わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

流出原油、大西洋クロマグロ産卵地を直撃

 アメリカではメモリアルデーの合衆国連邦の祝日で、今日は全国的にお休みです。昨夜、深夜過ぎまで騒いでいた男子4人組は、今朝も早くからゲーム三昧。タフやねぇ。ミミさんと愛犬、スコティッシュテリアのクレアちゃんもお泊りしてくださったので、今朝はうちのチビ犬も一緒に、ドッグパークへ行きました。自由に交流できて犬もうれしいけど、実は飼い主の私が色んな犬達と触れ合えて嬉しいのがドッグパーク。今日は、ブルドッグのバディーくんと親交を深めました。ブルは結構お澄ましさんが多いのですが、バディーくんはハッハ言いながらドスこい身体を摺りつけてきて、もー激カワイイっ!ブルの毛並みは柔らかで撫で心地も宜しいです。バディーくん、また会えるかなv

wankolove.jpg
ミミさんが撮ってくださった、わに至福の時


 楽しい一日でホクホクしていましたが、夕方、落ち着いて新聞を読むと、メキシコ湾で未だ流出し続ける原油が、クロマグロの主要産卵地に到達したとのニュースが目につきました。流出抑制の目処が付くのは、早くとも8月という報道もあり、モンスーン・シーズンを前に、更に被害が広がりそうです。日本がいくら過去に乱獲したとしても、今回ほどに甚大な打撃を与えたことはないでしょう。それなのに非難の声は日本に集中し、原因は無視して、ただ量が減ったので漁獲量削減!と、日本に勧告しにくるかも知れない。いつになったら、日本は白人主体の国際社会に、がんとした態度を取れるようになるのやら… ところで、ここでもお伝えした、ケビン・コスナーの油分離装置を導入する話はどうなっているのでしょうか?この際、助けになるかもしれないなら、何でも試してみるべきだと思う。

ちょっとそこの方、押してかない?
スポンサーサイト
  1. 2010/05/31(月) 22:03:19|
  2. 環境問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

少年たちは海を目指す?

 今週末は、アメリカでは公式の夏が始まり、メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)です。お店ではセールがあって、庭でBBQしてビールを飲んで、地元の復員兵のパレードを見て、兵隊さん有難う、って日。首相が靖国参拝を云々外野からいちゃもんつけられる国の民としては、フクザツな心境になる日でもあります。日本の将兵の方々も、同じように国を護るために戦い亡くなられたのに、なぜ「有難う、お疲れ様でした」と言えないのだろうか、あなた方が護ろうとした国を、次世代を、私たちも護り続けていきますと意を新たにし合うことが出来ないのだろうかと。

 ま、そういう事は置いといて、子供たちは三連休を楽しんでいます。昨日と同じく真夏日和となった今日、わに息子達、若息子の親友ニコ君、そしてパサデナからミミさんの息子さんも来てくださって、今夜はお泊り会でした。一晩中テンパって騒ぎ立てないように、昼の間に弱らせるw 母たちがお茶をすすってまったりしている間に、わに夫が4人組ギャングを引き連れて海へ。弱らせるにゃ、水に浸けるが一番ざますww


 いつもなら空いているトーランス・ビーチも、今日は多くの人で賑わっています。レドンドのピアのある辺りは人出があっても、南側のトーランスの浜にまで沢山人がいるのは珍しいのですが、さすがの三連休、さすがの真夏日和。水も随分と温んできたし、正式な「ビーチ開き」は決められていませんが、今週末はタイミング的にも正に夏の始まり、ビーチ開きにぴったりだったようです。砂浜に穴を掘ったり、水鉄砲でバトルしたギャングたちは、びしょ濡れになって帰宅。次々にシャワーへ送り込み、晩御飯はお約束の冷凍ピザ。またまた、わに夫に男子4人を預け、母たちは居酒屋さっ


わに家の居間は凄いことになってますw


 行き先はトーランスの和食レストラン、HONDA。居酒屋気分なので、色々なオードブルをお願いして、まずは生ビールっすv お店の方も感じ良く、お料理もとっても美味しくて、お値段も手頃。紫蘇の葉にアボカドの薄切りとツナを挟んで天ぷらにし、辛い唐辛子ソールと甘いとんかつソース(?)を添えた挟み揚げが特に美味しかったです。これって、お家でも真似できなくはないけど、薄~い衣を破らずにパリッを揚げるのは難しそう。衣を漬けずに油を引いたフライパンでソテーにしてみようかな。ほっけに、ガーリックをまぶしたフライドポテトも美味しかった。これは新たな発見の味!市販の冷凍フライドポテトをよ、すりおろしニンニクとお醤油のダシを絡めながら炒ったら近い味になるかも。刻んだ紫蘇の葉を入れたら、一層美味しくなるんじゃないかな、と。これjは、プランターで大葉を育て始めるしか無いでしょう!(掌ぐっ!)

 美味しくて楽しいひと時…どころか二時間半ほど、だべる、食べる、飲む。心の洗濯いたしました。ミミさん、Girls Night-outのお付き合い、有難う。また、やろうね~v わに夫、毎度、毎度、ギャングのボス役も有難うv

  1. 2010/05/30(日) 22:06:42|
  2. ビーチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

松井vs.イチロー、エンゼルス対マリナーズの試合観ました

 今日は急に、夏のように暑くなりました。お日様カンカン照りの下、アナハイムのエンゼルス球場に、対マリナーズ戦を見に行きましたよ!ドジャーズのゲームは見に行ったことがあるのですが、今年から松井秀喜選手が所属するエンゼルスを見に行くのは初めて。行きたいな、と、思っていたら、ASPCA(全米動物愛護協会)との協賛で、割引価格でチケットが買えて、しかも収益の一部がASPCAに寄付されるという、見逃せない機会が!しかも、対戦相手がイチロー選手の所属するシアトル・マリナーズときたら、この機会を逃さずにはいられないでしょう!

エンゼルス球場はディズニーランドやナッツベリーファームと同じアナハイム市にあります


 エンゼルス球場は新しくてきれい、そして私の地元、甲子園球場より、ずっと大きい。わに一家の席は一塁側外野席。もちろん、目当ては一番ライトのイチロー選手です。足長い!体格いい!マジかっこいい!!そのイチロー選手、初回は四球を選び、その後、二塁、三塁へと盗塁成功。得点には繋がらなかったけど、「おおー、やっぱ速い!」と魅せてくれました。二打席目では安打。そして三打席目は9回表ツーアウト・ランナー無し、スコアは1-1と、ここで打ったらヒーローかも、という場面でしたが、生憎、見送りの三振。

イチロー、第一打席です


三塁へ盗塁成功!

 一方、エンゼルスは、主砲・ハンターが、第一打席でデッドボール食らって、いきなり病院送り。6番DHの松井選手は、始めの2打席は共に、走者を塁においての得点チャンスながらも、センターライナーでアウトとがっかりでしたが、9回の三打席目は安打で、走者交代。欲をいえば、もうちょっと活躍して欲しかったけど、豪快なライナー(センター真正面だったけど)を見られたから、いいとしましょうか。

 なんとなく続いて、試合は1-1のまま、延長戦にもつれこみます。ここまでは、マリナーズ4回表に二塁でもたついている間にホームに返って、いつの間に返ったの?な一得点と、エンゼルス8回裏のアブレイユのソロHRで一点と、正直なとこ、これといったヤマのないツマラン試合だったのだな。それが、10回裏になって俄然面白い場面に。交代したマリナーズのピッチャーが、安打、四球を与え、塁を埋めてしまったのです。2アウト満塁で、打者モラレスが満塁打を放ち、エンゼルスの劇的なサヨナラ勝ち。ゆっくりとベースを回って、高々とジャンプしてホームを踏もうとしたモラレス、急に迎えるチームメイトの真ん中から、ひょいと姿が消えたと思ったら… モラレス倒れてるし~!担架で運ばれて行ったし~!!
aasm3.jpg

 サヨナラ満塁打の事を「walk off grand slam」といいますが、モラレスは「walk-off」できなかったワケです。これは歴史に残る記録となるでしょう。イヤンな記録だけど。モラレスは骨折で今季絶望だそう。まだ若い選手なので、無事に復帰して欲しいものです。


応援のポチ、頂けると嬉しい!
  1. 2010/05/29(土) 20:46:57|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ハチ刺されが、こんなに痒いなんて(><)

 昨日、ビーチで蜂を踏んづけてしまって、足裏が痒くてたまらんです。蜂に刺されたのは、多分これで3度目。痛っ!で終わった一度目、少しだけ腫れた二度目、そして一日経ってもまだ赤く腫れて痒い今回。刺されてからの症状は、着々と進行中です。気をつけねば。蜂に刺されたら、痒くなるなんて知らなかったよ~

 いつも足元を見ながら歩いてるんだけど、沖合でイルカが跳ねたので気を取られたら、運悪く…(TT)蜂さん、ごめんね。海辺に蜂?と、思われるでしょうが、波打ち際に蜂が落ちているのは珍しくないのです。てんとう虫もよく見かける。謎だ。蜂を踏んだり、油塊を踏んだり、貝殻や硝子の破片も落ちているので、裸足で歩くべきじゃないんだけど、素足に砂浜の感触が気持ち良すぎて、つい裸足で歩いちゃう。

 蜂に刺されて痛痒い、に、関係ありそうな無さそうなニュースをふと思い出しました。昨日、ラジオで聴いた、ビン・ラディンとアルカイダに対するCIAのプロパガンダ作戦の話。洞窟で火を囲むビン・ラディンのソックリさんと少年たち。ビン・ラディンが彼らにウイスキーを勧め、性的マッサージについて語るという、ちょっとー!ビン・ラディンってば、同性愛者で、しかもペドすってよー!!ぎゃー!!を狙ったこのフィルム、実際に作成されたけど、使用はされなかったんだって。そのうちYouTubeに流出しないかなw

 ところで、ランキングの参加カテゴリーを、ロサンゼルス情報からアメリカ情報に鞍替えしました。ロサンゼルス情報参加ブログの中で、日参したいお気に入りがすっかり確立して、ランキングのページからウロウロと面白そうなブログを探すことが無くなったから。地域を広めて、もっとお気に入りを探索いますv

押してって頂けると嬉しいです(><)
  1. 2010/05/28(金) 22:59:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

クマー!!!

 左は、今朝のLA Timesに出ていた写真。農場の松に木に登ったまま、降りられなくなったブラックベアを麻酔銃で眠らせ、空気クッションの上に落としたところ。熊は無事に救出され、森の中に返されたそうですが、この写真、正に落ちてくるその一瞬を捉えたタイミングの良さ!朝から、インパクトのある一枚でした。ムササビ・スタイルのこのクマさん、コラ素材に使えそうw

 この件も含め、最近、LA周辺の住宅地でも野生動物が目撃される頻度が増加しており、住民の不安を煽ると共に、動物愛護家を心配させています。彼らが人里に降りてくるのは、山で十分な食料が得ることが出来ないから。野生動物に餌をやらないでください、人間の食べ物の味を覚えた野生動物は危険なので処分されます、と、この記事でも警告していましたが、野生動物と人間がなんとなく共棲していたコロラドのお山に住んだことのある私には、人間が後から来たのに、動物に出て行け、こっちに来たら殺すぞ、というのは、何とも微妙な心境。

 ブラックベアくらい、コロラドのお山の街じゃ、デッキで寝てたとかってのは日常茶飯事。家の前の木にピューマが獲物を引っ掛けてて、一週間ほど毎晩食べに来てた、とか、庭のプールでエルクが泳いでた、なんてのも、地元紙のネタにすらならない。ウチの裏でも、コヨーテが毎朝お食事してたし、いつも飼い主無しで歩いてる犬は実はコヨーテだった(始めのころ私は、放し飼いの近所の犬だと思ってたw)。猫や小型犬は外に放置する飼い主の方が間違っているのです。だから、わに家もクロが脱走した日にゃ必死で連れ戻しました。でないと、裏庭コヨーテさんの朝ごはんにされかねないからです。熊が荒らすから、ゴミは絶対に夜の間に出しちゃダメ、違反したら罰金$500なんて厳しい規則も、元は動物達の住処だった場所に間借りしている人間側の自己規制でもあります。

 そんな経験から、野生動物と人間、ある程度は互いに折合いを付けることが出来るのではないか、と、思うのは私の甘い幻想なのでしょうか。人里に降りてきても何も無いよ、と、ゴミ出しを徹底し、小動物を放置しない。それだけでもちがうとおもうのですが。ゴミは適当に出す、カワイイ野生動物は餌付けする、小さいペットを裏が林の庭で遊ばせる。で、クマが出たー!コヨーテが出たー!と騒ぐ。山火事多発地帯を開発して住宅地にする。断崖絶壁の真横、しかも地盤の緩い場所に家建てて、地滑りしたら訴える。ここの人間、自然をなめきってると思う。


 自然をなめたらエライ事になったの、現在アメリカの最大事例は、何といっても、メキシコ湾の原油流出。ところで、昨日は、BPに全責任を押し付けたはいいが、政府は何をしとるんじゃい?という批判に、政府も自分も全力で、竜出現封鎖と原油回収に対応し、全面的に関与してるんだと応酬したオバマ大統領、今日のキーワードは『suspend(一時中断する)』でした。アラスカ沖二ヶ所で予定されていた海底油田探索の一時中止、大西洋・バージニア沖とメキシコ湾での採掘権のリースキャンセル、新たな海底油田開発の許可を6カ月間凍結、そして現在メキシコ湾で行われている33ヵ所の深海油田探査の一時中止、と、『suspend』を四連発。大西洋やアラスカ沖の海底油田開発解禁は、つい3月に解禁されたばかり(その時の記事は、過去ログのここを読んでね)。

 これによって連邦政府は巨額の歳入を失います。なにしろ海底油田開発で、年に30億ドルのロイヤリティーと90億ドルの法人税を稼いでいるのですから。国内採掘量の一時的減量で、ガソリン価格が今直ぐ上がりはしないでしょうが、これを機に規制が厳しくなり、コストが上昇して、それが消費者価格にも影響を及ぼすのは必至。経済的にも先行き不安ですが、環境的には、もっともっと不安。昨日から始まった、漏洩箇所に泥を注入する「トップ・キル」作戦は、未だ成果がはっきりしない状態。こうしている間にも、野生動物たちはどんどん死んで行き、貴重な自然環境を持つ生息地が侵されています。とにかく何でもいいから、一刻も早く流出を止めることが出来ますように、少しでも被害が少なくすみますようにと願わずにはられません。そして、これを弾みに、代替燃料の利用・開発が急成長しますように、と。

  1. 2010/05/27(木) 23:12:48|
  2. 環境問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

すばらしき父さん狐、すばらしきインターネット

 昨日の昼前、急にインターネットが繋がらなくなりました。サポートに電話して、お決まりのインド訛りのおっさんに、あーしろ、こーしろ、と言われる通り、モデムを切ったり着けたり小一時間。全て無駄足で、地域的なものかも、本部にチケット送っとくわ、じゃ、Have a nice day!と言われて、結局、原因も判らなければ、復旧の見込みも立たないままで、ネット無しで、どうやって、nice dayを過ごせっちゅーねん?!?状態に。

 今朝、PCをオンにしたらつながっていたので、家族一同で大喝采でした。全員がネット中毒のわに家にとって、ネットの無い午後はしみじみと辛かった。こうしてネットを使っているという事実が、本当っ!に嬉しい。だってさ、昨日は、ここんとこお醤油系続きだったから、今夜はパスタにすっかーと、スパゲティー茹でて、なんとなくカルボナーラが食べたい気分~とネットでおいしいレシピを、と、思ってもネットない!メールは携帯で読めるけど、日本語入力が出来ないんで返事ができない!手持ち無沙汰なので、DVD借りてきて観たけど、その作品についての情報が見たくとも、やっぱりネット無い!完全に自分のネット依存症を、ビシビシ思い知ってしまったのでした…orz

 ともあれ、ネットの無い夜のお相手は、「Fantastic Mr.Fox」、ロアルド・ダールの絵本「すばらしき父さん狐」のアニメ化でした。なんだか懐かしいような造形の疑心化された動物たちのストップモーション・アニメで、動きがスムーズでないのが、かえって新鮮。音楽もなんだかノスタルジックで大好き。サントラが欲しいな。amazonのAmazon.comから視聴出来ます。主人公の狐父さんは、とってもダンディー(なんてったって、声がジョージ・クルーニーだもん)で、困った奴なのに憎めません。

 アカデミー賞にもノミネートされたのですが、今、調べた限りでは(ああ、ネットって本当に便利)、公開予定の無いような…?キャラクターが日本人的にカワイクないけど、クルーニー、メリル・ストリープ、ビル・マーレイ、ウィレム・デフォー、オーウェン・ウィルソンと、声優陣がエラく豪華なので、可能性は無きにしも有らず??家族皆で団欒時に楽しみたい暖かな小品でした。時には、ネットの接続を切って、家族でこんな映画を観るのもいいねと思ったわに一家…な、ワケはない!いやー、ネットってホントにいいものですね。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ…

0526-1.jpg
今日の海は不思議な色でした

 ところでね、メキシコ湾沖の原油流出事故については、毎日、興味深く、成行きを追っているのですが、フロリダ沖にタールボール(油塊)が流れ着いたことが大きく報じられて、そっか、フロリダ沖ではタールボールは珍しいのか、と、ちょっと驚き。何故なら、この辺りの沖ではタールボールはゴロゴロ転がっているのが普通。私なんぞ、しょっ中踏んづけてはトホホになっている。私の浜歩き用ゴム草履りは、底に黒いタールがべったり。だから何となく、沖で石油採掘してる地域では、タールボールは普通に付随してくるもの、と、納得していたのです。LAは、街の真ん中にタールピットがあるくらいだから、実際、本当に地下資源が豊かなのだろうな。昔は金も出たし、正に「Golden State(黄金の州)」だったのですね。今じゃ、金欠の州ですが…あう…orz

  1. 2010/05/26(水) 22:51:37|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アザラシはライフガードを目指す

 こんにちは、浜辺のゴミ拾いおばさん、わにです。お隣の街、マンハッタン・ビーチに買い物に行ったついでに、ビーチを散歩してきました。私のいつものお散歩コースであるレドンドからトーランスにかけてのビーチから、ずーっと続く砂浜の北側です。続いているとはいえ、マンハッタン・ビーチでは見かける貝殻の種類が少し違うし、砂浜の幅が広くので、より開放的な気分。ビーチに落ちてるゴミも少ない。いつもの癖で、つい拾ってしまいましたが、波と一緒に流れ着いたビニール袋の残骸が主で、ストロー、ペットボトル、アルミ缶、ペットボトルの蓋という、ビーチに来た人が捨てていった(怒)完全人害の、レドンドのゴミ主戦力とは一線を画しています。いやぁ、流石は「超」の付く高級住宅地だねぇ…

 昨日までは晴れていても、とても風が強くて寒かったのですが、今日は気持ちのいいお天気で、絶好のお散歩日和。ご機嫌で歩いていると、前方になにやら黒いものがモゾモゾしているのを発見。海から上がってきたアザラシでした。

 砂の上をシャクトリ虫よろしく、伸びて縮んでズルズルと、一路彼が目指すのは、

 ライフガードの見張台?!ライフガードが早速、地元の海洋動物保護団体に連絡を入れました。獣医さんが来てチェックを行い、弱っているようなら保護して、リハビリ施設に収容するのだとか。アザラシ君、少し動きが鈍かったように見えたのですが、「ライフガードのおじさん、ボク何だかだるいんだよ。お医者さんに電話してよ」と、やって来たのかな?保護団体のバンが到着したとこまでは見てたけど、時間が迫ってきたので、事の顛末は見届けることができませんでした。果たしてアザラシ君は保護されたのか、単にお昼寝に上がってきただけだったのか…


 ところで、さっき地元新聞のサイトを見たら出ていたトホホなニュース。伊良部投手が飲酒運転でとっつかまったんだって。それだけでもトホホなのに、それに続く彼についての経歴の紹介なんかがまた、「ヤンキーズ在籍中にオーナーにfat pus-y toad(太った女々しいガマガエル)と呼ばれた」とか、日本での8年間にわたるめざましい活躍の後、大きな期待とともに渡米したが、評判倒しで途中でキャリアが閉ざされたとか、もう、言いたい放題。なにか恨みでもあるの??その記事は、こちらから

  1. 2010/05/24(月) 22:33:10|
  2. ビーチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Old Torrance のアンティーク・フェア

 毎月第四日曜日には、オールド・トーランスで、アンティーク・ストリート・フェアが開かれます。西LAに住んでいた頃には、サンタモニカ空港で週末に開かれるアンティーク・マーケットによく足を運びましたが、入場料の必要なサンタモニカのマーケットとは違って、トーランスのフェアは路上なので入場料ナシで自由に見て回れるのが嬉しい。「アンティーク」と付くと、お値段がぼかーん!と上がるので、日頃、サルベーション・アーミーやグッドウィルのリサイクルショップを鋭意探索(`・ω・´)しては、お宝を見つけるのが好きな安物買いの私は、余程でなければ買うことはないのですが、見て回るのが好きなのだな。実際んとこ、アメリカで言う「アンティーク」って、日本人的感覚から見れば「レトロ」って感じで、「骨董」に至るにはまだ100歳ほど若い!って、思っちゃうんだけど。


通りに様々な商品を展示した屋台が並びます


キャンディーのような可愛いブレスレット


お店番のワンコたち

 トーランス・アベニューから、サトリ通りを入った辺りのオールド・トーランスは、ちょっとレトロな感じのお店や、美味しい和食レストランが並んだ素敵なエリア。少し離れると、静かな住宅地になりますが、芝生の庭のある小さなコテージ風の家が並び、大きな街路樹が影を落とし、いかにも、アメリカの中流家庭の住む古き良き郊外の街、って感じで大好き!今日はね、珍しく、お買い物をしましたよ。キノコ模様のOld Pyrexの丸いレフ、蓋がないので$1.50でしたv
  1. 2010/05/23(日) 23:05:40|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アメリカといえば、まずはBBQ

 来秋、高校に入学する8年生の、学校バンド所属者とその父兄対象に、高校のバンド部説明会がありました。ただの説明会だけではなく、屋外でBBQしてハンバーガーかホットドッグ、ソーダ缶、ポテトチップ、サラダのランチ付き。アメリカのとっても典型的なイベント・ランチです。子供たちが、各楽器のグループに分かれて交友を進めている間に、父兄は音楽室で説明を聞きました。いやー、監督、喋る、喋る。父兄代表のお母さんも喋る。さすがの私も脱帽です。

 アメリカの中学には、日本のようなクラブ活動が存在しないので、日本の部活的なものは、高校から始まります。中学では、地域のスポーツチームや趣味のサークルに所属し、高校では、先生が顧問、監督、コーチを兼ねるのではなく、専門のコーチを擁して、本格的に取り組みます。就学時間中に、部活の練習時間が講義の一環として組み入れられるので、う学校教育の一環という取り扱いになるのでしょうか?日本とは全く異なったシステムで、上息子と一緒に私も、システムを一から習っていくことになりそうです。中学では、親の出る幕が減って退屈していたので、父兄ボランティアの仕事が一杯、と、聞いて、ちょっとワクワクかも。

 マーチングバンドは、フットボールの試合でのハーフタイムショーに、コンテスト、そしてコンサートと、活躍の話も多く、勿論、練習も厳しい。飽き性で甘ったれの上息子が、ちゃんと付いて行けるかどうか、母としては、やや心配・不安ではあるのですが、高校生活中ちゃんと続けてくれれば、得るものはとても大きく、人生の宝物となるでしょうから、母は可能な限り応援したいと思っていますが、これは本人が頑張ってくれなきゃどうにもなんないので、今から悩ましい。

 バンドっていいな、と、思ったのは、まず私自身が音符も読めなければ、弾ける楽器も無いので、羨ましいというのが、まず第一にあるのですが、今日、監督が仰っていた「バンドに補欠はない。誰もが皆、自分のパートを熟す事を期待されている正選手だ」という言葉に、確かにそうだ!と、目からウロコ。一部の選手が華々しく活躍する裏に、ベンチをあっためる者、ベンチにすら入れず客席応援組の者の方が多いスポーツとは違い、バンドは全員参加のチームスポーツです。これは素晴らしいことだと思いました。息子達も、その意味を判ってくれるといいんだけどな…

今日のおまけ:卵のスマイリー・フェイス


 夜、借りてきたDVDでクエンティン・タランティーノの「イングロリアス・バスターズ」観たんだけど、出てくる女優さん2人が、どちらも美しかった~!タラちゃんは、美しい女優さんを美しく撮るのが上手いよね~

  1. 2010/05/22(土) 22:23:17|
  2. アメリカの学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

救世主はケビン・コスナー??

 メキシコ湾ルイジアナ州隠岐で漏れ続ける原油は、遂に沖合に到着し、海流に乗って外海に向かいつつあります。既に油にまみれた多くの野鳥やウミガメの死体が確認されているにも関わらず、流出を食い止める目処は未だに付かず、一体どうなってしまうのだろうと不安が募ります。対策の指揮は相変わらずBPに任せられており、政府側がもっと介入して、軍を動員して油膜をこれ以上拡散させないよう大規模戦略を展開するとか、なにか出来ないものかと、もどかしく思います。こうねれば仁会戦略ですが、いつyもはクジラだ、イルカだとキャーキャー騒いでいる、自称環境保護団体の連中は、一体何をやってるんでしょうか?捕鯨船にぶつかりに行く度胸があるなら、少々毒ガスを吸い込む位で怖気付かずに、バケツで油膜をすくうくらいのパフォーマンスは見せて欲しいものです。

 そんな閉塞した状況に、意外な助け舟がだされそうです。俳優のケビン・コスナーが自費2400万ドルを投入し、過去15年に渡って投資し続けてきた、遠心分離機タイプの油分隔離機--その名も「オーシャン・セラピー」が、来週、海岸警備隊によって設置されるそうなのです。このニュースはここから読めますが、ケビン・コスナーといえば、出てきた頃はハリソン・フォードのソックリさんという認識だった人、{Dances with Wolves」で頂点を極めてしまって、その後はずるずると滑って落ちた過去の人、なんて印象を持っていましたが、実はこういう事を行っていたとは!いやはや全く、失礼いたしましたm(__)m

 ステンレス製の巨大なバキューム掃除機のような機械を荷船に乗せて油の混じった水を吸い込み、高速でグルグル回して、一歩に油を、もう一方に水を吐き出させるというこの技術は元々、1989年のエクソン・バルディーズ号原油流出事件後に、エネルギー省の助けを借りて開発されたもの。この開発には、ケビン・コスナーの5歳年上の実兄・ダンが関わっており、1993年にコスナー兄弟がエネルギー省からライセンスを買取って、以来、一層の調査と開発に投資を続けてきたのだそうです。

 コスナーのビジネスパートナーでルイジアナ州弁護士のジョン・ホータリング氏によると、最終的には26機をメキシコ湾に派遣する予定で、一番大きな機械は、1分間日に200ガロンの油混じりの水をきれいにすることが出来るそうで、これは漏れている分量よりも速い。そして、これを10機設置すれば、一日に200万ガロンの分離が可能になる。自費とも、是非とも、成功して欲しいものです。コスナーさんは、つい最近、「Field of Dreams」の球場を買わないかと持ちかけられて断ったニュースが報道されていましたが、球場なんて買ってる場合じゃなかったのね。私も、いきなりファンになっちゃったよ~

  1. 2010/05/21(金) 22:53:43|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

アリゾナ州の反撃にLA市ピンチ?!

It's getting really ugly... both out there and down here.

 ロサンゼルス市が、アリゾナ州の決議した新移民法、SB 1070に抗議して、経済制裁を決めたことに対するアリゾナの逆襲が始まるかも知れません。市の電力の四分の一を供給しているアリゾナ州内の発電所からの送電を止めるというのです。これは、アリゾナ州のビジネスと公共事業を取り締まる委員会の5人のメンバーの内一人、ゲイリー・ピアスのLAオフィシャル宛の手紙に曰く、「もし経済的ボイコットが本当にあなた方の望むものなら、貴市との電力供給合意を見直し、アリゾナ州からは一切電力を受け取らないよう、アリゾナの発電所に喜んで促しますよ。アリゾナの発電所は、大喜びで、あなた方と手を切りたがるでしょうね(If an economic boycott is truly what you desire, I will be happy to encourage Arizona utilities to renegotiate your power agreements so Los Angeles no longer receives any power from Arizona-based generation,I am confident that Arizona's utilities would be happy to take those electrons off your hands.)」だってさ。

 一方、LA市側は、アリゾナ州内に位置するとはいえ、LA市水道・電気局とアリゾナ州が共有する発電所だから、勝手にアンタ達が決められないよん!と、反論。それに全米に輸入される製品の4割は、ウチの空港や港から来るんだからね、そっちがその気なら、ウチだって、ウチ経由の輸入品はアリゾナには運送してあげないって言えるんだからね!と、なんだか、まるで子供の喧嘩のような様相になってきましたよ。なんだよー、もうオマエんとこには電気送ってやんないぞー!へーんだ、そしたら、オマエんとこには荷物送ってやんないからなー!ってか?実際そうなれば、双方で失業者が増えて、どっちも困ることになるだけなんだけどねぇ…

 昨日、オバマ大統領が、移民法を仕切るのは連邦政府の仕事だから、アリゾナは勝手に先走りせんと連邦に任せとけ、って言ってたけど、ほんと、連邦がしっかり移民法を施行しないからこういうコトにもなるわけで。これを契機に、連邦も制度引き締め、移民問題にも力を入れてくださいな。

 ところで、政府対地方といえば、政府側が普天間父移転の一環として、基地機能の一部を移転する代わりに、借金帳消しなどの条件を持ちかけていた徳之島の三町長が、あらためて反対の意思を表明しました。実に潔い!それに比べて、政府側の卑屈さと来たら… ああ、いやだ、いやだ!
  1. 2010/05/20(木) 23:05:10|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

LAは、ぼっけえ、きょうてえ!

 ガーデナのBook Offに、他の宗像教授シリーズはあるかと探索に行ったわにです。お目当ての本はありませんでしたが、はい、代わりに「ぼっけえ、きょうてえ」を買いました。怖い話は苦手なんですけど(理由は怖いから)、この本は良い評判を聞いていたし、何より明治期を舞台に民間伝説的な要素を大きく含んだ作品らしいということで惹かれたのです。昨日から「宗像教授シリーズ」に嵌ってるのも、この民話・伝説・奇談系に食指が動いてしまうせいやし。これってきっと、テレビで見ていた「まんが日本昔話」に根っこがあるんではと思います。なぜか柳田国男を読んでも、脳内ナレーションの声が、市原悦子と常田富士男なんだもんw

ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫)ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫)
(2002/07)
岩井 志麻子

商品詳細を見る

 で、今日買ったこの(↑)本ですが…ぼっけえ、きょうてえ!!!!(←岡山の方言で、とても怖い、って意味だそうです。)表題作を読み終わったとき、泣きそうなった。これは後を引く。読むんじゃなかった。でも、もう遅い(号泣)

 でも、同時収録の他3編はネタとオチが同じで、読み終わる頃には飽きてしまいました。それに、表題作の最後にドン!とくる怖さには、とても及ばない。岡山弁による独特の語りも雰囲気を盛り上げているのですが、同じ文調が続くと慣れちゃうし。「耳元に生臭い息がかかる」というのが共通して使われているモチーフなんだけど、つい、うちの肩乗り黒猫の鼻息を思い出してしまったw

 横溝正史と岩井志麻子のおかげで、私的に岡山県は大層怖いところであるという偏見が植え付けられました。でも実は、私の住んでいるロサンゼルスも、どえれー怖いところである、と、思ったのが、今日観た映画「フェイク・シティ ある男のルール(原題:Street Kings)」です。偉い人は汚職しまくり、弱みを握れば即脅迫、街には機関銃をもった輩がウロウロし、刑事はいきなり踏み込んで問答無用で皆射殺、丘の上には死体が埋まってるし、道では逆行してカーチェイスおっ始めるし、韓国人に「コンニチワ」言ったらフルぼっこにされるし…

 かつては、アメリカはメルティングポットなどと言われたものですが、全米でも最も様々な人種、文化が共存し、その歴史も長いこの街においても、互いに融合しあっているなんてことは、ただの幻想に過ぎないことが、如実に示されているような映画です。Multi-raceな子供たちが生まれ始め、増えつつある今、やっと、いつか人種による違いは少し重要性を失うかもしれないという期待を、私は持っているのですが、この映画のヒーロー演じるキアヌ・リーブス(幾つになっても若い人だね。警官歴の長いベテランってのが説得力無いほど若く見える)は色々混じってるのに、この映画の中では「ホワイト」って立場で思考・行動する役です。偶然なのか、意図的なのか、悪いヤツは黒人、チンピラな手先はラテン系、で、良いヤツは白人って配役が意味深。

 ところで、人気TV番組{House」の主演、ヒュー・ローリーが出てるんだけど、薄いの、後ろが(泣)!「House」の時はカツラだったの?知りたくなかったー!

  1. 2010/05/19(水) 22:20:30|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

はまってしまった…orz

 さんざん大騒ぎして、引っ掻き回して、怒りを買って、呆れられた普天間基地移転問題は、初期案通り、辺野古埋立てで落ち着きそうだとのニュースを読みました。結局、無駄に騒いだだけだったの?でも、もし、この案をアメリカ側が受け入れたならば、私的には、一層オバマ政権への不審が募りそうです。オバマ大統領は、環境保護云々って散々選挙中に言ってて、メキシコ湾の原油流出でも環境への懸念を何度も表明しておきながら、他所の国なら貴重なサンゴ礁を踏み倒してコンクリで固めてもいいんかい?ってなっちゃいそう。珊瑚礁といえば、グレートバリアリーフ近海で中国籍タンカーが原油を流出させた事件は一体どうなったのでしょう?その後、全く続報を聞かないのですが…??

 話は急に変わりますが、お米が切れたので、ローリングヒルズの日系スーパー、虹屋さんへ行きました。わに家は、NIJIYA特製オーガニック玄米が気に入っており、お米はこれと決めてるんである。玄米とはいっても、炊飯器で普通に炊いてるし、塩をパラパラ振って炊くと、ほのかな塩味が美味しいのです。いやー、ご飯は炭水化物だし、食べ過ぎはマズいんだけどさー

 で、ついでに同じショッピングモール内のBook Offへ。ロサンゼルスは日本の本の古本屋さんまであるんだから、本当にすごいよ。100円コーナーならぬ1ドルコーナーを見ていると、星野之宣氏の「宗像教授伝奇考-第8集」が、目につきました。星野氏の「妖女伝説」は名作だよね。お友達が「傑作だ!」と、わざわざ日本から送ってくれたのですが、何度読んでも、その発想の凄さには感服します。その星野氏の民俗学をテーマにした作品かぁ、と、中を見てみると、一話完結型で、別に一冊だけ読んでも、話の途中ってわけでもないみたい。ま、1ドルだし読んでみるか…って、ちょっと、何これ、面白すぎ!

宗像教授伝奇考 (第1集) (潮漫画文庫)宗像教授伝奇考 (第1集) (潮漫画文庫)
(2004/01)
星野 之宣

商品詳細を見る

 調べてみたら、伝奇考全8巻のみならず、「宗像教授異考録」が既に12集まで出ていて、未だ連載中だってぇ言うじゃないですか。こんなの知ってしまったら、読みたいじゃありませんか。んでもって、1冊1300円とか、えらい高いじゃありませんか。1ドルが、えらい散財へと繋がりそうな悪感ひしひし…あう…

  1. 2010/05/18(火) 22:17:13|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリゾナのバスケチーム試合の前に抗議活動、その真相は

 昨夜から持病の偏頭痛が出て唸っていました。西LAに住んでいた時に、おっかなびっくりしながら鍼を試してみたら、頭痛の頻度が減ったので、また鍼治療を受けたいと思っています。西LAでは、診療所が鍼治療も提供してたので、医療保険が使えたのですが、今住んでいる所でも、保険の使える針灸マッサージを探さなきゃ。

 私は文字通り頭痛なんだけど、アリゾナ州の新移民法も,多くにとって頭が痛いトンデモです。今夜のNBA、LAレイカーズ対フェニックス・サンズの試合の前には抗議活動が行われ、いくらサンズがアリゾナのチームだからって、選手はチームからチーム,州から州へ渡り歩くものだし、別にバスケットボールのチームまでボイコットを訴えんでも…と、思ったら、アリゾナから来たチームではなくて、レイカーズのコーチ、フィル・ジャクソンへの抗議だったw

 コーチは普段から暴言男として知られていたそうですが、今回は、合法移民証明書の常時携帯と、警官に違法移民と怪しまれる人物の尋問を義務つけた、この新法を擁護する発言をやったらしい。曰く、「私がクレイジーなのかな?それとも、議会が『合衆国移民法を州にも採択しただけ』ってのを聞いたのは、私だけなのかな?(“Am I crazy, or am I the only one that heard [the Legislature] say, ‘We just took the United States immigration law and adopted it to our state?’ )」だって。連邦移民法じゃ、そんな事、決めてませんが。むしろ、大統領は人種差別に繋がりかねないと批判していますが。

 これは日本で例えると、広島カープの監督が原爆投下肯定をマスコミに表明したようなもの。個人的にどんな意見を持とうが、それはコーチの勝手だけど、移民人口の占める割合の多い街のスポーツチームを率いる立場で、公共電波でそれを言っちゃあオシマイよ、なんではないの?LAレイカーズという組織に所属する人間として、立場をわきまえた発言をする事も重要だと思う。チームを支持する多くのヒスパニック系ファンの心情を無視した無神経な発言は、如何なものか?それは、言論の自由云々以前に、大人としての配慮じゃないの?

 現代は、インターネット、特にフェイスブックやツイッターなどの交流目的とした手軽なメディアを通じて、自分の発言が簡単に、自分から離れて公共のものになってしまいます。チラシの裏の呟きが、瞬時に世界中に公開されちゃう。余りに日常化し過ぎて、その事を忘れ勝ちだけど、そう考えたら、結構心臓に悪いや。膨大な情報や、意見や、ガセネタや、独り言や、その他もろもろが溢れかえっているけど、常に節度は保てちたいものだ、見た人が不快感を催すようなことは出来るだけ避けたい、と、個人的に思うのでありました。その割にいつも攻撃的だな、って?スミマセン…

  1. 2010/05/17(月) 23:04:08|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

未来のオリンピック選手?

 カリフォルニア州に越してきて今年で3年目。過去二回の4月、5月は、春を飛び越して急に夏になったような気候だったのに、今年はなんだか曇り空の日が多くて、今日も薄寒い。せっかくの月と金星の大接近も、厚い雲の向こうで残念です(><)

 浜辺に散歩に行ってみたら、生憎のお天気にも関わらず、ビーチを楽しむ家族連れが何組もいましたが、水は灰色で冷たそう。私は相変わらず、ゴミを拾いながらビーチグラスを探していたのですが、お友達のナンシーの一人娘、7歳のシェイナちゃんが倒立や大車輪、前転を披露してくれました。体操クラブに通っているだけあって、お見事!拍手喝采です!うちの息子達も、コロラドに住んでいた頃、地元コミュニティーセンターの体操クラブに入ってたけど、こーんな爪先までピンと緊張感ある倒立なんて出来なかったよ。おばさんは、ちょっぴり感動してしまった。



  1. 2010/05/16(日) 22:04:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

純米酒・Coy に恋しました

 若息子の通っていた西LAの小学校へ行ってきました。去年まで運営委員を務めた、インターナショナルフェスティバルが、今日だったのです。懐かしい顔にたくさん出会い、かつてのお隣のカップルとも再会できて、素敵な一日でした。去年までは、何ヶ月も前から、このフェスティバルのために毎日走り回ってたものです。あちこち電話をかけたり、食べ物の寄付を募るために近隣レストランと交渉したり、特製Tシャツを作って販売したり… 準備で忙しかったなぁ… 今迄は、当日もチケット販売やボランティアの管理で入口付近に張り付きっぱなしだったので、フェスティバルを見て回ったのは今年が初めて!いやー、なかなか良い感じじゃないv(←ちょっと自画自賛w)。快晴で、気温は高すぎず、風も吹いて、お天気も最高。なぜか名誉委員として、スタッフの黄色い帽子を貰ったのですが、いつの間にか一緒に働いていました、なんてコトになる前に逃げ帰ってきましたw


シャボン玉のテントは今年も盛況


アフリカ象亀は人気者。のそのそ歩きまわって可愛いかった!


 夜にはお友達一家と、地元のヨットクラブ、The Portfino Hotel & Yacht Clubで、ディナーをご一緒したのですが、食後のデザートの苺と共に日本酒が供されたのが面白かった。Coy(恋?鯉?来い?)という、とっても軽いフルーティーな味のお酒で、まるで発泡酒のようなちょっと舌を刺す酸味が爽やか。苺にシャンペンは定番だけど、苺に日本酒もいける!とっても気に入ったので、家に帰ってからネットで調べてみたんだけど、新潟のIchishima Karen Coyって純米酒が出てきました。これだったのかな?お店で聞けばよかったんだけど、デザートの時には、大人4人はワインを2瓶開けて、すっかり出来上がってたので、聞き忘れちゃったのです。これ、注文してみよう…

 このレストラン、レドンドビーチにあるけど私は初めて。お店特製の白ワインが「Evolution: Luck? Intention?」って変わった名前で、こちらも軽くて美味しかったですよ。

特製ワインのラベル

  1. 2010/05/15(土) 23:23:45|
  2. アメリカの学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

失言王、見参!

 先日の米国議会公聴会での責任転嫁合戦で、世間を呆れさせたBPと、その関連企業ですが、今度はBPのCEO、トニー・ヘイワードが、イギリスの新聞に、メキシコ湾での原油流出は「広い海の中じゃ、ホンの小さなモン」とコメントして、批判にさらされています。ただでさえ公聴会での醜態には、オバマ大統領自身が「このザマにアメリカ国民が感心したとは言い難い。私も呆れている(The American people could not have been impressed with that display, and I certainly wasn't.)」と言ってるくらいだというのに、まーた、こんな失言して、アメリカの一般大衆を敵に回したような。トヨタが平身低頭したのと、全く対照的です。

 しかも、今後わんさかと法に合わない要求をふっかけてくるに違いない、なぜなら、「This is America. Come on.」とやったらしい。もう既に非難の対象で、ボイコット運動が始まっているとはいえ、それこそ油膜をすくいとらなきゃなんない状況だってのに、油に火を注いでどうする?って感じですね。ドラえもんも打つ手が無いよ。BPのイメージ戦略を受け持っているのは、世界的な最大手広告会社の一つ、ブランズウィック・グループだそうですが、きっと担当者は今頃、「わっちゃー!」と、頭を抱えているでしょうね。世界的巨大企業であり、陰謀渦巻く世界を牛耳るBPのトップに立つような人物ならば、大胆にして深慮の傑物かと思いきや、ただの口が暴走族なおじさんだったの?

 それにしても、グリーンピース、シー・シェパードを筆頭に、いつもはしゃしゃり出てくる環境保護団体の連中が、この惨事を少しでも食い止めるべく奮闘!なんて事は全然伝わってきませんね。実は売名行為と人種差別の大好きな口だけ集団であることが、すっかり露呈してしまいました。暴言王と口だけ集団。良いコンビになりそうですw

  1. 2010/05/14(金) 22:15:35|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロサンゼルスがアリゾナ・ボイコット決定!

 日本では起こりえない事態です。ロサンゼルス市議会は、アリゾナ州へのボイコットを賛成多数で決議しました。これは先の、アリゾナ州が不法移民摘発強化法案を成立させたことへの報復で、アリゾナ州に本社がある企業や政府機関との取引停止、市職員の公費でのアリゾナ出張自粛というものです。

 勿論、これは急に湧いて出た決議ではなく、5月1日のメーデーには、自らもメキシコ移民二世であるアントニオ・ビヤライゴーサ市長がアリゾナ州法反対を訴えて参加しており、ヒスパニック系移民の多いロサンゼルスでは、アリゾナに対する反発が高まっていました。人種にかかわりなく「不法移民」は存在しますが、一般的に標的とされるのは、マジョリティーであるヒスパニック、特に地続きのメキシコからの移民ですから。同じくカリフォルニア州の、サン・フランシスコ市、オークランド市、サン・ディエゴ市でも、同様の決議が採択されています。

 アリゾナ州といえば、日本人にも人気のグランド・キャニオンやセドナのあるところ。つまり、国際的に有名な観光地でもあるのです。私も今年初めに訪れたばかり。正直なところ、アラバマやミシシッピなどの南部州ほど人種差別の激しい場所という印象はなかったので、この新移民法には驚いてしまいました。私自身も英語に訛りのあるアジア人種ですから、おっかなくて、当分はアリゾナには行きたくないかも。もし私がアリゾナ州住民だったら、このブログなんかでも「すみません、すみません、ウチの州がほんとにアホですみません」と、肩身が狭かったろうと思います。で、警官に尋問された時のための、グリーンカードを常に持ち歩く、と。いや~ん。

 だからといって、そのアリゾナを正式にボイコットしちゃう市(正確には郡だけど)住民としても、あんまり胸を張れたもんではありません。だって、州市町村の自治権力が違うとはいえ、大阪市が静岡県の決めたことが気に入らないからって、市民は富士山登山自粛、お茶は飲まないぞ!って感じみたいなもんでしょ?なんだか大人気ない気もします。いくら、州の自治権が強いと言っても、これは連邦の政治力の弱さも示唆している感もあります。日本は中央が政治的決定力を持ちすぎだと思うけど、アメリカはその逆かなぁ?


クロさん、どう思います?
猫だから知らんみゃ!

  1. 2010/05/13(木) 23:15:14|
  2. アメリカ経済・政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今一度、石油依存を考え直す時

ぎゃははは!

 と、いきなり笑い出さずにはいられない、メキシコ湾での石油細工施設の爆発による原油流出に際する、関係企業の責任の擦り付け合い。昨日から開かれた今回の事故に関わる安全対策に対する米議会公聴会では、BPアメリカのラマー・マッケイ社長、掘削請負会社のトランスオーシャンCEO、スティーブン・ニューマン、ハリバートンの幹部が丁々発止。まずはオバマ政権が、今回の事故はぜーんぶオマイラのせいだかんな、処理費用と補償金払えよと、BPに言えば、BPアメリカのマッケイ社長が、原油流出はトランスオーシャン社が原由流失防止装置を修正したからだと罪をなすりつける。ニューマン最高経営者は、ハリバートンの請け負ったリグのセメント接着作業の不備だと矛先を向ける。このままいけば、何万年か前にこんなトコで死んで石油になんかになりやがった、お前ら恐竜が全部悪い!ってことになったりして(げらげら)。

 本当は全然、笑い事ではなくて、今この瞬間にも原油はドボドボ洩れており、甚大な環境被害を広げています、漏出箇所にドームをかぶせる安珍・清姫大作戦(←勝手に命名)は失敗に終わり、ゴミを詰める、小さめのドームをかぶせる等の試みが続けられていますが、原油が沿岸に流れ着くまでに流出を停める術も、全ての油膜をすくいとる見込みもありません。それにしても、本当にセメント接着作業の不備と非常停止装置が稼働しなかったのが原因なら、ここには、万が一の時のための予備索を予め準備して、「大丈夫だ!こんなこともあろうかと!」な変態力を持つ技術者はいなかったのか、と、悔やまれます。

 それにしても、このニュースを聞いて今一度、トヨタはなぜ抵抗しなかったのだろう?という疑問が沸き起こりました。日本的には潔く非を認める方がよしとされますが、この件でも判るように、とことん責任回避に努める…といえば悪意満々ですが、最後まで自己弁護をすることで、こんなコトになっちゃったけど自分は誠意を尽くしたんだと主張するのがアメリカ社会です。さっさと非を認めれば、ほーら、不備が判ってて隠してたから、後ろめたくて自己弁護も出来ないで謝っちゃった、と、解釈されかねません。トヨタは一連のアクセル加速、ブレーキ問題で、この過ちを犯しました。自社製品ではない電子制御装置の不備が下人として伝えられたにも関わらず、そのメーカーのことに触れないまま、豊田社長は議会でひたすら謝ってしまった。日本なら美談でも、アメリカでは通用しません。

 また話が逸れてしまいましたが、とにかく一刻も早い流出防止の成功を祈るばかりです。メキシコ湾は鯨クロマグロを含む魚介類の繁殖地でもあり、沿岸の湿地帯は複雑かつ独特の生態系を残す大変に貴重な地域です。勿論、ワニも沢山棲んでいますから、私的には我が同胞たちも心配だ。また、潮の流れが早く、早く術を打たないと、外界に汚染が流出してしまう可能性もある。地球全体の環境が大きな危機にさらされているのです。責任の擦り付け合いは程々に、とにかく対策案に全力を講じて欲しい。

 せめて、沿岸石油採掘の危険が白日に曝された今、つい先ごろオバマが解禁した領海外大陸棚での石油採掘(そのニュースに関しては過去ログのここを参照してください)を考え直す機会となれば良いのですが。先日、サンタ・バーバラに行った時も、風光明媚な海岸線から、沢山のリグが望めました。もし、同じような事故がここで起これば、アメリカのガラパゴスと呼ばれるチャネル諸島の豊かでユニークな生態系は壊滅状態になるのでは… そう思うと本当に寒気がしました。この事故を機に、太陽熱、風力、潮力など、一層の代替エネルギー開発へ弾みがついて欲しいと思います。

  1. 2010/05/12(水) 23:18:51|
  2. 環境問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本の議員候補者選択が謎過ぎる

 私の住むカリフォルニア州の知事は言わずと知れた、ガバネーターことアーノルド・シュワルツネッガー。過去には、元俳優の大統領、ロナルド・レーガンも生み出したお土地柄。だけど、有名ならそれでいいのか的な日本の議員候補選びには、どうも首をかしげてしまいます。タレント議員、って言葉は新しいものでも何でもないけど、参院・衆院議員や市長、知事など、政治の要に、元スポーツ選手、芸能人の方々の占める割合が、どんどん大きくなっているように見えるのは、単に、彼らが特に目立つから、だけなのでしょうか?

 そしてここに、民主党から歌手の庄野真代さん、柔道の谷亮子選手が出馬表明とのニュース。庄野さんは、音楽の違法ダウンロードを何とかしたい、谷さんはスポーツ振興に努めたいというのが出馬の理由だそうですが、彼女たちは政治についての知識はどれだけ持っておられるのでしょうか?テーマがあるのは良いことでしょうが、今、日本が危機にある中で、違法ダウンロードを規制したら、スポーツを振興したら、日本の債務問題や外交問題への解消に繋がるのでしょうか?天下泰平の世の中なら兎も角、多くの問題を抱えた現況では、国会議員には単一目標だけではない、日本国全体の利益を考えることの出来る人材こそが必要とされているのではありませんか?今こそ、政治のプロ、経済のプロ、外交のプロの存在が、日本の国会には必要だと思います。


もう一つ、アメリカでも候補ねた。こちらはプロ中のプロですが。

 引退を表明している御歳90歳のジョン・ポール・スティーブンズ連邦最高裁判事の後任に、オバマ大統領はエレーナ・ケーガン訴訟長官を指名しました。葉巻とビールとソフトボールが好きな50歳のケーガン訴訟長官は、ハーバード大学ロースクールの学部長を務め、クリントン政権下のホワイトハウス顧問でもありました。野党である共和党からの反対はあるでしょうが、ま、これは恒例みたいなもんで、別に文句の付け所も無いケーガン氏は承認されるでしょ、ってのが大方の見通しです。そうなれば、一気に最高裁に占める女性判事が3人に。それは良いのですが、唯一のプロテスタント最高裁判事のスティーブンズ氏の代わりに、ユダヤ教徒であるケーガン氏が入ることで、合衆国最高裁判所は、カトリック教徒ユダヤ教徒が占めることになるんですね。黒人もいる、女性も増えた、ヒスパニック判事もいる。でも、イスラム教徒の判事や無神論者の判事はいない。黒人大統領をいだき、最高裁のメンバーも一見多様化を果たしているけれど、キリスト教徒とユダヤ教徒が重職を占めていることに変わりはなく、この国は改革しつつあるような、実は変わってないような…

 でもね、これはウワサ、あくまでも噂ですけどね、ケーガン氏、実は同性愛者?って声もこっそり。これが、単なる火の無いところにドライアイスの煙なんてのじゃなくて、本当に彼女がレズビアンで、それを認めつつ最高裁にて判事の職に就けば(共和党が騒ぐから、カミングアウトは承認されてからでw)、これは正に改革。ちょっとだけ期待…v

  1. 2010/05/11(火) 23:01:43|
  2. 政治・外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アメリカ人夫とペット、どっちが良い聞き手?

 新聞によりますとぉ、ペットを買っている既婚女性の3分の一は、ペットは夫より良い聞き手であると思っているそうです。この記事は、こちら。正直言って、言われてみれば確かに私もしっかり犬猫に話しかけてます。家族の寝静まった後、夜中に一人で仕事しながら、PCの横に陣取ってるクロに仕事の相談したりして。一概に猫たちは、人間が何か勝手に音を出してるみゃ、って感じでお尻を向けてるだけなんだけど、そのお尻に向かって、「このthatはここのことかねぇ、それとも、こっちに繋がるんかなぁ?ほんま、はっきりせぇっつーねん!」なんてボヤいたり。我ながら虚しいことやってるなぁ(T▽T) それでも、死んだチップはちゃんと私を見て話を聞いてくれてるみたいだった。同じ犬でもサイモンは、とにかくボクを撫でろ、話はそれからだ、って態度w

 一方、ペットに相談すると答えた既婚男性は4%だけ。でも、この結果に対するフェイスブックでの反応は、「そんな事ない。僕はペットに何でも話すよ」「ペットは飼い主の気持を全て判ってるんだ」という意見で溢れかえったそうな。わに夫が犬猫たちに真剣に話しかけてるところは見たこと無いけど、実は妻の私が知らないだけか?!因みに、この話をわに夫にしてみたら、最初の返事は「Huh? What did you say?(へ?何だって?)」だった(怒)

 この調査の対象はアメリカ在住の既婚者だけだけど、思えばうちの母も夜に、梳いても梳いても抜ける犬の毛を延々梳きながら、色々と話しかけてました。ペットに話しかけるのは、実は万国共通かも。あなたはどうですか?

  1. 2010/05/10(月) 23:39:10|
  2. 国際結婚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

NINE: ナイン

 今日は母の日、お母さんに感謝すると同時に、私も母の一人としては、世界中のお母さんどうし、お互い色々あるけど頑張ろう!と励しあう日、でもあると思います。でも、私自身の母の日における所望は、頑張るとは逆の、「朝起こすな」でした。朝寝最高!一日中、のんべんたらりして、お昼は息子がサンドイッチ作ってくれたし、晩御飯はわに夫が冷凍ピザを温っためた(←これしか出来ないw)。

 夜には、借りてきたミュージカル映画の方の「ナイン(NINE)」を観ました。アニメーションの「ナイン:9番目の奇妙な人形」も暫く前に見たけど、終わり方のあっけなさに呆然とした。人形たちは可愛かったし、映像も面白いけど、お話的にはこれだけで長編に付き合わされるのはきつい。9繋がりでは、「第9地区」も見たけど、これは、事情は違っても、多くの乗組員を載せた宇宙船でやってきて地球で苦労してるバルタン星人(この映画じゃ異星人はザリガニじゃなくてエビだけど)の悲哀みたいな映画だった。面白かったけど、実は30分でまとまるんじゃね?

 で、今日見た「ナイン」は、目の保養といいますか、タイプも様々な綺麗な女優さん達が一杯出てきてセクシーな衣装で歌い踊る、スター新春かくし芸大会のような豪華な映画。ディーバ、ソフィア・ローレンと、デイム・ジュディ・デンチの75歳大姐さんコンビも素晴らしく、イタリアの風景は何処をとっても絵葉書のように素敵。主人公の愛車の水色のアルファ・ロメロも可愛くって、衣装は舞台衣装も普段着も全てファッショナブルの一言。まるでスイーツのバイキングみたいな贅沢さです。フィナーレの高揚感も、いかにもミュージカル、宝塚の大階段的ゴージャスさで、希望の持てそうな終わり方に余韻を残します。劇場で見逃したのが悔やまれる!これは、女同士で観に行きたい映画だったわ。Girls Night Out で、この映画を見て、小洒落たお店でカクテルすすりながら、やんやと感想を語り合いたかった。

 主人公の映画界のマエストロ、大スランプ中の監督、ダニエル・ダイ・ルイスは、ちょっと重すぎだったかな?歌も踊りも達者だし、ミドルライフ・クライシスの悲哀漂う枯れっぷりも素敵なんだけど、真剣に悩んでるくせに、女と見ればフラフラしちゃって、どこかだらしないって主人公には、ストイックすぎるような。もっとダメ男だった方が、気楽にお話も楽しめたかも?その点、同じロブ・マーシャル監督のミュージカル「シカゴ」(←大好きなのです)のリチャード・ギアの胡散臭さ、タラシっぷりは最高のキャスティングでした。この主人公も、ダニエル・デイ・ルイスのような硬質なタイプじゃなくて、ちょっと崩れた感じの、でも何処か色気のある、ぷにぷにしたオッサンだったら、見方も変わったかな?製作者の方には凄く失礼ではあるけれど、ダニエル・デイ・ルイスの演技が上手すぎて、ストーリーよりレビューとして楽しみたい映画が、お話にものめり込んじゃった、みたいな。元がフェリーニの映画なんだから、もっと軽妙でいいと思うのね。

 フェデリコ・フェリーニの映画「8 1/2」のミュージカル化を、更に映画化した作品なのだそうで、舞台版も是非見てみたいものです。主人公役をアントニオ・バンデラスが演じた舞台版もあるそうで、私の思った主人公役にはぴったりハマリそうな予感。見たい~!

  1. 2010/05/09(日) 23:05:04|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Santa Barbara Botanic Garden

 今日も素晴らしいお天気。ちょっと遠出して、サンタバーバラの植物園(Santa Barbara Botanic Garden)まで行ってきました。私が毎朝開いては、素晴らしい写真を通じて、お散歩気分を味あわせていただいているBLUE JAYさんのブログ、ロスの細道の中で紹介されている、この植物園と園周辺の写真の数々に、「絶対行ってみたい!」と、図々しくもBLUE JAYさんに直接お尋ねしたところ、とても丁寧に教えていただき、居ても立ってもいられず、週末を待って、早速、Go!

 往路、渋滞に巻き込まれ、予想外に時間がかかってしまいましたが、遠路遥々出掛けて行くだけの価値は充分ありました!色とりどりの花、そして、この植物園は犬OKなのも、とても嬉しい。ワシントンD.C.の国立植物園は、今は亡き愛犬・かまってのお気に入りの散歩スポットでしたが、私が知る限りの犬連れ歓迎の植物園は、これで二つ目。案外少ないのです。

 サンタバーバラに着いたのはもう昼過ぎでしたので、まずは市庁舎の斜め前のカフェ、Coffee Catでランチ。去年、サンタバーバラを訪れた時にも、ここでお昼をいただいたのですが、お店のトレードマーク(右の画像ねv)が可愛くて大好きなの。前回、以前はTシャツも売ってたそうなんだけど、今は作ってない。でも、またいつか作るかも、と、お店の方が仰ってたので、新しいお店特製グッズがあったら欲しいなと、ちょっぴり期待して再訪したけど、前に来た時買ったのと同じマグしかなかった。残念!でも、ここのコーヒーとクレープもとっても美味しくて、息子達も大いに気に入っています。

 腹ごしらえの後は、いよいよ植物園へ。有名なミッションを通り過ぎ、サンタ・イネスの山々の方向に向かって5分ほどで駐車場に着きますが、ここに到るまでの道脇でも既に花が咲き乱れていました。駐車場も十分のスペースが有りますが、週末にはダウンタウンから植物園行のバスもあって便利です。入場料を払い、地図をもらって園内へ。入口キオスク横の花畑は、オレンジのカリフォルニアポピーや紫のパープルセイジにラベンダー、白いマティリハ、ピンクのコーラルベルに、黄色い春車菊… いろんな色の絵の具を一杯に散らした印象派の絵のよう。モネやスーラに見せてあげたかった光景です。ああ、私にも絵心があれば…!


思わず感嘆の声がもれます


 サンタ・バーバラ市は鳥羽市と姉妹都市なのだそうで、茶室もありました。この植物園が、サンタ・バーバラ・ミッションの裏に位置すること上にも書きましたが、ここには、19世紀初めに造られたミッションのための水路やダムもあり、布教の為に訪れたスパニヤードが、どれだけ、この地に改革を持ち込んだか、現地の人々がどれだけの労力を払ったかと感心させられました。園内の植物は全て、地元の原生植物です。それらの苗を売る園芸店やギフトショップも充実しており、うちに広いお庭があったら、種のミックスを買って蒔きたいなぁ、と、ちょっぴり夢想。ワイルドフラワーの種を庭一面に蒔くのは、コロラドで一度試したけど、あん時は花が咲く前にエルクさん達のデザートにされてしまったのだなw テキサスでは適当に撒いたブルーボネットが、その後も毎年咲き誇って、ご近所にも好評だったんだけど。

 追記にも写真をアップしましたが、「ロスの細道」さんに素敵な写真がいっぱいです!見たら、きっとあなたも行きたくな~る(@_@)

[Santa Barbara Botanic Garden]の続きを読む
  1. 2010/05/08(土) 23:11:07|
  2. カリフォルニア名所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

髪の毛+ストッキング=地球を救う

 今日もラジオで聴いた話。メキシコ湾ルイジアナ州沖では、今日も流出した原油が着々と沿岸に迫りつつあります。環境被害を最小限に食い止めるため様々な手段が功されていますが、決め手となる対抗策はなく、今日は取り敢えず応急措置として漏出し続けている箇所に大きな轍とコンクリートで出来た蓋をかぶせて、ここから直接パイプで海上の船に原油を吸い上げるという試みに入りました。なんてったって海底1500m下での事だけに、上手く目的箇所にかぶせられるのかどうか…

 一方海上では、原油が沿岸に流れ着くまでに少しでも収集しようとする努力が続けられていますが、ここで脚光を浴びているのが、髪の毛とナイロンストッキング。実は人間に髪の毛や犬の抜け毛は効率的に油を絡み取るので、ナイロン製のパンストに毛を詰めて作った箒ややマットで流れ来る原油をストップさせようというのです。これは既に、サンフランシスコのNPO機関、Matter of Trustによって実践されており、安全かつ確実に原油を食い止める方法として注目されています。

 髪の毛は美容師さん達やペットグルーマーさん達がボランティアとして集めたり、個人からも寄付を受け付けています。一体どれだけの髪の毛が必要か走りませんが、実家が美容院の私自身、うちの母が一人でやってるパーマ屋さんですら、毎週2回のごみの日には大きなゴミ袋一杯に髪の毛詰めてたくらいなので、全国のパーマ屋さんの協力を得ればものすごい量が集まりそう。でも、問題なのはパンストの方で、今時パンストを履く人は少なくなってる。そこで立ち上がったのが、同じくサンフランシスコのゲイ・コミュニティー、ドラッグクイーンのお姉さま方。彼女(?)達からの寄付を得て、毛詰めパンストほうきが作られています。今週末にはフロリダで、パンストに毛を詰める大規模ボランティア活動も行われるそう。素晴らしい草の根活動だと思います。沿岸で作業する人たちも、ボランティアとして支える人達も、BPも頑張って!


私の抜け毛もお役に立ちますかみゃ?
  1. 2010/05/07(金) 22:32:11|
  2. 環境問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

何処かで誰かが笑ってる

 いやー、凄かったですね、今日のニューヨーク株式市場!ほんの15分ほどの間にダウがあれよ、あれよと1000ドル近くも下落して1万ドルを割り込み、わっちゃー!と、思う間もなく、その後20分間で約600ドル戻すという「バンジージャンプ相場」に。WSJによると、

the market went into free fall at 2:42 p.m. By 2:47, the Dow Jones Industrial Average had crossed 10000 in the biggest intraday point drop in its history. By 3:07, the market had regained 500 points, ultimately staggering to a close at 10520.32, down 347.80 points 
(2時42分には自由落下状態に陥った市場は、2時47分にはダウ・ジョーンズ平均が1万を割って、歴史上最大の日中下げ幅を記録。3時7分には、市場は500ポイントを取戻し、最終的には前日比347ドル80セント安の10520ドル32セントにて取引を終了。)

という結果に。

 この背後には、ギリシアでの財政問題をめぐる暴動、スペイン、ポルトガルの経済不安定化、そして混戦中のイギリス総選挙など、ヨーロッパ経済への不安と、その流れがアメリカにも押し寄せてくるのではないかという恐れ、そしてクレジット市場への恐れがあると、ラジオで説明したいました。その証拠に、ダウは持ち直したけど、債券市場は違った、と。

 いやんな感じ、と、思っていたら、ここになんと、「きっかけは米大手金融機関のトレーダーによる誤発注。ダウ平均構成銘柄のプロクター・アンド・ギャンブル社(P&G)の株取引で「ミリオン」(100万)単位で注文を出そうとした際、誤って「ビリオン」(10億)と打ち込んだ可能性があるという」なんて伝えるメディアが現れ、なんじゃ、それー?!状態に。それが本当なら、これはタイムズスクエアで車爆発させ損なうよりタチの悪い、証券テロですぜ。でも、これも何か取ってつけたような不自然な理由。この数分間に、とんでもない利益を得た誰かが、どこかにいるはず。それが一体誰なのか、明るみに出たら面白いことになりそうな…

  1. 2010/05/06(木) 22:25:53|
  2. アメリカ経済・政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

101億円のエロ絵!

 5月5日はこどもの日。アメリカには、父の日、母の日はあっても、子供の日と敬老の日はありません。毎日が、子供の成長を祈る日、お年寄りを敬う日であるべきだと言われればそれまでだけど、敢えて、それを再確認し祭る日を設ける文化とは、なんと優しいことかと思います。

 でも、今日の話題は全然子供の日とは関係なくて、ピカソ(←なんとなくピカソっぽい色にしてみました。根拠は全くありません)ざますの。

 ちょっと奥様、お聞きになりまして?ピカソの「ヌード、観葉植物と胸像」が、史上最高額の1億648万2500ドル(約101億円、手数料込み)で落札されたんですってよ!つい先ごろ、ジャコメッティの彫刻「歩く男」が、ロンドンのサザビーズで約1億417万ドルで落札され、それまでの芸術作品最高落札額(それもピカソ作品でしたわね)を記録したざますが、わずか二ヶ月でピカソが王座奪還ざますわね!なんだかもー金額凄すぎて、思わずスネ夫くんのママになってしまうあたくしですわ。

 なんとも色っぽい魅力漂う、この絵のモデルとなったマリー・テレーズ・ワルテルとピカソが共同生活を始めたのは、この絵が描かれたのと同じ年の1932年。ピカソがマリー・テレーズを路上で見初めたのは1927年、ピカソは45歳、マリー・テレーズ16歳というから、世が世ならタイホされるとこですな。当時、ピカソはバレリーナのオルガ・コクローバと結婚しており、離婚したら財産を半分持っていかれるってんで、マリー・テレーズとは、ずっと愛人関係のままでした。コクローバとの法的な結婚関係は、コクローバが死ぬまで続いています。とことん、財産を持っていかれるのが嫌だったようですね。ピカソって、実はどケチ男?

 マリー・テレーズとの関係は、ピカソが「泣く女」のモデルとして有名なドーラ・マールと関係を持ち始めた1936年まで続きました。「ゲルニカ」製作中のピカソのアトリエで、マリー・テレーズとドーラがカチ合わせして、二人で取っ組み合いの喧嘩になったこともあったとか。激しい… マリー・テレーズは、ピカソの死後4年後に自殺しました。マリー・テレーズをモデルにした作品で一番有名なのは、所有者であるラスベガスのホテル王、スティーブ・ウィンさんがうっかり大穴あけちまった「夢(Le Rêve)」でしょうか。左が、そのマリー・テレーズの写真。私の好きなサイト、Dog Art Todayから拝借しました。犬好きにはたまらないサイトですv

 今回も落札者は匿名ですが、これだけのお金があるところにはあるってのも凄いけど、この絵が「幻の名作」と言われた理由が、この絵は昨年11月に亡くなったロサンゼルス某実業家婦人の個人コレクションの一部なので、第二次世界大戦後、たった一度しか展示されたことが無かったから、というのも凄い。遺族の懐に、これを売ったお金が100億ほどポーンと入るんでしょうか?

 LA周辺には、ハンティントン・ライブラリー、ゲティー・ヴィラ、ノートン・サイモン美術館と、元々は個人のコレクションであった美術品が一派公開されている美術館が3つありますが、このような元個人コレクションを、時には、その邸宅跡をそのまま美術館(先のハンティントン・ライブラリーや、ワシントンD.C.のフィリップス・コレクションなど)として公開しているケースは、全米に多くの例が見られますが、とにかく「金持ちすげー!」の世界です。世の中にはまだまだ、我々一般庶民には想像もつかないような世界が開けているんでしょうねぇ… ひょえー!

  1. 2010/05/05(水) 22:48:18|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

わにも歩けば、骨に当たる

 私は、深い霧で海と空の境目が判らないようなビーチも大好き。今日のお昼前に霧が出始めたので、自転車とばして浜へ行きましたが、直ぐに晴れちゃった。まだ霧の出ているうちに、浜辺に向かって歩いてたら、いきなり波間から黒い物体がにょきっ!と。実は、スキューバしてた人が立ち上がっただけなんだけど、一瞬驚いちゃった。散歩していたら、下の画像の骨を発見。暫く前に人骨が見つかった浜だけに、恐る恐る拾い上げてみたけど、中が空洞の軽い骨なので、鳥の骨だと思われます。大きいから、ペリカンかな?

 息子達に写真を見せたら、いや、骨髄が全部食べられて外殻だけになった可能性もあるんじゃない、などと抜かしおる。や~め~れ~!!

 ともあれ、今日の、タイムズスクエア爆破未遂犯の追走劇は、まるで映画のようでしたね。一度はまんまと検問をくぐり抜け、ドバイ行き旅客機機に乗り込んだパキスタン系アメリカ人容疑者を、離陸寸前に拘束(まだ、正式逮捕じゃないそうです)。ハイウェイをはた迷惑なメチャクチャ運転でとばして行く主人公と相棒、窓口でチケットを受け取る容疑者。空港玄関前で車を飛び降りる主人公、呼び止める空港監視員の声も無視して空港内へ(アクション映画の主人公は、空港で無断駐車がデフォ)。一方、容疑者は無事に空港のチェックポイントを通り抜ける(ジャカジャカジャン、ジャジャジャカジャーン←緊迫のBGM)。背広を翻し、銃をちらつかせながら空港内をタラップに向かって走る主人公、そして機内に向かう容疑者の足のアップ(ジャンジャカジャカジャカ)。機長の手がスイッチを押して行く、安堵の表情を浮かべる容疑者、スチュワーデスが飛行機の扉を閉じようとノブに手をかけた、その時、主人公が!!(ジャジャジャーン!)てな光景が浮かびます。

 そもそも、この爆破テロが未遂に終わった顛末が、元ベトナム帰還兵の老人が、爆薬のにおいを嗅ぎつけて通報したからというのもドラマティック過ぎ。ところが、完璧ハリウッド映画の脚本のようなこの事件で使われた爆弾はちょっとした火災を起す程度の威力しか無く、残された車の中は指紋ベタベタ、抜け毛に糸くず、家の鍵まで残っていたというから、お粗末この上ない。この容疑者が本当にテロ犯人だったら、なんともトホホな爆破犯。証拠はみんな燃えて無くなると誤算したから、なんて言われてるけど、家の鍵まで残していく??こう見ると、なんだかヘンな事件だなぁ…(@_@)

  1. 2010/05/04(火) 23:08:04|
  2. ビーチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イランに核=◯◯◯に刃物?

今日も素晴らしいお天気でした。やっぱ南カリフォルニアはこうでなくっちゃ~v

 いつも持ち歩いているデジカメ、Lumix-ZS3のレンズが引っ込まなくなってしまいました。対応法をネットで検索してみたけど、この機種によくある故障だってことが判っただけでガックリ。買ってまだ半年なので保証期間内ではあるのですが、外包箱が見つからず、補償に必要な購入証明のバーコードがない(泣)。それでも、商品登録しといたから記録があるんじゃないかなぁ…と、一応、修理に出してみたら、新品が迅速に送り返されてきました。流石はパナソニックさんだ!こういう事があるから、やっぱり日本のメーカーは安心して購入できると思うのですよね。

 ところで、ニューヨークの国連本部で、5年に一度の核不拡散条約(NPT)再検討会議が開催されましたが、イランのアフマディネジャド大統領が、「米国は唯一過去に核兵器を人間に対して使用した国であり、今もなおイランも含めた他国を核兵器で脅迫し続けている。核のない世界を作る手始めとして、米国が世界中に展開している軍事基地と基地にある核兵器を廃棄してみろ。核を製造、貯蔵、拡散させ、核で脅迫しているのは米国だ」と、徹底的にこき下ろしました。これに抗議して、米国やイギリス、カナダ代表団が、演説中に抗議の途中退席をする事態に。

 でもさ、その「唯一核兵器を使用した」米国に、唯一原爆を落とされた国の人間からすると、「それ、本当だし」と、同意してしまうのだな。核を保有する上に理事国の言い分は、「オレ達は核を持ってもいいけど、お前らはダメなんだよ!」な、ジャイアン理論に過ぎない。だいたい、イスラエルの核保有を見逃してるのに、他の国にどうこう言えた立場か!って突っ込まれたら、どう返答するつもりなのでしょうね?への字眉だけど(それはもういいって!)、伊達にイランなんて難しい国のリーダーはやってない筋金入りのアフマディネジャド大統領の言う通り、不平等以外の何物でもない。原子力の平和利用は正当な権利であるという主張も、全くもって正論です。イランは、大統領自ら乗り込み、アメリカも大統領こそは参加してないけど、ネームバリューじゃ負けてないヒラリー姐さんを投入。一方、普天間問題が絶賛こんがらがり中のぽっぽ山首相は、アメリカには足を踏み入れられる状態じゃない。ほーんと、情けないったら…orz

 ところで、今日のタイトル、◯◯◯には、放送禁止用語が入るんだけど、この言葉が放送禁止用語になっちゃったんで、横溝正史の名作「獄門島」の最近のドラマ化では、トリックを変えねばならなかったとか。昔の映画の放映だと、ピーッ!音が入るのかしら?市川崑+石坂浩二版の金田一耕助シリーズ、全部見直したいんだけど。

 もう一つ〇〇〇といえば、ワシントン・ポスト紙がぽっぽ山首相を評した「ルーピー」は、愚直とかって意味じゃなく、現実離れしているって程度の意味合いだって言い訳があったそうな。いやぁ、「loopy」いうたら、一般アメリカ人はくるくるの方しか思いつきませんぜw

 
何の脈絡もないおまけ:トーランスの交通量の多い道路脇に咲いていた花たち





  1. 2010/05/03(月) 23:05:09|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ハートロッカー

 昨日は慣れない肉体労働をしたので、今日は休憩日です。家でのんびり本を読んだり、借りてきた映画を見たり、写真を整理したり。今夜観たのは、今年のアカデミー賞を総ナメした「ハートロッカー」です。私的評価は佳作、爆弾解除シーンの緊迫感は評価するものの、登場人物たちのドラマの甘っちょろさや、主人公の勝手な行動ぶり、対するイラク側への徹底した人間性無視っぷりが、折角の作品を薄っぺらくしていると思いました。映画界に新技術革命をもたらした「アバター」を押さえて、この作品が多くの賞賛を得たのは、やっぱジェームズ・キャメロンへのイヤミかwと思えば、主人公の名前がジェームズなのは、前妻の、大作映画作りのスリルとそれに続く名声に中毒化した元夫への嫌味にも取れたりして??

 映画評論家はこぞって絶賛のこの映画ですが、実際のイラク帰還兵や現地を取材したレポーターからは、アクションスリラーとしてはよく出来た映画だけど、本当にこんなコトやってると思われては困る、と、映画の非現実性を非難する声も。「イラクの民と駐留軍の関係、そして爆弾によるバイオレンスの規模が実に忠実に再現されている。でも、その他はみーんなファンタジー。いくつかのシーンは現実離れしすぎて、殆どパロディー」とは、Wikipediaに引用されている元イラク従軍戦闘員の意見です。普通の戦争ドンパチ映画とは一線を画するドキュメンタリー調の作品と宣伝されていただけに、実際に従軍した人々にとっては、かえってこの映画の名声ぶりが「あちゃー!」なのかも。

 確かに、これって、現代のイラクに舞台を移した、カウボーイ映画って気がする。なんとなくラッセル・クロウ似の主人公のジェームズ軍曹は、爆弾処理という匠の技に魅せられた一匹狼の職人。いくら腕が良くても、規律を重んじる軍としては、こういう人材は一番いらないタイプでしょう。無断外出して一般人の家に押し入りとか、いきなり発煙手榴弾で煙幕とか、自分が爆弾を解除したいからってチームを危険にさらしたり、宿舎で派手に酔っ払ったり、事後処理中の街をチーム3人だけで探索に行ったり… どれを取っても、軍事裁判もの。

 にも関わらず、何の罪にも咎められず国に帰った主人公は、戦場ではヒーローでも、家に帰れば嫁さんに顎で使われる冴えない旦那。サンボーンの涙の「俺は息子が欲しい」告白に、ふと己を顧みれば、俺って息子いるじゃん、もしかして俺ってシアワセな男?と、マイホームパパをやってみたものの、平和な暮らしはつまんない。ラストシーンで、うきうきと爆弾処理に向かうジェームズの軽やかな足取りに、あの世行きと紙一重なスリルにアドレナリン・どっぱー!な瞬間に耽溺している事が示されています。イラクからの米軍撤退が現実に近づいてるけど、こんなんが大量に帰国してきたら、物騒で困る~!と、アメリカに住む私は思いましたもん。帰還兵の皆さんが「現実と違うんだよー!」と、慌てるのも無理はないかと。この作品をリアリスティックだと売り出した配給会社のせいで、作品そのものの責任じゃないとはいえ(荒唐無稽な戦争ドンパチ映画は他にも沢山あるんだし)、実際に従軍した人々には、フィクションだから仕方がないと笑って済まされず、誇りを傷付けられたと感じている人も多いそうです。これも、名声のツケかしら。

 ともあれ、アクションスリラー映画としては、中だるみもあったけど、十分に楽しめた二時間ちょっとでした。今度、ベトナムに従軍した舅に、この映画の感想を聞いてみたいわ。

  1. 2010/05/02(日) 22:31:24|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

犬も猫も大集合・Paws at Park!

 私の住むレドンド・ビーチ市の公園は犬禁止と、サウス・ベイで最も犬にアンフレンドリーな市という有難くない評判を得ていますが、実は市内には大きなドッグパークがあるのです。この公園で今日は、地元のレスキュー団体やシェルターへの募金や、公園の維持費などを募るチャリティー・イベントがあり、わに一家もボランティアとして参加しました。私は主に、ドッグ・ビスケットと人間用の飲み物を売るブースを担当していましたが、沢山の犬達と触れ合えて嬉しかったよぉ(T▽T)

 1月に溺愛していた犬を失って以来、大きな犬ハグ+キス欠乏症だったので、思いっきり、里親募集に来ていた犬達をハグしてきました。こんな機会でもなきゃ、自分の飼い犬でも無い犬をハグハグなんて出来ないもん。上息子はボランティアのチェックインを手伝った後は、飲み物や軽食が準備されたボランティア用休憩ブース担当という、文字通りオイシイ役どころ。若息子は子供向けの工作コーナーのお手伝いやドッグ・ビスケットの行商、わに夫は土方仕事と、家族揃って頑張ってきました。うちの犬猫たちは代々、野良からうちの家猫になったミケ嬢以外は、シェルターから来た子たちだし、ドッグパークもよく利用させてもらってるので、ちょっぴり恩返しです。

 地元のクリニックの協力で、無料のワクチン注射や体内埋め込みIDチップ挿入サービスも提供され、スポンサーのペットフード会社やペットショップからの無料サンプルなども配られて、なかなかの盛況でした。うちも、犬用・猫用、両方のサンプルの詰め合わせをもらったんだけど、開けてみたら、フードのサンプルやパンフレットだけではなく、おもちゃ、躾の仕方DVD、餌用ボウルと、結構な豪華版でした。しかも、わに夫は抽選で見事、150ドル分のスパ・ギフトカードをゲット。来週の母の日の、私へのプレゼントはこれだそうだ(あはは…)

 イベントの前後では準備で椅子やテーブル・テントを運ばねばならないし、一日中、炎天下に外にいたので疲れたけど、楽しい一日でしたv


真ん中が今回のイベントの仕掛け人、ローリーさん


飲物(人間用)とビスケット(わんこ用)販売ブースのわに夫とサイモン

  1. 2010/05/01(土) 21:57:25|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。