FC2ブログ

わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Body Worlds 3

Together Forever? カリフォルニア科学センターで開催中の、「Body Worlds 3: 心臓の物語」展を見に行きました。このシリーズは、コロラドのデンバー歴史科学博物館で「Body Worlds 2」を見て以来、二度目。ヨーロッパでは既に「Body Worlds 4」が公開されているのですね。ところで公式HPはこちら。コロラドのときは、私一人で見に行ったのですが、今回は家族揃ってお出かけです。ところで、過去ログの鑑賞記は、ここをポチしてください。ここでは、「人体の不思議展」って書いてるけど、本当は、「Body Worlds」と「人体の不思議」は、別物だったのですね。

 展示の終りには、死後、自分の遺体を寄付したいという人の為の案内窓口が用意されていますが、このLAの展示でも、結構な数の希望者が登録したという記事が新聞に出ていました。ある意味、肉体(の一部だけど)を半永久的に保存っていうのは、エジプトのミイラと同じ発想だと思えば、魅力的なのかもしれません。私はイヤだけど。ところで、寄付するのはいいけど、これこれ、こういう風にしてください、って希望は通るのかしら?全身縦切りでお願いいます、とか、ぜひとも血管標本でよろしく、とか、逆立ちポーズがいいです、とか。

 左の画像は、今回見た展示の一部。毎回、こういった男女のペアが含まれています。この人たちは生前、何か繋がりがあったのでしょうか?恋人同士でした、なんかだったら、まぁ、ロマンティック…(はぁと)なのですが、実は見ず知らずの赤の他人と永遠に近い時間を抱き合って過ごしております、だったら、いくら筋肉と骨と内臓だけになっているとはいえ、考えるものがある…

 私が一人で見に行ったときには、悪趣味!だとか、オレ絶対行かねー!とか騒いでいたわに夫は、実にじっくりと見学しておりました。今回も前回同様、喫煙で真っ黒けになった肺が展示されており、息子達はガクブル。良い傾向だ(にやり)。次には、ボディービルダーのムキムキ筋肉見本とか、麻薬で縮んだ脳なんかが見てみたい。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/12(土) 23:47:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。