出を控える…外食を減らす、車で行かねばならない所にはなるべく行かないようにする、というもの。わに夫の職場でも、お昼を食べに出ず、お弁当を持ってくる人が増えたそう。この様子だと、外食産業は徐々に後退していきそうな気がします。

 そして議会はといえば、この状況にどんな手を打つのかと思えば、よりによって同じ今日、来年9月までの総額1618億ドルのイラク・アフガニスタン戦費法案を可決。なにやっとんじゃい?その大金、自分ちの国民の救済策に使う気はないのかね…? 
  1. 2008/06/26(木) 21:30:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「国際恋愛・国際結婚はできますか?」

 私が利用させて頂いている、このFC2ブログでは、毎日、トラックバックテーマというのが表示されるのですが、今日のテーマは「国際恋愛・国際結婚はできますか?」なのだそうです。いや、出来ますかって言われても、もう10年以上してるし… んで、まぁ、自分には当てはまらなさそうだけど、このテーマでどんなブログがあるのかと、覗きに行ってみました。で、色々読んで判ったことは、国際恋愛・結婚の障害その1は「言葉の壁」らしい。ふむ、そりゃそうだ…(-人-) でも一方で、心で会話できれば大丈夫、という国際結婚をしている方の意見もあった。なるほど、超能力者同士なのだな。ならば、言語の壁など全く問題あるまい…

 と、あほな事はさておき、私の経験からいうと、国際結婚の辛い点は、過去が共有できないこと、である。子供のころに観たアニメとか、CMとかの話題で盛り上がれない。一緒にマジンガーZの歌も歌えないし、ウルトラ兄弟の関係について議論も出来ない。二人でシャア専用携帯を買うべきかどうか、真剣に悩んでしまうこともないのだ。ちなみに、シャア専用携帯とは、右の画像のこれ。携帯の充電器としては、エラく場所を取りそうな代物だな。

 一方、国際結婚のいい点は、諦めがつきやすいこと、ね。同じ日本人同士で、味の好みが違うとか、ちょっとした方言の違いで誤解があると、私はもう絶対にっ!許せないと思うの。私は関西の人間なので、濃い口醤油なうどんスープもたまには許せるけど、いつもだったら切れる。関西風薄口派なので、お前の料理は味が薄すぎるなんて言われた日には、星一徹と化して卓袱台ひっくり返す。甲子園球場に歩いて行ける場所に実家のある私は、相手が巨人ファンだったりした日には、お付き合いすらしないだろう。たとえ同じ関西人だったとしても、いや、、むしろ同じだから、小さな差異が癪に障ってしまうと思う。その点、相手が外国人だと、コイツラ毛唐やからしゃーないしぃ、と、諦めも付くってもん。

 もう一ついいトコは、自分の親と夫の会話が成立しないこと。お互い、コンニチハ、はい、はろー、で幸せになれてしまうんで、こりゃラクでいい。私なんか、なまじっか、わに夫の父母と言葉が通じるんで軋轢もおきるしね…と、書いていて、国際結婚を真剣に考えている方々にとって、何の役にも立たないと気付いてしまった、夫はアメリカ人、自分は日本人なわたくしである。いやね、私、日本人と結婚したことないから違いは判らないけど、結局、結婚なんて相手が何人であろうと所詮は個人の問題であって、特に変わったことじゃない、って、私は思うのですよ、はい。 
  1. 2008/06/25(水) 22:36:08|
  2. 国際結婚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

PC中二病

 相変わらずグレている私のTOSHIBA、気まぐれに起動してみたり、してみなかったり…コンピューターの一年過ぎは、反抗期に違いない。起動するたびに、データをバックアップしながら、不要なプログラムを消去したり、チューン・アップをかけてみたりするのですが、事態は改善せず、これはもう諦めて修理に出すしかないのかと…(TT) 一年は犬にとっての7年っていうけど、コンピューターにとっては13年なのよ、きっと。で、使い始めて一年ちょっと過ぎには、中二病になってグレるのよ。そうよ!きっと、そうに違いないわ!!(机バン!)


ふんっ!おだまり!!


 で、仕方ないんで、TOSHIBAの修理センターに持っていく。たぶんオーバーヒートだから、中を掃除するだけで済むだろうって言われたけど、初期料金だけで150ドルだって。泣ける。場所代じゃないだろうな!?!もし、修理代とかで$300以上かかるようなら、新しいマシン買うわ。ああ、DELLのエンジニアさんたちが、庭先でビール飲みながら、ぱかっと中開けてチェックしてくれたテキサスは良かったなぁ…

 と、言うわけで、私は暫く、TOSHIBAさんのいない生活です。このデスクトップでも必要なことは全部出来るんだけど、不便なのよね。あーあ…
  1. 2008/06/24(火) 19:45:01|
  2. わにの傾向と対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大河ドラマ・2008年大統領戦の乱

 今日もまた暑い、暑い。でも昨日までよりかは少しマシになったような?さて、今日のニュースで大笑い(←笑うなよ)は、しっかり、ちゃっかり、ヒラリー姐さんがオバマのキャンペーンに参加声明ってとこでしょう。やっぱ副大統領の座を狙ってるなw オバマさん、背後に注意。

 民主党、共和党、共に大統領候補は出揃ったものの、副大統領候補の発表はなく、世間の話題がとにかく高いガソリン代にばかり向きがちな今日この頃、大統領選のほうは、やや中だるみ気味。そういや、NHKの大河ドラマが中だるみしてきて見なくなるのも、この時期だねぇ…クライマックスの一ヶ月前くらいから、また見始めるって辺りも似ている。で、この中だるみ期、本人たちの動向はつまんないんで、マスコミはファーストレディー候補に目を向けて、ちょっと花を添えようとするのですねぇ。金髪キラキラ、バービー人形のようなシンディー・マッケインさんと、平凡さがかえって魅力なミシェル・オバマさん、ニューズウィーク誌の、どっちが好き?調査では、33%がマッケイン夫人を、49%がオバマ夫人を選んだそうです。50代とは思えない若々しさ、美人、お金持ちで、自身がお父さんから受け継いだ大会社の会長という、超恵まれたマッケイン夫人って、同性からは人気なさそう。右の画像がシンディーさんです。美人です。今週号の「Newsweek」の表紙が彼女でしたが、ピンクのシャネルスーツで、ハイソなマダムの雰囲気たっぷり。

 一方、労働者階級出身ながら、東部の名門大学に学び、弁護士として働きながらも子育てをしてきたオバマ夫人は、気さくな雰囲気も含め、いかにも女性に好まれそうなタイプです。左の写真がミシェルさんですが、とりたてて絶世の美人ってわけじゃないけど、いい感じの女性って雰囲気で、お友達になりたいタイプかも。最近も、日本でいうお昼のワイドショーみたいな奥様番組に出演して、好感度を一層高めました。内助の功、知性派、東部名門法律学校出身の弁護士…さり気にヒラリー姐さんとキャラがかぶるような気がするけど(げほげほ!)、きっと気のせい、気のせいよね。

 The LA Times に出ていた記事によると(いきなり、ドレスに注目してしまうところが、とってもLA Timesだ)、この時、オバマ夫人が着ていた袖なしワンピースは、あっという間に売り切れたのだとか。下の画像が、そのときの写真。うん、確かにカワイイ服だわ。でも、「148ドルと安価で」ってのには、ちょっと「そうか、服が148ドルって安いんか…(遠い目)」と、しみじみ風に吹かれてしまったわ。アメリカ人の60%は負債を抱えているってご時世に、なにか違和感が残る。まぁ、大統領夫人になるかもしれない女性の、TV出演用おめかしドレスとしては、安いのかもしれないけど。それにしても、奥さん、背が高いですね…
michelle-obama-dress-thumb.jpg
  1. 2008/06/23(月) 20:44:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

息子は復習、母は復讐

 暑さに負けず、ガレージ掃除…そのココロは、挙動不審なTOSHIBAノート型PCのレシート探し。わにの日々、過去ログによると、私がこのTOSHIBAを買ったのは、去年の5月4日。ブログって、こういう時、ホントに」便利です。なぜPCは、いつも保証期間がちょびっと過ぎた頃に不調を起こすのか、とてもとても謎ですが、保証期間延長プランを購入したかもしれない…という一縷の望みにかけて、蒸し暑いガレージで、箱をひっくり返し続けるわたくし。それにしても、過去ログによると、この日、5月4日は雪。コロラド、恐るべし。

 父と母がガレージで悪戦苦闘の最中、息子たちは屋内で、Wiiで遊んでいる。なんかムカつく このまま夏中、遊ばせてなるものか!と、夕方、近所の本屋さんに行って、夏休みドリルと算数ゲームのソフトを買ってきた。毎日、ドリルを二ページやらなきゃ、ゲームは禁止だからね!と、勝手に宣言。で、その間、母は何をするかって?それはね、Wii で遊ぶのよv
  1. 2008/06/22(日) 20:34:25|
  2. ああ息子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

古本三昧

 ハンティントンビーチで、お友達のミミさんと待ち合わせっ(≧▽≦)ノ
今日も猛暑で、ビーチで過ごすには最高の日和です。ミミさんちのスコティー、クレア嬢は初めてのビーチで、足濡れるのいやなの!きゃっ、波が来る!と、海には入りませんでしたが、他のわんこ達と仲良く交流したり、砂浜に穴を掘ったりと、楽しかったんじゃないかしら。寄せる波から、ちょこまかと逃げる姿が、すっごく可愛くて、本犬は必死なんだろうけど思わず笑ってしまいました。ごめんねv

 うちの犬たちは毎度の如く、とにかく他の犬たちと交流しまくるサイモン、私の後ろで背後霊と化しているチップ。チップは水際でパシャパシャしているのは好きだけど、泳ぐのには興味ない。サイモンは水には興味ないんだけど、他の犬達と一緒にじゃれてるうちに水に入ってしまい、チビなので泳いで帰ってこなければならない羽目になる。息子たちも、ボディーボードしたり、穴を掘ったり、二日連続ビーチを堪能しました。そして、私の肩は一層じりじりヒリヒリと…orz

 帰りには、ガーデナによって、Book Offで古本漁りです。ハンティントンビーチの楽しみの一つは、帰りに、トーレンスやガーデナといった、日本人コミュニティーにあるお店に寄り道する事なのだ。今日も大漁で、欲しかった本をしっかりゲット。それにしても、国外で、こんなにも古本屋さんが充実してるなんて、やっぱり驚異だわ。買ったのは、
はた万次郎さんの「北海道移住日記」 これで、はたさんの文庫本、全部揃ったv
今市子さんの「夜と星のむこう 第一巻」 同じ作者の百鬼夜行抄が好きなので、買ってみました。うう、続きが気になる~
神林長平氏の「敵は海賊・正義の眼」 シリーズなんで、つい
 他に$1コーナーから、早川のSFやら、雑学本やら、ビーチで寝転がってダラダラ読むのにぴったりな本ばかり。余は満足じゃ…v
  1. 2008/06/21(土) 20:02:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏休み突入・第一日目

 夏休みの第一日、とりあえずはサンタモニカのビーチへ。本当に、それしかすることが無いのか、わに一家?という感じですが、暑いし、どうせ図書館に本返しにいかなきゃなんないし。今日は9時ごろに出て、まずは息子たちが大好きな、メインストリートのオムレツパーラーでブランチ。ふわふわ卵が大層おいしいお店です。たかがオムレツ、されどオムレツ。

 朝の6時から開店しているので、朝一番の波に乗りに来るサーファーたちにも人気なのだそう。そんな朝早くに行った事無いから、聞いた話だけど。平日は2時に閉まってしまうので、ボリュームのある朝ごはんやブランチにはぴったり。レトロな店内のインテリアも素敵だし、サービスはフレンドリー、BGMはビートルズなどレトロが中心。お隣はニューススタンドなので、雑誌を買って、のんびりゆっくり朝ごはん、も乙なもの。お腹が膨らんだら、海岸へ。ビーチパラソル立てて、母は昼寝…の、つもりが、結構な離岸流で、息子流される→母、回収に行く、を繰り返してたら、また肩に日焼けした…orz ああ、ヒリヒリする…(TT)
P6200003.jpg


 その後は毎度のごとく図書館へ。「ザ・シンプソンズ--ムービー」を借りてみました。アメリカでは安定した人気を誇るアニメの「The Simpsons」、アメリカの「サザエさん」というには、ちょっとイヤンな感じだけど、当たらずとも遠からず、かも?でも、サザエさんのテーマが何気ない日常なら、こちらのテーマは家族愛、特に、いい加減この上ないシンプソン家の家長・ホマーと、問題児の息子・バートの繋がりです。いいお父さんの波平さんと、悪戯者らしいけどバートなんかとは比べ物にならない、実は結構な優等生であるカツオくんじゃ、父子の絆を試す大事件(!)なんて起こらないものね。

 ところで、ホマーが、何で家でただで見れるようなシロモノを、わざわざお金払って観てるんだー!?って叫ぶ、映画のオープニングは、さぞや劇場ではウケただろうな。
  1. 2008/06/20(金) 20:45:20|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

波斯悲話

夏休みに突入です。あう…(T▽T)

 LAには、熱波襲来中で、暑いのなんの。お日様が痛い。暫く洗濯物を干しただけで、肩や腕がヒリヒリ。過去の最高気温記録を上回る暑さなのだそうで、テキサスでもコロラドでも、そして去年来たばかりのここLAでも、毎年、毎年、記録破りの猛暑、ってのを聞いてる。やっぱ地球は、気温上昇中なのかしら?

 こう暑いと、本当にコロラドのお山が恋しくなりますが、例のコロラドの家がやっと売れました。苦節10ヶ月だった~ 当初の設定価格よりも低くなってしまいましたが、アメリカ全国で住宅価格は大下落、差し押さえも激増中のこのご時勢、売れただけでもラッキーと思わねばなりませんね。それにしても、うちの近所は不動産売買が結構盛ん。近所を歩いていると、各ブロックに少なくとも一件は、「売り家」サインが出ています。で、これがまた、一ヶ月ほどで売れちゃう。改築中の家も多いし、この辺りには、不動産不景気は関係ないの?って感じです。不思議だなぁ…

 私の住む地域は、大雑把に「West LA」と呼ばれる地域です。サンタモニカ、べバリーヒルズ、スタジオシティ、カルバーシティに囲まれた、UCLAキャンパスを擁する地域。そして、ここ西ロサンゼルス地域だけは、何故か改築ラッシュなのだそう。つまり改築して売りに出そうって魂胆。お隣の家も、なにやらここ数週間ゴチャゴチャやってるな、と、思ったら、やっぱり売りに出すんだって。お隣さんはペルシアの人で(なぜか彼らはイラン人とは言わず、ペルシア人というのですね)、以前からひっこししたいとは常々、言っていましたが、遂に心を決めたのだそうです。そして、そのココロは、「状況が悪くなってきそうだから、家族を呼び寄せようと決めたんだ。そのためには、もっと広い家が必要だから」なんだって。藪政権が、イランを攻撃することを恐れて、なのです。哀しい話だ…
  1. 2008/06/19(木) 22:11:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なぞのクラッシュ

 愛用のTOSHIBAノートが突然クラッシュ!その後、起動しても、画面が真っ黒という事態に。私の心も真っ暗。予備のデスクトップがあるので、当面の仕事や、インターネットを使うのには不都合はないのですが、書きかけの原稿やら、写真やら、今年の三月以降のファイルは、この中にしかない。バックアップは本当にマメにしなければなりませんね…と、またしても、後悔が先にも立たないが役にも立っていない、学習能力に欠ける私です。とほほ…orz

 何度めかの再起動の後、なんとかWindowsが起動したので、取り敢えず少しづつバックアップしながら、ノートン先生にチェックしてもらったのですが、ウイルスは見つからず…謎だ…
  1. 2008/06/18(水) 20:03:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

同性間結婚解禁

 カリフォルニア州にとっての、歴史的な一日です。全米でマサチューセッツ州に続き二番目に、同性カップルの正式な婚姻の法的認可が解禁されました。マサチューセッツ州との違いは、州民以外にも結婚証明書を発行すること。全国から、ゲイカップルが結婚証明書を求めて、カリフォルニアにやってくることが予想されています。ここに来れば、正式に結婚できるので、これはもう、全米で同性婚が可能になったと見てもいいのでは。正式には今日からなのですが、前倒しして昨日から同性カップルの申し込みを受け付けた自治体も多く、サンフランシスコ市では、80代のレズビアンカップルが結婚証明書発行の第一号として、ニュースでも大きく取り上げられました。この二人は、1854年から一緒なのだそうで、半世紀以上を経て、やっと正式にカップルとして認められたのです。感慨無量ですなぁ…

 私としては、ゲイもレズビアンも無問題、ばっちこーい!なのですが、リベラルで知られるカリフォルニアでも、結婚っちゅうもんは男と女の間でのみ成り立つのだ、だって聖書にそう書いてある、だから許せーん!!な考え方が強い。アメリカ人ってのは、実に保守的なんである。だいたい「産めよ増やせよ」の時代じゃあるまいし、自分たちの意思で子供を作らない結婚している男女のカップルも、シングルマザーも、シングルファーザーも多いご時勢に、結婚は♂x♀でなければならないという理由や根拠は何も無いような気がするんだけど。

 でも一方で、なんでそんなに「結婚」という形に拘るのかな?とも、思うのです。それは、私が何の障害もなく普通に結婚しちゃったから有難味が判らないからかも知れないけど。真偽のほどは自分で確かめたわけではないのですが、フランスでは「結婚」という形に拘らず、籍は入れないままにパートナーとして暮らし、子供を生み育てるカップルも多いと聞きます。タレントの後藤久美子さんとかもそうですね。わざわざ法律や政府に認められなくても、自分達がよければそれで良い、むしろ、法に縛られたくない、という考えが多いのだとか。

 結婚に反対ってわけじゃないけど、別にしなくてもいい、でも機会があればするかもね、って人もいる。実は私の友人には独身女性が沢山いますが、みんな、キャリアを積み重ね、責任のある立場にある自立した女性達です。突き進む舳先も自分なら、風をはらむ帆も自分、そして舵を取る船長さんも自分、という彼女たちは、颯爽たるもの。自分や家族を支えているので仕事にも真剣に取り組めば、趣味の方面も十分に堪能している人達です。私はつい、「○○してみたいけど、何処何処行ってみたいけど、子供がいるから」って弁解に使ってしまう(自分自身に対しても)事が多いのですが、独立独歩な人達には、そういう言い訳は効かないものね。

 なんだか話が逸れてしまいましたが(またか!)、アメリカ人の同性婚への拘りは、かえって、結婚という形、聖書に記された結びつきという形へのこだわりを示していると思うのです。同性愛者への反感同様に、同性愛者の中にも聖書的に否定されているがゆえに、一層、法的なバックアップという「形」が欲しい、という人もいるんじゃないかなぁ…なんて、単なる私の空想ですが。別に、好きになった相手が自分と同性でもいいじゃない(アタシ腐女子だし)、と、軽く考えてはいけないのかな…

今日は特に、なんか、まとまりなくなっちゃったなぁ…ごめんなさい。
  1. 2008/06/17(火) 21:34:02|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

通勤革命?

 またもや、ガソリン代が高いという話。この頃は、ラジオでニュース聴いても、これしか話題がないという感じです。ガソリン代が高くて、公共交通機関の利用率が増えたとか、スクーターやハイブリット車が売れているという事については、以前にもここで書きましたが、もっと劇的に生活習慣が変わりつつある、というニュース。

 通勤に掛かる費用の増大で、自宅勤務や、週休二日で毎日8時間働く替りに、週4日で10時間づつ勤務する、という週休三日制が、急激に増加中なのだそうです。通勤に掛かる費用が割に合わないと、現在の職場を辞めてもっと近場に職を探す人も増え、雇用者側としてもスキルのある人材を逃さないようにするためにも、こういった勤務パターンを奨励する場合も多いとか。この先、たとえ何か天地がひっくり返るようなことがあって原油高が納まっても、今の価格に慣れてしまうことがあっても、この新しい勤務パターンは変わらないでしょうから、ある意味、このガソリン代高騰は、この国に就業時間革命を起こしつつある、と言ってもいいのではないでしょうか。

 例えば、このLA周辺では、渋滞時には歩いた方が早いんじゃないかと思うほどに混み合う高速を、一時間以上かけて通勤する人たちが沢山。それもこれも、ビジネスがLAのダウンタウンや、サンタモニカの一部に集中している一方で、ダウンタウン周辺は治安が悪かったり住宅そのものが少ない、サンタモニカやマリブといった住宅地は地価が高い。その結果、バレィ(Valley)と呼ばれる部分にまで郊外が広がり、限られた高速を一斉にこぞって職場に向かうのだから、渋滞は必須。時間もガスも、とっても無駄なのです。このまま、原油高が続けば、LAでも通勤革命が進みそうです。

 そして、私個人としては、あと10年は予定なしなんて言われていた、家の裏の空地に電車を通そうというプランが急激に進行中で、戦々恐々。電車自体は静からしいのですが、工事がうるさいだろうし…あーあ…
  1. 2008/06/16(月) 19:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Huntingtonでバトル!

 犬を自由に遊ばせることの出来るドッグ・ビーチのあるハンティントンに行ったら、ちょうどストリート・フェアをやっていました。出し物の一つが、中世時代のバトルの再現で、ルール無し、ただ、剣や槍でぶん殴りあうだけという無茶苦茶バトルが、男の子たちに強烈アピールです。実に楽しげ。


ひたすらドツキ合う人たち



かっこいい鎧を除けば、ウチの息子達がやってることと実は全く同じ



バーバリアン役の人。凄い腕!後ろのおじさんの表情がオカシイ


 家に帰ったら、当然の如く息子達が庭で、紙筒丸めて作った剣でどつき合っていた…犬達も息子達も楽しい、ビーチ好きなわに夫も楽しい、父の日でした。 

テーマ:ロサンゼルスの犬達 - ジャンル:海外情報

  1. 2008/06/15(日) 21:19:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガーデニング始動

 息子達、お小遣いを合わせて新しいゲームを買ったものだから、今日はもう、ゲーム機の前から動かない。買ったゲームは、レゴのスターウォーズ。横で観てると、レゴ・ブロックのスターウォーズ・キャラクターが飛んだり跳ねたりで、実にカワイイ。レゴなので、ジャンプパッドや砦を自分で組み立てて作っちゃえるのが楽しい。Wiiのリモコンが、ゲーム中のライトセーバーに対応するので、二人でリモコン振り回し、大奮闘。私も少しやらせてもらったけど、あっという間にやられてしまったぜ…orz

 息子達は勝手にやってろと放置して、わに夫と私は家の細々したところを修理したり、お花を買ってきて植えたり。ご近所には、色とりどりの花が咲き乱れた素適なお庭が沢山あるのに、なぁんか魅力に欠ける我が家なのだ。取りあえず、門柱の周りに白いジャズミンを、家の壁が薄いブルーなので、花壇にラベンダーを植えてみました。上手く育ったら、ジャズミンの白とラベンダーの紫に加え、新しく花壇を作って、鮮やかなオレンジ色のカリフォルニア・ポピーを植えたいな。目指すは、前を通ったら明るい気持ちになるような、華やかで、いい匂いのするお庭です。

 綺麗なお庭の前を通ると、なんだか嬉しくなってしまうので、自分ちも綺麗にしたいな、と、思うのでありました。テキサスでは、ガーデニングを楽しんだのですが、コロラドのお山では、なにしろ標高が富士山8合目に加え、雪に埋もれるわ、エルクや鹿のお食事にされるわで、とてもじゃないけど、家の前にお花なんて育てられなかった。ベランダに置いてあった鉢を階段上ってきたエルクさんに食べられたことあったし。ガチャン!なんて、鉢の割れた音に、ふと窓の外を見たら、ベランダにご立派な角をお持ちの巨大エルクさんがいたときの衝撃は忘れられません。ひえー!

 でも、ここなら気候も良いし、またガーデニングが楽しめそうです。野生動物っていっても、リスかドブネズミくらいしかいないもんねv
  1. 2008/06/14(土) 20:20:26|
  2. わにの傾向と対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

たまにTexMexがすごーく恋しくなるんです

 近くのショッピングモールに入っている「Houston's」というレストランに行った。ヒューストン、というからには、テキサス風ステーキのお店だろうとおもったのだ。入ってみれば、期待していたロングホーン牛の頭の剥製も、石作りの暖炉も無い。うーむ、きっとLA風に、シンプルインテリアなのだと自分を納得させ、席に着いてメニューを見たが、トルティーアスープも、BBQブリスケットも無い。実はこのお店、女優のアンジェリカ・ヒューストンさんのレストランだった…orz

 マルガリータは中々だったし、タイ風スパイシーサラダは、コリアンダーが一杯で美味しかった。息子達は、このレストランのおススメである、ヒッコリーバーガーを頼んだけど、大きくて二人で半分こづつでも十分。付け合せのポテトが美味しかったです。若息子は、ピンクレモネードが好きなのですが、普通の黄色いレモネードしかメニューにないので、チェリーシロップを混ぜた、チェリー・レモネードを作ってもらいました。ちょっとお味見させてもらったら、これが結構美味しかった。

 これはこれで良かったんだけど、本格的TexMexのお店… マルガリータはフレッシュライムジュースにテキーラをたっぷり、当然、デザートには、BlueBellアイスクリームを出してくれるレストラン、どっかにないかなぁ…
  1. 2008/06/13(金) 21:57:23|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブッシュよ、行動を起こせ!

 夏休みまで、あと一週間。これと言って何も予定のないわに一家としては、長い休みは頭痛の種です。ひたすら図書館行って、ビーチでごろごろして、Wiiで遊んで…くらいしか予定が無い。映画や、Peanutsの漫画ではお馴染みのサマーキャンプ、一度くらいは、息子達にも体験してほしいとは思うのですが、料金が高いんだよねぇ…そりゃあ、一週間とかの、宿泊費に三食の食費、それに加えて、アクティビティーの経費と、お高くなるのは仕方ないとは思うのですが。よく、貧しい子供達をサマーキャンプに送って、楽しい経験をさせてあげましょう、って募金を募る記事が新聞に出てるけど、いまどき、子供をサマーキャンプに送れるのなんて、正直、ほんの一握りのお金持ちだけだと思うわ。はぁー…

 と、庶民わには溜息をつくしかないのですが、もっとタメイキなのは、今日、ガソリン入れに行ったら、遂にガロン$4.59になってたよ、ママン…お日様眩しすぎて、狂気に走りそうで怖い。それにしても、バブルとでもしか表現の仕様が無い原油高、原因は一体何なのでしょう?ニュースや雑誌によると: (1)途上国の工業化が進み石油の使用量が劇的に増加しつつある; (2)原油国である中東情勢が不安定; (3)投機マネー流入、が三大原因だといわれていますが、どれもイマイチ「なるほど(掌ポン!)」な、明確な説得力に欠けているような気がします…って言うか、私的によく理解できない。

 原油使用量の増加と産油国の政情不安は兎も角、食料品などの高騰化の原因でもある、資産家達のマネーゲームのいきすぎを抑制するには、規制を強めるしかありません。グローバル化によって、統制が難しくなったといわれますが、それでも、米国内による規制見直しだけで、随分と現状は改善されるはずです。おい、史上最低大統領・藪!(史上最低の証はここをクリック)出て行く前に、何とかせえ!
  1. 2008/06/12(木) 22:13:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋葉原事件に思う

 なぜか無性にトンカツが食べたくなったので、近所のスーパーに駆け込んで、豚ヒレとキャベツを買ってきて豚カツ揚げた。豚カツには、やっぱ、お多福のトンカツソースが欲しい。そして、お多福トンカツソースが手軽に買えるのが、また幸せだ。豚カツ、美味しかったです。私は揚げ物が苦手で(油がコワイ)んだけど、豚カツの為なら、恐怖も克服なのだ。

 と、またも意味もなければ、本編に関係のない話を振っておいて、いきなり、秋葉原で起こった事件について。ネット上で多くが予想した通り、ダガーナイフの販売を規制すべきだとか、ゲームや漫画を規制しろとか、犯人が俗に言う「おたく」だったからと、魔女狩りならぬおたく狩り的な戯言が出てきたりと、余りにも的外れかつ先の見える論議にうんざりしてしまいますが、だからといって、犯人が派遣社員であったことで、格差社会だ、蟹工船だ、と、持ち出すのも、派遣社員として頑張っている人たちに対して余りに失礼な話しだと思う。

 ここで攻められるべきは、件の巨大掲示板で殺人予告したと逮捕される例が今迄にもあるにも拘らず、この犯人の予告を無視した当局ではないかと。秋葉原に行く、歩行者天国に突っ込む、と、犯人ははっきり書いてたんですよね。過去に、そういう例がなければ兎に角、実際に犯罪予告を書き込んだ人が逮捕された実績だってあるのに、なぜ今回は動かなかったのか?見直すべきは、ナイフの販売でもなければ、歩行者天国存続の是非でもない。この事件はどうすれば防げたのか、いかにして、このような事件を今後防ぐのか、を考えるなら、この予告を見逃し、何の対策も立てなかった、という部分を追求すべきではないでしょうか。

 そして、この事件で論じられるべきは、格差社会が云々とか、犯人がほざいていたという、勝ち組、負け組のことでもない。だいたい、これってば、犯人の甘え以外の何でもない。「社会が追い込んだ格差社会の犠牲者」なんて、何を寝惚けた事抜かしとんねん、ワレ!と、河内のオッサンと化して怒ってしまうワタクシである。悪いのは犯人!オノレの見栄で自爆して、ついでに他の人を道連れに、なんて、自分勝手にもほどがある。彼女さえ出来れば、だって?ガールフレンドは魔法の杖じゃないっ!

 でも、コロンバインの時にも思ったんだけど、犯人の親御さんは、本当にやるせないだろうな、と。大事に育てた子供が、ひと様の命を奪うなんて… それにしても、この第一報をネットで見たとき、私が最初に思ったのは「日本では銃が普及してなくてよかった」なんですね。ああ、アメリカナイズされすぎだわ、私。鬱だ… 
  1. 2008/06/10(火) 22:40:11|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒラリー候補正式撤退、民主党大統領候補オバマ氏に決定

Monday, Blue Monday... 眠い!

 と、こればかり言ってますが。実は私がいつも、直ぐに本題を切り出さないのは、つい前フリが長いという悪癖の所為もあるのですが、同時にブログ検索とかに易々と引っかからないため、ってのもあるんですの。たまに(と、本人は思っている)、政治や貧困問題、アメリカ大統領選といった微妙なエリアでも、極端な本音も書いているので、一般的な情報だけを求めてブログめぐりしてる読み手さんには意に添えなくて申し訳ないし、変にイチャモン付けられるのも避けたいしね。

 と、言い訳はさておき、私がお相撲観て興奮し、犬連れて散歩に行っている間に、アメリカでは、ヒラリー姐さんが敗北宣言し、ロサンゼルスはレイカーズの連敗に沈み、秋葉原では大惨事が。どんな事情があるにしても、無差別に赤の他人の人生を無理矢理に中断させた犯人の自分勝手さに、腹が立って仕方がありません。亡くなられた方には、大学生など若い人が含まれていましたが、ご本人達の、そして親御さんの無念さを思うと…本当に胸が痛みます。でも、これからきっと、マスコミリンチともいえる加害者の過去暴き出しやら、被害者の方達のご遺族に対する押しかけインタビューなんかがあるのかと思うと、一層、鬱…

 この件に関しては、これから厭でも色々と詳細が明らかになって、マスコミ言う所の知識人が解説・分析、何だかんだ、あるでしょうから、その時までは置いておいて、土曜日のヒラリー・クリントン候補の、選挙戦からの正式撤退と、オバマ氏(どうしても、小浜市と変換されてしまう)支持の正式表明について、雑感を…

 既に敗戦必須と出た火曜日にはいまだ「戦い続ける」と宣言していた、ヒラリー姐さんが土曜になって、大統領選からの撤退宣言をした間には、5日夜、「オバマ・ヒラリー秘密会談」がありました。カリフォルニア州上院議員のダイアン・フォルスタイン女史のワシントンのお家での「オバマ・ヒラリー秘密会談」がありました。この日、マスコミはフォルスタイン邸前に張り込んで、ずーっと監視してたのに、なぜかヒラリー姐さんはいつの間にか忍び込み、いつの間にか去ったという…この家、秘密の抜け道でもあるらしい。フォルスタイン女史は「冷たい水と座り心地のいい椅子」だけを残し、一室に二人をそっとしておいたらしいのですが、ふと「水だけかい!?」と、思ったのは私だけだろうか?もうね、姐さん的には、焼酎でもウイスキーでもウォッカでも、何でも持ってこーい!な、心境だったのではないかと。ここでは、ヒラリー副大統領候補への合意がなされた、というのが、大方の見方ですが、どうなりますことやら??

 ヒラリー候補は、結局、一般選挙ではオバマ氏より多くの票を獲得したものの、代議員数、特に特別代議員数(Super Delegates)票を得ることが出来なかったのが敗北の要因で、つまり作戦の拙さが響いたといえるでしょう。この民主党の代議員制度については過去ログのここを参照してくだされ。

 かくして、17ヶ月近くにも渡ったバトルは終結したのですが、これでまた、女性大統領搭乗への夢が遠のいた、と残念がる声も多いですが、初の黒人大統領誕生かもしれないのだから、そうなれば歴史的なことですし、コンディ姐さんが学問の世界に戻りたいときっぱり言い切った今では、今の状況でヒラリー姐さんほどに大統領の座に近かった女性は皆無ですが、次政権の間に、またどんなスーパースターが台頭してくるかだって判らない。今回の選挙は、黒人候補vs.最高齢候補という、これまた歴史的な対決となります。民主党が長すぎた候補選びのお蔭で躓いたとすれば、共和党は今の政権が情けなすぎというトホホなハンディを背負っています。トホホとはいえ、また、ブッシュが前の選挙でやったみたいに、選挙目前に花火を上げるって支援が出来るんだけど。例えば、すんげぇ素晴らしいタイミングでの、ビン・ラディン逮捕!とかね。

 さぁ、明日はどっちだ!? 
  1. 2008/06/09(月) 22:19:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LA96C、冷戦の名残り

 冷戦時代のミサイル探知基地の残骸が残っているというので、犬の散歩がてら、行ってみました。超の付く高級住宅地、Bel Airの外れにある、LA96Cが、それです。今では、San Vicente Mountain Parkの一部として、誰でも訪れることが出来ますが、冷戦時代の1956年から68年の間は、極秘施設として関係者以外立ち入り禁止でした。見晴らしのいい高台にあり、なるほど、レーダー設置場所としては、最適だったのでは。今ではいい展望台になっており、空気のいい日には、遥かダウンタウンまで望めるそうですが、今日はスモッグで煙って見えなかった。

P6080026.jpg

左に検問所跡が見られます。奥にあるのがABAR レーダー塔。100マイル先のミサイルを感知できたとか。


 周辺には、三軒のバラックがあり、その全てにレーダーを制御するコンピュータが配置されていました。因みに、これらのコンピュータ、今日では全部、ブラックベリー程度の大きさに納まる程度なんだって。兵舎跡は、今ではレンジャーの住居や、公園のトイレになっております。

P6080022.jpg

左は上と同じABARレーダー塔、真ん中はTRRレーダーの名残、右にちょろっと見えてるのは多分ただの電線(でも、唯一、今でも現役だ)。少し離れて、遊歩道からの光景です。あまり暑くならないうちに、と、朝のうちに出かけたのですが、すぐにお日様かんかん照りになって来たので、小一時間ほどで帰って来ました。ちょっと面白い、LAの隠れた史跡紹介でした。 
  1. 2008/06/08(日) 17:26:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LA大相撲巡業観戦記っ!

 観てきました!実に27年ぶりのロサンゼルス巡業は、シュワルツネッガー知事の要請で実現したのだとか。の、ワリにシュワ知事の姿は見えなかったが…(-人-)。予算編成で忙しいのかな?

 ナマで大相撲を見るのは初めての私、かなーりワクワク。場所は1959年築の、ロサンゼルス・メモリアル・スポーツ・アリーナです。1万6千人以上が収容できる擂り鉢型アリーナは、なにしろ建てられてから、ほぼ半世紀のご老体、ボロさが目には悲しいですが、隣接の巨大駐車場(しかし駐車料金は$10。高い!)、ダウンタウンからも近く、ハイウェイ降りて直ぐの足の良さは魅力。開館は4時なので、早めに駆けつけましたが、駐車場に入るにも、入館にも長い列(><) 勿論、日本人も多く目に付きましたが、半分以上はアジア人以外で、相撲の人気に驚きました。モンゴル人の大グループもいて、朝青龍や白鴎など、モンゴル人力士に大声援を送っていましたよ。

P6070005.jpg


 中では、お弁当や伊藤園のお茶を売っていたり、ヤクルトの試飲ができたり。わーい!タダでヤクルトもらっちゃった!と、大喜びの、いじましいわに親子。私的には、各力士の出身地を含めたプロフィールや、出場力士のランキング、相撲についての基礎知識なんかが載ったプログラムが売ってるといいのにな、と、思いましたが、焼き鳥や枝豆なんかも売ってて、嬉しい限り。それにしても、球状やアリーナで飲むビールって、どうして、こんなに美味しいのかしら!?

 開会式前には、日本太鼓の演奏が。日本から一緒に来たのか、こちらのグループなのかは知りませんが、若い人達が、このように伝統技能を受け継いでいるというのは、頼もしい限りです。白拍子役の女性は、踊りに腰が入ってないので、なんかフラフラしてるだけに見えましたが(^^;) 実は、わには5歳の齢から10年間、日本舞踊をやったんで、ちょっと目が厳しいのかも。開会式には、最初の外国人関取として、東関親方(元・高見山関)が登場し、その功績を称えられました。現役時代を覚えている往年のファン、わにには「おおーっ!!(感動)」の一幕でした。

 幕内土俵入りに続き、横綱土俵入り。まずは、東の横綱、朝青龍。



よいしょ!



 続いて、白鵬の土俵入り。




 なにしろ、一番お安い席なので(とほほ…)、土俵は限りなく遠い。でも、がんばって望遠で写真を撮ってみた。脚の筋肉がすごいや。



 これは大関琴欧州対横綱白鵬の対決。途中で、琴欧州のまわしが緩んで、行事が締めるというハプニングも(^^;) 結果は、白鴎の勝ち。でも、見所のある一番だった。



 白鵬対朝青龍の因縁対決が楽しみでしたが、白鴎は小結朝赤龍に破れ、朝赤龍vs.朝青龍の高砂部屋対決で優勝争いになりました。モンゴル・グループ、大興奮!

はっけよい…



余裕で朝青龍の力勝ちでした。朝青龍、つえー!




 遥か彼方の土俵とはいえ(再び、とほほ…)、迫力たっぷり。すっごく楽しかった!です。噂の「路簿・コップ」、高見盛関の派手なパフォーマンスは、こちらでも大人気で若した。息子は途中でフラフラしていましたが、上息子は、ずっと双眼鏡持ってかぶりつき。私と、双眼鏡かしてよ!やだ!の繰り返し。ぐぬぬ…

 今日は、写真を多めにお送りしました。重くて、ごめんね。
  1. 2008/06/07(土) 22:58:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

カリフォルニア・ドリーミンv

 今朝は朝の一時間、カリフォルニア州の教育費削減に反対する、ロサンゼルス統合学校区の教員によるストがありました。上息子の中学校と若息子の小学校も、これに参加しています。前の日に、いつも通りに通学させて欲しいというお知らせを受け取っていたので、通常時間に送っていきましたが、上息子は、行動で映画を見せられ、若息子は校庭で遊んでたんだって。そして母は、他の先生や父兄と一緒に、道路沿いでプラカード下げて「教育費削減はんた~い!」と、叫んでおりました。テレ

 削減反対を叫ぶのは、かくの如く簡単なのですが、実際のところカリフォルニア州は本当にお金が無い。石油も出るし、大金持ちも沢山住んでるのに、それでも貧乏だ。どこで無駄使いしてるんだ!?と、州の予算をチェックしてみたら、教育予算がK-12(日本で言う幼稚園の年長さんから高校三年生)と、大学を足すと約45%になり、次に大きいのが保健・人的資源の3割弱と、福利厚生部門に大きく割かれている事が分かります。で、折角なんで円グラフにしてみた。はい、暇人でございます。

csb.jpg


 青いのが初等・中等教育、えんじが高等教育、クリームが保健・人的資源の予算です。水色の「Corrections and Rehabilitation」とは、要するに刑務所維持費と囚人の収監やら更正に掛かる費用。洒落にならない金額です。ちなみに色の趣味が悪いのはエクセルのせいで、私のせいではおじゃりません。でも、各項目が訳されていないのは、私が手を抜いたからです。すんまへん。

「California tax money waste」でググっても、金ピカの州舎を建てたとか、仕事してない幽霊公務員にとんでもない給料払ってた、なんて、これといった糾弾記事も出ず、ただ、ひたすらに、お金が無い!らしい。知事は、どえらい金持ちなので、公用車も自分持ちなら、知事公邸も自分は住まずに観光用に公開して、小金を稼いでいる。それでも、やっぱり、お金が無い!んである。これは哀しい。無駄使い止めたら、どうにかなるなら、まだ救いようもあるけど、無駄に使うお金すらないんだから。

 で、お金に困ったカリフォルニアに、わにこの提案。ベル・エアやマリブに一杯住んでる、お金持ちさんに、もう少し協力して頂こう。高級車やボートなどの登録料アップ(購入税だけにすると、絶対、外国行って買ってくるもんね、アイツら)、1ミリオン超える不動産には不動産税率アップ、民間ジェットの空域使用料と空港使用料値上げ、んでもって千ドル以上の衣料品は、医療用などの例外を除いては贅沢税として消費税を倍にする。どないだ!?
  1. 2008/06/06(金) 20:33:14|
  2. アメリカの学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Meerkat Manor - ミーアキャット・マナー

 またも眠い眠い病に悩まされている私です。なんで、こんなに眠いんだろう…とにかく気晴らしに、裏庭に勝手に茂って、ハーブや花の邪魔になっている無茶苦茶に成長の早いヘンな植物を引っこ抜いてみたら、アレルギー症状が出て、手や腕が痒い。だーもー…orz

 とはいえ、明日から、アニマルプラネットの「Meerkat Monor」の第4シーズンが始まるし、強く生きていこうと掌ぐっ!この番組は、カラハリ砂漠に住むミーアキャットの一族を追ったドキュメンタリーで、昨シーズンは、主人公とも言える、ウィスカーズ一族のリーダー、フラワーが蛇に噛まれて死に、私のお気に入りだったモーツアルトも死んで、なんとも暗いシーズンでした。特に、ウィスカーズ一族に追い出されてからも、一匹で一生懸命頑張ってきたモーツァルト、やっと、パートナーが見つかり、新しいファミリーをはじめる事が出来るのかとの期待が見えた直後での悲劇的な死は、大ショックでした。少なくとも、フラワーは、一族を繁栄させた後に家族を守っての死だったけど、やっと陽の目が!?というところでの、モーツァルトの死は悲しすぎる…
 今シーズンからは、ロケットドッグが新たにリーダーとしてウィスカーズを率いるネクスト・ジェネレーションとして新スタートなのだそうで、明るい話題が沢山あればいいなと期待しています。でも、心配なのは、心機一転って、ナレーターも新しく変わるって事なのかなぁ?ショーン・オースティン(「指輪」のサムの人)のナレーションが、暖かくていい感じなんだけど…

Meerkat+Manor.jpg


 世界中、何カ国でも放映されているというので、当然日本でも、と、思っていたのですが、実は未放映?らしく、アマゾンで調べても、輸入DVDしか出てきませんでした。ミーアキャットは激可愛いし、愛と死、裏切と抗争、家族愛、ライバルとの対決等々盛り沢山な、事実は昼メロドラマよりドラマティックなり、な展開も、日本でも絶対、大ウケだと思うんだけどなぁ…
Meerkat Manor: Best of Season 1 (Ws)Meerkat Manor: Best of Season 1 (Ws)
(2008/02/26)
商品詳細を見る

 なんか、このブログ、アマゾンのリンクが入れられると分かったので、入れてみた。
  1. 2008/06/05(木) 23:28:41|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来るか、Obama-Hillary 2008!?

 遂に民主党候補にオバマ氏指名、ヒラリー・クリントン候補は敗北を認めつつも、今後もキャンペーンは続けるのだそうで、何のキャンペーン?と、いう感じですが。ともあれ、これで、今年の大統領選は、マッケイン氏対オバマ氏となりました。ヒラリー姐さんは既に、副大統領候補として呼ばれたら応える(ウインク、ウインクv)と表明しており、ほんとにもう、アンタ達は何をやっているのかと呆れそうですが、なんか、ヒラリー姐さんでば、6月にはRFKが暗殺されたわねぇ(にやり)なんて、アブない発言してたくせに、狐と狸の化かし合いとはこのことかと…

 党内分裂が続くほど、共和党有利になるのではと懸念されていましたが、もしオバマー+ヒラリーのタッグで挑めば、これはかなり強力そう…というより、少なくとも今の状況では、このタッグ以上に効果のあるマッケインおじさんを破る打開策は無いって気もする。対するマッケインおじさんは、共和党員でありながらもリベラルな政策を打ち出して、肝心の共和党に人気が無いのがネック。ここで、リベラル・レパブリカン路線を突き通してリーバーマン氏でも Running Mate(副大統領候補)に選んでくれればいいと思うんだけど、共和党員にアピールするためにガチガチの保守派を持ってくるんではないかと、イヤンな予感のする私。

 私は基本的に民主党支持なのですが、Commander in Chief(軍最高司令官)としても、オバマ氏には少し不安が残ります。徴兵逃れのクリントン夫や藪だって勤まったんだから、きっと大丈夫なんだろうけど、一応、この国は戦時中なので、オバマ氏の経験不足は不安要素です。これを補うために、軍の経験やコネのある側近を迎えることが必要でしょうが、どうも、そういった人材は共和党側に偏り勝ち。藪大統領政権の最初の国務長官・コリン・パウウェル将軍なんかは絶妙な人選だったんだけど、藪政権にいつまでも関るには、パウエル氏は善人過ぎたのかな?同様に、湾岸戦争時の最高司令官・ノーマン・シュワーツコフ将軍など良さげだけど、この人も共和党主義者だし。

 そして、民主党が勝った場合の不安要素のもう一つは、何度も同じことを書てて、しつこいですが、とっととイラクからとんずらしちまおうぜw、な、風向き。この方針には、完全に賛成しかねます。アメリカ的には、一刻も早く撤退したほうがいいに決まっている。とにかく、戦争にかかる費用(人的費用も含めて)が巨大すぎる。でも、さんざイラクという国家と国民の生活を掻き回しておいて、飽きちゃったんでバイバイ!は、絶対に許されてはなりません。「イラクの将来はイラク人に委ねる」というのは、聞こえは良いけど、アメリカが始めたゴタゴタを後は自分達で何とかしてね、と、途中で放り出すことに他なりません。十年ほど前の世銀の「途上国自身を運転席に」という方針を思い出しますが、これも、自分達が自動車学校の教官みたいに助手席に座るってんなら判るけど、はい、さよーならー、で、後は電柱にぶつかろうが、道から外れて崖から落ちようが知ったことじゃありません、って事態になっちゃった国が出てきた。ジンバブエの現状を見よ!

 原油価格の高騰、食物価格の上昇、住宅ローン崩壊と、衣食住+足が足りない今日この頃、どうしても国内、はたや家庭内のことだけに目が向き勝ちですが、先進国として、唯一のスーパーパワーとして、アメリカは、自分ちの事だけ心配してりゃいい、という訳にはいかないのです。そこんとこ、アメリカの皆さんには自覚して欲しい。自分達の目先の生活も大事だけど、世界的な視野を持ち、今や、聞いたことの無いようなよその国の平穏・平和も、直接に自分達に関ってくるのだということを考えて欲しい(日本もそうだよね)。長引いた民主党候補争いは決着が付いたけど、まだまだ目は離せませんぞ!
  1. 2008/06/04(水) 22:23:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドッグパークの乱

 今日もドッグパークに行ったのだけれど… なんかこの頃、ここでドッグパークの話が続くのは単なる偶然で、そう毎回、面白いことが起こるわけで無し、公園行く→犬放す→お宅のワンちゃん、可愛いですねと褒めあう、もしくはベンチに座り込んで新聞読む、程度の事しか起こらないのです。でも今日は、起こった!

P3190004.jpg
お嬢さん、はみ出てますよ…


 大型犬ばかり4匹連れた女性、特にそのうちの一匹、シェパードは綱に繋いだままだし、他の3匹にも、他の犬を近寄らせないようにしている。ドッグパークの意義を何か勘違いしてるんじゃないの?って感じだけど、よそ様にはよそ様の事情があるのでしょう。適当に挨拶して、後は互いに無視してたのですが、後から来たピットブルの女の子(ピンクの可愛い首輪してた)が、尻尾フリフリ、このシェパードに近づいた。シェパ、唸る。綱を持っていた女性、警戒して「しっし!」とか言う。ブル、負けずに近寄る。女性、蹴飛ばそうとする!たまたま側にいたので、ブル子を呼んだら、尻尾フリフリ、私に甘えに来たので、顔は怖いけど、可愛いヤツじゃ、と、和んで一件落着と、思いきや、けんかが始まったのです!

DSCF0055.jpg
フォトショップの使い方・悪い見本


 いや、犬じゃなくて、人間同士で。この女性、怒ってブルの飼い主に噛み付いた。ブルの飼い主も、ドッグパークで綱をつけているのが悪い、他の犬が警戒するし、オレの犬を蹴ろうとしただろ!と、応戦。あじゃじゃ…サイモンは「けんかだ、けんかだ!あひゃひゃ!」と、跳ねて騒ぐし(バカ犬ですみません)、チップは私の後ろに隠れるし、そして当のブル子ちゃんは、相変わらず私の足元で「はっはっ」言いながら、怖い顔に笑顔満面で尻尾フリフリだ(をいをい)。私、実はピットブルに偏見あるんだけど、この笑顔って、ブサかわいいかもしれない…

 人間側は、双方一歩も引かず、揉めること十分以上、私を含めた他の飼い主達は、もう見て見ぬ振りしながら、さり気に移動。離れた場所から、様子を伺う。まぁねぇ、どっちも大人気ないと思うんだけど。先に、女性のほうが去ることになり、「ゴッド・ブレス・ユー!」と叫べば、「俺は神なんぞ信じちゃいないよ!」と、男性が叫び返して、まぁ一段落かね、に見えたのですが、10分ほどして、私が帰ろうと駐車場に行ったら…
「あの男、まったくサイテーだと思わない!?」
と、先ほどの女性。まだ、いたんかっ!?!(あー、びっくりした)
まぁ、公共の場所だし、色んな人が集まるし、仕方ないのかなと…
「あなたが、あの凶暴な犬を引き止めてくれなかったら、私は噛まれていたわ」
いや、単に、呼んだら、来ただけだし、かなりスイートな犬だったし(顔、怖いけど)
「私はここで、二週間前にも噛まれたのよ」
あんたが蹴ったからじゃ…

 ともかく、係わり合いになりたくない~!ので、速攻で逃げ去りました。暫くあのドッグパークは避けよう…

P1190010.jpg
  1. 2008/06/03(火) 22:12:46|
  2. 犬達と猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

原チャリ最強伝説

 またまたラジオで聞いたネタで、申し訳ないのですが、ガソリン代の高騰で、アメリカでは公共交通機関利用率が上昇中で、70年代の石油ショック以来の利用率だそうです。普通に考えれば、これは良い事だねぇ、なんだけど、ところがどっこい、諸刃の刃、なんだって。アメリカ全体における、公共交通機関利用率は約5%で、殆どの都市において、公共交通機関システムはこの5%を念頭にデザインされているため、この利用率の上昇に追いついていないらしい。そして、ガソリン代高騰はバス運営にも影響を及ぼしており、お客は増えているのに、バスの本数は減少傾向にあるのだとか。またもやアメリカ社会を襲う、悩ましい矛盾、ですか?

 そして、同じ理由で最近売れ行き上昇中は、スクーター。スクーターとはいえ、VESPAなんかは安い小型車位の値段なんだけど、ヘルメット等含めて3千ドル程度のものが売れているんだって。YAMAHAやHONDAは売れ筋ね。Purisよりずっと安いし、燃費はマイル100ガロンだし、それにとってもお洒落、と、インタビューに答えていた、スクーターで通勤の女性。とはいえ、プリウスもよく売れてるし、今にアメリカの街が台北のように、スクーター渋滞に…なんてことにはならないだろうけど、ともあれ、日本企業的には好ましい傾向ですな。

 ところで、背水の陣のヒラリー・クリントン陣営、遂に大統領選から撤退かと思われましたが、ここに至って、まさかの副大統領候補指名!?!今まで何をやってたんだ、この人たちは…orzって気がする。
  1. 2008/06/02(月) 23:51:55|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

だって、お出かけ好きなんだもん!

 犬達を連れて、近くのサンタモニカ空港へ。ここにはドッグパークがあり、第一と第四日曜には骨董市が開かれるので、骨董市を見るついでに犬を遊ばせるためか、犬を遊ばせるついでに骨董市かは判らないけど、とにかく行く。ここの骨董市は、ローズボウルやロングビーチのフリマのように有名ではないけど、たまに「おおっ!」って感じのお宝が見られて楽しい。私が大好きなベンダーさんは、とてもユニークな古いジュエリーを扱っていて、毎回、彼女のお店を訪ねるのが楽しみです。彼女の飼い犬は、白黒の中型犬で、うちの犬達とも仲良し。犬達がまったりしている間に、ショーケースを覗いて、いつか本物のカメオのブローチがほしいなぁ、と、夢見るのです。今日も、小さいカメオのペンダントトップを「これ、いくら?」ってきいたら、軽く「イレブン・ハンドレッドよ~(ざっと12万円くらい?)」と言われて、玉砕したけど…orz

 身内に、毎週、毎週、よく出かけるわねぇ、と、呆れられたけど、確かに毎週末ごとに出かけていますね。でも、実際のところ、一日中出ている事は稀で、たいていは数時間、せいぜい半日程度のお出かけなのですが。わに家のお出かけ最重要テーマの一つは、お金を使わず楽しもう、なので、どうもセコいところばかり。折角のLAなのに、ディズニーランドも行かなければ、スタジオツアーも行かない、しょぼい場所ばっかり紹介してて、すまんのぉ…なのですが、実は、昨日は、ミッションに行った帰りに、ユニバーサル・シティー(ユニバーサル・スタジオの入口前のモール)に行ってみようか、なんて言いつつ、結局帰ってきちゃったのですよね。そしたら、昨夜から、ユニバーサル・スタジオ炎上中!びっくりした!
  1. 2008/06/01(日) 20:09:05|
  2. わにの傾向と対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。