わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サンディエゴ動物園


 全米の動物園の中でも有名なサン・ディエゴ動物園、動物園大好きなので、行きたい行きたいと思っていたのですが、やっと訪れることが出来ました。LAからサン・ディエゴへは、車で二時間ほど。テキサスで言うと、丁度、オースティンからサン・アントニオと同じくらいの時間と距離なのですが、サン・アントニオはご近所感覚だったのに、なぜかサン・ディエゴは遠いような気がして、今回が行くのが始めて。二時間程度なら近いと感じてしまうテキサス・マジックか!?

 ともあれ、サン・ディエゴ動物園は、全米でこことワシントンD.C.の国立動物園にしかいないパンダや、コアラなどの珍しい動物、熱帯植物のコレクション、そして絶滅危機にある希少動物の保護と繁殖に勤めていることでも有名な動物園です。園内を約40分で案内してくれるガイド・バスや、要所で停まる運行バス、ロープウェイを利用して、広大な敷地を見て回ります。

 実は私は、白熊が大好きで、仕事場の壁掛けカレンダーは、毎年、WWFの白熊カレンダーなのだ。無論、動物園や写真、テレビで見るのが好きなんであって、実物には半径100m以下に近づきたくないのですが、ここでは、水槽の中で泳ぐ白熊に大接近できます。かわいい~!!一日中、見ていても飽きない。もう寝食忘れて眺めてしまいそうな可愛さで、「萌え死ぬ」とはこのことか!?って感じ。私は一日中、白熊の水槽の前にへばりついていたかったんだけど、家族に腕を引っ張られて泣く泣く移動。ああ、おっきな手、短い尻尾、もこもこお尻、もっさりした動き…かわいすぎる…

 「ミアーキャット・マナー」でお馴染み、ミーアキャットもいます。本物のミーアキャットは、思っていたより小さかった。TVの野生のミアーキャット達とは比べ物にならないほど、ぷくぷく太っていましたが、仕草の可愛らしさは同じ。うひゃー、立ってる、立ってるー!と、大騒ぎ。


 コアラもたくさん居ます。私、本物のコアラ見たの初めて!コアラは一日22時間寝ているんだそうです。コアラの次に寝ている時間が長いのはライオンで、こちらは一日二十時間だって。それを聞いた息子達、「ほら、やっぱりウチの母ちゃんはライオンだった」「そうだ、そうだ」だと!(怒) ライオンのお母さんは獲物捕まえて来るんだぞ!えらいんだぞ!!


 園内では、カフェやレストラン、売店も充実。この点では、入場料無料の国立動物園のショボさとは一線を画します。ここのアシカのショーは、全米で最も歴史があるのだそうで、短いショーでしたが楽しかった。この間、ビーチで遭遇した野生のアシカはデカくて怖かったけど、ショーのアシカはかわいい。
他にもバンドの生演奏や、子供向けの読み聞かせなど、様々なイベントが園内のあちこちで展開され、「見せる」こてへのこだわりは、今までに訪れたどの動物園よりも強く感じられました。サン・ディエゴ郊外には、兄弟施設のサファリもあります。今度は、そっちにも行ってみたいぞ!
スポンサーサイト
  1. 2008/08/31(日) 22:54:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2008年めがねオデッセイ

 わに夫も私も、TOSHIBAのノート型PC愛用なのですが、機体が洒落にならないほど熱くなる。チラシで、電気を使わないノート型パソ用冷却シートというものを見たわに夫、これ買ってくるvと、出掛けて、新しいノート買って帰ってきた。なんや、それ…orz

 私のメガネ苦労は未だ継続中で、やっと新しいめがねが出来てきたのですが、コンピューターのスクリーンが良く見えない。普通に掛けていても、なんか吐き気がしてくる。どこに焦点を合わせたら良いかわからなくて、目が当惑してるって感じで、もう一度検眼しなおしてもらい、処方箋の書き直しと、新しいコンピューター・読書用メガネの処方箋を書いてもらいました。で、これを作るのに、また1-2週間。これが出来てきたら、今度は今かけている、なんとなく合っていないレンズを新しい処方箋に合わせて作り直すのにまた時間が掛かる。ああ、不幸だ…
  1. 2008/08/30(土) 22:28:47|
  2. わにの傾向と対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ぺイリンはベーリング海のかなたに

 ご無沙汰しております。メガネが合っていないって本当に辛い。なんか、首とか回らなくなってきたし、PC画面見ていられるのも、せいぜい30分が限界だし、もう完全に撃沈されてます。が!こればかりは書かねばならない!

 共和党副大統領候補キタ--------(゜∀゜)-------!!!


 予想通りの女性ですよ。下馬評でも上がっていた、中絶激反対、全米ライフル協会重鎮、超保守派で、オバマ氏より若くて、ダイ・ハードにキリス教徒で、ついでに美人なサラ・ペイリン・アラスカ州知事。バイデンとかペイリンとか、なんか似たような音の名前だな…

 彼女の保守派っぷりは、マッケイン自身が共和党の癖にリベラルすぎと心配する層を引き込むためでしょうか。そして女性候補ということで、ヒラリー支持者にアピール…か、どうかは、よく分からないけど。何しろ、二人の共通点は女性であることくらいで、主義主張は全く正反対と言ってもいいほど。百戦錬磨でバックにズルズルと魑魅魍魎が一杯付いてるヒラリー姐さん(と、夫・ビル)とは違い、ぺイリンさんは知事も一期目で、経験も浅い。そこを指摘して、彼女は副大統領職に対して準備が出来ているのか?って疑問もあるようです。でも、私が思うには、今の副大統領がエラい大きな権限を持っている状況のほうが異常なわけで、副大統領はあくまでも、大統領のサポートが本来の仕事なはず。

 オバマ氏が自身の経験不足を補うべくバイデンを選んだのと同様、自分は経験豊富なマッケインは、新人を選んでフレッシュさを押し出した、というところでしょうか。来週には、共和党大会が開かれます。なんとはなしに、予想通りというか、シナリオ通りに進んだ感のあった民主党大会に比べ、どうなるでしょうか?いやー、今度の大統領選、ホントに面白い…
  1. 2008/08/29(金) 23:26:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

犬孝行

 ここのところ人間ばかり海に行って楽しんでいたので、今日は久しぶりにドッグ・ビーチへ。風が強くて波も高かったけど、沢山の犬達が波打ち際で遊んでいるのを見るのは本当に和みます。上息子は毎度、黙々と穴を掘り続け、若息子は飽きもせずボディーボード。犬の方はといえば、相変わらずサイモンは喧嘩とあれば出かけて行って囃し立て、走っている団体があれば一緒に走り、大型犬を追いかけて海に飛びこんでは波と共に打ち寄せられて還ってくる。そしてチップは、隙あらば私の寝転がっているビーチタオルを占領しようと横で虎視眈々という構図。沖合いでは、パラセイリングを楽しんでいる一団が見えました。いいなぁ、あれ。気持ち良さそう。




 この、ハンティントン・ビーチ市という街は、海が近くて、著名店が一通り揃った大きなショッピングモールがあって、大きな本屋さんも映画館も、総合病院や各種クリニック、公園等の公共施設も充実していて、交通の便も良く…と、いいこと尽くめなんだけど、街のあちこちで、いきなりかっくん、かっくんしている油田や、沖合いの石油採掘の櫓を見ると、ここには住みたくないと思う。

 今日はこれから、北京オリンピックの閉会式を見ます。まぁ、後出しで色々と裏の事情がばれたりもしましたが、開会式はとっても楽しめたので、閉会式も楽しみv
  1. 2008/08/24(日) 19:36:37|
  2. 犬達と猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バイデン、バイデン、ばいばいデン!(謎)

 度数の合っていない古いめがねを掛けてるの、辛いです。目が直ぐに疲れる。いつもなら一日中眺めていても飽きないPC画面も、小一時間もしたら目がしょぼしょぼして、もうダメだ~って感じになっちゃう。このめがねには遠視が入っていないので、一番きついのが、新聞や本を読むときで、めがね外して、紙を鼻先15cmほどまで近づけて、片目瞑って(←乱視なので、両目で見ると焦点が合わない)、やっと読める。自分でも別にそこまでして読まなくて良いんじゃないか!って突っ込みたくなるんだけど、日々の習慣って恐ろしいもので、読まないとウズウズして落ち着かないのよね。んで、今日は朝から近所のマサージのお店行って、90分間揉んでもらいました。少し肩は軽くなったけど、所詮は一時しのぎ。目に合ったメガネができるまでは、つらい日々です。

と、散々全く関係ないことを書いておいていきなり、

民主党副大統領候補キターーーーーーーーーーーー(゜∀゜)


 オバマの弱点が外交面であることは今までに何度も指摘されていたところ。私的にも、そこんとこが引っ掛かっていただけに、成る程の人選ではある、あるのですが… ここでマッケインが女性を副大統領に持ってきたら、オバマ陣営は負ける可能性超大って気もしてきた。

 もしヒラリーを選べば、ヒラリー&ビルに実質上の権力を乗っ取られる可能性が高い。だからといって、他の女性候補を選ぶのは一層の反感を買う。そこで、経験豊かな年長の白人男性を持ってきたんだけど、なーんか絵的にも頓珍漢な組合せである事は否定できない。オバマを支えてきた人気には、黒人、若さといった新鮮さ、ワシントンに新風を吹き込むのではないかという期待や、革新的なイメージにあったのに、ここに至って、その経験不足や人種的不利を補う為に、ワシントンにどっぷり浸かった白人男性をラニング・メイトに選ばねばならなかった。この皮肉に、黒人大統領候補という足枷が重く圧し掛かり始めたという感があります。

 いくらオバマ陣営が、バイデン上院議員がワシントンに変革をもたらし続けた、ワシントンに染まらなかったと言い張っても、彼が実に30年以上もの経験を誇る大物議員であり、民主党内でも保守派で知られる辺りからも、いまいち説得力に欠けます。ワシントンはいつまでも「反骨」していられる場所ではありません。ワシントン内に人脈を張って、慣習に馴染んで、Maison Blancheでロビイストとランチして、エスタブリッシュメントと呼ばれるなきゃ生き残れない。ワシントンに、「革新」と「経験」は両立しない、と、私は言い切りますね。

 ところで、このバイデン上院議員、なんか覚えのある名前だと思ったら、親中派で有名な議員だった。うーむ、日本にとってはマッケインの方がいいのかなぁ…悩ム

 
  1. 2008/08/23(土) 22:33:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歯医者さん

 息子達を年に一度の定期健診のため、歯医者さんへ連れて行く。アメリカでは大人が行く歯科、小児歯科、矯正歯科は普通、分かれています。私が子供の頃は小児歯科なんてなくて、歯医者さんは恐怖の存在だったのですが、このごろは明るいオフィス、待合室にはゲームが設置され、治療中にはビデオでアニメが流され、笑気ガス使用。器具も子供向けに小さい、と、至れり尽くせり。で、なぜか、テキサスでもコロラドでも、そして今日行ったとこでも、歯医者さんは、みな若くてキレイな金髪のお姉さんだった。

 でも、我が家の保険では小児歯科医がカバーされないので、検査とクリーニング、それに若息子の虫歯治療2本分で治療費は1700ドルなり。痛い。だからといって、今更、安いからって、子供達を通常の歯医者さんで治療してもらう気にもならないし… むかーしの古い「ER」で、小児科医のドクター・ロス(ジョージ・クルーニー)が、子供の診察・治療をした外科医に「子供と大人は違うんだ。子供のことは知らないお前が勝手に大人と同じように治療するな!」って怒るシーンがありましたが、歯医者さんも、子供には子供を専門に診る先生のほうが一般に頼れそうに思うのですね。

 日本はどうだか知らないのですが、アメリカでは全米小児歯科専門医協会があり、認可状を発行しています。それだけ、分業化が進んでいるともいえると思います。でも、専門医扱いになるので、必ずしもPPO(Prefered Provider Organization:医療提供者集団)に、参加しているとは限らない。でも唯でさえ、アメリカの歯医者さんは高い!ので、日本の国民健康保険は本当にありがたいですよ。こういう状況だから、大統領選でも国民保険問題が大きな争点になるのですが、ここで、アメリカの貧困問題に絡めて、貧乏人は子供を歯医者にもやれない!と、騒ぐのはお門違い。連邦・州負担の子供向け健康保険プログラム(CHIP)で、治療費無料になりますから。

 アメリカで本当に困るのは、実は貧困層じゃなくて、そういった補助のない勤労中間層なのです。8年間の共和党政権で、富裕層は一層の利益を得たので、富裕層の下。でも貧困層でもないという家庭が一番の打撃を受けました。かつて一億層中流といわれ、この中間層に目を向けた整備の整った日本との決定的な違いだと思います。日本では寧ろ、そのために今まで見過ごされがちだった低所得層が問題になっていますが。と、いうわけで、やや中流よりの民主党に期待するのですが、マッケイン優勢だねぇ…
  1. 2008/08/22(金) 23:07:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

めがねな一家

 ヘアカットに近所のショッピングモールで適当にお店に入ったら、なんと日本人の美容師さんに切ってもらえました。流石はLA!私の髪は超真っ直ぐなので、ウエーブのかかった髪に慣れているアメリカの美容師さんには、中々取扱いが面倒です。切った後に頭を一振りしたら、切り損ねた髪の毛がちょこちょこ出てきたり、真っ直ぐのはずが斜めになってたりと、今まであまり運が無かったのですが、流石に日本人の髪質を良く知っている日本人美容師さん、丁寧に時間をかけて切ってもらえました。日本人経営のサロンもあるんだけど、全ての「日系」の常で割高。普通にモールのサロンで日本人に切ってもらえるとはラッキー

 私は実家が美容院なもので、かえって、わざわざ美容院に行くのが面倒、とか、自分でろくに髪の手入れをしたことが無く、しばしば、とんでもない状態になるまで放置しがちなのですが、今度から、このお店に行けばいいや

 今日モールに行った理由は、若息子の眼鏡つくり。これで終に家族揃って眼鏡になってしまいました。フレームを選ぶ段になって、気に入ったのは、ちょっとスクエアな感じで下半分の無いメタルフレーム。でも、どっかで見たような?と、思ったら、今、上息子がしてるのと全く同じフレームだった。どれだけ、このデザインが好きやねん?と、笑う。結局、同じデザインは紛らわしいので、丸っこい感じのものにしましたが、これは、今、私がしている古い眼鏡のフレームにそっくり。このごろは、かなり斬新でお洒落なデザインも出てるけど、結局同じようなものに落ち着いちゃうのね~
  1. 2008/08/20(水) 19:57:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お前が言うな!

 オリンピックも折り返し、陸上競技が始まりましたが、週末に行われた男子100mで圧倒的な速さを見せたジャマイカのウサイン・ボルト選手が、両手を広げてゴールしたことに対し、「敗者への配慮が足りない」と批判されていることに、やや驚いています。こちらの放送でも、何度もその場面を取り上げていますが、私的には、はしゃいじゃってカワイイやん、こいつ、ホンマに走るしか能ないやろ、と、微笑ましく思ってしまう。

 短距離走って、人類の進化を見ているような気がします。人間はどこまで速くなれるのか?短距離走の選手としては異例の長身で、易々と他を引き離し、前人未到の記録を打ち立てるボルトには、でも、限界に挑戦するアスリートの悲壮感は全くなく、自然に走ってるって印象を与えます。で、悲壮どころか、逆にひたすらにアホな振る舞いが笑わせる。人類進化におけるDivision of Laborがあれば、速さ部門を引き受けてますんで、他んとこは担当外っすから、って感じ(←えらい失礼やな…)。

 で、批判のほうに話を戻すと、それよか勝って舌出してるアメリカ人選手のほうが、敗者への配慮が足りないんじゃないか、って私は思うけど、それは文化の違いなのでしょうか?それに、アメリカ人、フェルプスが腕の長さと指の長さで、0.01秒差でバタフライ優勝したとき、銀の選手に「配慮」したか?てか、そんな事言い出したら、試合後どころか試合の最中に日本人選手に罵声を浴びせてる観客どうにかしろよ。もし、これがアメリカ人選手だったら、反応はどうだったか?というのも気になりますよね。小国の黒人選手だから叩いてんじゃないの?なんて、うがった見方しちゃう。

 こっちじゃオリンピックはNBCが独占放映権を握っているので、日本のように各局で色んな競技が見れたり、NHKでCM抜きで放映、なんて贅沢はなし。つまんないCMは勿論のこと、競技をはしょって、替りに下らない選手の生い立ちエピソードや過去の栄光な人達の無駄話、金メダリストのスタジオインタビューなんてのを延々見せられるわけですが、この件に関しても、おっさんが「まぁ、まだ子供(kid)なんで、仕方のない態度なんですが」とか言ってて笑った。子供って、21歳はアメリカでは立派に法律でも大人だし、そんな事言ってたら、選手が軒並み15とか16なんて女子体操はどうなる?なんだか、よく分からない基準だなぁ。
  1. 2008/08/19(火) 22:51:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本の健康グッズ in USA

 古いメガネをかけているので、いつも以上に目が疲れます。肩も首も凝り懲り。で、こういうときに限って、朝メール開いたら仕事依頼がてんこ盛りなのはお約束…orz


 昨夜は、熱いシャワー浴びて、サロンパス一杯貼り付けて、寝る前に剥がして(わに夫が文句言うんで)寝室に行ったんだけど、今朝、仕事部屋の戸を開けた途端、強烈なサロンパス臭!いやぁ、さすがに貼り過ぎたかw サロンパスが普通のスーパーで買えるようになったのも有難いけど、最近は竹液の足裏まで売ってるようになりました。次に来る!と、私が思うのは、筋肉痛に効くとの売り込みのチタン繊維ネックレス。女子ビーチバレーの初戦で、アナウンサーが馬鹿にしたように、「日本の選手がつけているのは筋肉をリラックスさせるネックレスだそうです。ふふん(←馬鹿にしたような鼻笑い)」してたけど、アメリカ人、絶対飛びつくね。チタン繊維ネックレスが、普通にドラックストアに並ぶ日も近い、で、日本で使われている!という煽り文句の割りに、実は中国産、というシナリオに、はらたいらさんに全部(古い!)な、わになのです。

 ところで画像は、こっちで売ってるサロンパスの箱。
  1. 2008/08/18(月) 23:40:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

めがね

 今日は新しい眼鏡を作るのに費やしてしまいました。とはいえ、私は度が強烈なので、いつも特注で、出来上がるまで一週間は掛かるのですが。私がいつも行くのは、レンズ価格が均一のCOSTCOです。いつも混んでるから待たされるけど、断然安い!ので、待つ価値ありです。Lens Craftersなど、普通の全米展開ディスカウント眼鏡チェーン店価格と比較しても、半額以下(!!)なんてこともあるから、もう、他所いけね。

 フレームの選択肢も限られてしまいすが、私は朝起きてから夜寝るまで常時、同じ眼鏡をかけっぱなしなので、どうせ余り個性的なデザインのものは選べないし、どんな服装でも浮かず、丈夫さが一番大事なフレーム選びのポイントなので、そんなタイプのフレームを探すなら十分な品揃え。色違いとか、ちょっと大胆なデザインとか、その日の服装に合わせて、眼鏡を数種持っておくと、無くしたときにも便利なんだろうけど、私の場合、特注レンズのお値段がマジ洒落にならないので、そんな贅沢は出来ないよ。

 レンズには、擦り傷防止と反射避けの特殊膜をコートしてもらい、明るい場所では色が変わってサングラス代わりになる加工をしてもらいます。でもって、遠近両用のプログレッシブ… ああ、トシね…orz
  1. 2008/08/17(日) 21:54:09|
  2. わにの傾向と対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

El Matador Beach

めがね、無くしました…orz

 波打ち際を歩いていたら、海草に足を取られ、すっ転んだところに大波がざっぷーん!波と共に、眼鏡もさよ~なら~ なんというタイミングの悪さ まぁ、お盆だし、波間を漂っていた霊が眼鏡を必要としていたのかもしれません。私の掛けているのくらい度のきっつい眼鏡を必要とする霊さんなら、眼鏡がないとさぞや不便でしょうから、お役に立てて下さいなと思って諦める事にしました。

 ところで、今行ったのは、マリブの北端にある、エル・マタドール海岸。ちょくちょく行く、Dog Beachのエル・カリージョ海岸の手前です。こじんまりとしたビーチで、湾になっているので離岸流が無く、とても遠浅なので水遊びにぴったりのビーチ。干潮時には、岩に出来た水溜りの蟹やイソギンチャクを観測するのも面白い。海草がとても多いのは、やや鬱陶しいのですが、水はとてもきれいで澄んでいます。風光明媚で、わんこビーチを除いては、多分、この近辺で私が一番好きな海岸です。ビーチそのものとしては、一番好きかも。



駐車場は崖の上にあり、ビーチへは、長い木の階段を下りていきます。
そのせいか、週末でもそんなに混みあっていないのも魅力。
奥に見える白い家、いいなぁ。こんなトコに住みたいv


あしかが居た。デカかった。


本当に遠浅だけど、足が付かない所まで泳いでいっても、ぼんやり底が見えるほど澄んだ水です。
  1. 2008/08/16(土) 23:31:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Apple Pan

 わに息子達の朝ごはんはシリアルと決まっているのですが、今朝はミルクが切れていたので、適当にトーストなどで軽く済ませ、ブランチにご近所の有名レストラン、アップル・パン(Apple Pan)へ。ここは、創業以来60年以上、同じ場所で同じメニューを出し続けた、地元の有名点で。ウィキでも紹介されています。お昼前に行くと、常連のじっ様たちがコーヒー飲みながらオーナーとだべっています。ここのパイは本当に美味しい!で、バーガー食べ終わった後に、3人でチェリーパイ・アラモードを分け分け。その名の通りアップルパイが自慢なのですが、クリームパイも激ウマです。お支払いは現金のみで、バーガーと飲み物で一人$10程度。パイは丸ごとをお持ち帰りできて、これは18ドル。御呼ばれしたときの、手土産にぴったりです。

 お腹が大きくなって幸せになって帰ってきたら、郵便が来てて、購読してるTIME誌が来てた。曰く、「新たなる冷戦!?」だって。冷戦で終わればいいけどね。バカ藪は、就任期間ギリギリまで世界を滅茶苦茶にする努力を怠らないらしい。正直、バカ藪が狡猾なプーチンに適うとは思えないし、喧嘩吹っかけて痛い目を見るのは、アメリカのほうじゃないかと思う。国内も既にグダグダなのに、これ以上、何やるつもり!?

 ロシアは自分達を正当化するために、グルジアの南オセチアへの攻撃の被害を誇大しているという批判が伝えられる一方で、NPR(National Public Radio)では、数日振りに隠れていた地下室から出てきたという老婆の「グルジアは急に私達の街を攻撃し始めたのよ!ロシアが来てくれて私たちを救ってくれたの」というインタビューや、グルジアの爆撃で家を破壊されたという男性の「どうして、私達の街を攻撃するのか判らない」というコメントを紹介してた。一体、何が本当なのやら…?
  1. 2008/08/15(金) 22:56:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

LACMA再訪

 ロサンゼルス群立博物館(LACMA)へ行きました。別にコレといった目当てがあった訳ではなく、途中半分くらいの場所まで行く予定があったので、ついでに行こうか、というノリだったのですが、ちょうど今、江戸時代の絵の個人コレクションを特別展示中だし、前回にはたまたま閉鎖中だった日本館も見たいし、と、ブラリ立ち寄ってみました。

 日本館は、自然光をたっぷり取り入れた造りになっており、人口の光ではなく自然な光の下で絵を見ることが出来るよう工夫されています。暗すぎて詳細が見えない、という時には、短い時間作品を照らすスポットライトのスイッチがあり、隅々まで書き込まれた絵巻の屏風や、動物の毛の質感などをじっくり楽しめるようになった気配りに大満足。充実した根付コレクションもあり、かわいー!かわいー!と、一々騒ぐ私。昔は鍔飾りに根付、現代は携帯マスコットと、小さくてカワイイものをぶら下げたるのが好き!という傾向は、日本人のDNAに組み込まれているに違いない。オリンピック見てても、スポーツバッグにぬいぐるみとかぶら下げてるの、日本人選手だけだしw ところで、根付の材質で、象牙ってのも多かったんだけど、鎖国の江戸時代、この象牙って、一体どこから来たのかなぁ?


これ↑が、その日本館。
障子のような白い壁部分は、光を通すようになっており、天井からも自然光が差し込みます。


 特別展示の方は、「創造の世紀」と名づけられた、の建築会社のオーナー、ジョー&エツコのプライス夫妻の選りすぐり江戸期芸術コレクション。ウェブサイトは、LACMA:Price Collectionから。奥さん、エツコさんって、きっと日本人ね。このコレクション自身のウェブサイトは、Price Collectionです。もーね、金があるってすげえ!としか言いようがない、りっちなコレクションです。見せてくれてありがとう、ではあるんだけど、バブル期に、個人でゴッホなどのマスターピースを買った日本人は批判されたのに、これだけの日本の宝が、アメリカ人個人所有ってのもどうよ?と、思った。

 その後は、ここも前回は見れなかった、新設の近代美術新館へ。イマイチよく判らない「芸術」、水槽に入った羊の剥製を前に「これのどの辺が芸術?」と聞く若息子に「作者が芸術だといえば、それで芸術になんのよ」と言ったら、アーティストっぽいおじさんがそれ聞いて「そりゃそうだ」と笑ってたw
この館の見ものは、私的には、ロイ・リキテンシュタインのコレクション(特に、The Cathedral のシリーズは素晴らしい!)と、巨大なガラス張りのエレベーター(をい!)。

 膨大なコレクション、あまり欲張らずに、のんびり一部だけを絞って見たので、疲れず楽しい美術館鑑賞でした。隣接の広大な土地には、2011年オープン予定の新館建設が進んでおり、どんだけコレクションあるのー!?って感じですが、メインのハマー・ビルディングの展示は少し混み合ってる感じがあるから、日本館みたいな細かく計算された展示法で、ゆったり見せてくれても良いかな、って思う。ここのオープンも楽しみだなぁ…


 ところで、先日の英語与太話が一部の巷限定で好評だったので、新しいカテゴリなど作ってしまいましたが、会話の翻訳では、罵り言葉が面白いですな。英語は、この分野では、実にボキャブラリーが豊富です。本当によく、文化を表していますね(にこっ)。で、そういう類の会話文は、現役十代男子である上息子にチェックしてもらうのですが、彼のこのテの語彙の広さに感心したりします。で、どこで覚えてくるんじゃ、このマセガキがぁーっ!?手伝って欲しいんだったら文句言ってんじゃねー!と、母子の争いが始まったりする、今日も平和な(?)わに家でした。
  1. 2008/08/14(木) 23:55:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

仲良し?


 うちの犬と猫、基本的には仲がいいようだ。一緒にご飯食べてたり(こら猫、ドッグフード食べるな!)、暑いのにくっついて寝ていたりするし。でも猫は、実は、からかって遊んだり、ご飯を横から頂戴するのは、自分のほうが喧嘩が強いと判っているチビのサイモン、ぬくぬく昼寝には大きなチップと使い分けているところが、なかなかにちゃっかりしている。

 仲良しといえば、オリンピックのシンクロナイズト・ダイビング。何年も毎日、ずーっと二人で練習してるんだから、仲が良くないと辛いだろうに、と、思うのに、互いに眼も合わさないようなペアもいて、内情を想像すると笑える。アメリカの男子高飛び込みの二人は、シャワー浴びながら何やらお喋りしてたり、仲良さそうで和んだわ。こういう種目って、双子ペアなんかいそうなのに、案外いないものなのですね。一卵性双子ペアのシンクロ何がし競技って、最強だろうに…って思うのは、双子に幻想抱きすぎでしょうか?

 毎朝、宿舎を出て、ちょっと泳いで、金メダル持って帰って来るマイケル・フェルペスも凄いけど、二冠の北島選手も凄い。200mも、他を寄せ付けない圧倒的な速さでしたね。そして男子体操個人総合、夜遅くまで、次は体操か、次は体操かと、思いながら待っていたのに、深夜過ぎてからちょろっと、しかも失敗した種目だけの放映でした。がっかり。アメリカのオリンピック放映は、毎晩、飽きもせず、女子ビーチバレーの、メイ-ワルシュ・コンビばかり。ほんと、もう見飽きた。他の競技を映して欲しいなぁ…
  1. 2008/08/13(水) 22:25:41|
  2. 犬達と猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「いただきます」は英語で何と言う?

 今日も今日とて、夜はTVの前に張り付いて、オリンピック三昧のTVっ子、わにでございます。アメリカはマイケル・フェルプス旋風で大騒ぎなのですが、彼のマザコンっぷりは微笑ましいですね。インタビュワーそっちのけで「ママ、ママはどこ?」って探し回ってるしw 母ちゃんとしては、ちょっと恥ずかしながらも、嬉しかろうと思う。深夜までTVを観たら、その後はお仕事タイム。すっかり夜行性動物なわたくしである。今朝、庭師さんがいつもより早く来て、芝刈り機がうるさかったので8時頃に起き出したら、息子が「わっ!母ちゃんがもう起きてる!」と吃驚してた。これってマズいわな…orz

 さて、日本では日常的に使われている言葉を英語にすると?というのは、我々、翻訳業者にとっては中々に頭の痛い問題です。日本じゃ普通でも、英語圏に必ずしもドンぴしゃ言葉が存在するとは限らない。擬音語などは最たるもので、日本語における擬音語や擬声語の豊富さに、英語はとても及びません。一人称も、日本語だと、わたし、わたくし、アタシ、俺、ぼく、わし、自分、拙者、等々…自分をどう表すかで、その人物の人となりがある程度表される事もあるのですが、英語だと、可愛い幼女も、時代劇に出てくるタフなカウボーイも、ハイソな奥方も、みーんな「I, my, me, mine」の四段活用で終わっちゃう。日本では、「米」と「ご飯」は別物だけど、英語だと「rice」で一まとめ。わに夫が平和部隊で入った南アフリカの小国・レストゥでは、「牛」を表す言葉が30以上あるらしいから、文化的背景の違いが言語に与える影響は大きい。

 日本のビジネス文書では決まり文句の「いつもお世話になっております」と、「今後とも宜しくお願いいたします」は、毎度、頭痛の元。英語に決まった文句はないので、文書の中身から判断して適当に「一緒にビジネスしてくれてサンキューね」とか、「先回り、お礼言っとくね」とかにしたり、結構、苦労します。だって、「アメリカじゃ存在しないし」とパスしてたんじゃ、翻訳業あがったりだもん。なので、深夜に一人、本当に何気ない言葉に悩みたおすってことは多々あることです。で、藁、どっかに藁は浮いておらんか!?と、溺れる翻訳業者はネットに頼るのですが、「〇〇は英語で云々」なんてサイトは大抵、アメリカ英語的には「嘘こけー!」と、ニラニラ笑う情報が出てたりします。英国やオーストラリアでは、どうか知りませんが(でも多分、やっぱニラニラだと思うよ)。

 別に晒しものにするつもりはありませんが、こことか、ここ、間違ってはないけど、なんかなぁ~って感じ。食事の前に「アーメン」ってアンタ、キリスト教徒でもないのに言わんでいいよ。こういう時には、日本語では「Itadakimasu」という言葉がありましてね、なんて、食事の席の話題にいいいんじゃないかと思います。食事の前に「いただきます」、食後に「ごちそうさま」という言葉のある日本の美しさですから。「ごちそうさま」は「That was delicious!」って言えますね。「delicious」を、「great」とか「yummy」とか、相手との関係によって変えてみる。わに息子達が、これを言わずに席を立とうとすると、「メシまずかったんか、おら!文句あんなら、自分で作りやがれ!」と、わに母にからまれます。

 あとね、こういうサイトではよく、「Can I ~?」という表現が紹介されていますが、これを「May I ~?」って変えるだけでも、もっと自然になると思う。それから、文頭に、「Excuse me but ~」を付ければ、丁寧ですね。英語には敬語がない、とかっての、あれは嘘です。

 逆に、日本語では上手く言えないけど、英語にあるいい言葉、と、私が思うのは、「いってらっしゃい」です。朝、家族を送り出す時の、「Have a good day!」、よい一日を、っての。別に「いってらっしゃい」だけの言葉だけじゃないけど、私の好きなフレーズです。

 で、何をいきなり英語講座して、仕事に行き詰ってんの~?って?はい、その通りです。ぐはー!!!
  1. 2008/08/12(火) 22:56:52|
  2. 使えない英語講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

日本は混血社会になりつつある…らしい

 厚生労働省の統計調査の結果、2006年に生まれた赤ちゃんの30人に一人は、親のどちらかが外国人、東京都区部や名古屋、大阪市では、2006年い結婚したカップルのうち、10組に一組は国際結婚なのだって。なんだか、日本は同属社会なんていわれたのは遠い過去で、一気に国際化が進んでるって感じで、ちょっと驚きの統計です。これは、日本国内で生まれた赤ちゃん、結婚したカップルってことなのかなぁ?だとすると、一方の親が日本人で国外で生まれた赤ちゃんや、国外で結婚したカップルを入れると、この数字はもっと増えるのかしら?それとも、国外でのケースも含め、大使館・領事館経由で戸籍登録された分も含めて?

 なんでも、女子の文系学生の実に9割には留学経験があり(!)、欧米人を伴侶に選ぶ20-30代の女性が急激中なんだとか。一方で、男性陣はフリーター、ニートのようにお金のない若者が増え、モテないんだそうで…要は金かっ!?!なんて、寂しい側面もあるようです。でも、それが要因なら、歪んでると思わざるを得ない。

 韓国や台湾でも国際結婚は増えているそうで、日本と同様、タイやフィリピン、インドネシアから奥さんを迎える農村部の男性というのが顕著なんだとか。30年もしたら、アジア中、混ざっちゃうんじゃないだろうか、そうなれば、もっと平和になるかもしれない…って、淡い期待したりして?!

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2008/08/11(月) 23:39:07|
  2. 国際結婚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子供アート祭り

 ハリウッドのパラマウント・スタジオ前広場で開かれた、チルドレンズ・アート・フェスティバルに行きました。子供向けのアート・ワークショップや世界のダンス、それにバッグスバニーやシルベスター、トゥウィーティーなどの着ぐるみもいて、楽しかったv 暑いのに、着ぐるみの中の人、大変だろうなぁ。お疲れ様です。パラマウント・スタジオ、映画で見る通りの歴史のありそうな建物でした。青い空に椰子の木、スペイン・コロニアル風の威風堂々たる門、遥かにハリウッドのサイン…おお、ハリウッド~!って感じだ。




 なんか、ついでに子供のスカウトもしてたし。自分ちの家の前に子供をたくさん集めて、目星をつけるとは、ちゃっかりしてますな。ロサンゼルス市の電気・ガス・水道局のテントでは、節電キャンペーンの一巻で電球型蛍光灯を配っていたし、同じく清掃局のテントでは、ミニミニサイズの死の配給ゴミの形をした小物入れを貰いました。これが、なかなかにカワイくって、お気に入りです。何入れよっかなv

 仮説スタジオでは、色々なダンスが披露されましたが、ボリウッドのダンサーは、衣装があでやかで素敵でした。コザックダンスのグループも楽しかった。暑いのに、毛皮の帽子でのパフォーマンスも大変そうでしたが、マーリンカ、マリンカ、マヤーヘイ♪って、あの音楽は、つい踊りたくなっちゃうね。カリンカ、カリンカ…(←頭の中でぐるぐるしている)

 その後は、スタジオ裏の市民プールへ。ここも、LA市の市有施設なので、子供は無料、大人はLA公立図書館の図書カードを提示すれば、2ドルで使用できます。ここは、大きなスライダー型滑り台のある屋外プールで、来てみたかったのですが、わざわざプールの為だけに来るには、ちと遠いかな?って感じなので、ついでに来るには、ぴったり。ちなみに、このプール情報は、先日たまたまスーパーで会った、お母さん友達からの情報。一年中オープンの屋内市民プールの場所も教えてもらったし、お母さん情報ネットワーク、貴重です。自分でネットで調べても、見つけられなかったのです。困ったときは、お母さんに聞く!

 家に帰れば、ごろ寝しながらオリンピック見て、北島選手の100m平泳ぎ連覇に喝采!凄い、すごい!
  1. 2008/08/10(日) 20:21:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

グルジア紛争と長崎に思う

 昨日の開会式の興奮冷めやらぬままTV付けたら、藪がビーチバレーの選手ときゃっきゃ、うふふvしてた。薮よ、昨日はちゃんと、プーチンさんと親米国グルジアへの侵攻について話し合ったのかい?と、ちょっと聞いてみたかった長崎原爆記念日。亡父は疎開先の長崎に被爆したので、実は私は、被爆二世、ということになるのかな?今んとこ、何事もなく元気ですけど。

 世界中が集い、その目がオリンピックに向きがちな、またよりによって開会式の日に爆撃なんて、狙ったのか偶然なのかは判りませんが、色々な国が一箇所で競い合う、なんて平和の祭典を暢気にやってる横で、現実の厳しさが身にしみます。私は、ロシアとその周辺諸国の関係について疎いので、今回の背景もよく知らないのですが、南オセチア自治州の独立問題は、どのくらい一発触発の期間があったのでしょうか。それにしても、爆撃されて被害を受けるのは一般市民。アメリカやNATOは介入するのでしょうか?それとも、このまま見て見ぬフリ?とにかく、一刻も早く解決してほしいものです…
  1. 2008/08/09(土) 21:56:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

北京オリンピック・開会式

 半日遅れでやっと、ここアメリカ西海岸でも放映された開会式、凄かった~!凄い人海戦術!さすがは地球上の5人に一人は中国人ってだけの人口を誇るだけある。そして、前回のアテネの十倍の予算を使ったっていう大盤振る舞いっぷりも、凄い、凄い。そして、花火。流石は花火発祥の国、凄い、凄い(でも、北京の大気汚染に一層貢献したって気もするけど)。スピルバーグにけられて、チャン・イー・モウ監督が全面的にプロデュースすることになって、結果的には良かったんじゃないかなと思います。日本のニュースで、トーチの点火の演出も前もって知っていたので、開会式締めくくりまで、しっかり見ちゃった。今日から二週間、私はTVっ子です。しかし、CMの多さにはウンザリだわぁ…
  1. 2008/08/08(金) 23:33:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LAで病気になったら、とても大変だということ

 膀胱炎なった~!

 取りあえず、抗生物質もらおうと思ったんだけど、丈夫だけが取り柄の私は、こっちに引っ越してから、一度もお医者さんに診てもらっていない。だから、困った時に予約を入れる掛かりつけのお医者さん(Family Doctorってのね)という存在がない。でも、ここは大都会、医者くらい直ぐ見つかるだろうさ、と、思ったのは大きな間違い。保険会社のリストから、近くの医務院に電話したら、予約は2-3ヶ月先と言われた。3件ほど電話したけど、みな同じような答え。

 仕方ないので、予約無しで見てもらえる時間外応急手当専門医に行ったら、ドクターは10時にならないと来ないといわれた。どの辺が「時間外」なのだろう?動物病院ですら、朝7時には開いてるのに、人間が緊急医療室に駆け込むほどでもないけど急病にかかったってときは、簡単にいかないものらしい。ワシントンDCでも、テキサスでもコロラドでも、お医者さんのオフィスが沢山あって、何件か電話すれば、必ず直ぐに見てもらえるところが見つかったのにな。今までなら、膀胱炎の抗生物質処方箋くらいなら、ドクターでなくとも、正看護師さんでも書いてもらえるので、合間にちょっと検査して、処方箋くれるって感じだったから、油断してしまった。

 本日の教訓:ロサンゼルスに住むなら、まず、どこか適当にその辺のドクターに健康診断受けて、「掛かりつけ医」ってのを一つ作っておくべき!掛かりつけ医なら、その日のうちに診てもらえるとは限らないけど、少なくとも数ヶ月待ちはないと思う。いや、思いたい…
  1. 2008/08/07(木) 21:30:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

誕生日だった

 トシを取っても、何も嬉しくはない、というか、むしろ哀しい今日この頃だが、折角、年に一度の誕生日なんだから、とにかく今日は一日、贅沢をしようと決めた。で、いきなり昼寝した。猫と一緒に昼間からぐーぐー寝て、起きたら、息子達が居間にスナック菓子の包みやら、飲みかけのジュースやらを放置しまくっていたので、大いに吠えた。かぁちゃん、昼間から寝てるし、がおがお吠えるし、肉好きだし、結構群れたがるし、まじ獅子座だな。「黄金の羅針盤」世界だったら、母ちゃんのデイモンはライオンだぜ、と、息子達が片付けながらボヤいていた。おだまりっ!

 わに夫が遅くまで仕事なので、ディナーは週末に行くことにして、自分で勝手に予約を入れた。今夜の為に、昨日多めにハヤシを作っておいたんで、今夜は残り物をあっためるだけ。ゆっくりお風呂に入って、あがってみると、また息子達が居間を散らかしていたので、再び吠える。そんなこんなで終わってしまった、今年の誕生日。
  1. 2008/08/05(火) 22:27:11|
  2. わにの傾向と対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダーリン・ブログ、というもの

 上息子は相変わらず、なんとなく風邪気味。一方、私は、なにやら無性にハヤシライス食べたい!発作に襲われ、ハヤシにはやっぱ薄切りばら肉が欲しいよね、と、若息子連れて、日本食スーパーの、Mitsuwaサンタモニカ店へ行ったら、丁度、開店15周年とやらでセールしてた。風邪息子が好きなCC.レモンが、$2.99と、いつもよか1ドル安かった。しみじみと嬉しい。ここには本屋さんの三省堂が入っており、なかなかの危険スポットでもあります。また漫画、買っちゃったよ~

 で、何気なしに立ち読みした雑誌で紹介されていた花模様の判子に、とても心惹かれてしまいました。お花模様判子、シャチハタもあるし、持ち物にぺったん、自作キルトなどの作品にぺったん、クリスマスカードにサイン代わりにペッタン。いいかもしれない…

 私も大学を出て就職する時に、両親が作ってくれた実印セットを持っているのですが、その時、「女性は結婚して苗字が変わるので、名前だけの判子にしておくと一生使えて良い」というのを'聞いて、なるほど、と、思ったものでした。結局、姓名入りの大きいのを作ってもらったのですが、日本ではハイフンで繋いだ名前は正式に認められていないので、私は日本の公式では結婚前と同じ姓名。この時の判子は、日本に置いてある預金(日本行ったときのお小遣い用)や生命保険等で、今でも現役です。そのまま使えて良かったv なのか、外国暮らしなんで滅多に使わなくて勿体無い、なのかは謎。

 で、ここまで前フリに二段落も使って、やっと本題に入ったりする。海外、特に珍しい所に住んでいる方々の生活ブログやHPが好きで、色々と読ませて頂いているのですが、もっと開拓するかvと、アメリカやヨーロッパ在住の女性のブログを検索してみると、俗に言うところの「ダーリン・ブログ」が一杯で、正直、辟易してしまいました。もちろん、全部がそうじゃないんだけど、ヤケに多い。他の国の暮らしぶりや紹介が読みたいのであって、よそ様の家庭の事情に興味はないので、普通にスルーするのですが、それにしても「オレのワイフは外国人」とか、ええトシした日本人同士カップルのダーリンブログってのは見ないのに、なんで、この一分野(欧米人の夫若しくは彼氏のいる、ええトシの日本人女性)だけが多いのかしら?いつも書くとおり、私は日本人と結婚したことが無い、というか、わに夫としか結婚したことが無いので、国際結婚が同国人同士の結婚とどう違うのかについては知らない。ダーリン・ブログを覗いても、やっぱり、よく判らない。

 ダーリンってのは、ベストセラーになった「ダーリンは外国人」から来ているのでしょうか?私は、くだんの「ダーリン」が、現地の言葉に堪能で、なんか異国で長年チヤホヤされてるうちに何かを誤解してしまった典型的外人でムカつくんで、一度立ち読みしただけで、以来ずっとパスしているのですが。え?何でムカつくかって?それはね、私の苦手な義弟が正にこのタイプだからよっ!(←要は個人的恨みか!?)

 私の場合は「ワタクシは外国人」だし、私は別に面白い人間でもなければ、外国人がアメリカ語に通じていても珍しく無いので、例えわに夫が漫画を描くのが上手で、「うちのワイフは外国人」を書いたとしても、全く面白くも何とも無いだろう。ついでに、私が漫画を…(以下略)だから、やっぱネタになるのは凄い、とは思う。この本が売れ、巷にこれだけ多くの「ダーリン・ブログ」が溢れ、その中から出版されるようなものも出ているのだから、きっと需要もあるのでしょう。私的にも、「ダーリンはジョージ・クルーニー」とか「うちのワイフはコンディ・ライス」だったら、超下馬亀根性でブクマして読むw でも、実在したら、かなりイヤだろうな。

 で、自分が垂れ流している、つまらん上に、やっぱり役に立たない日記はどうなのかって?いや、それは言わないお約束…でも、内心、もうちょっと役に立ちそうなニュースねたは増やして生きたいとは思ってるんだけど、ねぇ?
  1. 2008/08/04(月) 23:18:54|
  2. 国際結婚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

捨て神、降臨

 今日は出掛けるつもりでいたのですが、上息子がなんとなく風邪気味なので、一日中家でごろごろしていました。夏風邪かなぁ?わに夫には突如、捨て神が取りつき、急にガレージの掃除を始めた。大変によろしい傾向である。わに家で一番かさばっているのは本なのだけれども、今日もダンボール3箱分ほど、寄付しに図書館へ持っていけた。とってもハラショー!だ。息子達の服も整理して、小さすぎるのは袋に詰めて、近所のスーパーの前にある寄付用の箱へ。わに夫のきつくなった服も処分しようとしたら、「これから痩せて着れるようになるんだい!」だってw あとは紙類を整理できたら、少しはマシになるかなぁ?なにしろ狭くてボロい家なんで、不要物も隠す場所もないし、出しときゃ一層、束ねた紙類が昭和枯れすすき風味で哀愁を誘うし。

 まぁでも少しでも掃除したら、気分良くなった。この調子で、スッキリしたいなぁ…
  1. 2008/08/03(日) 19:53:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロサンゼルスの犬達

 昨日の新聞出でていたのですが、ロサンゼルス区で一番多く登録されている犬種はチワワ、続いて、ラブラドールリトリーバーにシェパードなんだって。その中でも、ビバリーヒルズ市内の登録件数が一番多いのは、セレブ御用達の感のあるチワワじゃなくて、シェパード。要するに、番犬やろね。うちのは「雑種(Mixed Breed)」として登録していますが、雑種登録件数はどのくらいなのかなぁ…?

 うちのサイモン、今日は久しぶりにトリマーさんに連れて行って、夏カットして貰いました。コロラドの時は、夏でもそんなには暑くならないから、夏カットしてなかったんです。久々にボサボサ毛がなくなると、相変わらず骨ホネな犬だったw 普段はボサボサ毛に隠れて見えないけど、サイモンは実は全身ぶち模様犬なのです。きれいにシャンプーもしてもらって、今日のサイモンはふわふわだ。いつまでもつかな?
  1. 2008/08/02(土) 21:52:31|
  2. 犬達と猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

絶望した!マケインにもオバマにも絶望した!!

 なんか、いまどき流行りの漫画からパクってみました(読んだことはない)。目先三寸しか見えていないアメリカ人にとって、今回の大統領選の目玉は、何と言ってもガソリン高。そこで昨日は、両陣営のガソリン高対策が発表されたわけなのだけど、マケイン側の対策は、ガソリン税の一時的免税に加え、沿岸採掘に原子力発電所の増設。グリーン・エネルギーが持てはやされるご時勢に、まるで時代錯誤、逆行化じゃありませんか!(机どん!)風力並びに太陽光発電所を増設できんのか!?だー、もー、コロラド州デンバーから、自転車通勤市長のヒッケンルーパーつれて来ーい!

 一方のオバマ陣営はどう来るかと思ったら、中・低所得対象の所得税還元という焼け石に水な緊急経済プランと共に、条件付の沿岸海底油田掘削への賛成を表明。このまんま、藪政権のカーボンの足跡をなぞるつもりなのか!?絶望した!あんたら二人に絶望した!!

 免税に関しても、マケイン側の夏季限定免税に「抜本的な解決を遅らせる一時的な小細工」なんて批判してたのに、あんたの提案した税還元一人$500ってのも、それこそ小細工だ。藪が何度かやった、経済活性化の為の税還元ってのと、何処が違うんだ。

 民主党側は、OPEC並びに石油産業に断固として立ち向かいます!国内の先物投機への規制を強め、先進国諸国にも働きかけて国際マネーゲームを先頭切って牽制します、くらい言えんのか!?オバマ候補の外交面での経験が皆無であることが指摘されているとはいえ、その分、政権内に経験のある人材揃えます、これっくらいの外交はやってのけます、USA!USA!くらい、見栄が切れんのか!?

 あんたら、二人ともダメだ!だーもー、絶望したぁーっ!!!
  1. 2008/08/01(金) 22:00:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。