わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

水出し茶にハマってます

 あひゃ~、7月が終わっちゃう!何処にも行ってないのにぃ… なんだかすっかりダラけていて、例えば今夜の献立は、お味噌汁にほうれん草の胡麻和え、混ぜご飯。あと一品作るつもりが、面倒くさくなってパスしてしまった。

  わに夫: メインディッシュは?
  わに: 混ぜご飯の中の鶏肉(←単に肉だから)
  一同: …orz

なんてことに。こんなダラわにが最近、気に入っているのは、水出し緑茶です。お手軽さは勿論のこと、苦味が少なく、あっさりしていて美味しい。この夏はコレばっかりで、全然、麦茶を飲んでない。同じように、紅茶のティ-バッグもピッチャーの水に漬けて一晩冷蔵庫で置いたら、ちゃんと出てた。水出し用じゃなくて、普通のティーバッグね。やっぱり少しあっさりめで、冷たい紅茶にレモン絞って飲むと、なかなか爽やかで宜しいです。緑茶も紅茶も、苦味がいい!って人には物足りないかもしれないけど、普段飲みにガブガブ飲むには、おススメ!ですv

 つい、この間まで、普通にアメリカのスーパーで売ってる「グリーンティー」って、甘くて、しかもレモン味(!)やらブルーベリー味(!?!)やらで、もう謎以外の何物でもなかったんだけど、緑茶に含まれるカテキンの効用なんかが知られるようになって、甘味料も入っていなければ、味付けもしていない、正しい緑茶も見かけるようになりました。良い傾向じゃ。

 そういえば、スタバのメニューにも、グリーンティー・フラッペチーノたるものがあるんだけど、これは正直、緑茶の味はしてない。でも、グリーンティーって名前さえ無視すれば、これはこれで結構美味しいんだよね。冷たい牛乳に混ぜて飲む、粉末のアイス・グリーンティーも好き。冬は暖かい紅茶やホットチョコレートが美味しいけど、夏は冷たいお茶が一番!と、思う私です。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/31(木) 17:16:41|
  2. わにの傾向と対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Bee Movie

「Bee Movie」観ました。普通に子供向けに、喋る蜂と人間が仲良くなって、ほんわか、ドタバタかと思ったら、案外、社会的な話で驚いた。まぁ、ジェリー・サインフェルドだもんね…

 私的には、本編よりも(をい!)、今年11月公開予定の「マダガスカル2」の予告に、テンション上がった!私は、この中に出てくるペンギン4人(匹?)組が大好きなのだ。特に、サイコさんなリコ!映画公開時には、ぬいぐるみが売り出されるかな?リコ欲しい。で、「KABOON?(ボカーンしていい?)」なんて喋ってくれたら、もう絶対買う!買って、仕事用の机に飾って、腹が立つたび、「KABOON?」「Yes, Rico, KABOON!」ってやる!って、言ったら、上息子に「うわっ!かあちゃん、くらっ!」って言われた。

 で、これだけで終わっては何なので、一応、観た映画の感想など。蜂って、科学的に考えると、体の割に羽が小さすぎて、とても飛ぶことなんか出来ないはず。ならば、蜂が普通に会話できるっていうのも、科学的に説明は無理でも、可能なんじぇね?と、いうわけで、蜂たちは英語が喋れるんだけど、人間には決して話しかけてはいけない!という決まりがあるんだって。でも、主人公の道ミツバチ・バリー(しっかりサインフェルドの顔をしている)は、命を助けてくれた人間の女性ヴァネッサ(声はレニー・ゼルウィガーだけど、顔は全然似ていない)にお礼を言いたくて話しかけちゃう。ヴァネッサに惹かれて、人間社会のことを色々学んだバリーは、ミツバチたちが一生懸命作った蜂蜜を人間達が搾取していることを知って裁判を起こし(この辺が凄くサインフェルドだね)、蜂から蜂蜜を取り上げないことに'成功するのですが、その結果、蜂たちは仕事をしなくなり、花粉を運ぶ仕事も怠って、世界中で花が咲かなくなってしまう。残された道は一つ、最後に残った花から花粉を集め、受粉すること…

 アメリカでは、それなりに人気を博したのだけれど、日本では今年の一月に公開されたものの、鳴かず飛ばずのまま終わった模様。判るなぁ…この絵柄がまず、日本受けしそうにないし、お話も、子供向けなんだか、大きなお友達も狙ったものなのか、焦点が曖昧。ってゆーか、ニューヨークの裁判の結果が、全世界に影響を及ぼすって… それに、最後に残った花は、パサデナのローズボール・パレードの為に集められた花なのだけど、そこからわざわざニューヨークまで運ばなくても、カリフォルニアに蜂いないの?とか、まぁ、だいたいが蜂が喋って、裁判起こしてるんだから無茶は承知なんだけど、それにしても詰めが甘い。今、全米で、蜂が消えていくという異常現象が起きているのですが、その辺を踏まえているのでしょうか?でもまぁ、観終わって、そのまま印象に残らない一作、でした。

 それにつけても、リコ!11月が楽しみです!リコ~!らぶ~!(←うるさいよ…)
  1. 2008/07/30(水) 23:01:58|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

揺れた~!

地震来たー!!


 わさわさと横揺れしたのを、はっきり感じました。椅子に座っていたのですが、うにゃん、うにゃん、うにゃん…って感じで、上体揺れた。実家でよくある地震って、縦に「がっくんがっくん」って揺れてる感じなんだけど、今日のは「ゆさゆさ」だったわ。LA TIMES.COMによると、マグニチュードは5.4だって。結構、大きかったんだ。震源地のチーノ・ヒルの位置は、ここをクリックしてください。日本人もたくさん住んでいるオレンジ・カウンティーや、ディズニーランドのあるアナハイムが近いな。

 わに夫ときたら、階上の部屋がえらい大騒ぎしてんなー、と、思ったそうで、東海岸育ちで地震を知らないヤツはコワイw でも、オフィスでは怖がって泣き出す人もいて、しばしパニックだったそうな。それにしても、やっぱカリフォルニアは地震地帯だ、と実感!いやん!
  1. 2008/07/29(火) 17:56:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

寄る年波

 若息子、誕生日に付き晩御飯何が食べたい?と聞くと、韓国焼肉だって。虎年獅子座のコヤツは、紛うこと無き肉食動物である。そういえば、この子は、テキサスでも、BBQだ、ステーキだと、ひたすら肉食ってたなぁ…と、いうわけで、焼肉食べてきました。

 お誕生日のプレゼントは、ギアつきの自転車。わに夫は自転車通勤だし、私も近所のスーパーまでひとっ走りに愛用ママちゃり使ったり、比較的、平坦なLAでは、自転車は重宝です。この頃は、自転車で買い物と、Wii Fitで遊んでる時間だけが、まぁ、運動と言えなくもない?って程度で、なぁんか、また一層、ハラが目立ってきたようでイヤンだ。腰痛も抜けないし、ほーんと寄る年波には勝てんのぉ…って感じです。夏休みだというのに、これといって何処にも出かけず、行く場所といえば近所の図書館、少し遠出してサンタモニカの図書館、なんて暮らしなのが、一層良くないんだろうな。テキサスやコロラドでは、コミュニティー所有のプールで遊べたけど、この辺りはそれもない。お金持ちさんなら、裏庭にプールあるから需要がない?あ、でも。テキサスなんか、殆どの家にプールあったけど、それでもコミュニティー・プールあったし…うーん…??


 トシといえば、私の契約しているエージェントのひとつは、美容製品関連のみ取扱う翻訳会社なのですが、最近、アンチ・エージング化粧品ラインの仕事が立て続けに来て、深夜に細々と、「皺や小皺を目立たなく」とか、「肌のくすみを解消」とか、「たるんだお肌を引き締め」とかやってると、それはイヤミか!?イヤミなんだな!?イヤミだろう、おらっ!シェー!!!と、発作を起こしそうになります。ってゆーか、この翻訳料金、現物支給でもらえませんか?(ぼそ)
  1. 2008/07/23(水) 23:59:05|
  2. わにの傾向と対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オリンピックにそわそわ

 先週は私にしては良く働いたし、今週は少しゆっくり…と、思って、ふと我に返れば、オリンピックまであと少しじゃありませんか!いかん、いかん。ゆっくりTVの前に貼り付けるよう、今週も片付けられるだけ片付けちゃおう!と、掌ぐっ!のTVっ子、わにです。オリンピック、わくわくv

 でも、アメリカ選手団はスモッグを警戒してマスクを支給したとか、なんか、本当の本当にあそこでやるんですか?的、微かな疑問が未だ完全に消し去れない。例の、仕切りのないシャワーとか、長身選手は普通にはみ出るベッドとか、雨で落ちた屋根とか、色々と話題になった点は、ちゃんと改善できたのでしょうか?このオリンピックの為の、最終調整を日本で行う選手団が多いのだそうで、密かに経済効果もありそうです。特に北京への便が毎日連航の福岡は人気スポットなのだって。1988年のソウル・オリンピックの際にも、日本で最終調整をする国が多かったらしいけど、自分ちでオリンピックするよか、タナボタ狙いのほうが良いんじゃ?なんて思ってしまいました。「棚から牡丹餅」 いい言葉だ…(うっとり)

 でも、うちは逆に、家の裏の空地に電車を通す計画が本決まり寸前で焦っています。軽電車だから静かだというけれど、工事中はうるさいだろうし、安全面でも不安です。地価も下がるのは必須だろうから、住宅ローン難がこの地域には届いていない今のうちに取っ払うことを、真剣に考察中。ああ、めんどい…
  1. 2008/07/20(日) 22:29:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

モンスターズ!

 今夜は、「ミーアキャットの世界」を観忘れた自分が信じられない、わにです。なんてこったい!?!ああ、ソフィーはどうなったんだろう… ロケットドッグの子供たちは無事に生まれたのかな? 早く今週分、AnimalPlanet.comでアップされないかな…そわそわ…

 ところで昨今は、「モンスター〇〇」というのが、流行りなそうですね。モンスター・ペアレントとか、モンスター・チャイルドとか、モンスター・近所の人、とか(←なんで急に日英合体?) 打ちの周りを見回すと、まず思いつくのは、モンスター・ユダヤ人のおばさん、かなぁ。人種差別、イクナイ! 宗教差別、イクナイ!って怒られそうだけど、宗教というのは、文化でもあるからねぇ…

 近所のスーパー、トレーダー・ジョーズは、昔にユダヤ教寺院があるので、お参り(?)にでも寄るのか、ユダヤ人おばちゃんで混み合う事があるんだけど、こんな時は、もう大変!後ろの長い列なんか無視で、「この間来た時より、30セント値上がりしてるじゃないの!どういうことよ!?説明しなさいよ!」と、レジに怒鳴っているオバサン、「いつもあるはずのコーヒーサンプルがないわよ。早く準備しなさい!」と、サンプルデスク横に居座るオバサン… ちゃんとした身なりで、それなりに裕福そうなのに、30セントで他の人を待たさなくとも良さ気なもんなんだが…

 そういや、この間は、私の車が近くに停めすぎだと怒鳴られたわ。あの、ここ小型車用(Compact)スペースなんですけど。ここでいうコンパクトってのは、私のプリウスみたいなのを言うんであって、アンタのレクサスSUVは、例えテキサスでも小型とは呼ばないんですけど… 場所がないからぶつけても知らないわよ!と、私の背中に怒鳴るオバサンに、「Go ahead!」と、手を振る私も、やっぱり図太いオバハンw 既に前のボッコリ凹んだプリウスと、ピカピカのレスサスSUV、傷が付いたら悲しいのは、一体どっちかよーく考えてみよう!

 今の家に前に住んでいたのも、ユダヤ人のおばさんだが、たまに庭のレモンを取らせてくれ、と、現われるのにも呆れる。別に沢山あるから良いけどさ、ケチくさいのも程ほどにしとかないと人間性疑われるよ?いや、もうアンタの人間性は十分に疑ってるけどさ…
  1. 2008/07/18(金) 23:45:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野茂投手の引退

 わに夫、昨日は息子たちと一緒に、合気道に挑戦してみたらしい。感想は、「目が回った!」 そういえば、何度もごろごろ転がるなんて機会は、高校の体育の授業以来、滅多にないものね。

 ところで、今日のニュースの中で最も目を引いたのは、野茂秀雄投手の引退宣言でした。日本でもう一華…と、いう期待もありましたが、きっぱり引退宣言の今、今後とも後進の指導に力を入れ続けて欲しいものだとおもいます。私は、野茂投手の近鉄時代も、MLBに来るに至るまでのゴチャゴチャも知らず、日本からやってきたスゴイ奴、と、アメリカのマスコミが注目し始めてから、彼のことを知ったのですが、プレッシャー?関係ないですね、日本人の期待?自分は自分として投げるだけですから、といった態度に、日本人も変わってきてると感じたものでした。そんな本人の思惑とは裏腹、在米日本人は、初のオールスター戦や、ノーヒットノーラン達成時には、やったぜ!と、喝采を揚げたのではないでしょうか。私は、凄く嬉しかったよ。

 そのつい数年後には、日本選手がどんどんMLBに進出してくるようになりましたが、ワシントン・ポスト紙で、当時はボストン・レッドソックスに所属していた野茂投手のことを取り上げ、今こうして多くの日本人選手の活躍が見られるようになったのも、野茂のお蔭である、先駆者として道を切り開いた彼は、その名の通り、英雄(Hero)だ、と、言う記事が出ていて、なんか嬉しくなった。その時には既に、野茂投手は、極東から来た珍しい投球フォームのイロモノではなく、すっかりフツーに、MLB選手の一人として、混じってしまっていたけど、実はそのこともまた、偉業だったのだと思います。

 体格の差で、日本人が海外のプロ・スポーツ界で活躍するのは無理だ、なんて時代が終わったのは明らかです。この間のオールスター戦でも、イチローなんか、他の選手たちと比べて、身長も体格も脚の長さも、全く遜色なかったものね。いや、その中に混じっても、特にかっこいいんじゃないかと思ったくらい。今後、2メートル級の日本人バスケットボール選手や、角界に入るかどっちにするか迷いましたよ、なんてアメフト選手が出てくるかもしれない。オリンピックでも、日本人全ての期待を背負って悲壮な覚悟だった伊藤みどり選手のようなタイプは減って、は、は、は!金欲しいから取っちゃいました~、なんて、プレッシャーに強い選手が増えてくるのかもしれない。スポーツ界だけではなく、全ての分野で、頑張れ、日本人!

 ところで、5月にドジャー・スタジアムに野球観戦に行ったとき、場内には、今年で球場設立60周年を祝って、歴代のドジャーズのスター選手のパネルが飾られていましたが、その中に、野茂選手のパネルを見つけたのは、やっぱり嬉しかった。先駆者として道を開いた野茂選手、やっぱり英雄だったと思う。
  1. 2008/07/17(木) 23:14:30|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我家では日本語が乱れている

 TOSHIBA、還ってきた~!!!久しぶりに起動する姿に、じ~ん… 深く感慨に浸る私を横で見ていた、わに夫が一言「ダメだ、こいつ…orz」だと!(ぷんぷん!)

 ところで、息子達の日本語教育の成果ですが、なまじっか単語だけ覚えるので、わに家においては、妙な造語や、舌足らずな若息子の謎の日本語もどきが行きかい、なにか一層トホホな状態になっております。「にゅーにゅー」じゃなくて「ぎゅうにゅう」、「わるいぬ」じゃなくて「わるいいぬ」、「はししています」じゃなくて「はしっています」だってば!
  1. 2008/07/16(水) 18:27:07|
  2. ああ息子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ああ、甲子園

 メジャーリーグのオールスター戦、見てました。6回終わるまで、得点はシングルホームランだけで、地味で詰まんない試合だと思って席を立ち、暫くしてまた見てみたら、延長に入って熱く戦ってたんで驚いた。シーズン真っ最中のお祭りなのに、スター選手がこんなに真剣に体力使ってていいんだろうか?

 伝統のヤンキー・スタジアムが、今年のシーズン一杯で引退ということで、在命の殿堂入り元選手を一堂に集めての開会式は、なかなかの感動。カルだ~!カルだ~!(←実は、カル・リプキンJr.のファン)

 日本でヤンキー・スタジアムのポジションにあるとしたら、甲子園球場かな?老朽化したヤンキー・スタジアムの後釜には、道路一本隔てて向かいに、新スタジアムが既に完成しているのだけど、甲子園も、ららぽーとが出来る前だったら、阪神パーク跡地に新球場作れたのに、そしたら、真横の高速に邪魔されず、華々しい姿を疲労できたのに…と、思うのは、地元民(実家は甲子園口)として、バチあたり?私が子供のころには、阪神高速は球場の真横を通ってなくて、本当に、水島新司の漫画で見るような、甲子園全体像が拝めたんですけどね。

 ところで、甲子園球場といえば、夏のかち割り氷で有名ですが、実はイカ焼きですよ、イカ焼き!甲子園周辺に漂うイカ焼きのにおい…ああ、イカ焼き食べたーい!
  1. 2008/07/15(火) 23:47:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iPhone - 確かにかっこいいけど…

 日本でのiPhone発売は、購入希望者が列をなして、ちょっとしたイベントだったそうですね。アメリカで数世代遅れた携帯を使ってる私的発想では、ごく普通の携帯であれだけの機能を既に使いこなす日本人が、わざわざ今更、iPhoneに惹かれるとは思ってなかったんだけど、iPod同様、一種のファッションなんでしょうか。しかし、Apple とマクドナルドの販売戦略の巧さは天下一だな。今、性根矯正中のTOSHIBAを修理に持っていったとき、お店の人に、もしダメで、新しいノート買わなきゃならなくなったら、何が一番かなぁ?と、たずねたら(←弱気)、自分ならFUJITSUだね、という答が返ってきました。うん、パソに詳しいお友達もそう言ってた。でも、FUJITSU高いし、Mac買える位の値段だし…と呟いたら、お店のオジサンたち、顔を見合わせて、「Mac?ぶわっはっは!!」と、高笑い。別に、そこまで笑わんでも…orz

 iPhone、デザインのかっこよさは元より、タッチパネル式で使い易そうだなって印象。スクリーンも広いし、GPS替わりに便利そう。それにしても、なんか昔のSF映画に出てくる画面に相手が出てくるTV電話機を思い出しちゃいますね。現地の画像を転送できたり、現在位置の確認できたり、あ、ホントそのものじゃん!あとは、これを腕時計サイズにして、音声確認でメッセージが送れれば完璧!そうなると、画面が小さくなっちゃうから、ホノグラム機能も搭載しなくっちゃね… あれ、何の話だっけ??

 そういえば、HPがタッチスクリーンのPCを売り出しましたね。マウスの変わりにスクリーンを直接タッチしてコマンドするんだろうけど、実際のところ、キーボードとスクリーンを交互に使うのって、結構疲れそうだ。いっそキーボードもスクリーン内?あ、でも、そうしたら画面が狭くなっちゃうし…
 でも、グラフィック関係でなら、かなり使い勝手よさそうです。実はわに夫のTOSHIBAは、タッチスクリーン式なのですが、フォトショで画像加工して遊ぶには、とても快適。タブなんかいらない、画面に直接、専用ペンで入力すればいいんだもん。わに夫も、フローチャートやグラフの作成で使ってるけど、普通に文書の作成や演算だけなら、別に意味ないって気もする。

 また話がずれてますが(こら!)、焦点をiPhoneに戻せば、とにかく携帯は、「携帯」ってくらいなんだから、丈夫であって欲しいと思う。落っことしても平気の平左で、生活防水程度は欲しい。濡れた手や、汚ったない手で触ってもOK。だから、iPhoneを見た時に気になったのは、このスクリーン、傷が付いたらダメなんじゃないかな?と。これって、ビーチでは使えなさそうじゃないですか?それに私は粗忽者なので、軟弱物はダメだ。それから、もう一つのネックは、このサイズ。これって、Palm→Blackberryと来たアメリカ人には気にならなくても、コンパクトな携帯に慣れた日本人には嵩張らないのかな?って思った。
  1. 2008/07/14(月) 23:33:31|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛が欲しい…

 日曜だというのに、わに夫は仕事だというので(逃げたな…)、息子達と犬連れて公園へ。地元では勝手にドッグパーク認定されている公園で、週末にはアジリティーを練習しに来るグループなどで賑わいます。息子も犬も放し飼い状態で、自分は木陰に座って翻訳原稿のドラフトをチェックしていると、アリに噛まれた。 噛まれて直ぐに感じないで後から痒くなるタイプの蟻だったらしく、気が付いたときには、そこら中が痒い!特にマズいのが、集中的にやられた上腕で、何故、こんな場所を噛まれたのは謎ですが、とにかく痒い。痒み止めクリームつけても、やっぱ痒い。以前どっかで、空気に触れるから痒いのでバンソウコなどでカバーすればよいと、読んだ事を思い出しまし、実行してみることにしました。でも広範囲なので、バンソウコじゃカバーしきれない。そんな私の目の前に、ピッタリなものが。それはサロンパス!早速試してみたら…

 ぎゃー!


 既に掻き毟った後だったので、無茶苦茶沁みる!で、剥すのがまた地獄だった。これはマジでお勧めできません…orz


 悶絶していると、わに夫帰宅。選手交代。私が静かに仕事できるようにと、息子達を連れ出してくれることになりました。嗚呼、ありがたや…と、ボリボリそこら中を掻きむしりながら、働くこと数時間。ちでに晩御飯も食べて来てね、と、言っておいたので、お気楽です。どーせ、また毎度の如くサンタモニカかベニスのビーチに行ったんだろうと思っていたら… 若息子、帰ってきてドアを開けるなり、
「おかーさん、インディアナ・ジョーンズ観てきたよー!」

 なんや、それー!?


 私だって観たかったのに…くっすん…
  1. 2008/07/13(日) 22:51:31|
  2. わにの傾向と対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Body Worlds 3

Together Forever? カリフォルニア科学センターで開催中の、「Body Worlds 3: 心臓の物語」展を見に行きました。このシリーズは、コロラドのデンバー歴史科学博物館で「Body Worlds 2」を見て以来、二度目。ヨーロッパでは既に「Body Worlds 4」が公開されているのですね。ところで公式HPはこちら。コロラドのときは、私一人で見に行ったのですが、今回は家族揃ってお出かけです。ところで、過去ログの鑑賞記は、ここをポチしてください。ここでは、「人体の不思議展」って書いてるけど、本当は、「Body Worlds」と「人体の不思議」は、別物だったのですね。

 展示の終りには、死後、自分の遺体を寄付したいという人の為の案内窓口が用意されていますが、このLAの展示でも、結構な数の希望者が登録したという記事が新聞に出ていました。ある意味、肉体(の一部だけど)を半永久的に保存っていうのは、エジプトのミイラと同じ発想だと思えば、魅力的なのかもしれません。私はイヤだけど。ところで、寄付するのはいいけど、これこれ、こういう風にしてください、って希望は通るのかしら?全身縦切りでお願いいます、とか、ぜひとも血管標本でよろしく、とか、逆立ちポーズがいいです、とか。

 左の画像は、今回見た展示の一部。毎回、こういった男女のペアが含まれています。この人たちは生前、何か繋がりがあったのでしょうか?恋人同士でした、なんかだったら、まぁ、ロマンティック…(はぁと)なのですが、実は見ず知らずの赤の他人と永遠に近い時間を抱き合って過ごしております、だったら、いくら筋肉と骨と内臓だけになっているとはいえ、考えるものがある…

 私が一人で見に行ったときには、悪趣味!だとか、オレ絶対行かねー!とか騒いでいたわに夫は、実にじっくりと見学しておりました。今回も前回同様、喫煙で真っ黒けになった肺が展示されており、息子達はガクブル。良い傾向だ(にやり)。次には、ボディービルダーのムキムキ筋肉見本とか、麻薬で縮んだ脳なんかが見てみたい。
  1. 2008/07/12(土) 23:47:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

この差は一体…?

 性根(マザーボード)を入れ替え中の、私の中二病ノート、シャバへの復帰は早くとも来週水曜日になりそうだとか。思ってたより時間が掛かるんだなぁ… 早く帰ってきて欲しい。思えば、私はMP3プレーヤー愛用者じゃないんで、夜中に一人PCに向かって居る間のお供である音楽も、全部、あのToshibaん中なんだな。学生時代からの「ながら族」から未だに脱却できてないようです。私の iTuneの内容は、ColdplayにU2、Matchbox 20にBon Jovi、Queen、Ricky Martinなど。こうやって書いてみたら、我ながら、全く年甲斐の無い厨なコレクションだこと…orz


 一方で上息子は、クラシックが殆どで、たまにラグタイムやブルーグラスを聴く、母とは逆の若年寄趣味の持ち主。若息子はまだ、特にこれといった嗜好は無いようだけど、ノリのいいダンスナンバーが好きなようです。年中、跳ねている男だからねぇ。そしてわに夫は、クラシック・ロックが好き。なんで、こういう差がついたのでしょう?こんな、わに一家が一台の車で移動中は、ラジオのチャンネルを巡って、いつも静かに、そして壮絶なる骨肉の争いが繰り広げられるのでありました。

 ところで、唐突だけど、Coldplayの新盤、「Viva La Vida」をダウンロードしてみました。久しぶりのアルバムのわりには、あんまり代わり映えしてないってきもしたけど、まぁ、そこがいいのかな。タイトル曲の「Vava La Vida」が、楽しくて好きだな。歌詞は聖書のお話なんだけど、ここをいつも呼んでくださっている方はご存知のとおり、私はキリスト教には、にらにら笑いながら生暖かく見守ってます、って態度だからさw
  1. 2008/07/11(金) 23:21:35|
  2. わにの傾向と対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界のガソリン価格を比較してみる

 水曜日は、息子達の合気道のクラスの日。先生がかっこいいので、私も楽しみなのだ(うはv)けど、ちょうど通勤時なので、渋滞に引っかかってしまうのは全く楽しくない。ガソリン高で車減少中とは言うけど、車社会のメッカだか、エルサレムだか(←「政治的に正しい」言い回しを開発してみた)の通勤ラッシュは、ターミネーターの運転するトラックが回り中の車をなぎ倒し、とか、トランスフォーマーがその辺の車をちぎっては投げ、ちぎっては投げ、なぁんて事を妄想しながら、譲り合い精神ゼロな49ersの心意気を失っていないLAドライバー達は、今時そんな燃費の高車を乗り回すなんて、てめぇの脳みそは腐ってんな!なハマーや、渋滞だらけのLAでスポーツカー乗って本当に楽しいんか、おら、楽しいんかー!?!なフェラーリや、ドイツ人でもないのにかぶれてるんじゃねぇよ!なポルシェのドライバーと、ガンを飛ばし合うんである。なにしろアタシってば、今一番ホットな車、プリウス乗ってるもんね。前、派手に凹ってけどね!しかも、車もアタシもMade in Japanだぜ、どうだ参ったか!

 と、まぁ意味不明な自慢はさておき(自慢やったんか?)、今日のLA Timesに、世界の主要都市での、1ガロン当りのガソリン消費者価格比較が載っていました。元の記事は、こちらから。下の図表も同じく今日のLA Timesのサイトから借りてきましたが、一目で世界のガソリン価格情報や輸出入量が判って、なかなかに優れものですね。日本はアメリカに次ぐ輸入国で、一日5万バレルか。凄い…



おっと、ちょっと縮小すべきだったかな…


 これによると、安いのは、カラカス(ベネズエラ)、テヘラン(イラン)、リヤド(サウジアラビア)と、産油国ばかりで、手前味噌だろう、他の国への嫌味だろう、と。特にベネズエラに至っては、ガソリンが牛乳より安い!一方で、高いのはヨーロッパ勢で、一番高値のオスロ(ノルウェー)では何と、1ガロン、9ドル86セント。ミニクーパーを満タンにすると、15,000円ほどになるんだそうで、これは泣く!ちなみに、東京は$6.30で、ここLA周辺は$4,57.何でこんなに差が出るのかというと、例えばイギリスではガソリン代の81.5%は税金なんだって。これも泣く。逆にベネズエラは政府の助成割合が大きい…って、大きすぎませんか、って気もします。10年以上前に仕事でベネズエラ行ったときには、石油景気で沸いた祭りの後で、世界中から集まったシェフの提供する美味しいお料理が御手頃価格で食べられたグルメ天国だった(なんか野ネズミとかアマゾンの鯰とかも、どさくさに紛れて食わされたが)けど、今はまたバブルに浮いてるのかしら…?
  1. 2008/07/10(木) 23:48:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

働けど働けど仕事終わんねぇ、じっと画面見る

だったら、昼間に遊び呆けてないで、ちゃっちゃ働けって?はい、仰るとおりです。すみません…

 ここに全く何の関係ない検索をしていると、いきなり「わにの日々-大都会編」というのが出てきました。へ?へ?と、思って、クリックしてみたら、検索した言葉とは、てんで的外れなアホ日記が出てきた。グーグルさんやヤフーさんに騙されて、ここに飛ばされてしまった人もいるのだろうなぁ。すんませんです…m(__;)m

 なんだかもう、陰気に謝りムードになっていますが、そんな私もこれには負けた(↓)。


ようこそ、コネティカット州へ
ジョージ W. ブッシュ生誕の地
ごめんなさい


 これも、検索中にたまたま見つけた画像なんだけど、これって加工してあるのかしら?もし、本当にこんなサインがあったら、最高w
  1. 2008/07/08(火) 23:55:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

私はいい加減な姉であると実感した夜だった

 独立記念日の長い週末は終わりましたが、やっぱり息子達が家に居て、蒸し暑いわに家です。今朝は片っ端から、近辺の東芝公認PC修理店に電話して、修理代の見積もりを尋ねてみました。実は私、仕事をするときには、PCを二台同時に使うので、やっぱノート型無いと不便なのです。で、一番安いとこに持っていくことに。最初のトコより50ドル以上安い。大丈夫?って、気もするけど、一応は公認店だし、マザーボード取っ替えるだけだから…

 今夜もLAは快晴です。こんな場所なら、織姫と彦星もお天気の心配なく、毎年会えるのにね。私も早く、根性を矯正されたTOSHIBAくんと再会したいわ。おお、そういや七夕といえば、明日8日は妹の誕生日や。妹よ、ごめん、今年も何も送ってないっす。どうせ見てないだろうけど、とりあえず、覚えてたことを証明するため、ここに、おめでとー!と。で、アンタいくつになったんやっけ?
  1. 2008/07/07(月) 21:54:16|
  2. わにの傾向と対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

働くわにさん

 今週末、LAのダウンタウンでは、アニメ・エキスポが開催中です。で、今日が最終日。行ってみたかったんだけど、明日締め切りの仕事が終わんないんで無理だわ。毎年なら、夏の間は閑散期なのですが、今年の夏はなんか忙しい。いや、忙しい方が有難いんですけどね、ホント…
 息子達がいると中々仕事に集中できないので、吸血鬼の如く、深夜に仕事するのですが、夜中に一人でラブレター書くのと同様(っつーか、恋文を二人以上で書くことがあるかどうかは知らんが)、妙にドラマチックな翻訳文を作ってしまい、翌日笑ってしまうこともあります。ちなみに私が翻訳するのって、主に法律関係と医学関係、それに化学系少々。ハーレクイン・ロー&オーダー、契約文はロマンスw

 ところで明日からは、洞爺湖サミットが始まるのですが、ここアメリカでの注目度は限りなく低い。サミットのことなんか、ぜんぜん、新聞に出てないよ。アメリカ人にとって気になるのは、ガソリン代に住宅ローン問題、これに大統領選挙のことが少々、って感じでしょうか?あとは、今開催中の、陸上&水泳のオリンピック選考会ね。国内のことにしか興味ないんだなぁ、と、しみじみですわ。

 ところで、小学校の頃、視聴覚教室でこの番組を見たって人、おられるかしら?はったらくおじさん、はったらくおじさん、こんにちは~♪って、主題歌が印象的過ぎて、数十年前にほんの数回しか見ただけなのに、未だに耳に残ってます。今時なら、はたらくおじさんなんて番組は許されないだろうな~
  1. 2008/07/06(日) 14:13:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

もやしもん

 毎朝、夜明けと共に「にゃん、にゃん、にゃにゃーん!!」(←だんだん大きくなる)という、クロのえさ催促の声で無理やり起こされます。寝ぼけ眼で、元ポーチドエッグ用小皿にカリカリ投入後は、文句を言いながら寝床に逆戻りなのですが、日が昇る頃には、今度は「起きろ、起きろみゃ、起きろみゃみゃー!!」な目覚まし攻撃にあいます。わに夫と私が渋々起き上がると、満足して自分は丸くなって寝るクロ。いい性格だな、お前!(怒)

 だけど、本当は文句なんか言えた筋合いじゃないんだよね。朝早くから働きに出る人が沢山いるんだから。お友達のKちゃんは、正にそんな勤労婦人で、彼女は職場が遠いので、なんと毎朝4時半出勤なのである。本当に頭が下がります… 4時半出勤だけでもなく、私が彼女の方向に足を向けて、ぐーすかぴーすか寝ていられない理由は、他にも沢山、沢山あるのですが、そのうちの一つは、異国で最新の本なんかおいそれと買えない私のために、自分が読んで面白かった本を送ってくれることなのだ。彼女は、読書家であると同時に、大変許容範囲の広い人で、辺見庸のハードなドキュメンタリーと、西原理恵子の漫画が一緒に送られてきたりして、たまに仰け反ってしまう事もあるのだが、そんな彼女の最新お勧め漫画「もやしもん」1-6巻が届いたんである。

もやしもん―TALES OF AGRICULTURE (1) (イブニングKC (106))もやしもん―TALES OF AGRICULTURE (1) (イブニングKC (106))
(2005/05/23)
石川 雅之

商品詳細を見る

一巻は100%再生紙使用、大豆インクで印刷してあるエコな一冊。


 ところで、このAmazonへのリンクは、このブログの投稿フォームからボタン一つで挿入できるんだけど、実はタグが10行以上あるんである。自分じゃ絶対入れないね。ああ、便利。もう自分でCGI 書いて日記を作るなんて作業には戻れないわ…

さて、「もやしもん」である。(また前振りが長いんだよ!)

 パラパラとめくって、菌たちは可愛いんだけど、人間の絵が濃くて苦手かもなー、なんて思いつつ読み始めたんだけど、いやー、ハマったわ、これ。この漫画のおかげで、農大への入学希望者が増えたそうですが、私も年甲斐も無く農大に行きたくなりました。一応、大学院は「農学部」だったんですが、専攻が農業経済学だったんで、こういう楽しいことは全く無かったし、農学部ブランドのアイスクリームや牛乳なんかは売ってた(っつーか、校内では大学ブランド牛乳以外売ってなかったw)。同じ講義に、畜産部とか栄養科学部なんかの人もいたんだけどなぁ。

 アメリカの学校には学祭もないので、漫画に出てくるような、楽しげな収穫祭なんかもなかった。日本の大学にある独特の雰囲気、どこか日常から切り離された異世界的なところって、アメリカの大学には無いような気がします。だから、ハイスクールが舞台のドラマや映画はあっても、大学生活そのものが舞台の映画が作られないのかも。あえて言うなら「アニマルハウス」とか、「ナードの復讐」なんかのフラタニティーを舞台にした映画かなぁ?でも、これらもあくまでも、学外生活をメインにした作品で、大学での授業やゼミがお話の中心じゃないよね。

 同じく大学もの、底の知れない変人教授に引き込まれる幼馴染の新入生二人組、浮世離れした大学院生のお姉さま、異色大学生活…なんだか、「動物のお医者さん」を彷彿とさせる感もあります。ハスキー犬ブームを起こした主人公のペット・チョビに対するは、「菌」が見える特殊体質な主人公、沢木直保くんの肩に乗ってる麹カビのA・オリゼー。かなりカワイイ。「菌」が見えるという、突拍子も無い設定が秀逸ですが、巻が進むにつれ、その設定がおざなりにされているような人間中心のお話が多くて、少し惜しい気もする。


動物のお医者さん 全8巻 (漫画文庫)動物のお医者さん 全8巻 (漫画文庫)
(2003/09/10)
佐々木 倫子

商品詳細を見る

おもしろいんで、また入れてみた。


で、「もやしもん」である。(また脱線か!?)

 台詞の多い漫画だし、欄外の書き込みが面白いので、さらっと読み流した後にもう一度、じっくり読んで楽しめます。結構、菌に関する知識も付いちゃって、漫画呼んで賢くなるなんてオトクだなぁvと、嬉しくなります。でも、これはウンチク漫画じゃないので、読んで笑って、楽しくてタメになるって感じが一層おトク感。今後の展開も楽しみです。蛍くん、いつになったら女装やめるのかなぁ…
  1. 2008/07/05(土) 22:34:42|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

独立記念日の花火

 暑い、暑いでビーチ日和。夜には屋根の上に上って、独立記念日の花火を見物。西にカルバーシティー、北にハリウッドボウル、南東にサンタモニカ、そして遥か南西側にはロングビーチの花火が見えて、あっちを向いたり、こっちを向いたり、忙しかった。ワシントンD.C.に住んでいた頃は、歩いてモールに行き、ピクニックしながらナショナル・シンフォニーのコンサートを聴き、ポトマック川の上に上がる花火を見るのが、年中行事でした。今は亡き、かまっては、花火がなろうが、大砲がぶっ放されようが、平気で寝ている太っ腹な犬でした。一方チップは、ひーんひーんと大騒ぎ。サイモンもクロもまるで平気なのに、チップだけが一匹で裏庭を走り回ったり、「怖いよ~!」と、抱きついてきたり。身体は一番大きいのに、情けないヤツw

 花火は独立記念日の風物詩ですが、昨今は火事の原因になったり、空中に撒き散らされる公害を懸念して、控える地域も増えてきました。毎晩、花火を打ち上げるディズニーランドでは、公害の少ない花火を使用しているそうです。私は花火大好きなので、廃れていって欲しくはないのですが、確かに近隣の野生動物たちにとっては、大迷惑ですよね…
  1. 2008/07/04(金) 23:32:58|
  2. 犬達と猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Wall・E

 Pixerの新作、「Wall・E」を観に行きました。ああ、もう、ピクサーって、なんでこんなにいいお話ばかり作るんだろう(TT) 感動しました。で、泣いちゃいました。でも、ぐちゅぐちゅ、鼻ちーん、ってのじゃなくて、しみじみ、じわっと涙が出ちゃったって感じですが。

 この映画、殆ど台詞ないんです。はじめの30分なんか、全く無し。ゴミだらけの街の残骸を、ひたすらおんぼろロボットが片付けてる、それだけ。それなのに、いきなり引き込まれます。一匹のゴキブリだけが、交流できる唯一の相手(このペット・ゴキの存在もまた象徴的)で、古いビデオを見ては、他の誰かと手をつなぐことを夢見る孤独なWall・Eが、愛しくてたまらなくなります。このWall・E、700年もの間、人類が見捨てたゴミだらけの地球を掃除し続けてきたのです。Wall・Eとは、Waste Allocation Load Litter・Earth-Classのこと。その名のとおり、ゴミを集めて圧縮し、並べるのがお仕事。

 ある日、突然にロケットがやってきて、一体の白いロボットを降ろします。おっかなびっくりながらも、物凄いスピードと破壊力を持つ、そのロボットの後をつけるWall・E。そのロボットの名前は、EVE。笑った時の目と、女の子らしい仕草がカワイイ。EVEと仲良くなったWall・Eは、掃除中に見つけた小さな芽を、EVEに見せます。その途端、その芽を体内に仕舞い込んだEVEは、繭の形になったまま動かなくなってしまいます。EVEとは、Extra-terristorial Vegitation Evaluator、地球植物検査官のこと。地球上の植物の存在を見つけ、人類の住む宇宙船へと持ち帰るのが使命だったのです。動かないEVEを嵐から守り、一緒に夕日を見るWall・E。なんと健気。EVEを迎えに来たロケットにつかまって、Wall・Eも、銀河を超えて宇宙船AXIOMへ。そこでは、全てが自動化され、人類は肥満し…と、まぁ、ネタバレはこの程度にしておいて。
  
 別に主人公に主義主張を叫ばせ、歌い踊らせなくとも、この映画のメッセージは強烈に伝わってきます。「2001年・宇宙の旅」の、あの有名なテーマが流れますが、この場面こそが、この映画のメッセージなのかも。そして、宇宙から来たボディースナッチャーに触れたものが人間らしさを失うのとは逆に、宇宙に住むもの(ロボット含む)達は地球から来たWall・Eに接して、人間らしさを得ます。なんたるアンチテーゼ。

 そして、この映画の現代アメリカに対する批判は、実に痛烈。「新・1984」といってもいいかも。オーウェル版が鞭による統制なら、こちらは飴による支配です。加えて、消費社会、無責任、肥満、人間性の喪失…明るい原色の世界でありながら、これほどに現代社会を手厳しく批判する場面は、今までにないほどです。だけど、この映画のお話の中心は、ひたむきで、一途で、ちょっと強引なところもあるWall・Eと、EVEのラブストーリー。小難しい理屈は全く出てこない。それなのに、手厳しくアメリカの政治を風刺し、現代社会へのパワフルな批判を見せてくれます。今までのピクサー作品とは少し違う、骨太な作品です。

 映画の日本語公式サイトは、こちら。でも、まだ内容は殆どないみたいなので、日本公開が待ちきれない人は、仕掛けがいっぱいの、本国版公式サイトを、ここから訪れてみるといいかも。Wall・Eの動きの可愛さは堪能できるけど、かなり映画の内容が色々と見れちゃうので、要注意です。映画のエンドロールもおしゃれで好きだわ。

毎回お楽しみの、本編の前の短編は、魔法の帽子をめぐる魔術師とウサギのアレックスのどたばた。いつもながら、きっちりと起承転結の付いた小品でした。こちらは軽く大笑いできて、楽しかったですよv
  1. 2008/07/03(木) 23:55:31|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

働きたくないでござる

 サービスセンターに出していた私の愛用ノート、マザーボードの入れ替えが必要だといわれてしまいました。ショック~!修理しますか、ときかれましたが、400ドル近くかかるということで、それじゃ同じ位のスペックのマシンが新しく買えるじゃん、なので、お断りしました。チェックだけでも、労働費として150ドルといわれていたのですが、何も出来なかったので、と、いうことで無料にしていただき、嬉しかったです(TT)

 今後暫く、新しいノート型PCが買えるまでは、ファイルのバックアップを取りつつ、ぐれたTOSHIBA様のご機嫌を伺いながら、恐る恐る使うことになりそうです。それにしても、故障の原因は何だったんだろうなぁ…??マザーボードは、たまにワケもなく壊れることがある、原因を突き止めるのは難しい、なんて、言われちゃったんだけど…

 新しいPCを買う為にも、せっせと働かねばならんのですが、どうもやる気ゼロ。ノートが挙動不審だし、とか、デスクトップはキーボードが手に合ってないから疲れる、とか、いちゃもんつけては。溜息つきつつ画面を眺め、ふと部屋の掃除をしてしまったり、引き出しの整理をしてしまったり、試験前日の中学生と同じ事をしている私。ところで、「働きたくないでござる」で検索かけると、いろんな種類の画像が出てくるって、知ってた?私はこのパターンしか知らなくて、ここで使おうと思って検索したら、沢山のバージョンが出てきてビックリしました…って、こういうコトやってるあたりが、オノレの現実逃避度の酷さを物語ってるなぁ…orz 

 ああ、日付が変わるわ…
  1. 2008/07/02(水) 23:45:38|
  2. わにの傾向と対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロサンゼルス自然史博物館

 今日は第一火曜日、Natural History Museum of Los Angeles County の入館料がタダになる日というわけで、行って参りました。「無料」という言葉をこよなく愛する私。入館料無料のせいか、単に夏休みだからなのか、すごく混んでたけど、3時を過ぎた頃には随分と人も減って、ゆっくりと観て回れました。ここは1913年開館で、歴史のある博物館です。

 この博物館自慢の展示の一つである、世界各国の昆虫を集めた「昆虫動物園」ではちょうど、蛇の専門家による蛇についてのお話を聞くことも出来て、動物好きの若息子は大喜び。名前に「キング」の付く蛇は、他の蛇を食べるんだって。今日の新知識でした。




 上息子は、宝石と鉱物に関する展示が面白かったそうです。私も宝石コレクションには張り付いてみてしまった。もし、この中から一つだけあげるっていわれたら、どれにしようかなぁ、なんて妄想して、かなり真剣に悩んでしまった。他には、カリフォルニアの歴史の展示が興味深かったな。デンバーの自然科学史博物館では、コロラドの鉱業の歴史を踏まえた鉱物の展示が面白かったし、やっぱり、ご当地展示は印象に残ります。今日は、アメリカの自然史博物館ならどこでも見られる剥製のジオラマ展示は全く見なかったので、これは次回へのお楽しみ…なんだけど、実は私、剥製って苦手(TT)

 自然博物館としては、シカゴのフィールド博物館、ニューヨークのアメリカ自然史博物館に次いで、全米第三位の規模なのだそうですが、スミソニアンの自然史博物館より大きいようには感じられなかったなぁ…
  1. 2008/07/01(火) 22:51:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。