わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2ちゃんねるにサイバー攻撃が!

 早朝、わに夫を送るために空港へ。夜、叔父さんを迎えに空港へ。全米で二番目の評判の悪いロサンゼルス国際空港、通称LAXへは頻繁に行ってるけど、実はカリフォルニアに引っ越して来て以来、一度も飛行機に乗っていない私。最後に日本に帰ったのも、父の葬式以来だもんなぁ…

 ところで、日本の津波被害の状況をチェックしようと、2ちゃんねるにアクセスしてみましたが、全然繋がらない。変だな、と思ってたら、韓国からのサイバー攻撃に遭ったとのニュースが?!国をあげて他国のサイトを攻撃する、そして、それが一体どれだけの国民の力を集結してかは想像の域を超えませんが、国民の一致団結によって成功してしまうとは、実に恐ろしいと思います。日本のユーザーには、報復活動などといった行動は慎み、公的な措置に委ねて欲しいと思うのですが、果たして公的措置がとられるのかどうか??対象が私営サイトであるか、国の運営するサイトであるどうかには関わらず、今回の2ちゃんねる攻撃の件は、意図的にサーバーを攻撃し、機能不能にさせたという点で、明らかにサイバーテロと見なされるべきだと思うのですが、この件で日本国政府は、声明発表なり、調査開始なり、何らかの行動を起こすつもりはあるのでしょうか?それとも、民間人が運営する一サイトに過ぎないと見過ごしてしまう?てでも、それでは、サイバーテロ行為を容認したと同様だと思います。これはむしろ、国の運営に関わる重要な機能が攻撃にあっても、対処できるような枠組みを確立しておく、良い機会かもしれません。

 Googleへの攻撃に対し、米政府は徹底的に調査を行い、その首謀者を突き止めました。この件で米国は中国に対し正式に抗議すべきですし、日本も韓国に抗議並びに追求を行うべきです。世界的なサイバーテロに対する国際規制・法律の確立は、一刻も早く行われるべきですし、日米をは、サイバー国際法確立を率先して先導して行くべきです。

 って、こんなコト書いて、ネットに流したら、ここも攻撃対象になっちゃうのかしら?くわばら、くわばらw
スポンサーサイト
  1. 2010/02/28(日) 22:47:42|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

怒!怒!激怒!!

 南米チリにて、マグニチュード8.8の地震発生。阪神大震災の、実に500倍のパワーなのだとか…想像もつかぬ恐ろしさです。この地震を受けて、ここ、南カリフォルニアの海岸沿いでも一時、津波警報が出されました。遠く、日本でも、場所によっては4m異常という大型津波の警報が発報されましたが、大きな津波も発生しなかったことには、胸をなでおろしました。今日は、ずっと雨降りで風も強く、丘陵部では地崩れが心配され、しかも津波が来るかも?なんて、様々なお天気ニュースが満載なので、TVのお天気チャンネルや、地元放送局のニュースを見ていたのですが、今回のチリでの大地震と、つい先ごろハイチを襲った地震の違いが分り易く説明されていました。

 曰く、チリの地震のほうがマグニチュードはずっと大きいのに、むしろハイチの方が、建物の崩壊度が高く、被害者の数も多かったのは、その地震の揺れの頻度の違いのよるのだそうです。もちろん、チリが地震に備え、耐震度を考慮した建設コードを確立していたのに対し、ここ100年、大きな地震には見まわれず、また極貧国であるハイチの建造物の耐震度が比べ物にならないのも、要因ではあるのですが、チリの地震がチェロのような大揺れなのに対し、ハイチのはヴァイオリンの様な小刻みで早い揺れだった。だから、人々は揺れを感じても、すぐに逃げることは出来ず、また、学校や病院などに多い、一階建てもしくは二階建ての低い建物は、そのような揺れに弱いので、避難所となるべき、そういった公共施設がやられてしまったのだそうです。一方、大きくゆっくりの揺れに弱いのは高層建設。だから、12階建てのアパート崩壊などは、そのためなのだそうです。地震被害の度合いには、震源地の深度や、揺れが縦型か横型かなどの、他の要素も影響しますが、振動度の違いというのも、興味深いと思いました。高層建設物が大きく影響を受けた阪神大震災は、チェロ・タイプだったのかしら?


 結局、津波警報も取り消され、雨も止んで、満月が浮かんでいますが、あったまに来るのは、オリンピックのフィギュアスケート・エキシビジョンの放映だ!ボブスレーで初めて金メダル取ったとかで嬉しいのは分かるが、ボブスレー中継の合間に一人づつ、ちょっとだけよ~、と、さんざん小出しに見せたのはともかく、アメリカ人とカナダ人、それにキム・ヨナだけしか放映しないって何、それー?!カナダの同情銅メダル女子は出すのに、銀メダルの浅田選手すら映さないって、一体どういうこと?!? NBCの偏向中継には、ほとほとFed Up!!
  1. 2010/02/27(土) 23:00:28|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

憧れブランド+奇跡のお宝ゲット!

 昨年のクリスマス前に買ったユニクロのヒートテックのシャツ、あったかい、薄くて着心地が良いで、以来、手放せず、試しに買ってみた二枚を、毎日洗濯しては着回す日々です。ユニクロは、全米で、NYCにしかお店が出ておらず、通販もクリスマス前の期間限定でしたので、買い足すこともできません。他の色のバリエが欲しいよ~!ユニクロさん、また通販やって~!LAにもお店出して~!

 ところで、今、ローリングヒルズのBook Offでセールを実施中なので、近くのトヨタ・ディーラーに車を修理も持っていったついでに覗いてみました。先週、高速を走ってる最中に、いきなりホーンが鳴り始めて、止まらなくなったので、取り敢えず高速降りて、ヒューズを引っこ抜いたままだったのです。抜いたはいいが、自分じゃ元に戻せないw

 そして、ついでに覗いたBookOffで、な、な、な…なんとっ!蒼天航路の画伝を20ドルでゲットしてしまったのだぁ~!(Kちゃん、わにこ、やりましたー!)しかも、傷も折りもなく、状態も良好の美品ときた。
画伝 蒼天航路 通常版画伝 蒼天航路 通常版
(2006/11/28)
王欣太李 学仁

商品詳細を見る

アマゾンでは、中古品が12,700円から出品されている、レアなお宝です。たまにヤフーなどのオークションでも出ているようですが、海外在住の私が、日本のオークションで入札するのは、なかなかの手間なのです。遅れてきたファンの私にとっては、まさか、こんなところで出逢うとは、わに的にはクワッド・アクセルをバッチリ決めたような気分。惇兄、かっこいー!荀くん、かわいー!曹操様、おステキでございますー!大判のカラー画像は、文庫版とは比べものにならないほどの迫力です。うれしー!(´∀`)


 昨夜は結局、最後までオリンピック中継に付き合いきれず、今日になって、録画を見ました。解説二人の、異常なキム・ヨナ選手持ち上げっぷりが、少し気持ち悪い。一方で、安藤選手はジャンプだけで振付はどうでもいいとか、浅田選手のトリプルアクセルは回転数が微妙だとかって、鬱陶しいから黙っとれ。ミキティも真央ちゃんも、すごーく魅力的なスケートで、見るのが楽しかったわ。キム選手もミスがなく本当に素晴らしかったけど、無難という言葉がぴったりのような… きっと技術的にも色々と飛び抜けているのでしょうが、エンターテイメント性としては、真央ちゃんや、ミキティちゃんの方が、楽しめたと思います。

 それにしても、キム選手のあの点数は吃驚だなぁ。夏季オリンピックの体操でも、毎回同じような議論になるけど、審判の主観が点数を左右する競技って、スッキリしない事が多い。でも、少なくとも体操では、他の誰も出来ない技を成功させれば、ちゃんと点数で評価されるけど、フィギュアスケートでは、他の皆もすることを上手にすることの方が点が貰える仕組みらしい。それにしても、最語に滑った16歳、長洲未来選手は素晴らしかったわ!これからが、とっても楽しみです。地元、南仮リフォルニアはアルカディアの出身。ばっちり贔屓して、応援していきたいですv
  1. 2010/02/26(金) 22:19:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NBC、むかつくー!

 ただ今のLAは、午後9時50分。今やっと、今晩三人目のオーストラリア代表の演技を見たところです。もうとっくに、女子フィギュアは終了したのに、表彰式も終わって、浅田選手の会見もあったのに、CMをがしがし挟んで、編集しまくって、何時間も経ってからしか放映してくれない。しかも、この後、複合男子団体で銀だったアメリカチームのインタビューを挟んで、やっと女子フィギュアだと。NBC、いい加減でオリンピック放映のモノポリー止めれ!!


ともあれ…

 木曜日なので、自転車漕いでファーマーズマーケットへ行きました。特に買いたい物が無くても、一応は行ってみるのが、習慣化しつつあります。私の大好物のアーティチョークが、そろそろ店頭に並び始めましたが、まだお値段も高めで、実も締まっていません。緑色の大きな実(と、いうか、ツボミなんだけど)が、ぎゅっとしまって、ズッシリ重くなると食べごろです。楽しみだなぁv

 明日の晩から、また嵐が来るらしいし、ちょうど干潮時だったので、ついでに、浜辺を散歩しました。私は、引き潮時の海岸が好きなのです。岩場では、イソギンチャクやヒトデなどの海の生き物達に会えるし、満潮時には波の下のシーグラスや貝殻も拾えるし、遠浅の砂浜にヒタヒタと寄せる波が作り出す文様は、見ていて飽きません。海岸には、同じように今のうちにを楽しんでおこうとする人も多かったらしく、平日の昼間だというのに、ぱらぱらと人出がありました。


潮風を楽しむ、かわいすぎる双子ちゃん


濡れた砂浜に映る雲
  1. 2010/02/25(木) 21:57:41|
  2. ビーチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

神様はトヨタ車を制御する(爆笑)

 今日の大きなニュースはもちろん、豊田社長の米議会公聴会での謝罪なわけですが… 私はパーフェクトではないし、同様にわが社も完璧ではないことは理解している、ね… ここに来る前に、公聴会用演説作成チームが頭をひねって、考えたんだろうなー(棒読み)。

 昨日の公聴会での、スミスさんの涙ながらの証言の模様は、ラジオでも何度も放送されましたが、思い出したら恐怖が蘇ってきたと泣き出したあたりで既に胡散臭さプンプンだってのに、神様に祈ったら減速したなんて、こんなん大事な公聴会に出して証言させてええんかー?!と、ラジオに向かって突っ込んでしまいました。しかも、その車は売っ払ったっていうじゃありませんか

 ちょっとアンタ、危険だと判っているのに売りに出すって、しめしめ殺人車を売ってお金になっちゃったvってココロなんですか?と、それだけでも、もー、アメリカ人って、どんだけ強欲、利己主義やねん?と、世界中に触れ回ったも同然なのに、今度はなんと道路交通安全局が、その問題のレクサスE350について、現在の所有者に連絡したところ、3千マイルの走行距離で購入後、2万7千マイルに達したけど、トラブルは起こしていないと確認されたと言うではありませんか! 

 ( ゚д゚) ・・・
   
 (つд⊂)ゴシゴシ
 
 (;゚д゚) ・・・
 
 (つд⊂)ゴシゴシゴシ
   
 (;゚ Д゚) …!?

これはもう、スミス夫妻は実はトヨタの雇ったサクラで、一連のトヨタ・リコール事件の信憑性を覆すための工作です、ふはははは!って言われても、信じてしまいそうな… 流石に、このグダグダ劇には、そろそろアメリカ人も飽き始めてるかと思いきや、まだまだ続きそうなのでウンザリ。ところで、この道路交通局の発表に関する記事は、ここから閲覧出来ますが、記事の主旨は、その、おっそろしー急加速車が、未だに道を走ってるんだよ!らしいんですが、それよか、その後何にもトラブルないってさ、の方が、絶対目を引くと思うw
  1. 2010/02/24(水) 22:42:24|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スリフト大好き!キャセロールも大好き!

 野暮用あって、古巣の西LAへ行かねばならなかったので、ついでに、やりたい事も、言いたい事もガマン、ガマン・・・だった先週一週間分の鬱積を晴らすべく、かつてのお気に入りスリフトショップを片っ端から覗いてきました。鬱憤晴らしのお買い物熱が、リサイクル店や古本屋さんにしか向かない、根っから安上がりな私w

 西LAエリアに6件ある、National Council on Jewish Womenのショップは、さすがはリッチなユダヤ人のおばさま方が寄付しているせいか、品揃えが妙にセレブだったりします。フェラガモのバッグとか、ミンクの毛皮のコートとか平気でぶら下がってるんだもの(@_@) 今住んでいる街は、海岸が近くって、しかも日系のお店が一杯のお隣の市・トーランスにも便利なので、とってもハッピーではあるのですが、スリフトショップに関しては、西LAとサンタモニカが懐かしいな…

 今日は、Santa Monica Blvd.沿いのお店で、オーブンウェアのサイズ違い3点セットを10ドルでゲットしました。最初は3つで12ドルって言われたんだけど、え~、蓋も無いのにぃ~ と、粘ったら、まけてくれたのです(やりぃv)。ちゃん値札がついていないものも多くて、お店のボランティアのおばさま方の心情一つで値段が決まっちゃうのも、サルベーション・アーミーやGoodwillとは違って、面白いところです。

 冷蔵庫に残った物は、適当に味付けしてオーブンに放り込み、キャセロールにしちゃうことの多い手抜き主婦な私には、色々なサイズのオーブンウェアは必需品です。でも、昨今では同じ規定サイズしか売ってないので、スリフトではいつも、持っていないサイズの古いオーブンウェアを探します。特にこの頃は、アメリカでも、Made in Chinaが多くって。偏見はいかん!とは思うのですが、中国産の製品って、今までに色々な問題を起こしているので、特に食器類は、ちょっと不安になっちゃいます。かえって、パイレックス製や、ファイアーキング製の、古き良き時代の国産製品の方が信頼できそうなんですもの。

 アメリカでは… というか、きっと欧州もそうじゃないかなと想像するんですが… お台所にはフルサイズのオーブンが設備されているのがデフォなので、キャセロール料理は、お手頃なメニューとして、よく食卓に上がる定番です。例えば、残ったお味噌汁に、牛乳とベーコン、これまた残りご飯を入れて炊いたリゾット、表面にとろけるチーズをふりかけ、オーブンで焦げ目がつくまで焼いたら、見た目もちょっと豪華なドリアに変身。ふふふ…これが昨日のお味噌汁の残りだとは、息子達も気付くまい(にやり)。チーズと一緒にパン粉を振り掛けると、カリカリして美味しいのだv

 残り物パスタだって、冷蔵庫の中にある野菜と一緒に軽くバターで炒めて、焦げ目をつけたチキンを載せ、濃縮スープかけてチーズを載せれば、はい、チキンキャセロール。鶏肉をお醤油+みりん+日本酒+にんにくでマリネして、トッピングにチーズとマヨネーズってのも美味しい。焼いたマヨネーズって、おいしいよね。う~、こんな時間だってのに、マヨパン食べたくなってきた…
  1. 2010/02/23(火) 20:54:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

にゃーにゃー、にゃー、にゃーにゃー

 今日は平成22年2月22日で、表題の通り「猫の日」なんだそうです。すると、11月11日は、わんわん、わんわんで犬の日?


図書館前にいた猫さん。いい面構えです。リアル・ガーフィールドみたい



 そして、我が家の2にゃーにゃーに邪魔されながら読んだ今朝のLA Timesには、興味深いニュースが二つ。一つは、今時の若いもんは教会には顔を出さんが信心は失っておらんという記事で、もう一つは、国立公園への銃持込みが可能に、という記事です。猫の話かと思って、騙されてここに来た方、ごめんなさい。

 まずは一つ目の記事、ミレニアム・ジェネレーションと呼ばれる1981年以降に生まれた世代、18歳から29歳のアメリカ人を対象とした調査の結果、定期的に礼拝に参加するのは、全体の5分の1以下と、それ以前の世代に比べて大きく落ち込んでいるにも関わらず、神の存在や、お祈りのパワーを信じている割合は、あまり変わっていないことが判ったそうです。面倒だから神社仏閣教会モスク等々には顔出さないけど、困った時の神頼みはしちゃうよ!って感じでしょうか。アメリカ人も日本人化してきたか?!

 アメリカではここ数年、特に若い世代のファンタジーや超自然への傾倒が顕著です。ハリー・ポターを筆頭とする魔法ものに、トワイライト・シリーズで女の子たちが夢中のヴァンパイアものを始め、本屋さんの児童文学とヤングアダルトの棚は、ファンタジーが花盛り。ハリウッド映画をみても、SFやファンタジー映画の占める割合が増えています。世相が暗いと、現実逃避に逃げたくなる。そして、その反映が、当世のファンタジーの流行に繋がっているのだと思います。

 そして、思わずファンタジー世界に逃げ込みたくなるようなニュースが二つ目の記事。国立公園内への銃の持込みが、その所在する州の法令に準じることになり、その結果、グランドキャニオンの川下りのお供にハンドガン、ヨセミテ・トレッキングのバックパックにピストル装備、イエローストーンでライフル背負ってキャンピング、なんてのが可能になるわけです。勿論、引き続き、国立公園内で野生動物を傷付けることは違法ですし、ビジターセンター等は連邦管理下の建物ですので、銃器類の持込みは禁止。ならば一体、何のために銃を持ち込む必要があるのでしょう?客同士で、決闘でもするの??

 国立公園を訪れる理由の一つは、人工的な世界を離れ、自然の中で、平和と調和を楽しむことだと私は思います。そんな場所に、銃ほどに似つかわしくない物は無いのではないでしょうか?なぜ今更、連邦によって保護される地域での銃兵器所持が許可されることになったのか?その背景は一体何なのでしょうか?アメリカの重に対する方針は、先進国中、もっとも遅れたものです。いつまでも乳離れならぬ銃離れの出来無い未熟な国民、国家と、世界から笑われても仕方が無いのではありませんか?
  1. 2010/02/22(月) 22:22:22|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

チャイナタウンの旧正月

 今年の旧正月(春節)は、先週日曜の14日でしたが、チャイナタウンでは、今週末に、旧暦のお正月を祝うイベントが有りました。LAのチャイナタウンは、サンフランシスコやニューヨークと比べると小規模ですが、全米唯一の土地計画に基づいて建設されたもので、独特のレトロな雰囲気があります。本当は、パレードなどのメイン・イベントは昨日のうちに終わってしまったのですが、昨日は舅姑を空港に送らねばならなかったので果たせず。でも、お目出度いこと大好きなわに一家としては、せめて飲茶ランチで気分だけでも味わおうと、いそいそとチャイナタウンへ。

 チャイナタウンの飲茶スポットとして、とても人気の高い、バンブープラザ内のエンプレス・パヴィリオンは、少なくとも一時間待ちと言われたので、近くの金龍(Golden Dragon)レストランへ。チャイニーズブロッコリに海老シュウマイ、焼豚、肉まん、春巻き等々でお腹が満腹になっても、ゴマ団子とカスタードタルトは外せない… 家族4人、お腹いっぱいになって、食べきれない分をお持ち帰りしても、税・チップ込みで40ドル弱。やめられまへんなぁ…

 お向かいの、フェニックス・ベーカリー
は、このチャイナタウンが創設されたと同じ1938年の創業で、チャイナタウンでも最も古いビジネスの一つです。ここは、クリームたっぷりのストロベリー・ケーキが有名ですが、今日はサクサクのアーモンドクッキーを買って、食べながらセントラルプラザでの小林寺拳法や、中国アクロバットのデモを見て、帰ってきました。今夜は、晩ご飯はパスだぁ・・・



赤いランタンで飾られ、賑わうチャイナタウン


うおー、アイスホッケーの試合、アメリカがカナダに勝ったよ。ひょえ~!(主催国なのに、それでいいのか、カナダ?!)
  1. 2010/02/21(日) 23:00:50|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

タメイキ、また溜め息

舅姑、一週間の訪問を終え、今日の午後、帰途につきました。


   はぁ……

と、大きなため息も出るというもの。しかし、20年弱の長年の付き合いで、互いに相手の神経に触らないワザを身に付けたと言いますか、思い返してみれば、この一週間、会話らしい会話を全くしてないわw 話題は当たり障りの無い、お天気のことや、オリンピックのことばかり。オリンピック期間中に来てくれたのは、ラッキーでした。しかも、これが夏季オリンピックだったら、男子体操とかで、微妙に競争心が出て醜くなりそうだけど、日本選手とアメリカ選手が順位を競い合ったのは、男子フィギュアスケートくらい。そして、双方ともに素晴らしい演技でしたので、見た、魅せられた、満足…で、双方、シアワセに観戦できたのでした。

 と、これといって何事もなく、一週間をやり過ごしたのですが、それでも、わに夫が舅姑を空港へ送るべく去った後は力が抜けて、いきなり、お昼寝してしまい、約二時間後に帰ってきたわに夫に呆れられたけど、何もしなくても気疲れするんだよ~!

 その後は、色々と事後処理を…と、いうのも、叔父の車をぶつけた他にも、ロールアップブラインドのあげ方を誤って開けたので紐がぐちゃぐちゃ、上息子のネットブックを借りてメールをチェックした際、スケアウェアに引っかかって、ウイルスに感染させる等の、あちゃちゃをしでかしてくれたから。義父は必要以上に生真面目な性格なのだけど、決して要領はいい人ではないのです。さて、このネットブック、システムの復元で何とかなるかなぁ… はぁ……
  1. 2010/02/20(土) 20:02:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Sci-Fi Science:SFに出てくるアレ、本当に実現可能なの?

 今日は、舅姑が、オレンジ・カウンティーに住む旧いお友達に会いに出かけたので、ちょっと骨休み+居ぬ間に掃除機ガーガー、洗濯機ガラガラ、台所拭き拭きの取り繕い日です。昨日に引き続き、アレルギー症状が出てたんだけど、昨日よりはマシでした。お天気情報のサイトを見ても、木の花粉が中程度、と出ているくらいで、他のアレルゲンへの言及もありません。一体、何のアレルギーなんでしょう??(舅姑?!とは、思っても言わないお約束…だけど、ここに書いてるしw)

 舅姑は、海外出張中、空港に近い我家に車を置いていった、叔父の車に乗って行ったんだけど、舅、車の側面を派手に引っ掻いてきました。しかも、左折車線に入ろうとして、信号で停止中の車にぶつかったらしい。ところが、引っかかれた相手は、慌てて舅が出て行くと、手でいいから、いいからって素振りを見せ、信号が変わった途端に、脱兎のように去ってしまったんだって。違法移民か、盗車か、何かの事情があって、面倒事には巻き込まれたくなかったんでしょうか…??被害者は逃げ去り(謎だ)、叔父の車は、叔父自身が「そろそろ潮時かなぁ」なんて言ってくらいの、傷だらけのボロ車なのですが、舅はこの件を大いに恥じて落ち込んでおり、皆で一生懸命、慰めております。あちゃちゃ…


 お出かけもせず、居残り組のわに家の息子たちは、取り貯めたTV番組のテープを見ていました。息子たちの大好きな、その番組は、サイエンス・チャンネルの「Sci Fi Science」という、SFでお馴染みのテクノロジーを、実現してみようという30分間のシリーズです。ホストは、日系二世の理論物理学者、Dr.Michio Kaku(加來道雄博士、なんちゃって、じゃなくて、正真正銘、本物の科学者です)で、ユーモアを交えて、今現在、実在する科学技術の範囲内で、スーパー・パワード・スーツやライトセーバーが本当に作れるかや、ワープやパワーフィールドを科学的に検証するというもの。番組の結末である、Dr. KakuがSFファンに、結果を発表する場面のビデオは、サイエンス・チャンネルの公式サイト内の、ここから見られますが、本当に面白いのはもちろん、タダでは見せてくれない、ここに到るまでの過程。Dr.Kakuのオフィシャルサイトは、こちらです。人気番組「Hero」から出てきた、マシ・オカくんは、日本でも人気だそうですが、このカク博士にも注目ですよ!
  1. 2010/02/19(金) 21:00:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わに、謎の飛行物体に撃沈する

何かが… 一体それが何かは分からないけど、何かが空を飛んでます…

 今朝は起き抜けからずーっと、くしゃみ、鼻水、涙ポロポロで、完全に沈んでいました。ちょうど急ぎの仕事も入ったので(言い訳が出来てラッキー!なんて不埒なことは…… 速攻で考えました。すみません)、舅姑には、今日は孫との充実した時間を楽しんでもらうことにして、私は、PC抱えて寝室にお隠りです。で、たま~に階下に降りては、未だアレルギーに苦しんでますよ、と主張すべく、派手にくしゃみを連発して、「ほんま、ワヤでんがな」と、また引き篭る、という一日でした。はっくしゅん!

 でも、夜には、男子フィギュアスケートのロング・プログラムを見るため、しっかり居間に登場する私。ここ、アメリカ西海岸でのオリンピック放映は、三時間遅れの編集テープなので、顛末は既に判ってるんだけど、むしろ、判っているだけに一層見逃せないって感じでしょうか。既定事実の成り立った今となっては、プルシェンコ選手が何を言っても、負け犬の遠吠えでしかないんだけど、確かに、4回転を跳ばずに金メダル取っちゃったのは、競技の後退だとの意見には、個人的には賛成だな。しかも、ソルトレイクの時のグダグダを思い出して、またもや後味の悪い結末になったと思う。こういう、審判の主観が大きく勝負の行方を占める競技が、スピードや距離を競うスポーツと混じって争われるのって、やっぱ、無理があるのかなぁ…

 なにやら、ウヤムヤした気持ちは残ったけど、高橋選手の演技は文句なく素敵だったし、今年は一度も成功して以内にも拘らず、大舞台で四回転に挑戦したガッツに喝采!織田、小塚両選手の滑りも軽やかで楽しいものでした。織田選手、SPの時には、戦国大名(War Lordって言われてたw)、「Nobunaga's Ambition」の主人公の十七代目も子孫だって紹介されてたので、イメージ検索した織田信長の肖像を見せたんだけど、舅姑も、時代を超えるDNAのオソロシサに感心しておりました。あはw
  1. 2010/02/18(木) 23:45:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Huntington Library - 3度目

 今日も今日とて、舅姑をエンターテインすることに命を掛ける(というより、「欠ける」かも?)、良い嫁ぶりっ子・わにです。本日のお出かけ先は、ハンティントン・ライブラリー

 評価の良いティールームでのランチも、今回はしっかり早めに予約を取って席を確保しました。12時の開演とともに薔薇園の中にあるティ-ルームへ向かいます。なにしろ広い園内、見所がいっぱいなので、エネルギー補給しとかなきゃねvハンティントン・ティールームでのハイティーはバイキング形式で、ティールームとの名の通り、自慢の香り高いお茶をいただきながら、豊富な種類の一口サイズのサンドイッチ、軽いサラダ、チーズにクラッカーといった軽い食事と、フルーツや一口サイズのフルーツタルト、チョコレートケーキ、レモンバー、ラズベリークリーム入りのチョコカップ等々、見た目にも美しいデザートの数々を、思いのまま楽しめます。席についたら出される、サクサクのスコーンは、お持ち帰りができるよう、セロファンの袋もくれる心遣い。噂通りの美味しさ、サービスの感じ良さに、大満足。ついでに、舅姑がおごってくれたので、一層嬉しいv(後で、高かった、と、わに夫にボヤいてたらしいが、奢ってくれと頼んだわけじゃなし、むしろ、私が持つつもりだったんだしw)


デザートですv こんな写真載せたら、おしゃれ主婦のブログみたい?うふふ…v


フルーティーな紅茶も美味しかった


 またもや日本庭園を散策し(お約束)、グーテンベルグ聖書などの稀覯本を見た(これもお約束)後は、過去二回の訪問時に果たせなかった、ハンティントンの誇るコレクションを展示する美術館を見学しました。ヨーロッパの家具、装飾品、絵画を展示する、旧ハンティントン邸を利用したアートギャラリーは、ヨーロッパの家具、装飾品、絵画のほか、ウィリアム・モリスや、全米屈指の肖像画コレクションでも有名。一階では、ハンティントン邸の図書室や正餐室も再現されており、前世紀初頭の大富豪の豪奢な暮らしぶりが伺えますが、こんな家じゃ、とてもくつろげないなぁと思う。

huntington 013
優雅な正面階段。ここをカクテルドレスの女性が、しなやかに降りてくる様を想像して、再び、うふふ…



 もう一つの常設美術館は、植民地時代から二十世紀半ばまでのアメリカ美術を集めた、ヴァージニア・スティール・スコット・ギャラリーです。コロニアル時代の特徴である平面的な肖像画、ハドソン河派の輝かしい風景画に加え、ホッパーやメアリ・サセットの作品も。女性彫刻家・ハリエット・ホスマーによる女王ゼノビアの大理石像は、公開時に、女がこんな像を作れるはずが無い、イタリアの工芸スタジオに依頼して彫らせた違いないと謗られて、怒ったホスマーが展示を引き下げたといういわく付き。ジョージ・ワシントンの肖像画も3つ並んで飾られていますが、ワシントンの肖像画としては最も有名な、ギルバート・スチュワートによる1797年の肖像画のオリジナルもあってびっくり。

 そして3つ目の美術館は、特別展示会場となるブーン・ギャラリー。19世紀アメリカの商用リソグラフィーの展示の最中でした。デコパージュのモチーフにぴったりのノスタルジックな絵柄、ユーモラスなキャラクター、じっくり見ると細部まで描き込まれており、見るものをわくわくさせます。ハンティントン・ライブラリーのメインのギフトショップも充実していますが、ここには特別展に因んだ商品だけを扱う小さなお店もあって、ついついビクトリアンな絵柄のステッカーをいっぱい買っちゃった。

 美術館での私の楽しみの一つは、「犬猫を探せ!」ですが、ハンティントンの3つのギャラリーでも、魅力的な犬達、猫達に出会いました、中でも、一番の気に入りは、この大理石像です。舅姑に呆れられつつも(ほっとけ!)、いろんな角度から写真撮りまくったけど、やっぱりカワイイ!これの小さなレプリカあったら、頑張ってお金貯めて買う!手元に置いて、撫で回したい!わんこもにゃんこも、表情がすごくイキイキしてカワイイの!




 過去二回のハンティントン・ライブラリー訪問の記録はこちら

 それにつけても、ショーン・ホワイト。もう、この人は次元が違う!スノーボードは若者のスポーツ、命知らずな十代のスターが台頭するかと思いきや、他の競技者は、王者の座を守り続ける、Flying Tomatoの足元程度って感じで。協議と入っても、ますショーン・ホワイトがいて、その下で二位争い、って気すらしました。一回目のランで優勝が決まった後も、大技を取り入れた豪快なランを見せてくれるなんて、ファンとしては凄く嬉しい。ふざけた態度で物議を醸し出した日本の選手も、これほど、ぶっちぎりで実力があれば、「おれが俺のスタイルっすから」ってやっても、まだカッコついたんだろうけど、本番スッ転んでたんじゃ、口だけと言われても仕方ないよ。それに、王者・ショーンくんは、奢らない爽やか青年だよ。
  1. 2010/02/17(水) 23:39:45|
  2. カリフォルニア名所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

A Day at Beach

 雪に埋れたワシントンD.C.郊外から来た舅姑、ビーチに行きたいとのリクエスト。はいはい、何はなくとも、砂浜と太陽は豊富な南カリフォルニアですよ、と、サンドイッチ作って、息子達と共に海岸へ。ところで、レドンドビーチ学校区は、今週一杯、春休み・その一なのです(なんだか良く判らないが、ここでは春休みが二回あるんである)。ビーチパラソル立てて、椅子置いて、私、砂浜のゴミ拾いが趣味なんです、それじゃ~と、とっととゴミ袋持って立ち去る私。だって、一緒に座ってたって、会話のネタがないんだもん。気まずい沈黙よりは、ゴミでも拾ってた方がマシという、姑息な魂胆w


ラクロスのようなバドミントンのような(?)、遊びに興じる息子達


 暫く経ってから、舅姑がすっかり寛いで、本など読み始めた頃を見計らってから戻り、自分もパラソルの下で雑誌を読みふける事、数時間。ああ、今日も無事、揉め事もなく、やり過ごせた…と、家に帰ります。どうせ今夜のディナーは、BBQで手軽に済ませるし…、って魂胆でした、が!家にくっついてきたグリル、今迄使ったこと無かったんだけど、開けてみたら、中は錆だらけ(泣)!だから、前もってチェックしといてって言ったのにぃ、きーっ!と、陰で、わに夫を責めるわたくしである。仕方ないんで、ブロイラーでステーキ焼いて、なんとか取り繕いました。あう…


 ところで、先の一般教書で強調していた通り、オバマ政権は、原子力発電推進に向けて.実際に動き始めましたね。先月末には、核燃料サイクル関連政策再検討のための有識者委員会設置を発表したし、昨日は、原発建設費の政府債務保証実施の発表。米国の原発建設は、1979年のスリーマイル島事故以来、始めてなのだそうで、かなり思い切った方針変更です。地球温暖化対策と、新雇用の創出、そして演説中でも言っていた通り、クリーンエネルギー政策に共和党の支持を得るため、というのが、この新政策への理由付けです。でもさ、同じく、エネルギー源確保のために原発を建設するんだよん、と、主張するイランには、そんなこと言って本当は核兵器作るつもりだろ!って、いちゃもんつけてる最中だってのに、自分たちは新たに原子力発電所をガンガン作っちゃおうですか、そうですか(@_@)って、気もするねぇ・・・

 大統領選挙中には、明確に原子力発電推進お姿勢をとるマケイン共和党候補者に対して、オバマは、風力や太陽光発電と言った、クリーンな代替エネルギー開発を主張していたのに(クリーンな石炭発電、なんてのも言ってたけどねw)、此処に至って、やっぱり一基建設につき5000億ドルという巨大ビジネスの誘惑には勝てなかったか、って、感じ。そうそう、Sim Cityでも、他の発電所より、原子力発電所を建てる方がずーっとコストがかかるもんね。

 日本の新聞各社サイトでは、日本の原発メーカーにも商機がある可能性が出た、と、期待が示されているけど、実際には、米国内メーカーと中国に受注が行くのでないかと思います。昨日のメリーランド州での演説で発表された、ジョージア州・ボーグル原発の原子炉に記新規建設に対する83億ドルの政府融資保証に関しても、受注先はまだ公表されてないみたい(?)ですが、実はもう決まってたりするんだろうな。日本企業が参入できれば、いいんだけど…
  1. 2010/02/16(火) 21:38:06|
  2. ビーチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Getty Villa

 叔母宅から南下して帰ってくる家族と、マリブの美術館、Getty Villa(ゲッティー・ヴィラ)で待ち合わせです。ヴィラという名の通り、ポンペイと前回訪れた時は、あいにくの小雨模様でしたが、今日はこれ以上は望めないほどの快晴でした。しかし、駐車場代がどえれー値上げしてて、二年前の$8から、一台$15になってました.こんなところにも、不況の波が(><)

 まずは、家族揃ってランチの後、「とても興味深いので是非」と、舅姑にガイドツアーを勧め、自分は、しっかりちゃっかり、前回は時間がなくて、じっくり鑑賞出来なかった二階展示室のコレクションを、ゆっくり見て回る 現在、古代ガラスの特別展が開催中ですが、繊細な細工や、鮮やかな色の織り成す美しいマーブル模様など、ガラス工芸の技術は、既に確立されていたのだと、感心させられます。追記に写真をアップしましたが、オリンピック開催中なので、元祖・古代ギリシアのオリンピックの模様を表した、壺の装飾部分をここに…



 ところで、マリブに向かって運転中、いつものようにラジオを聴いていたのですが、あの反イルカ漁映画、「The Cove」の監督へのインタビューを流していました。がー、ムカつく、と、局を変えようかと思ったのですが、いや待て、テキを知らずして批判するよりかは、こいつの言い分も聞いてみるべきだろう、と、思い直して聴いていたのですが…

 もーね、シーワールドで芸をしているイルカたちは、いくら十分に餌を与えられ、外敵から守られているとはいえ、自由を奪われて悲しんでいるのだ、だから、シーワールドはボイコットしよう、とかね、アンタ、イルカの意見を聞いてきたんかと。勝手に想像して言ってるだけ違うんかと。イルカは脳のサイズも大きく、大変にインテリジェントなので、殺すべきではないとか、脳さえデカけりゃ、それでいいのか。脳サイズ差別だ。イルカを食べるのに反対しても、犬猫を食べるのには反対しないのは、ご都合主義ではないのか。犬猫だって、互いにコミュニケーションしてるぞ。でも、そういう事は無視して、ひたすらイルカさんラブで、イルカの気持ちを代弁してるような気になってる。すっかり、イルカさんの本当の気持を理解してるボクって、自己陶酔の世界で、きゃっきゃ、うふふだ。やっぱり、ちょっと、どっかに行っちゃってる人なんだ、と、再確認したのでした。隠し撮りなんて卑怯な方法で、アンタらの国が建国する前から漁を続けている側の言い分は全く無視した偏向フィルムがノミネートされるんだから、アカデミー賞なんて、所詮はそんなモンなのね。 [Getty Villa]の続きを読む
  1. 2010/02/15(月) 22:47:23|
  2. カリフォルニア名所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シングルになったバレンタインデー

 結局、一人でお留守番となった、わにです。昨夜から、いつもお願いしているドッグシッターさんが体調が悪くて。来てもらえないことになり、他の人を紹介すると言われたのですが、今週末はプレジデンツ・デーを控えて、忙しい週末でもあることだし、一人抜けると、二台の車に分乗せずともよいので、私が家に残ることになりました。バレンタインデーを一人で過ごすのもチト哀しいですけど、密かに、ほっと安心なのも事実。明日以降のディナーのメニューの準備も必要だし、明日締切の仕事もあるし、愛する犬猫たちと、静かな一日です。My Love、先月亡くなった犬のチップがいないのは、寂しいですが…

 ともあれ、そんな事情で、今夜は犬猫を両側とお腹の上に侍らせて、オリンピック観戦を楽しんでいるのですが、どうも昨今は、◯◯国代表ってのに、違和感ある場合が増えてきたような…

 フギュアスケート・ペアの川口選手は、まぁ、パートナーが居なければ成り立たない競技なので、どちらかの国籍に揃える必要があるのは仕方ないとして、長洲未来選手は、ご両親は日本人だけど、ご本人は二重国籍です。日本の法律では21歳になると、どちらかを選ばねばならないのですが、やっぱりアメリカ国籍を選んで、アメリカ代表なのかなぁ、でも、その頃にはトップ選手に成長して、日本を選んでくれたら日本代表になって…なんて妄想も。クリスとキャシーのリード姉弟は、日本国籍をえらんだし。

 でも、「その国、雪降らないしー、水は凍らないしー」な国の代表選手は、欧米育ちで、欧米で訓練してる選手ばかり。国籍だけは、ガーナやアルゼンティンに属しても、その国の代表って、なんだか少し違和感があります。カナダ生まれでカナダ育ちの男子モーグル選手が、オーストラリア代表だったり。もうね、国家の威信云々とか、国籍とかって分類分けが、馬鹿らしく思えてくる。オリンピックの精神が、世界の調和につながるのなら、もう、Imagin no countries♪で、いいじゃない、とか、思っちゃう。でも、それじゃあ、他の世界大会特別がつかなくなるし、スポンサーも付かないだろうから、成り立たないだろうけどね…
  1. 2010/02/14(日) 23:24:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わに、良い嫁のフリをする(いつまで持つかな?)

 ワシントンD.C.郊外に住む義父母、予定通り、今日の正午前に到着いたしました。DCのロナルド・レーガン空港は雪で数日間閉鎖してたから、大混雑で足止めを食らっていた乗客を捌ききれていないとか、中継地のテキサス州・ダラスのジョージ.ブッシュ空港は雪で殆どのフライトが遅延してるとかっていうから、ぜーったい!遅れると思ったのに、家の掃除も余裕で出来ると思ってたのに、ディナーの準備時間も十分あるって思ってたのに、洗車に行く時間もあると思ってたのに…orz

 先ずは、わに夫が空港にお迎えにいってる間に近所のセブン-イレブンまで(文字通り)一っ走り、息を切らしながら、サンドイッチをでっちあげる(はーはー、ぜーぜー)。その後は、レドンドビーチに来たら取り敢えずここに行ってみよう、な、ピアに行って暫く歩き、高級住宅地のパロス・ヴァーデスをドライブして、海沿いの豪邸を見物。イタリア風ヴィラに山小屋テイスト(海沿いなのに何故?)、地中海スタイルの白壁とオレンジの瓦にブーゲンビリアが映える家、ケープコッド風にミニ・シャトー、ホワイトハウスのコピーな家まであって、種々様々。お金があれば、家なんぞ何でも好きなように建てられる、ってコトで。

 ディナーは昨夜のうちに作っておいたビーフシチューと、ガーリックブレッド、シトラスサラダ。私のビーフシチュー用隠し味は、インスタントコーヒーよんw お肉を炒めるときに、インスタントコーヒーをキャラメル化させてコーティングするのだ。カレーにインスタントコーヒーを投入すると味にコクが出る、というワザをどこかで読んで、だったらビーフシチューでも使えるんでは?と、思ったのがきっかけ。程よく色もついて、デミグラスソースなしでも、市販のシチューミックスを使ったような、美味しそうな色に仕上がります。ディナーの後は、ゆっくりくつろぎながら、オリンピック観戦しつつ、今やっとネットしてるとこ。上村愛子選手惜しかった~(><)

 ところで、今、気がついたんだけど、今日は新聞すら読んでないよ…!


パロス・ヴァーデスのマラガ・コブから見下ろした湾
  1. 2010/02/13(土) 22:35:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

なんでやね~ん?!

 冬季オリンピックが始まりました!TV観戦が楽しみ、まずは今夜の開会式は見逃せない!と、思っていたのですが、なんと放映は夜の9時からですよ。バンクーバーとは同時間帯なのに、なんで生放送じゃなくて、3時間も遅れての放映なの??日本でもライブで放送してるのに、アメリカではCMだらけ、編集だらけのフィルムを夜中に見る。オリンピックの放映権は、ずーっとNBCが独占しているのですが、競技そのものよりも、CMや、各アメリカ選手にまつわるメロドラマを流してる時間のほうが長くて、イライラします。NHKと民営のチョイスができる日本は恵まれてます。NBCの放映は、アメリカ選手ばっかで、過去には、シンクロナイズドスイミングの日本お銀を取った演技が放映されなかったとか、欧米選手意外は激しく無視だったりするし。特に、有力選手は女子フィギュアスケートくらい?な、今大会は、日本人選手の姿を見れるかどうか…せめて、日本人のお父さんが美容師しながら男手一人で育て上げたアポロ・アントン・オーノ選手と、米国代表だけど、ご両親は日本人の女子フィギュア、長洲選手を応援するぞ!(真央ちゃんも応援してるけど!)

 でも、開会式を前に、グルジアのリュージュ選手が亡くなられたのは、今大会に大きな陰を落としていますね。NBCのリュージュ担当記者は、クマリタシビリ選手の経験不足が招いた事故だと見解を述べていましたが、同時に、過去二大会の男子一人乗り優勝者も、今朝の練習で一度クラッシュした、と、言っているんですね。つまり、ベテランですらクラッシュする危険なコースだという事です。しかも、コースを外れたら外部に飛び出し、そこに鉄の支柱が建っているなんて、設計上の不備以外の何物でも無いではありませんか。それでも、競技は予定通りに行われるそうです。リュージュ選手たちは元々が、生身で時速150kmのスピードで飛ばそうって怖いもの知らず。コースで死んだら本望さ、なんてノリなのかもしれません。でも、コースの設計を今一度見直し、例えこのコースを使用するリュージュとボブスレー日程を遅らせてでも、安全化を図ってから、競技を行った方がいいんじゃないかなぁ…って、思います。

 冬季オリンピックの種目って、矢張り物凄いスピードで急滑降して、過去に死者もでるダウンヒルとか、受け止めるのを失敗したら、頭打って死にかけるペア・フィギュアスケートとか、選手は全員鼻に骨折痕のあるアイスホッケーとか、なんだかさり気に危険なスポーツが多いような…安全そうなのって、カーリングくらいじゃ??

 ところで、深夜まで放映の続いた開会式は、地味だった。国歌斉唱に、セレーネ・ディオンは来てくれなかったのだろうか??ところで、ポーランドの新聞で、2ちゃんねるのキャラクター、クマー!が、今大会のマスコットに混じって紹介されてたという笑える話があったけど、開会式には、のび~るたんが登場してた…



"longcat”で検索すると、色んな画像が出てくる人気者、のびーるたんことシロさん
  1. 2010/02/12(金) 22:42:48|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

タリバン御用達??

 ラジオでは、今日もトヨタのニュースのネタは尽きないようで、トヨタのピンチはヒュンダイの一大チャンスという専門家の話でトホホとなったあと、たとえ世界中がトヨタが信頼喪失の危機にあっても、この地域だけは、トヨタへの絶大なる支持を失っていない、というレポートがありました。トヨタこそがステータスシンボル、何処に行ってもトヨタだらけの、その地域とは、タリバン支配下のアフガニスタンだってw

 1990年代、他の援助国がせっせと食糧や薬品を供与していた頃、日本はトヨタ車を送り込んだ。その索が実って、今じゃ街角には、トヨタ車のなら任せろ!な整備士がゴロゴロ、タリバン士官ならスモークガラスのカローラに乗らねばならぬ、って感じなんだって。アフガニスタンのみならず、途上国でのトヨタのシェアは大きいそうですが、これも90年代の援助供与の遺産でしょうか。90年代といえば、日本はバブル真っ最中で、ODAも絶好調、世界最大の援助国でしたが、顔が見えない、とか、日本の国益に適っていない、バラマキだ等々、国内での批判が多かった。でも、実は、こっそりしっかり種を蒔いていたんだね。

 そして、それを、アメリカは食糧や薬品で支援してたのに、日本はトヨタ車なんか贈与しちゃってさー、と、僻むのはお門違い。単に物品を支給するだけではなく、対象国にその技術を伝えた結果であり、現地の人々が車の整備・修理を自分達で行えるよう始動・訓練を行った成果が、今の信頼と愛着を打ち立てたのですから。それを思えば、タリバン戦士に職業訓練しちゃおうよ!って、友愛首相の「あの…で、一体どうやるんですか?タリバンの真っ只中に日本人技術者の方々を放りこむの?それとも現役タリバン戦士の皆様に大挙して日本に来てもらうの?」な、脳天気プランも、実現すれば素晴らしんだけど、アメリカさんが黙ってはいまい…


おもちゃの兵隊、ドンパチ中
  1. 2010/02/11(木) 23:42:50|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バレンタインの予報はとほほ

 今週末はヴァレンタイン・デー、皆様、大好きな人一緒に過ごす、素敵なプランは立てておられますか?私はね、舅姑と叔母の家に行って、義祖母も一緒にレストランでお夕食の予定よ~(号泣)!!!

 と、いうわけで、今週土曜日に、豪雪のワシントン郊外から、義父母が訪ねてくる予定につき、毎度おなじみ、来客間際のお掃除決死隊と化している、わに@日頃からちゃんとしてれば.こういう事にはならないのに…です。それにしても、ホントに飛行機、飛ぶのかな~?

 観測記録上最高の積雪に見まわれ、連邦政府含め、すっかり雪篭り中の首都ですが、公共無線LANやブロードバンドの発達で、オフィスは空っぽでも business as usual、いつも通り、ビジネスは機能しているのだそうです。ほーお、と、記事を読んで感心してたら、ホントにD.C.のエージェントから、急ぎの仕事だ、今日中に仕上げろ、ゴルァ!( ゚Д゚)ってメールが来た。ひえ~!でも、そんなに、自宅でオンラインで仕事の出来る人が多いなら、わざわざ、皆で揃って混んだ地下鉄に揺られたり、ベルトウェイで渋滞に巻き込まれたりしなくても、普段から出来る限り自宅勤務に切り替えたらいいでないの?
って、素朴なギモンが湧き出てくるのですが、それは言っちゃいけないお約束なのかしら?

 地球は温暖化のはずなのに、この大雪は何?!と、ワシントンでは、気候変動懐疑派が大いに気概を上げているそうですが、この大雪も異常気象の一端、エル・ニーニョ現象の結果です、と環境保護派は応戦しています。それにワシントンD.Cのケースだと、雪はたくさん振っても、実は気温は今のところ、過去40年間の平均よりやや高い。その暖かい空気が、エル・ニーニョによって温度の上がった海水が上昇した蒸気と出会い、雪となって降りてきたのだ、と。ソースは、いつもの通り、NPRでしたω

 この嵐も、明日には去り、しばし休航だったワシントン発着の飛行機も、飛び始める予定。土曜日には、普通に運行してるかなぁ…はぁ…

balance.jpg
一つ、積んではぁ…ではありません。なかなか絶妙のバランスですね
  1. 2010/02/10(水) 23:15:25|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ある日の点景

 また昼前に大雨。昨年、山火事被害に遭った地域の527軒に、地滑りを警戒しての強制撤去通知が出されたそうですが、同地域はつい先週末にも、40軒が突然の土石流に巻き込まれたばかり。住民の皆さんは、さぞや大変なことでしょう…

 ところで今朝、いつものように朝一番でGメールのアカウントを開くと、いきなり現れたBuzzのお知らせ。なんかのスパムかと思って、速攻閉めちゃったけど、実はグーグルの新機能だって。要はTwitterやFace Bookみたいな、ソーシャルネットワーク機能らしんですが… いらんわ ソーシャルネットワークの人気は落ち目だってのに、今更、ちと遅いんじゃないの?

 今日、乳製品アレルギーの可能性を指摘されてしまいました。実は、以前から密かに恐れていたんだけど、遂に他の人からも指摘されてしまったわけで… 今後一週間、乳製品を絶って、結果を見ることになりました。私は、牛乳たっぷりのコーヒーと、コテージチーズと、ヨーグルトをこよなく愛しているので、乳製品へのアレルギーが決定的になったら、かなり悲しいです。あう…

 私の二代目Blackberry Storm(初代は皿洗い用の水に飛び込んで、お亡くなりになられた)、タッチパネルのリンクを押しても、何も起こらない。昨日までは普通に機能してたのに、一夜のうちに一体何が??お店に持っていったら、不良品だってんで、無料で交換してくれることになったけど… データ移動やら何やら、面倒くさいなぁ(*タメイキ*)

 今日も今日とて、ラジオも新聞も、トヨタのニュースで盛り上がってる。人の噂も75日って言うけど、二ヶ月半後には何事もなかったように、プリウスが走り回っているのかな?うちのプリウスは、2004年型なのでリコール対象じゃないけど、普通にいい車だと思うし、ユーザーとして、他の人に勧められる車なので、早く汚名挽回して欲しいものです。なにしろ、今現在、市場に出回っている自動車の中で、最も燃費が良いのは、他ならぬこのプリウスなのですから。

 上息子は、各々が興味のある社会問題について調べてレポートを書くという宿題で、国家債務を題材に選び、多いに楽しんでいる。彼は、usdebtclock.comという、一見ブラウザ・クラッシャー風のサイトが気に入って、ネットブックのIEのホームページにしてるもんだから、母は開く度にドキッとするよ 因みに、現在の米国の国債総額は12兆ドルをちょいと超えたところだそうな。

 新しいPC,前のTOSHIBAとは、キーボードの配置が微妙に違うので、これだけ書くのに、結構な時間がかかってしまったよ…何度も打ち直して、ぐるぐる堂々巡りしたりして…と、いうわけで、今日は写真も、ぐるぐる

  1. 2010/02/09(火) 23:22:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

日本語熱は本当に去ったのか?

 写真ブログが好きです。風景写真も、ペット・ブログも、沢山ブクマして、毎朝、巡回して、楽しませて頂いています。私も、何だかんだと毎日撮ってるので、写真ブログをしてみたいという気持は一杯あるのですが、世の中、ボヤきたいことが、日々是過多。もう一つ別に写真ブログを作って、管理し続ける自信もない。でも、本当の憧れは、イラストブログや日常を綴った漫画ブログです。だけど、絵心もセンスも無いトホホな私には、夢のまた夢。魅力的な絵の描ける人って、本当に羨ましい… ともあれ、いろいろ御託を並べてから、今日、浜辺で撮った写真:


午後の海


夕暮れの海


 ところで、なんだか恒例になりつつある、今日のラジオで聞いたニュースネタ。全米の公立学校では、予算不足などの理由で、外国語の授業が減りつつあるんだって。そんな状況の中で、唯一、生徒数が増えているのが、中国語。日本の経済力が強かった時には、日本語を習うのがブームだったし、なんとも分り易い構図だねぇ。でも、正式な学校の授業で学習してなくても、自力や、ネットを通して、日本語を学んでいる若者は、まだまだとっても多いと思う。だって、ナルトや銀魂を言語で読みたいじゃん。この間、お喋りした、スタバのオタク青年も、「銀魂は、日本語のダジャレが多いから、日本語がわからないと、本当の面白さは分からないよね!」って言ってたし、ゲームもアニメも、いち早く情報を得るには、日本語理解能力は必須。

 それにしても、State Departmerntの最も難しい外国語の一つに数えられる日本語は、文法は英語と大きくかけ離れ、平仮名、片仮名、漢字の3種の文字、しかも、漢字には読み方が数種あるという、とんでもなく難しい言語です。日本語を勉強しているという人に会うと、私はいつも、「もし私が日本人じゃなかったら、とてもじゃないけど、日本語に挑戦しようなんて思わなかったよ。だってムチャクチャ難しいもん!」って言うんですが、これって本気です。ちなみに英語では、「If I were not a Japanese, I would've never tried to learn Japanese!It's so tough!」ですな。わにの、(珍しく)ちょっと役に立つかもしれない英語講座でしたw
  1. 2010/02/08(月) 22:46:37|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

noblesse oblige

 スーパーボウル観戦は、ガカモリとサルサとコーンチップをおやつにピザをビールで流し込むのが、アメリカン。わに家もご多分に漏れず、です。ニューオリンズ・セインツの、創立以来43年ぶりの全米一の座、稀代の名QB、マニングを擁するコルツを破るなんてムリ、ムリ、ぜったいっ!無理!!なんて下馬評を覆しての、アンダードッグのスーパーボウル制覇には、インディアナポリスを除く全米が喝采したのではないでしょうか。アメフトの試合観戦では、たいてい途中で飽きてしまう私ですが、今夜の試合は、「あー、追いつかれる(>_<)!」「きゃー、今度こそ逆転される(≧△≦)!」と、ハラハラしつつ、ついつい最後まで見てしまいました。チームそのものがアンダードッグであるだけではなく、復活組、他のチームから見放された組、それどころか見向きもされなかった組の選手を率いてのスーパーボウル進出、そして、ニューオリーンズには個人的な関わりもあって、私はセインツ贔屓。金と黒のユニフォームもかっこいいしv

 ところで、試合開始前には、今年のWaltor Payton Man of the Year Award受賞者の発表と表彰がありましたが、これは、1999年に亡くなった名RBであり、ヒューマニタリアンであったペイトン選手を称えた、その年最も慈善事業に置いて大きな功績を果たしたとされる選手に贈られる、名誉ある賞です。今年のMVP、セインツのQB、ドリュー・ブリーズも2006年に受賞していますが、今年の受賞者は、カンザスシティー・チーフスのブライアン・ウォーターズ選手に贈られました。アメフトに限らず、MLBやNBAの人気選手は、稼ぎもとんでもないけど、慈善事業への貢献度も半端ではないことが多いのです。しかも、実際に現場でボランティアとして貢献することが期待されており、オフには忙しくチャリティーに参加しています。

 アメリカでは、一流選手たるもの、社会に貢献して当然、子供たちに人気のあるスター選手たるもの、良きロールモデルとして見本を示さねばならぬ、という徹底した姿勢が見られます。ハリウッドのスターや、人気歌手も、こぞって色々な慈善事業に精を出してるよね。有名所は、レオナルド・デカプリオの環境問題とか、年間6億円を寄付し、難民問題などに積極的に取り組んでるブランジェリーナあたりかな?つい先月、ハイチまで補給物資輸送のジェットを自分で飛ばしたジョン・トラボルタも、国内の災害のたびに活躍が報道されます。税金対策や自己宣伝の為って範囲を超えた貢献度でしょう。

 これらは、高給取りの有名人である故の、一種のノブレス・オブリージュでしょう。財力、影響力、社会的地位を備えた彼らはいわば、現代アメリカの貴族たち。ビル・ゲイツの途上国に対する巨額支援もまた、その一つです。ここまでのレベルになると、もう偽善だ、なんて言えないと思う…っていうか、偽善でも宣伝でも何でも良いじゃない、役に立ってんだから。ところで、また話がループするけど、ウォール街の高給取りの皆さんは、どんな慈善活動してるんでしょうね??検索しても何も出てこないけど、いくら、noblesseには程遠い連中だからって、着飾ってチャリティーなんちゃらパーティーに出席してます、とかだったら嘲笑うよw
  1. 2010/02/07(日) 23:15:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嵐の後のビーチ

 昨夜も大雨でした。屋根を叩く激しい雨音を聴くのが好きです。基本的に私は、雨が好きなのです。その雨も、昼前にはやんだので、海岸に散歩に行ってみました。波がとても高く、しかも離岸流が強くて、目に見えて横に流れて行き、逆方向から来た波と衝突して砕ける様が面白く、ぼんやり砂浜に座って眺めていました。


波が砂鉄で作った文様


荒波など意に介さず、佇む浜鳥


 上の写真は、Long billed Curlewというシギ科の鳥です。細く長い嘴で、砂に潜った貝を取って食べます。小さな浜千鳥達が、群れをなして、波と追っ掛けっこをしながら砂浜をつつくユーモラスな姿とは対象に、風に吹かれながら悠然としています。でも、この個体の近くには、仲の良いつがいが居ましたから、実は「くそーっ、見せつけやがって!オレも彼女が欲しいぜ!」とか考えている最中かもしれません。かえって

 嵐の後には砂浜ゴミだらけ、が定番なのですが、波が高いので、押し寄せられたゴミを、また持っていってしまうので、かえって浜辺には何もなく、きれいだったりします。毎度おなじみゴミ拾いのおばさんとしては、楽な散歩でした。だって、ゴミが目に付くと、つい拾っちゃわずにいられないうんだもの~(´・ω・`)
  1. 2010/02/06(土) 22:20:03|
  2. ビーチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

この恐るべき強欲

 昨夜からずーっと激しい雨が降り続いています。寒い~ 首都ワシントン、D.C.では、記録更新の積雪だそうですが、ここ南カリフォルニアも、例年に無い降水量です。これで今年は渇水の心配なしかと思いきや、やっぱり来夏も水不足が予想されてるんだって。この州は一体どれだけの水を使ってるんでしょ?


 ともあれ今日も、新聞ネタです。なんだか、すっかりニュース・ブログ化してますね。でもさ、ゴールドマンサックのCE、ロイド・ブランクフェインの年間ボーナスが、たったの$9ミリオンだというので、ウォール街では話の種になってる、なんて記事を読めば、ガウガウ噛み付きたくもなるじゃないですか。この、NY Timesの記事はここからどうぞ。

 なにしろ、2007年には、$68ミリオンをボーナスで受け取ったってのと同じ社長ですから、確かにそれに比べりゃ、ホンの900万ドルでしょうけどさ。ちなみに、ボーナスだけですよ、年棒総額じゃなくて。とはいえ、この金額は現金ではなく、同社の株式で支払われます。そして、この株は5年間は売っちゃいけないことになっている。だから、5年後には、ただの紙切れになってるかもしれないし、逆に100ミリオンになってるかもしれない…ってのがミソ。だから、今迄みたいにハイリスク・ハイリターンで、失敗したらスッカラカン(・∀・)な、無茶はできなくなるはず…ってのが、狙いらしいですが。そういや、JPモーガン・チェイスのダイモン会長兼CEOも、ストックオプションで貰うそうですよ。こちらは1700万ドルですが。

 それにしても、世間が、失業率がやっと10%切っただの、フードスタンプ発行率が過去最高だの言ってる時に、この状況を作り出した張本人の一人がしゃーしゃーと、こんな金額払っちゃいますよ~、とやってのけるとは、アンタ達ってば、バカなの?こいつら、金融工学詐欺で、米国のみならず世界中の経済を破壊したテロリストやん。グアンタナモに隔離しちゃえよ!(←当然、自費で)

 時、折りしも、オバマ大統領は先の1日の予算教書で、2011会計年度(10年10月-11年9月)には、単身者で所得20万ドル超の所得税率を36%(現行33%)、夫婦合算で所得25万ドル超の所得税率を39.6%(同35%)に増税を求めるとともに、所得20万ドル未満の個人に対する新たな合計1434億ドルの減税を提案しました。だいたい、900万ドルなんて貰っても、一体何に使うの?投資資金とかって言って銀行に放り込んで、そこで太らせるだけじゃ、経済全体には何の役に立たない。それどころが、ぶくぶく泡立っちゃって、バブルになりかねない。だいたいが、金は天下の回り物であってこそ、でしょ?低所得者への減税で累進性を強化し、可処分所得を増やして、消費を増大させる事が、今の米経済には必要だと思うの。昨日のニュースじゃないけど、ブランクフェインさんやダイモンさんは実は美術蒐集家で、億単位で美術品買い漁ってます、とかってんでもない限り、こんなトンデモ額の報酬金が市場に出まわって循環するとも思えない。どえらい収入の金融機関の幹部たちが、それなりに寄付してます、って話も聞かない。ビル・ゲイツは儲ける額も国家予算並だけど、寄付する額も、世界を変えるかもしれないレベルだぞ。年収がミリオン超える家計からは、日本並に税金ふんだくっても良いと思う。

 と、いうわけで、私は高所得者への増税と、低所得者への減税を同時に行うことで、より平等な富の再配分を図る制作には、大賛成です。一年半前の記事で、カリフォルニア州の財政を救う為のわに案として、「高級車やボートなどの登録料アップ(購入税だけにすると、絶対、外国行って買ってくるもんね、アイツら)、1ミリオン超える不動産には不動産税率アップ、民間ジェットの空域使用料と空港使用料値上げ、んでもって千ドル以上の衣料品は、医療用などの例外を除いては贅沢税として消費税を倍にする」って書いたけど、これ、全国的にやっちゃおうよ、と、思うのであります。

 はいはい、私はプラウト主義経済擁護ですよ。だって、今の米経済は、資本主義ではなく、資本主義だと思うもの。昔、一億総中流なんて言われてた時代に、育った世代ですもの。
  1. 2010/02/05(金) 23:12:03|
  2. アメリカ経済・政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

94億円の男!

 節分ですが、結局、豆まきもしなければ、恵方巻きも食べず。ここのところ、不運続きなので、盛大に豆まきでもしようかと思っていたのですが、家の中の豆は猫達が食べたら身体に悪そう、外に巻いたら鳥が食べてくれるかもしれないけど、その前にご近所に怒られそう。海苔巻きを作る気力もなく、心の中だけで、鬼は外、福は内、でした。


あんもにゃいとで、福を中に取り込み


くろのび~るで鬼を外へ解放!のココロ



 今日の吃驚は、ジャコメッティのブロンズ像「歩く男」が、競売史上最高額の1億430万ドル(94億円)で落札されたこと、かな。これまでの最高落札額はピカソの作品で、1億416万8千ドル。ジャコメッティが、ピカソを超えるとは、正直思わんかったですよ。ジャコメッティは作品数が少なく、オークションに描けられる機会が少ないので、何がなんでも手にいれるぞ!と意気込む熱心な愛好家の間の熱い応酬で、急激に値段が釣り上がったのではないかという、専門家のコメントが紹介されていましたが、今件に限らず、ここんとこ世界的にアート価格は高騰中なんだって。世界的に不況なはずなのに、あるところには、あるんだねぇ。サザビーのサイトから、このオークションの様子が見られますが、実際の落札額は5800万ポンドで、6500万ポンドは手数料込みのお値段だって。それにしても、本当に短時間の間に、数ミリオン単位でぽんぽん価格が上がっていく様は、既に異世界。落札者は匿名だけど、一体どんな人なのか…興味あるよね~
  1. 2010/02/04(木) 22:31:18|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アザラシの心臓の刺身は好きですか?

 明日は節分。日本では、もうとっくに4日なので、ネットで美味しそうな恵方巻やお善哉の画像に遭遇しては、身悶えています。お善哉、日系スーパーは近いし、クロックポットもあるから、小豆さえ買ってこれば簡単に作れるけど、まだお腹の具合が宜しく無いから、あんまりお砂糖を摂取するのはなぁ…あう…(悩)

 節分を前に…とは、全く関係ないけど、新しいPC買いました。愛用中のToshibaくんはこの頃、頻繁に凍りついたり、気絶(クラッシュ)したりと、挙動不審。もう3年以上使ってるので、コンピューターとしてはご高齢で、新しいアプリについていけず、ヨッコラショと立ち上がりに大層時間がかかるものだから、イラチな私は「きーっ!」なるし、「E」のキーが外れたままで不便だし、ってんで、思い切って奮発したのでした。一応は商売道具だし、お亡くなりになってからじゃ遅すぎる。で、私の新しいBabyは、まさかのGateway(このコです)。17'3"のスクリーンに、バッテリー駆動時間は2時間半と、ノートとしての存在意義をてんで無視したマシンです。どうせ私の移動範囲は、こたつと机と台所のテーブルの三点間だけだもんw

 と、近況報告に続いては、本日の笑ったニュース。ウォールストリートジャーナルによりますと、今週末、七カ国財務省・中央銀行総裁会議は、カナダのイカルイトで開かれますが、ここは、住民の6割がイヌイットという街。主催者である、カナダのフレアティ財務相は、金曜日には各国代表を犬ぞりのツアーに招待すると張り切っていますが、欧米と日本からは銀行改革とハイチへの援助について話しあうのに、何が嬉しくて、こんな最果ての凍りついた街に行かなならんねん?と、文句の一つも出るのは当然。氷点下40℃になるって場所に、よりによって2月に行くなんて、狂気の沙汰。でも、カナダは、参加者の皆様には、特製G7ロゴ入り’パーカーを差し上げますvと、意に介しちゃいないのだ。土曜の晩餐会には、伝統的イヌイット料理を振舞います、と、盛り上がっているのだ。ちなみに、伝統的イヌイット料理とは、ジャコウウシにカリブーにアザラシw

 イヌイット族は、アザラシ猟を特別許可されていますが、当然これは、欧米の動物愛護団体の目の敵にされています。活動家としては、こぞって押しかけて反対デモでもしたいところだろうけど、ホテルの部屋が300室しかない街に、すでに500人以上の代表団や報道陣が押しかけている状態。そこへ先進国の金融トップを集めて、アザラシの毛皮の手袋と帽子をプレゼントし、アザラシの刺身を食べさせようってんだから、カナダさんはやるねぇ(にやり)。次のサミットはぜひ日本で、晩餐会にはぜひ、鯨のステーキを
  1. 2010/02/03(水) 22:46:14|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2月2日は猫の日なのに、トヨタの話でみゃーみゃ

今日は、2-2がにゃーにゃで猫の日なんだって。うちにも二匹いるけど、彼女たちの鳴き声は、「にゃー」というより「ふんみゃー!」と「みー」です。ドスの効いてるのが、態度も性格もヤクザなクロ姫、か細い声は、仕草も可憐なミケ嬢です。クロは、子猫の頃から犬に囲まれて育ったせいか、行動や仕草が犬っぽい所があるのですが、ミケは純正ネコなので、小さなボールを追いかけたり、ジャラシ飛びつく姿が、実に猫らしくて愛らしい。しかし彼女は、元ノラだけに、トイレ以外で粗相しちゃう悪癖があって困りものなのだ。


お恥ずかしいですみゃ…


 困りものといえば、トヨタを巡る一連の騒動にも、困ったもんだ(と、また強引に話を変える)。わに家の車もプリウスですが、ブレーキが利かなかったことも、フロアマットが引っ掛ってアクセル押しちゃったことも、一度もないんだけどなぁ…と、思いつつ、しみじみニュース記事を読んでると、フロアマットか電子制御かの不具合が原因とされる死亡事故は二件、犠牲者は5人。勿論、だからと軽んじるわけではありませんが、今の米マスコミの論調はあたかも、ボカスカ事故が起きていて、被害者数も凄いんじゃないかって雰囲気です。なにしろ運輸長官自ら、トヨタのリコール対象車の運転をやめるべきだ、なんて過激発言が飛び出す始末ですから、これはもう、集団ヒステリーと言ってもいい状態ではないでしょうか。

 欠陥隠蔽、迅速に問題を認知し解決に臨むことを拒んだ保守体質、過度の原価低減、リスク管理の甘さ等々、トヨタ側の問題点も、当然見過ごすことは出来ませんが、GMとクライスラーが青息吐息の今、このタイミングで、一斉トヨタ苛め。GMはここぞとばかりに、トヨタ車からの買替えキャンぺーンを開始したし、ここ数年順風に乗って、米国内でもビッグ3を蹴落としそうなトヨタを、ここで叩いておこうという、国を上げての一大キャンペーンという気がしないでもありません。そういや、オバマ大統領がこないだの一般教書演説内で、競争相手として日本を挙げなかったのも、この布石だったのか?!なんて書くと、また、わにこちゃん、陰謀主義者なんだから~と笑われそうですが。

 トヨタが開き直って居座らず、世界中で年間総生産車数を超える910万台をリコール、アメリカではリコール対象8車種の生産・販売一時中止なんて、完全敗北の姿勢を見せているのは、自国企業を護りきれない日本の政治力の弱さの露呈でしょう。アメリカが公私一丸となって苛めてかかってるのに、日本政府は知らん顔。企業力だけでは、世界を席巻することは無理なのだ、と、思い知らされたのが、今回の騒ぎではないでしょうか。GM,クライスラーは、破綻しても、自己責任じゃなく、お上に助けて貰うくらいだから、もう国営企業みたいなもんっしょw

 トヨタがこの件で、一時的な品質への信頼喪失では済みません。これだけ大々的に「信用出来ない、危険な車」って評判が行き渡った今、丸々一世代分の購買者を失う可能性があります。日本なら、謝って、無料で修理しますといえば、誠実さを見せたと思われるかもしれないけど、アメリカは、謝ったら自分の非を認めたことになるって社会。アメリカじゃ、車をぶっつけても、「I'm sorry」は言っちゃいけないって、よく聞くよね。

 ですが、トヨタの米国内での急激な衰退が齎すのは…アメリカの失業率増加。今回のリコール対象車8種は、全てアメリカ国内の工場で生産されているのです。トヨタ従業員のみならず、部品工場などの下請け会社も、大きな打撃を受けるでしょう。一方で、GMやクライスラーの車の生産は、メキシコなどアメリカ国外の工場が主力なのは広く知られたことです。アメリカは、GM、クライスラーの面子を守る為に、これらの人々を犠牲にするつもりなの?


猫の日なのに話の逸れる母さんは、猫パンチみゃ!
すんません…m(--;)m
  1. 2010/02/02(火) 22:22:58|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

砂漠の中の、癒しの湯: テコパ温泉

 一応、今朝から仕事に戻ってはいるのですが、未だヘロヘロで、何遍同じ文章を読んでも、目が上滑りするばかりです。一度、「ほえー」と、椅子の背に凭れ掛かったら、脱力したままヘニョン状態でボーゼンとしたり。こういう時、お勤めだったら、上司にどやされるでしょうね。家庭内手工業で良かったです。まずは食って、寝て、深夜に仕事すっか(´ー`)、と諦めて昼寝。そして深夜に、PCに向かって焦る(;´Д`)、というのが今現在の状況。大腸菌、恐るべし。皆様、手洗い励行、怪しげな食物は、十分に火を通しませう…

 土曜日の早朝、ERへ行ってレントゲンだの血液検査だの受けたわけですが(にも拘らず病原菌の確定はしないんだから、どこか日本とは感覚がずれてるよね)、思い切り食中毒な以外は異常は認められませんでした。つい先週、脾臓の血管肉腫で愛犬を亡くしたばかりですが、見付かり難い場所である上、自覚症状が少なく、手遅れになり易い癌だそうです。人間にも起こり得ると聞いて「ひえー!」でしたが、とりあえず、今はその心配は必要ないと解ってラッキーか??

 点滴を受けた後、家まで約200マイルの道程を、何度も休憩しながら帰ることに。私的には、何時間も狭い車の中で丸くなっているよりかは、いっそホテルに戻って一日中横になり、家族にはハイキングにでも出かけて欲しかったのですが、わに夫、さっさとチェックアウトしちゃったんだって。あう…

 最初の停車地はTecopa Hot Springsという、砂漠の真ん中の辺鄙な集落地。この天然温泉の存在は偶然知ったのですが、公営銭湯や私営リゾートで天然温泉を楽しめる他、B&B、ベーカリーなども建っています。群の経営する公共施設は無料らしいのですが、私は共同浴場には入れないので、個人風呂の小屋を1時間25ドルで借りました(ここね)。わに夫と息子達が浸かっている間、私は膝下の足湯だけ。お湯は塩分の濃い、まったりした軟水で、温度は40度に保たれています。デスバレー・リベンジの際には、ここでゆっくり肩までお湯に浸かりたい!Tecopaの地図と行き方は、ここをクリックして下さい。


丘の上から眺めた。中央手前の小屋がバスハウスです。



 ところでアメリカでは、病人には「チキンスープ」が定番です。消化が良く、滋養のつく熱いスープで身体を温めよう、というのでしょう。アメリカの家庭では、病気になるとお母さんがチキンスープを作ってくれるのですが、わに家のお母さんは私なので、自分で作るしかありません。日本人としては、お粥が食べたくなりますが、これも自作するしかありません。わに夫は、林檎を剥いて持ってきてはくれますが、お粥の作り方なんぞ知りません。チキンスープが欲しいなんて言ったら、キャンベルの缶スープをあっためてくれるでしょう。ああ、息子達を鍛えねば…

 まぁ、ともあれ、だから今夜は、生姜をばんばん入れたチキンスープを作りました。先週に海老と貝柱を蒸した時の蒸し汁を冷凍させてあったので、これをスープストックに、日本酒で蒸して脂を落とした鶏の腿肉、サツマイモ、人参、麦芽を投入。味付けは生姜と味醂だけです。丁寧にアクと脂をすくい、ゆっくり時間をかけて煮込みます。サツマイモのホクホク感は残したいので、大きめに切って、頂く半時間前に投入。これが美味しくって、つい食べ過ぎ、療養食の意味が無い。おそるべし、あっさり生姜味。しかも食べ過ぎて眠い。小人さん、夜の間に、この仕事し上げといて… 
  1. 2010/02/01(月) 23:38:53|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。