わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

投票してきた!

 ダウンタウンに行って、在外選挙を済ませてきました。誰に投票するかは、既に心に決めて行ったのですが、投票手続きの順番待ちの間に、候補者名簿をしみじみ眺めてみたら、民主党の比例代表候補者がまるで「あの人は今」みたいで、まぁ、懐かしい…なんてw

   折角なんで、記念に撮ってきた。
 折角、久しぶりにリトルトーキョーまで行ったので、ついでに古本屋さんに寄って、紀伊国屋で少し立ち読みして、ラーメン食べてきました。陳麻家の坦々麺、ちょっと油っこかったな。紀伊国屋さんでは、ついつい、$10もするワニ型クリップ(日本での価格は¥525なり)買っちゃった。クリップそのものも可愛いんだけど、プラスティックのケースが、これまたお洒落っぽいんです。日本の文具って、どうしてこんなに可愛いの~?

今日の驚き:毎日新聞の社説によると、G20財政目標で「財政状況が飛び抜けて悪い日本は、目標の対象外という特別扱いになった。同じ目標を課しても守れるはずがないからだが、先進国で唯一の“落ちこぼれ組”である。」なんだって。一昨日にも少し触れたけど、日本が目標対象外なのは、議長を務めたカナダのハーバー首相が言及したとおり、日本の債務残高は国内貯蓄に支えられており、対外債務を抱えた他の国とは事情が異なるから。家族の一員(ギリシア)がトンデモな借金こさえて、一家心中の危機にあるEUとは、根本的に違うんです。為替安値操作で国際競争力をでっちあげてる中国が一杯国債持ってる米国とも違うんです。だいたい本当に落ちこぼれなら、なんで円高なのさ?なんで落ちこぼれの国の通貨を、世界がこぞって買ってるのか、説明してみやがれ、このヤロウ!

 と、思わず、お里が出てしまいましたが、一方で、国債という形で国にお金を貸してるのが国内企業や国民である故に、日本が債務問題で危機に陥ることがあれば、国内経済が芋づる式にダメダメダメになっちゃう可能性があると、IMFが指摘しているのも事実です。だから私は、子ども手当で外国人にまでキャッシュをばらまいたり、義務教育ではない高校を無償化して財政負担を高めて、更に債務を上乗せする政策には、不安を通り越して恐怖心すら感じます。今の政策は、クレジットカードでお金使いすぎたから、サラ金で借金して返そう、ってのと似てると思う。いそいそと、車で20分以上かかるダウンタウンに投票に行くのも、たかが一票、されど一票、たとえ国外に住んでても、国民としての意思表示です。

 日本の名目GDPに対する債務割合がうなぎ上りで、きゃー大変!で、本当に問題なのは、借金の額が増えてることじゃなくて、GDPが悲しいほどに伸び悩んでるから、債務比率がどんどこ上がってる事でしょう。だから、景気を回復して、デフレを解消しにゃあならんって事態であって、インフレ対策しなきゃなんない欧米とは全く事情が異なる。それを余所さんとは目標が違うから「落ちこぼれ」とは、経済専門家じゃない一介の主婦の私ですら、開いた口が塞がらなくて顎が落ちそうだよ。そうやって、国民を間違った方向に煽るから、ますます貯蓄傾向が高まって、お金が回らなくなるんだよ!もっと公共事業して、宇宙開発事業にもお金使って、代替エネルギー開発にも力入れようよ。まずは政府が資金を回さなきゃ!仕分けなんかやってる場合じゃないよ!

 日本はお金持ちなんです。豊かなんです。でも、その豊かさを国民みんなが享受してるかどうかというと、Yesとは言い難いかもしれない。公共事業や福祉の充実によって富を配分し、それによって景気回復が出来れば一石二鳥だと、私は切に思うのであります。以上!


わににも清き一票を
スポンサーサイト
  1. 2010/06/30(水) 22:55:47|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

獣の数字出たー!

 セーリングのレッスン2日目、上息子はヨットの舵取りをやらせてもらって「セーリングって最高に楽しい!」と大興奮、一方、同じヨットに乗っていた若息子は、「気持ちいいんで、つい昼寝してしまった」だって(呆)。寝るなー!

 下は、今朝、Trader Joe'sでお買い物した時のレシートです。$66.66なり!666が獣の数字なら、それに、もう一つ6が付いたら、何になるのでしょう?もっと凶暴なケモノの数字?

003_20100701105122.jpg

凶暴なケモノといえば、獣医さんにまで「vicious」と言われた

この黒い塊のことかー!?!


 「666」といえば、映画「オーメン」のダミアン君でお馴染みですが、これはまた、中国の極めて毒性の強い農薬の名前でもあるそうです。そして、中国産の食用油からは、高濃度のこの劇薬農薬が検出されたそうな(日経ビジネスの記事参照)。マジで悪魔や…


エロイムエッサイム
  1. 2010/06/29(火) 22:37:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

セーリング

 午前中は未だ肌寒いというのに、夏休みです。今年も、放っておけば一日中ゲームしてる息子達を無理矢理活動させるために、サマーキャンプに投入します。海辺の街らしく、サーフィンやスノーケリング等、マリンスポーツのキャンプが豊富なのですが、息子達の希望もあって、セーリングのクラスに参加することにしました。わに夫には、ちょうど息子達の年齢の頃に、船乗りだった伯父さんにヨットの操縦法を教えてもらって、とても楽しかった思い出があるので、息子達にもその楽しみを知って欲しいと思ったようです。ヨットの操縦なんて、なんだかとってもお金持ち!ってイメージでしたが、市が提供するキャンプなので、意外とお手頃価格。この機会を逃す手はない!

 で、今日がその第一日目でしたが、初日は講義かと思いきや、いきなり海に乗り出したんだって。クラスは月曜から木曜の午後4時間。二週間で1セッションです。32時間でヨットの操縦をマスターしようって言うんだから、かなり速いペースでのレッスンになるのかな?クラスは15人で、ヨットは三艘。五人づつ分乗して、湾をセーリングしたんだって。息子達によると、最高に気持よかった!そうです。羨ましいなぁ…


全体的に白いのは、効果ではなくホワイトバランス設定ミスです…orz


 でも今日は、私もちょっと楽しいことがあったので、息子達を羨む気持も少しだけ。お友達のミミさんと、日系スーパー、ミツワのフードコートのラーメン屋さん、山茶花のラーメン+いくら丼セットを頂きましたよ~!麺はシコシコ、イクラはたっぷり、煮玉子も付いていて美味しかった~!!お友達と美味しい物を食べることは、私の「サイコーに幸せっ!リスト」の上位に入ります。海岸を散歩していて、色も形も気に入ったシーグラスを見つけたとき、スリフトショップで思わぬお宝に出会ったとき、読みたかった本をブックオフの1ドル棚に見つけたとき…お宝ゲットも、日々の幸せ。通りすがりのわんこや猫と仲良くできて一杯撫でさせてくれたとき、店員さんが感じ良かったとき、スーパーで少ししかカゴに買い物が入っていない人にレジの順番を譲ったら感謝されちゃったとき…ちょっとした触れ合いも日々の糧。楽しみにしてるブログが更新されたとき、役に立つ知識を得て少しだけ賢くなったような気がするとき… ジャックポット!な大幸運はなかなか訪れてくれないけれど、日々是小さなラッキーを、大事にしたい今日この頃です。


私もセーリングに行きたい
  • 2010/06/28(月) 23:26:01|
  • 未分類
  • | トラックバック:0
  • | コメント:2
  • ぐぬぬ…

    うーぬ…

     今日のドイツーイングランド戦、アルゼンチンーメキシコ戦、共に、実力のある方が勝ったとは思うのですが、それでも審判の痛恨の誤審で、後味の悪い試合でした。FIFAは、判定は審判によってなされるべきであり、機械技術には頼らないとしていますが、今日の二戦続けての明らかな判定ミスを鑑みれば、次大会からのビデオ判定などの技術導入を考慮せざるを得ないのではないでしょうか。

     サッカーの試合観て張り切りすぎたから、でも無いと思うのですが、どうも昼過ぎから持病の偏頭痛が出て、ついつい不機嫌になっちゃうので、頭痛薬飲んで、サロンパスを貼りまくって、早めに寝ることにします。しかし、私と肩こり・偏頭痛コンボの付合いは、無駄に長い。今までで一番効いたのは針灸なので、また鍼治療に行きたいとは思っているのですが、この近辺でうちの保険が効くのは、中国針灸のクリニックだけなんですよね。あの太くて長い鍼…ぐぬぬ…

     そして、世界中がサッカーに熱狂する陰で、ひっそりと終了したG8首脳会談と、それに続くG20金融サミット。目標は、先進国は2013年までに財政赤字を少なくとも半減させ、16年までに国内総生産(GDP)に対する公的債務の割合を安定化または低下させること、ただし日本は除く、という首脳宣言を発表。なんだよ、この「日本は除く」ってのはぁ?!そりゃ、日本の財政赤字は、余所さんと比べて、とんでもなく巨額ですよ。でも、その大半は国内債なんで、自分ちで勝手に何とかしろや、と、言われるのは当然かも知れません。でも、だいたい、皆が口を揃えて言うところの「財政の健全化」ってのが、具体的に何なのか、私にはよく分かりませんがね。

     それでも、私なりに考えてみると、お金は天下の回り物。ぐるぐる回らなきゃ、経済が機能しない。でも、借金という砂の上の楼閣経済を「アメリカ経済は全然大丈夫だからね!使え!使え!どんどん使え!身分不相応な家も買っちゃおうね!クレジットカードで贅沢品もゲットだよ!」と煽りまくって、今の危機を招いた張本人グリーンスパン(と、私は思ってるよ!)とは逆に、日本は、経常黒字なのに、常に「うちの経済って苦しいんです~」と、顔に縦線で陰気に呟く政府やマスコミが不安を煽るせいで、どうも貯めこむ傾向がある。むろん貯蓄は必要だけど、あるところにはある、って形式でお金が停滞すると、困るのは収入の低い庶民の方でしょう。水だって、ちゃんと循環しないと腐るんだから、お金持ちさんはしっかり使って欲しいもんである。で、その貯蓄を遣わす為の国債、ってことになるのかな?

     未だ回復してないはずのアメリカ経済ですが、ここんとこ、近所の売家に「SOLD」のサインが目立つようになりました。ミリオン超えの家が、ぽんぽんと売れているのです。少なくともアメリカでは、お金はあるところにはどっさりあって、それをぱーっと使ってるようだ。そういう意味では、健全なのかな?ともあれ、数ミリオンの家が売り買いされてるってのは凄いよねぇ。いつも思うんだけど、ランチョ・バーデス・エステイトやローリングヒルズのお城みたいな家に住んでる人の職業って、一体何なのかしらん??


    頭痛にはアドビルとタイレノールを交互飲み
    1. 2010/06/27(日) 20:56:28|
    2. 未分類
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    折り紙、バナナケース、牛乳パック型消しゴム…

     ホノルルからヘルシンキまで、贈呈品にアクセサリーに、お金に糸目をつけない日本人のお買い物好きは伝説的です。銀座の百貨店に、建築界のノーベル賞・プリッカー賞受賞者デザインの高級ブティック、表参道… そんな、東京の中心街を歩いていたら、「この国の一体どこが不況だって~?!」と悩んでしまうかもしれません。でも、ちょっと横道に入ったら、そこには全く毛色の違うお店に、日本人のみならず、海外からのお客が、日常品のお宝を探しています。

     と、いうのが、明日のThe LA Times日曜版についてくるトラベル・セクションの記事、「Bargain hunting at Japan's 100-yen stores(日本の百均でバーゲン・ハント)」の書き出しです。なんで明日の記事なのかというと、ウェブでは前の日のうちに、記事がアップされちゃうからなんです。で、今日のタイトルは、この記事の副題で紹介されている、百均で買えるものの一例。

     いや、別に百均なんて、ここ二十年ほどあるし、ってツッコミは、既に「読者からのコメント」欄で、さんざん指摘されているので、初めて日本に行ったアメリカ人記者さんがハシャいで書いちゃったと思って、生暖かい目で見守ってやってください。この記者さんの考察では、不況か、日本人ですら百均はバーゲンだと知っているからなのか、アメリカの99セント・ストアに相当する百均が、日本ではブームなのだ、人々は流行の店でウィンドウショッピングを楽しみ、実際のお買い物は百均で済ますんだ、だそうなんで。

     なんか凄い偏見だなぁ、と、苦笑しちゃうけど、この記者さん、アンドリュー・ベンダー氏は、いたく百均に感心したらしくて、「60ドルもあったら、台所と洗濯機周りとオフィスの必需品を揃えて、ついでに子供の玩具まで買えちゃうんだぜ!」と、興奮気味なのだ。百均は日本中どこでもあるけど、そのおじいさんと呼ぶべきは(この辺のベンダー氏のセンスは全く謎)、ティーンエージャーがアニメキャラの格好をして駅の横の橋でポーズつけてる原宿のダイソー。食料品から収納グッズ、お洒落な雑貨、手芸用品、文房具、何でも揃うよ。京都にだって、ダイソーも、同じく百均のCan Doがあるよ、と、わざわざ、住所と電話番号、HPアドレス付きで紹介しています。

     安かろう、悪かろうを承知で、プラスティック製品や食料品を調達する、こっちの99セント・ストアと比べたら、日本の百均は宝探しの場所だと思います。必需品なんだけど、ちょっとカワイイ、必需品じゃないけど、あったらちょっと便利、生活の中の「ちょっと」な楽しみを増やしてくれるのが百均。実際に使うだけじゃなくて、お買い物そのものが楽しいんだよね。百均の魅力って、駄菓子屋さんと似てると思う。

     アキバハラ、ロッポンギ、そしてハラジュクに行ったら忘れちゃいけない、100Yen Storeが、日本を訪れる外国人観光客の”MUST”なデスティネーションかも?アメリカでのおみやげショッピングには、Walgreenなどのディスカウント・ドラッグストアが穴場なのと同じで、百均は確かに、おみやげ探しに最適かもねv


    でも百均行くと要らん物も買っちゃうんだなw

    1. 2010/06/26(土) 21:58:09|
    2. ニュースねた
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:4

    A-Team

     今夜は満月です。雲のない夜空にお月様が冴え冴えとして、とても綺麗でした。あんまり綺麗すぎて、つい踊りたくなってしまったほど。狼人間さんたちが、つい狼になってしまう気持も判るような気がします。

     今夜は、「The A-Team」を観てきました。土曜の午後という微妙な時間帯にTVで放映されていた「特攻野郎Aチーム」が大好きだったので、見る前は、すごーく楽しみなような、不安なような、複雑な心境でした。ネットで、見た人の評判を読んでも、賛否両論だし。でも予告の「絶対ありえへん!」な無茶苦茶アクションに惹かれて、やっぱ大きなスクリーンで見たいな、と。

     TV版のオリジナルは、個性派揃いの4人組、Aチームが毎週、弱きを助け悪を挫く勧善懲悪もので、ストーリーのパターン化は、水戸黄門を見るような安心感があり、派手なアクションと軽妙な会話、AチームがMPに目の敵にされているところは、銭形警部に追っかけまわされるルパン3世とその一身みたい。この映画でも、事の起こりは、イラクでの偽100ドル札の原板プレート奪還というのも、ルパン一味がゴート札という偽札の秘密を暴く「カリオストロの城」を彷彿とさせるよね。ラストは不二子ちゃんが原板持って逃げ去っていったし。

     そして、TVの日本版の魅力は、絶妙な吹き替え!オープニングの前口上も、日本版独自のものと知って吃驚です。TV版の面白さは、吹き替えや、このオリジナル前口上を含めた、翻訳や日本版脚本の旨さにおうところも多いので、こちらでオリジナルを見たら、むしろガッカリしちゃうかも(?)

     私は「俺がハマーだ!(原題:Sledge Hammer!)」も大好きだったんだけど、こっちで再放送を見たら、そんなに面白くなかった。日本で見た時の抱腹絶倒な面白さは、アドリブをたっぷり効かせた、ハマー役の声優さん、羽佐間道夫氏の力によるところが大きかったのですね。吹き替えが良すぎて、本当の俳優さんの声を聞いたら違和感を感じることってありませんか?渡しの場合は、ジャッキー・チェンがそうで、すっかり石丸博也さんの声で脳内固定されちゃってる。クリント・イーストウッドが故山田康雄さんなのも鉄壁。

     だからむしろ、この、新「The A-Team」は、みーんな英語で喋ってるし、TVとは別物の二代目Aチームとして楽しめたかも。リーダーのハンニバル役は、ここんとこ映画を観るたびに顔を見るような気のするリーアム・ニーソン。オリジナルのハンニバル大佐の包容力には遠く及ばない。フェイスは、「こういう役割だっけ?」と思ったけど、これはこれでよしかな。コング(っていうのも、日本版のオリジナルなんだって)は、上手くTV版のキャラクターを継承しつつ、新しい部分も見せてくれたと思う。TVで一番好きなキャラだったクレージーモンキーことマードックは、クレイジーぶりが更に増して、映画でも一番のお気に入りですv

     映画は、前半は「んなアホなー!」な無茶苦茶アクションや、マードックのクレージーぶりが痛快で楽しかったけど、変にサスペンス風にひねったストーリー、オリジナルのMPに当たる役割の女性は、ファンサービスかも知れないけど、上手く噛み合ってなかったような… ファンサービスなら、オリジナル同様、影からチームを支えるセクシー女性敏腕記者の方が良かったな。フェイスの元奥さんでDOD将校のソーサ役は、どうも私には、ついついアンジェリカ・ジョーリーのバチモンに見えてしまうジェシカ・ビール(ファンの皆様、ごめんなさい)。A-Team追跡チームを率いるボスなんだけど、全く貫禄がないの取ってつけたよう。彼女とフェイスのホットなシーン、そしてかなりたくさん人死んでるぞ、な、部分が、TVファンとしては不満だったなぁ。Sex & Violence は、A-Teamには合ってないよー

     でも、痛快なアクションの連続に、息子達は大満足でした。チケット代、6ドル分の価値はあったと思いますv


    お気軽に
    1. 2010/06/25(金) 23:38:58|
    2. 本と映画
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    A pig's gotta rule.

     日本、勝ち進みましたね!時差のおかげで、こちらでは観戦に丁度都合の良い時間でした。息子達は今日から夏休みなのですが、いきなり親子でサッカー廃人です。今日の対デンマーク戦は二点差あったので、あまりキリキリせずに観戦できたので、楽しかったわv 次はパラグアイ。こちらでは朝の7時からと、宵っ張りで朝の弱い私にはキツい時間ですが、やっぱ見たい。また、下馬評を吹き飛ばしてほしいな!

     上にも書いた通り、息子達は、長すぎると悪名高きアメリカの学校の夏休みに突入しましたが、今年は今までとは少し違います。中学を卒業して、秋から高校生の上息子には、宿題が山積みなのだ!わはははは!丸々二ヶ月以上とムダに長いだけではなく、宿題もない。我が家の息子達は、自主学習などに勤しむような、優秀なお子様方とは程遠いので、9月の新学期には、すっかり頭の中がリセットされて真っ白け状態になってしまいます。毎年、毎年、同じ事の繰り返しで、日本人母は怒りで七転八倒でしたが、今年は高校でのAP科目(Advanced Placement:大学の単位が取れる授業)準備のため、8月31日までに仕上げねばならない本のレポートやら、ワークブックやらが一杯なのだ。毎夏、遊び呆ける息子達に頭を抱えていた私は、古典やワークブックの山を前に溜息をつく息子の姿に、とても爽快な気持です(横で息子が、恨めし気にオニ~、オニ~と呟いている。ああ、本当に清々しいこと!おほほほほw)。

     課題内容を見てみると、一つは「ロシア革命について調べた後、ジョージ・オーウェルの『動物農場』を読んでレポートを書く」というもの。ロシア革命なら知ってる、だって私「オルフェウスの窓」全部読んだもん!動物農場っていったら、アレだよね、飛べない豚はただの独裁者だ…あれ、なにか違う?

    その豚はこっち

     ともあれ、リアル14歳の読む『動物農場』の感想文は、中二病フルスロットルが期待できそうで、実はかなり楽しみだったりします。わくわくv


     そうそう、一昨日の記事で取り上げた、まクリスタル司令官解任の原因となったローリング・ストーン誌の記事、「The Runaway General」がウェブでも解禁になりました。リンクはこちら。長~い記事ですが、一読の価値アリの面白さです。なにしろ、記事の煽りからして「本当の敵はホワイトハウスの臆病者ども」だもん、確かにこれはマズいわね(げらげら)。上の独裁豚の話題との関連?いえいえ、何も無いですよ。単なる偶然です。偶然…


    今日の私はテンション高い
    1. 2010/06/24(木) 23:42:30|
    2. 未分類
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    昔、アメリカは自由だった

     今朝は朝から、アメリカーアルジェリア戦をTV観戦。イライラする試合だったけど、ロスタイムにアメリカがゴールを決めて、まさかの(ごめんw)決勝リーグ進出。朝から盛り上がりました。ドノヴァンおねえ、決勝でも活躍してね!

     さて、地元の公立学校は今日でおしまい、明日から夏休みです(あう…)。今年で中学卒業の上息子は、高校の講堂で「Promotion Ceremony(進学式)」でした。卒業する中学校ではなく、進学先の高校で行われるのも面白いと思いましたが、上息子が去年まで通っていた西LAの中学校では、式典も中学の講堂で行われていたので、今年改装が終わったばかりのおニューの高校の講堂が使いたかったんではないかと。

     アメリカでは、「Graduation(卒業)Ceremony」は高校、大学で行われ、小中学校は「Promotion(進学)」と呼ぶのが習わしのようです。ガウンに角帽のお馴染み卒業式スタイルも、小中高では見られません。中学同様、高校入試が無く、誰もが自動的に高校に進学するから、まだ終わった(graduateした)のではないからかな?でも、生徒会長が先ず挨拶して、校長先生のお話があって、総代のスピーチに続いて、一人づつ名前を呼ばれて卒業証書を受け取るところは日本と同じ。でも、壇上で名前が呼ばれると、家族から大きな声援が飛ぶのが、日本とは違うところ。旬の(?)ブブセラも活躍していました。ただし、ブーッ、ブーッツーってのじゃなくて、アメリカ版チャルメラ風のプープーでしたがw


     そうそ、アメリカの式典には付き物の国家宣誓もありました。率いるのは、JROTC(Junior Reserve Officers' Training Corps:予備役将校訓練課程)の高校生です。無神論者で宣誓をしない男の上息子は、堰が後ろなのをいいことに、またもやバックれてたらしい。なにしろ、9-11以前の最高裁判所裏の幼稚園で「Bill of Rights」を叩き込まれただけに、テキサスですら決して宣誓をしない子供だし。憲法を盾に、自分の基本的人権をキンキン声で訴える幼稚園児が溢れている状態ってのは、クレヨンしんちゃんの比ではありません。近所の公園で、滑り台の順番を抜かされたからと「あなたは憲法第11条で保障された私の基本的人権を侵犯したわ!」とかって叫んでる4歳児を想像してみてね。ワシントンDCの公立校では、未だに「Bill of Rights」を幼稚園児に教えてるんだろうか、国旗への宣誓は個人の選択の自由なのだろうか…?息子の進学式で、ふと、9-11前のアメリカを懐古してしまいました。


    「威風堂々」ハミングしつつぽんと一押し
    1. 2010/06/23(水) 22:59:23|
    2. アメリカの学校
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    マクリスタル司令官の腹の底?

     今日は、中国人民元の弾力化か、番狂わせ続出のサッカー・ワールドカップの混乱ぶりについて書くつもりでしたが、ニュースもラジオも、アフガニスタン駐留の国際治安支援部隊(ISAF)司令官、マクリスタル将軍が、「ローリング・ストーンズ」誌のインタビューで、バイデン副大統領をこき下ろすなど、政府高官や中央政権を激しく批判したことへのコメントの氾濫。つい私も影響されて、一言いいたくなっちゃったですよ。

     ギブス大統領報道官によると、このインタビュー記事を読んだオバマ大統領は「とても怒っていた」そうで、マクリスタル司令官を本国に召喚して、直接話しを聞くということ。実は、司令官が大統領に呼び出しを食らうのはこれが二度目(前はホワイトハウスじゃなくて、エアフォースワンだったけど)なんか、悪いことして校長先生のオフィスに呼び出されたいたずらっ子みたいな扱いだ。

     この記事の中での主な問題発言は、サンケイ新聞のウェブサイトで紹介されていますが、これらの発言はマクリスタル司令官の進退に関わり、場合によっては更迭もありうると予想する声もある一方、イラク駐留米軍司令官のペトレイアス将軍と並んで、代わりになるような適任者は他に居ない、アフガニスタンのカルザイ大統領の支持を得ており、何より部下からの信頼も厚いマクリスタル司令官の職を解くのはムリ、という声も。でも、誰もが声を揃えて言うのは、「マクリスタルはんは一体何を考えとったんや??」ということです。切れ者として知られるマクリスタルはんが、調子にのって娯楽誌のインタビューアー相手にベラベラ喋ったとも思えない。

     この騒ぎに、マクリスタル司令官自身は既に辞意を伝えたとされていますが、このインタビューの内容が公にされることを十分承知で、敢えて現政権を批判したマクリスタル司令官は、本当に「何を考えて」発言したのでしょう?自分に立ち替わるだけの人材はいないという目算の上で好き勝手言ったのか、軍力出し惜しみの現状では勝算は全くないと踏んで、負け戦の責任を課されるよりは、後で「オレの言った通りじゃーん!」と政界デビューでもするつもりなのか、真相は本人のみぞ知る(?)ですが、何か腹に一物あることは確かだと思われ。

     「ローリング・ストーン」誌は米国ではそれなりの権威を持ってはいますが、娯楽誌としてエンターテイメント性を高めるために、必要以上にセンセーショナリズムを煽った報道をした可能性もあります。その場合は、老舗雑誌としての信頼性にも関わるでしょうjから、これを掲載した側にも、覚悟が必要だったのではないでしょうか。

     司令官の処置は、明日には明らかになるだろうと思いますが、今回の事件で、中央政権と軍のギクシャクした関係が、一層、明るみに出されたことは否めません。ベトナム兵役逃れが非難されたクリントン、藪息子に続いて、兵役経験ゼロのオバマが、米軍最高司令官を努めることへの疑問の声も活性化しそう。次の大統領選では、反動で右化が進むかもしれない… はっ!そこでマクリスタル候補登場かっ?!

     ところで、「まくりすたる」の変換第一候補は「魔クリスタル」だった。なんか、召喚獣でも呼べ出せそうw


    どうか励ましの一押しを!
    1. 2010/06/22(火) 22:58:59|
    2. アメリカ経済・政治
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    初めてのディズニーランド!

     と、いっても私が行ったわけではなく、上息子が行ったのですが。ディズニーランドは毎年、卒業を目前にした周辺中学校の8年生が卒業旅行ならぬ卒業ディズニーランドで押しかけ、毎年、この時期になると地域の14歳で溢れるそうですw

     本場のディズニーランドまで30分ほどの街に住んでいながら、未だに一度も行ったことの無いわに一家(だって入場料が高いんだもん)、園内ではミネラルウォーターが一本5ドルすると聞いていたので、上息子に水嚢を背負わせ、斥候として送り出します。しっかり偵察してくるように!

     お友達は皆、小さい頃から何度も行ってるというディズニーランドの達人ばかり。この辺には、年間パスを持ってる子が多いらしい…と、いうのも、ユニバーサルスタジオもそうなのですが、一回の入場料と年間パスが同じ値段なんだよね。だから、遠方からお客来る→ディズニーランドに連れて行く→ついでなんで年間パス購入、ってことになるんだって(と、いうのが、お友達のお母さんの弁)。だから、今日の参加料も、チケット込みなら45ドル、自分で入場パスを持っていればバス代の10ドルだけです。さて、今夜8時過ぎに帰ってきた上息子の、「世界で一番幸せな場所」の感想は??

    「別に~、大したことなかった~」
    だと!あんたさぁ、いくら14歳はヒネたお年頃だからと言っても、もうちょっと興奮しててもいいんじゃないの?だって

    「なんかショーもあんまし面白くなかったし、パレードはしょぼかったし」
    なんぞと言ってるワリには、何枚もパレードの写真撮ってきたし、お友達が撮ってくれた写真では、なんかポーズつけて写ってるし、しかも

    「ファインディング・ニモのアトラクションに乗りたかったけど、時間切れで諦めた」
    だって。ちなみに、彼らの園内での自由時間は9時から6時まで。9時間もいて、時間が足りなくて、それでも「大したことない」言うかー?!アタシだって本当は行きたかったんだぞ!付添いで参加したかったのに、既に枠が一杯で行けなかったのにー!若息子の時は早めに申し出て付いてくぞっ!(付き添いは入場料がタダになるんである。むふふv)

     お昼は何食べたの?と、尋ねると、何も食べなかった、だって。アイスクリームだのポップコーンだの買い食いしまくって、お腹が膨れたらしい。「レミーのレストラン」で登場したメニューのあるレストランに行ってみたかったけど、そこは予約が必要なんだって。

     ところで、息子が一緒に行動したお友達の一人は、「ゲーム中につき、邪魔すんな!」って書いてあるTシャツ着てる。さすがは上息子のお友達だ(笑)。そして、息子が着ていったT-シャツは「誰でもいいから噛み付いてやりたい気分」




    追記に上息子の撮ってきた写真をアップしたので、カリフォルニアのディズニーランドに興味があれば、クリックで追記を開いて見てくださいねv


    ここんとこ落下の一途ですのん(TT)
    [初めてのディズニーランド!]の続きを読む
    1. 2010/06/21(月) 22:58:13|
    2. カリフォルニア名所
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2

    父の日とミルクグラス

     世界共通、父の日です。世界中のお父さん、ありがとう!わに夫への父の日のプレゼントは、外に出かける前に日焼け止めを塗っても、何故か肩と首の後ろを真っ赤にして帰ってくるので、SPF50のタートルネック型半袖Tシャツと、パナソニックの鼻毛カッター。耳毛も切れますw 息子達からはお手製カードとチョコレートだったんだけど、初めて買ってみた、Trader Joe'sのPowerberriesって、袋に入ったチョコレートが、洒落にならんほど美味い!「どう?」ってきいたら、「Ridiculously good!」って言うんで、私も食べてみたら、冗談抜きでおいしい!これは危険なブツを知ってしまった…

     お天気がいいので、犬の散歩を兼ねてご近所をブラブラしていたら、ガレージセールをしていました。そこで見つけたのが、この足つきマグ。あらま、可愛いvと、お値段を尋ねたら、二つで50セントだったので、別にミッキーマウスのファンでも何でもないんだけど、嬉し楽しくお持ち帰り。帰ってきて調べてみたら、フェデラル製のヴィンテージ物らしいです。

     ミルクグラスのマグって、何色の飲み物を入れても美味しそうに見えるので好き。もう長年、どっかのヤードセールで買ったミルクグラスのビアマグを愛用しているのですが、赤ワインを注ぐとバーガンディー色がミルク色に映えて、安物ワインでもすごーく美味しそうに見えるの。オレンジジュースやクランベリージュースなど、はっきりした色の飲み物と、柔らかなミルクホワイトの相性は抜群。こんなん買ってきた-vとウキウキしてわに夫に見せたら、マグはいらんほどあるだろー!と、呆れられたけど、ミルクグラスのマグには弱いんだよぉ…orz


    かわいいっしょv


    全然、話は変わるけど、今日のタイトルを打ち込んだら、最初に出てきた変換は「乳の人ミルクグラス」だった。Google Japanese IME、賢いんだか、アホなんだか??


    ヨイショと持上げの一押しを!
    1. 2010/06/20(日) 23:18:58|
    2. 未分類
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:5

    海辺のシェークスピア劇

     屋外劇場でのシェークスピア劇は、全米各地の夏の風物詩です。私の住んでいた街でも、ニューヨークではセントラル・パークで、ワシントンD.C.ではロッククリークパークで、無料公演が行われていました。ここ、サウスベイでは、 Shakespeare by the Seaが、夏の間中、LA周辺各地で講演を行い、今年で13年目になります。今年の出し物は「十二夜」と「ジュリアス・シーザー」。猫たちを除くわに一家も、昨日、サン・ペドロのポイント・ファーミン公園に、「ジュリアス・シーザー」を観に行きました。6月も後半ですが、ビーチシティーは日が暮れると、まだまだ肌寒い。特に、ポイント・ファーミン公園は、海上に切り立った崖の上なので、潮風が吹きさらして寒~い。毛布と熱いスープを入れた水筒を持って行って、準備万端のつもりでしたが、頭から毛布にくるまって、スープをすすりながらでも寒かった

     それにしても、こうやって見てると、シェークスピア劇って、すんごく展開が早いよね。二時間弱の間にぽんぽん話が進んで、オープングの凱旋、謎の予言者登場、密談、悩む主人公の独白、妻との葛藤、暗殺とそれに続くモブシーン、そして最後、主人公ブルータスと義弟カシウスの自害、マーク・アンソニーの演説へと、次々とスピーディーに展開していく。華やかなオープニング、中盤の見せ場の暗殺シーン、そしてクライマックスのバトルと、しっかりツボも押さえてるし、今更ながら、やっぱシェークスピアさんは偉大です。このスピーディーな展開、研ぎ澄まされたセリフ回し、無駄に3時間超えの映画の多い、昨今のハリウッドの皆さんも、見習って欲しいもんですな。

     もう一つの演目、「十二夜」も是非見に行きたい。この辺りでは、「June Gloom」といって、6月は曇の日が多く、朝夕が冷え込むのですが、来月に入ると、夕涼みを兼ねてお芝居を楽しめるようになるかしら?ともあれ、「十二夜」うぃ観に行く前には、映画「恋に落ちたシェークスピア」を再見しなくちゃね!


    元老院の面々、シーザー暗殺の密談中


    ブルータス、お前もか!


    おまけ:今日の失笑。LAタイムズのサイトに出てた、「Congressman Recommends Harikari To BP Boss(議員がBP社長にHarikariを勧める)」って記事。Harikariって…ハリカリって… ハラキリのことかー!?!(ぎゃはははは!)LA Timesの校閲は、ハラキリも知らないの?

    Watch CBS News Videos Online



    お…お前もか…?!でポチっとな
    1. 2010/06/19(土) 23:05:50|
    2. イベント
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2

    アメリカンな青春は華やかなのだ

     中学校卒業間近の上息子、今夜は学校の「Promotion Dance (進学ダンスパーティー)」でした。私もここ数日は、会場の飾り付けを中心としたパーティー準備のお手伝いに精を出したので、やっとパーティー本番を迎えて、ちょっとした達成感を味わっています。息子達が小学校に通っていた頃は、コンピューターのクラスのお手伝いしたり、チェスクラブ作ったり、イベントの委員したりと、色々参加してたんだけど、中学校になると、急に親の出る幕が無くなって、ちょっと寂しい。

     今夜のパーティーのテーマは「インターナショナル・スパイ」、と、来れば一番最初に頭に浮かぶのは、ジェームズ・ボンド。でも上息子の出で立ちは、黒の帽子に黒のシャツ、黒のパンツ、黒の合革ジャケットと全身、黒尽くめで、007というよりは、インターナショナル・こそ泥(わははw)。実はこれ、頭の先から爪先まで、近所のGoodwillとSalvation Army(金曜日は4割引の日v)のチャリティー・ショップで揃えたもので、全身で10ドルも掛かっていません。スリフトショップって、しみじみと有り難い。でも、スリフトでの買い物に慣れすぎると、普通の小売店で、正規のお値段でモノを買うのがイヤになっちゃって、お買い物に行っても何も買えなくなるのが、チト困りもの(><)

     こんなダンスパーティーや、ハリウッド映画でもおなじみの高校のプロムなんて、青春の1ページだなぁ、輝いてるなぁ、と、羨ましくも思います。こんな年頃に思い切りおしゃれして、大人びたダンスパーティーに出掛けるなんて素敵。けれど、冷静に我が身を振り返ってみれば、壁の花ならぬ壁のシミ型・地味女だった自分、プロムに出かけるデートの相手がいるような女の子だったとも思えないので、日本にはプロムなんぞ存在しなくて良かった~、と、内心、安心したりw ちなみにわに夫は、プロムには5-6回行ったそうだ。あんたってば、一体何者?(今度、お姑さんを問い詰めよう)

     一方、うちの上息子は私に似たか、女の子とダンスには縁遠く、パーティー中はずーっと、仲良しのオタク仲間と卓球したり、好きなゲームや漫画のことを話してたんだって。高校生になってプロムに行く頃には、いっちょ前にガールフレンドの一人なっとできて、タキシードで決めて彼女をエスコートしてプロムに行って欲しいもんだと切に願う母なのでした。


     ワールドカップ、今朝はアメリカがスロベニアと分け、決勝リーグ生き残りの可能性も??スペインをスイスが下したり、ドイツがセルビアに負けたり、今大会は波乱含みですね。大会前から、動きがヘンだと批判されていたボールの影響があるのかしら?明日の日本の相手、強豪オランダは手強いけど、もしや?!の可能性は十分だと思います。ちょっとドキドキだけど、明日が楽しみ。でも、試合開始の時間に起きる自信がなかったりする…


    朝に弱いわにに喝!の一押しを
    1. 2010/06/18(金) 22:01:25|
    2. アメリカの学校
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    LA Lakers、NBA優勝!

     引越しのたびに住んでる場所のチームを応援するのが、わに家のジャスティスです。コロラドでは、アメフトのデンバー・ブロンコズと野球のコロラド・ロッキーズを応援しましたし、今は、野球はドジャーズとエンジェルズ、バスケットボールはLAレイカーズを応援します。そのレイカーズ、前半はリバウンドが全然取れなくて、もう駄目ね…と思いながら見てたら、逆転して優勝を決めました。めでたい、めでたい!なんだけど、LA周辺は、優勝して気分が高揚しすぎたファンによる暴動を大警戒中。昨日だけでも、酔っ払って運転して他の車に突っ込むヤツあり、路上の車をひっくり返しちゃったヤツありで、これに比べたら、カーネル・サンダースを道頓堀に放り込むタイガースファンなんて大人しいもんですね。

     暫く前に観た映画、「インビクタス 負けざる者たち」は、マンデラ解放直後の南アフリカ共和国が、1995年のラグビーW杯を勝ち進んでいき、遂には優勝する過程で、黒人と白人が共にナショナルチームを応援し、分かり合って行くというストーリーでしが、同じチームを応援してるってだけで、同志!になっちゃう、スポーツの魅力はすごい。LAレイカーズは2年連続、16回目の優勝なので、私の地元・阪神タイガースとは比べるのが、やや、あうう…orz なのですが(><)、阪神の優勝目前(は、何度もあるんだよね。とほほ…)の地元全体の浮き浮きした気分、そして1985年の優勝時のお祭り騒ぎを思い出しました(2005年時は日本には居ませんでしたから)。阪神ファンなら誰でも親友!的な、あの雰囲気。

     空は明るくても、暗い話題しかないLAですが、市民の気持は、暫くの間、晴れていそうです。でも、あんまり騒ぎすぎは控えて欲しい…


    お祭り便乗でエイと一押し
    1. 2010/06/17(木) 22:07:20|
    2. ニュースねた
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:4

    Portrates of Hope:希望の肖像

     夏です。海の季節です。今月に入ってから水も急に温んで、足元を濡らす波が気持ちいい。週に二回は浜辺に散歩に行く私としては、風も波も地よい季節となりましたが…… あんまり楽しくない…

     水が温み出すと同時に、なぜか今まで浜辺に流れ着いていた無数の貝殻やシーグラス、小石の姿が消えました。私の浜辺散歩の楽しみの大きな部分は、大好きなシーグラスを拾うという宝探しの部分ですから、ビーチにわかめしか落ちてないのは詰まらない。ライフガードのおっさんに、勝手に浜辺のゴミ拾いオバサン認定を受けた私としては、人出が増えてゴミが増えてるのもかなわん。肝心のシーグラスは拾えないのに、ゴミばっかりスーパーのビニール袋に2つとか(タメイキ)

     組織的に浜辺のゴミ拾いをグループで行っている団体やイベントも有りますが、そんな海が好き、海洋生物が好きな人の中には、少なからず、日本人と聞くとイルカがどうこう、鯨がどうこうと突っかかってくるヤカラが混じっていて、対応するのが面倒くさい。その手のイベントは真昼間、他に海水浴客も沢山いるのに、その間を縫ってゴミ拾いも、なんか当て付けがましくて苦手。正直、大見得切ってゴミ拾いまーす!ビーチの美化に貢献してまーす!と騒いでるアンタ達よか、私が過去半年の間に拾って捨てたゴミの方が多いと思うよ。別に、ゴミを拾ってイルカさんを助けようと思ったわけじゃなくて、落ちてるから拾ってただけのことだけど。

     私が散歩に行くのは、朝か夕方なのですが、この頃は6時前でも、未だお陽様サンサンです。ビキニの女の子たちやサーファー、そして最近、ライフガードの見張り台にペイントを施したパネルが貼り付けられて、浜辺はとってもカラフル。Portraits of Hopeによるプロジェクトで、夏の間中、北はレオ・カリージョから南はサン・ペドロまで、ずずーっと続くロサンゼルスのビーチに沿って、展示が行われています。元々、ポートレイト・オブ・ホープのプロジェクトは、重い病に冒された子供たちに希望と誇りを与えよう、子供たちの生きた証を残そうという趣旨で始められました。今では広範囲の参加者を募り、このロサンゼルスのライフガード・タワーのプロジェクトでは、実に6千人の子供たちが協力したのです。その力作のほんの一部、トーランスの浜のタワーをご覧下さい。






    南カリフォルアの青い空に生えてステキでしょv
     

    今日もお付合い、有難うございました
    1. 2010/06/16(水) 22:40:28|
    2. ビーチ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2

    日本勝ったー!

     正直に白状すると、試合前には勝てるとは思ってなかったんです。失礼なヤツでごめんなさい。でも、1点入ってからというもの…もー、力入って肩凝るし、胃はキリキリ痛いし、試合終了後はヘナヘナと、朝から疲れちゃいましたよ。昨日のはやぶさ、今日のサッカーと、連日、日本人で嬉しいー!が続いてホクホクです。肩凝っちゃって、サロンパス(日本の偉大な発明品)の臭いをプンプンさせながら御機嫌の母に、上息子は、「My dear brother, it is unfortunate but our mother's completely insane.(弟よ、不幸なことだが、僕たちの母は完全にイッてしまった。)」とか言ってんの。怒るぞ、こら!

     4年に一度のにわかファンで、日本の選手についてもまるで知らず、数日前にも買いた通り、「キャプテン翼」で得た知識しかない私ですが、そんなにわかをも、朝っぱらからPCの前に張り付いて自国を応援しようという気にさせるのも、ワールドカップの放つ熱のせいかもしれません。ところで、今、連載中の「キャプテン翼・海外激闘編」すんごい詰まんないんですけど。日向小次郎くんが、牙の抜けた虎どころか、かわいい仔猫ちゃん化してた一つ前の連載も相当な脱力モノだったけど、今の連載、もうストーリーを追う気にもなれないんですけど…orz


    ともあれ、話を戻して…

     例えばヨーロッパ。戦争、虐殺、大量殺人、文化破壊… 過去千年ほどを振り返っても、なんともまぁ、派手に殺し合っていることよ。ってゆーか、過去千年の間に複数の国が存続してたのって、ヨーロッパだけなんだけど、まぁ異民族間、異国間だけではなく、同民族間、同じ国の中で、果ては親兄弟同士で、勢力争いを繰り返してきたのです。4年に一度、サッカーと言う戦争で、我慢できない隣人たちとの決着を付けることが役立ってる…なんて、考えすぎでしょうか?同じ通貨を使い、パスポートなしで従来できる今の統一ヨーロッパに貢献したのは、実はサッカーだった、なんて。

     アメリカ人が、いまいちサッカーに盛り上がれないのは、それだけ真剣に競い合う近隣国が無いからではないかと思います。冷戦時代の、旧ソ連とアメリカのオリンピックでの競い合いは、かなり真剣でしたが、あれは、互いの国家の威信を掛けての代理戦争の役割を果たしていたのではないでしょうか。そして、ヨーロッパ選手権やワールドカップにおけるヨーロッパ同士の競争は、かつての米ソメダル争奪戦に似た、過去の恨みつらみ、現在の嫌悪感をここに集結してカタつけようじゃねーか!の場なのかも。

     と、いう訳で、ワールドカップに幸あれ!と、思う私なのでありました。今日の試合は、日本じゃ深夜過ぎでしたよね。眠い目をこすって応援してたに違いない日本の皆様、お疲れ様でした。でも、その甲斐あったよね!日本勝利祝いで、今日の画像は、ミミさんお手製の浴衣を着た、いなせなサイモンですv



    お祭り気分でぽんと一発
    1. 2010/06/14(月) 22:56:49|
    2. ニュースねた
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:8

    OCで楼蘭の美女と出逢う

     惑星探査機・はやぶさが還ってきました。カプセルはほぼ予定通りの位置に落下したことが確認され、明日にでも回収されるそうです。大気圏に突入し、火花を散らしながら燃え尽きて行くはやぶさ本体と、火玉となって砂漠に降り立つカプセルの映像も綺麗でしたが、はやぶさが最後に撮影した地球の写真には感動しました。ネットでは早速、この写真をデスクトップ用に加工した画像が配布されていますが、私も拝借してデスクトップ背景に設定しました。最後にはやぶさに地球を見せてやりたい、とは、なんとも日本人的な考え方だと思ってたのに、この「奇跡の一枚」には見事に涙腺崩壊。これほどの偉業を成遂げながらも、17億円から3千万円という、冗談みたいな宇宙開発予算削減のせいで、はやぶさ2計画の目処はたっていません。この経験を生かす次の計画は、今だ民主党政権が認めていないのです。中国や胡安国が宇宙開発に力を入ている中、意図的に日本を遅れさせようとしているかのようです。口蹄疫対策の致命的な遅れ、普天間基地移転問題を巡る混乱、税金ばら撒きの子ども手当… 国益よりも外国人を優遇する民主党、やっぱり次の参院選で追い出さねばならない政党です。


     はやぶさに感動した後は、若息子と、ボワーズ博物館(Bowers Museum)へ。ディズニーランドのあるアナハイムの南、サンタ・アナにあるこの博物館では今、「シルクロードの秘密(Secrets of the Silk Road)」展が開かれており、有名な「楼蘭の美女」の他、豪華な衣装に包まれたYingpan Man、そして赤ん坊のミイラが、アメリカでは初めてとなる公開中。NHKの「シルクロード」や「新・シルクロード」シリーズにずっぽりハマった世代の私としては、絶対見逃せない機会です。シルクロードという文字を見ると、自動的に頭の中で喜多郎さんの音楽が鳴り響き、脳内では展示説明は石坂浩二さんの声に自動変換。旧「シルクロード」シリーズで見た楼蘭の美女、実物に出会えて感激でした。長い睫毛、薄い鼻梁、豊かな赤毛…さぞや美しい女性だったんだろうなぁ…

     ボワーズでは現在、この特別展の他にも、「魂と首狩り族:太平洋諸島のアート」展と、「中国の古代芸術:5千年の遺産」展が開催中。首狩り族の方は、展示室の照明は暗く落とされ、スポットライトに照らされる大きな仮面や、骨で作ったアクセサリーなどが実におどろおどろしい雰囲気。BGMもなく静まり返ってるのがまたジワジワきました。今晩夢見そう…

     古代中国工芸展は、今、歴史の授業で古代中国史を習っている最中の若息子には特に興味深かったみたいです。黄河・長江文明の時代に遡っての磁器や青銅器から、清の時代の陶器に到るまで、上海博物館から貸し出された工芸品の数々は、見応えたっぷり。私が学生の頃は、夏王朝は伝説に過ぎないなんて教えられたのに、その存在を証明する品々を見せられては、中国三千年どころか、まじ五千年かよ~!と、しみじみ展示ケースの前で感慨に耽ってしまった。

     結構常設展も充実しており、入場料に加えて追加料金が必要で、合計が大人20ドル、子供18ドルと、「うわ、高っ!」と思った「シルクロードの秘密」展も、十分に値する内容でした。一通り博物館内を見終えた若息子は「脳みそがパンパンだ~」だって。脳味噌はパンパンでも、胃は空っぽになったので、ミッションを模した建物と中庭を見ながら、館内のレストランで遅い昼食を頂きました。若息子のバーガー、絶妙の焼き工合。人食い人種コワー!とか言ってるアンタも、立派に肉食だし… 私はシーフードのスパイシーなパスタを頂きましたが、とっても美味しくて、最後のソースまでパンですくいとって食べちゃったv

    「シルクロードの秘密」展、来月25日まで開催し、その後は、ヒューストン、フィラデルフィアへ移動します。機会があれば、是非!


    応援よろしくですm(__)m
    1. 2010/06/13(日) 22:16:20|
    2. イベント
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:1

    パロス・バーデスのストリートフェア

     お隣の街、パロス・バーデスでは、今週末ストリートフェアが開かれています。イベント好きのわに一家も、いそいそとお出掛けです。音楽のライブや、アートや工芸品の即売テント、食べ物の屋台にビアガーデン、そしてカーニバルライド… お祭り大好き!日本の遊園地でも定番の、メリーゴーランドや回転ブランコ、観覧車にフライングカーペットなんて遊具や、お化け屋敷などは、アメリカではステートフェアなど、お祭りが開かれる間だけ設置される移動型です。ある日、駐車場に遊園地が出現し、週末が終われば無くなっちゃう。固定型の遊園地に慣れた日本人には、ちょっぴり不思議な感じ。大学生の頃、今は無き神戸ポートピアランドでバイトしてたので、あの頃と変わらない遊具を見ると、懐かしくなっちゃいます。UFJやディズニーランドみたいな非現実世界を体現するテーマパークや、シックス・フラッグみたいな大規模な遊具を備えた遊園地もいいけど、こんな小ぢんまりした遊園地も、郷愁を誘って良いものです。


    日本の遊園地でお馴染みのライドも沢山


    カーニバルゲームの定番・アヒル釣り


     アメリカ西海岸時間では明日の早朝、はやぶさが7年間のお使いを終えて、地球に帰ってきます、早起きしてネット中継見るよ!


    お気軽にポンとよろしく
    1. 2010/06/12(土) 21:59:54|
    2. イベント
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:4

    LAの高速では、他の車と会話ができる

     「涼宮ハルヒ」シリーズのおかげで、舞台のモデルとなった西宮北高校が注目を浴びているとのニュースがちょっと羨ましい、西宮南高校出身のわにです。今日からワールドカップが始まって、サッカー廃人化。サッカーの知識なんて、漫画の「キャプテン翼」で得た程度なのに、ついお祭りムードに乗ってW杯は見てしまうのでした。ちなみに私は、ESPN3から、無料ストリーミングで見てます。サッカー選手には、おっとこまえも多いから、目の保養でもあります。ふふふ…v

     優勝候補メキシコと1-1で分けた南アフリカ、W杯史上初の開幕戦を落とした開催国チームにならなくて良かったね。わに夫は、平和部隊の隊員として、南アフリカ国内にある小さな国、レストゥ共和国に派遣されていたことがあるので、さり気に南アも応援してるらしい。でも、アメリカも、ドイツも応援してるので忙しい…かと思えば、どうせ最終リーグに残るのはドイツだけだろうから、そうでもないんだって。応援してる割には冷めてるなぁw

     この大会のために開発された新ボールが混乱を起こしそうだったり、複数のエース級選手が直前に怪我で出場できなくなったり、開会式に出席するはずのネルソン・マンデラ元大統領が、前日の曾孫の事故死をうけて欠席したり、嵐の予感の今大会ですが、何事もなく無事に成功して欲しいものです。何しろ今後一ヶ月、世界中の生産効率は激しく落ち込むことが確定、なんてほどの世界的なお祭りなのですから。

     
     ところで、今日の夕方、ちょうど通勤ラッシュ時に、小学校の頃のお友達のお誕生日パーティーに招待された若息子を、古巣の西LAまで送っていったのですが、LAの渋滞地獄、半端ないっす。ノロノロ運転中、隣の車線のおじさんが何か叫んでるんで窓を開けたら、「そのバンパーステッカー、何処で買ったの?」と。「ネットだよ!evolvefish.comってトコ!」と、叫び返しました。しかし、高速道路上で、他の車と会話出来るって、何かとっても間違ってないかい??ちなみに、右の画像が、問題のバンパーステッカーです。キリスト教徒のシンボルである魚をパロったもので、かつての愛車だったピックアップトラックには、魚に足の生えた「Evolve(進化)」ってのを貼って、信心深いTexan達をおちょくってたんだけど、リベラルなLAじゃインパクト小さいんで、犬好きをアピール中。これの猫バージョンもあるので、買って並べて貼っつけようかなv



    目標は10位以内!
    1. 2010/06/11(金) 22:46:29|
    2. 未分類
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:6

    東京で「ザ・コーブ」上映会

     以前に紹介した、16歳で世界一周無寄港航海に挑戦中のアビー・サンダーランド嬢が、大西洋で緊急信号を発信し、それに応えて、アメリカ、フランス、オーストラリアの救援船が、それぞれ調整しつつ、アビー嬢のヨットに向かっているそうです。もし緊急事態になれば、事故にでも遭えば多くの機関を巻込み、規制の見直しに繋がりかねない。そんな、危惧されていた事態が、実際のものとなってしまいました。アビー嬢がこの件で急に注目を集めたせいで、このブログのアクセス数もとんでもない事になってるですよ(@_@)

     海上で一人きりのアビー嬢の救援も一大ニュースですが、太地町の漁師さんvs.「ザ・コーブ」も今日のニュースです。多くの日本人の怒りを買って上映中止の相次ぐこの隠し撮り映画、その上映会が先週水曜日に東京で開かれ、600人以上の観客を集めました。この日に上映されたのは、日本上映用の、登場人物の顔がぼかされているバージョンとは異なるオリジナル版です。つまり、肖像権侵害版。このAPの記事は、「ザ・コーブ」の上映に対する抗議行動が、多くの劇場が上映中止を決定した原因とし、日本における言論の自由問題や検閲への議論を喚起する誘因となったとしていますが、これも、「ザ・コーブ」支持者だけに都合の良い、著しく偏った一方的な見方の記事で呆れます。

     この作品の問題定点の第一は、長らく文化として受け継がれてきたイルカ漁を、始めから憎むべき事として、感情的に扱っている点です。この作品はドキュメンタリーを謳っていますが、素材をかくも感情的に捉え、編集されたフィルムに、一体、真実を伝えるドキュメンタリーとしての価値はあるのでしょうか?この作品の制作目的は、イルカ漁を非難し、それが如何に残酷であるかを伝える事であり、当然ながら、大変に偏見に満ちた作品になっています。長らく伝えられた文化としてのイルカ漁や、イルカを食べる習慣に対する尊敬の片鱗すら見られません。登場人物の肖像権を侵害しているのも、その証拠でしょう。イルカを殺す悪者だから晒しちゃえ、という悪意が感じられます。

     自分達の価値感に沿わないからと、他の文化を一方的に非難し、盗み撮りをしてまで、それを貶めようとする浅ましさ。イルカは知的だから殺すべきではない、食べるべきではないというのが彼らの意見ですが、ここに垣間見えるのは、自分たちの価値観で生きとし生けるものに順列を付ける恐るべき傲慢さです。牛、豚、鶏は屠殺して食べてもいいけど、イルカは駄目。人間は、他の生き物の命を奪って食べねば、生きていけません。ベジタリアンだって植物を食べるでしょ。自然の全てに精霊を感じ、敬う日本の文化では、植物も動物と同等に、その生命は尊いとします。ですが、「ザ・コーブ」の製作者、支持者の価値観の底にあるのは、イルカの命は他の動物より尊いとする、独善的かつ利己的な見方です。ここに見えるのは、現地人は、肌の色が違うものは野蛮だ、自分たちと同等の人間ではないと虐殺してきた白人の傲慢さです。

     それに対する批判を、言論の自由を損なう、検閲だという伝え方をするAPもまた、白人至上主義者の片棒を担ぐ偏見メディアだと言わざるを得ません。なぜ日本人は「ザ・コーブ」を批判するのか、盗撮であること、一方的かつ感情的であること、そのようなことは一切触れず、抗議活動は右翼の愛国者による暴力だとにおわせ、イルカの水銀含有率が高いから危険だって、無知なイルカ食いの奴らに教えてあげているんだよという白々しい弁明を基に、この作品を正当化する。アメリカの産業革命を支えたのは、捕鯨産業に他なりません。そして、世界中の鯨の数を劇的に減らしたのは、アメリカやオーストラリアの鯨油目当ての捕鯨です。それらを顧みず、自分たちの領地に住むイヌイットの捕鯨は伝統だから許可するけど、日本人のは認めないとは、何たる傲慢!「ザ・コーブ」に描かれる、太地町のイルカ漁の描写もまた、同じような「自分のことは棚に上げ」的な傲慢さが感じられます。日本人として、なぜ私たちがこの映画に反対するのか、を、機会あるごとに伝えていきたいと思います。

    1共感いただけたら一押し願います
    1. 2010/06/10(木) 23:14:39|
    2. ニュースねた
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    微妙な14歳

     ユニクロ海外出店加速のニュースに、LAにもお店を~!と叫びたい私です。せめて常時通販して欲しい。冬中、二枚のヒートテックを毎日着回してたもん。新しく出たUVカットのインナー欲しいよぉ。


     ところで、全米では、既に夏休みに入った学校も多いかと思いますが、レドンド・ビーチの学校区では今月23日が最終日です。残りあと二週間で、子供たちは日数を指折り数える日々。学年末に向けてイベントが目白押しで、特に今年で卒業の8年生の上息子は、ダンスパーティーあり、ディズニーランド行きあり。その前に定期試験があるんだけど、試験の存在が頭の中にあるかどうかは謎です(ないんだろうなぁ…)。

     それにしても、高校のプロムはハリウッド映画でもお馴染みの一大イベントですが、中学でも同じようなダンスパーティーがあるとは知りませんでした。もっともプロムはカップルで参加が基本なのに対し、中学校のパーティーは、デートの相手無しでもOK。メディアの影響で、アメリカでは14歳ともなると大人びて、みんなステディーな相手がいて、みたいなイメージが有りましたが、実際に自分の息子やそのお友達を見ていると、お付合いしている子達もいるけれど、大半は、好きな子はいるけど告白出来なかったり、仲良しの異性はいるけど特にお付合いまではいかない関係だったり、スポーツやアイドルに夢中で同級生には興味なし!だったりと、自分が中学生の頃と何ら変わりないような感じです。

     もっとも、上息子は背も低く、同じ学年の中でも子供っぽい方で、お友達も同じようなタイプ揃い。一番仲良しのゼイン君だって、身長は既に180cm超えと大きいけど、会話はゲームや漫画のことに、お決まりの先生の悪口と、色気ゼロ。母としては、ちょっとは女の子の目を気にして身嗜みを整えて欲しいんだけど、おしゃれなティーンになるより、ムサいオタク少年になる可能性の方が高そうな我が家の息子…orz

     この年齢だと、絶対的に女の子達の方が大人で、お化粧をばっちりしてセクシーな服装の子たちも多くて、かえって中学校には吊り合うような男の子は少ないみたい。西LAの中学には、女の子も男の子も「これが中学生?」と、目を疑うような大人っぽい子がいましたが、今の学校は感じが違います。都会の子は早くオトナになるのかしらね??


    気温は10℃台ですが、すっきりと晴れた日でした


    何も無くとも取り敢えずよろしく
    1. 2010/06/09(水) 22:02:48|
    2. ああ息子
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:6

    国際結婚・最新調査結果!

     今朝のNPR、「Air Talk」という番組内で、先週金曜日にPew Research Centerが発表した、2009年10月から11月に行われた調査では、アメリカで新しく結婚したカップルの7組に一組は異人種間、異エスニック間結婚だったという結果(One-in-Seven New U.S. Marriages is Interracial or Interethnic}に対する、視聴者の意見を募っていました。1967年の映画「招かれざる客(Guess Who's Coming to Dinner)」に描かれたように、かつてはアメリカでもタブーだった異人種間結婚もすっかり市民権を得て、質問に答えた殆どのアメリカ人が「問題ない」と返答しており、35%が異人種と結婚した親族がいるとのこと。アメリカ人の3人に一人以上が、親族一同揃えば、人種の違う人がいるという状況なのね。

     こんな傾向は確実に増えてきており、1980年に結婚したカップルの中で、異人種同士はたったの6.7%だったのが、2008年には14.6%に増えたそうです。大体、この国のトップであるオバマ大統領が、ケニア人と白人アメリカ人のカップルの間に産まれた、異人種間、異エスニック間結婚の賜物というのも象徴的です。

     面白いのは、2008年に結婚した黒人男性の22%は黒人以外の人種と結婚しているのに対し、黒人以外と結婚した黒人女性は9%と半分以下、そしてアジア人以外と結婚したアジア人女性は実に40%もいるのに、アジア人男性の場合は半分の20%。組み合わせとして一番多いのは、白人とヒスパニックのカップルですが、他の人種と結婚する割合が大きいのは、アジア人でした。番組中に登場したリスナーの中にも、メディアの提供する人種別イメージが、この結果に影響しているのではないかと提唱する人が何人かいましたが、実際、TVや映画では、アジア人男性はオタクかカンフーの達人で、アジア人女性は従順でか弱いというステレオタイプが多いような。

     ネットでも国際婚活、なんてのを見かけますが、日本人女性との結婚を希望するアメリカ人の中には、こんな幻想を抱いてるヤカラも少なからず、と、いう気もします。お風呂に無言で入ってきて、背中流してくれるってイメージね。日本人を嫁にしたら、家事なんて手伝う必要なし、威張ってりゃいい、なんて考え方の人と結婚したら、国籍や人種に関係なく苦労しそうだけど。そして、外国人と結婚したからって、親族のしがらみが無くなる訳でもなければ、確執が無くなる訳でもない。私は同国人と結婚したことはないから比較はできないけれど、同じ日本人同士でも色々な関係があるように、外国人と結婚しても、姑が鬱陶しい、とか、親類との付合いがメンドいってのから逃れられるワケじゃない。

     そして、リスナーの声の中でも、今は人種や国籍よりむしろ、クラス(階級)の方が重視されるという声がありましたが、私も同意します。アメリカは階級社会、結婚相手を選ぶにあたって宗教はとても重視される要素だし、多くは同じような経済レベル、社会的地位、学歴の相手と付き合うことが多いと思う。美貌を武器にトロフィーワイフ(ハズバンドも?)を狙うんでもなければ、いきなり大金持ちのセレブと恋に落ちてシンデレラ、ってのは、全く無いとは言いませんけど、実際んとこ稀だろうし、結婚してから苦労しそう。

     話がずれましたが、人種がこんな風に混ざっちゃうのは、人種差別の滅亡への最も確実な道でしょう。何世紀か後には、純粋な東洋人なんて珍しくなったりして??


    地震はなくとも気軽に一押し
    1. 2010/06/08(火) 23:21:00|
    2. 国際結婚
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    地震、来たー!

     昨夜、丑三つ時頃にカタカタカタ、ドン!と地震。ハモサビーチの西4kmの沖で、マグニチュード3.5の地震でした。そして今日の夕方5時前にも、またカタカタカタ、どん!が。ほぼ同じ震源地で、今度はマグニチュード3.7。こんな風に続くと、イヤンな感じ。それにしても、日本で感じる地震は、ユサユサ、ガタガタって感じだったけど、ここのは、小刻みな揺れに続いて、一つ大きなショックを感じるタイプが多いような気がします。でも、カリフォルニアに越してきて初めて感じた地震の時は、車付きの椅子の上に座っていたら(私はイスの上で正座するタイプw)、コロコロと椅子ごと左右に横揺れしたので、「ユサユサ」型もあるのでしょうが。カリフォルニアは気候は最高、色々と便利だし、とっても住み良い場所なんだけど、地震地帯なのは嫌い

     今夜は、息子達の中学校で、小学校と中学校のバンドの合同コンサートが有りました。6月だというのに寒くって、屋外コンサート向きのお天気とは言えませんでしたが、子供たちは一生懸命、練習してきた成果を発表する日で、寒さなんか感じてなかったみたい。上息子は打楽器担当で、見せ場は、映画「アラジン」の劇中歌「アラビアン・ナイト」の演奏で、銅鑼をゴ~ン!とやるところ。曲中、2回しか出番はないんだけど、かなり目立つし、実はオイシイ役回りなんじゃない?

     ところで明日は、シュワ知事の後釜を決める第一歩、カリフォルニア州知事の予備選投票が行われます。莫大な財政赤字を抱え、不法移民問題、教育のレベル低下、全米の中でも高い失業率等、問題てんこ盛りのカリフォルニアの、今後の方向を決める重要な選挙です。結果が楽しみ…


    ガタッときたらポンと一押し
    1. 2010/06/07(月) 22:33:28|
    2. 未分類
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:1

    唐揚げ1kgが消えた…orz

     鶏の腿肉でから揚げを作りました。お弁当に使おうと思って大量(1kg以上)に揚げたのに、息子達に全て平らげられてしまった。十代男子の食欲、恐るべし…orz わにの唐揚げは、皮と脂肪分を取り除いて一口大に切った肉を、お醤油、みりん、日本酒、お酢少々に、これでもかっ!ってほどニンニクのすりおろしを投入したタレにつけ、片栗粉+小麦粉にこれまたガーリックパウダーとパセリのみじん切りを混ぜた衣をつけて揚げる、吸血鬼が慌てて逃げ出す凶暴メニュー。明日は口臭が凄いことになってるかも知れないw

     さて、今日もメキシコ湾原油流出の話題なのですが、やっとフタの設置による原油回収が成功したようです。昨日のニュースですが、フタ設置後一日で1万5千バレルが回収されたとのこと。とはいえ、完全に抑制されたわけではなく、掘削した穴を遮断し、泥を流し入れて原油が貯留層から湧き上がる圧力を抑え込み、セメントで栓をするまでは、秋までかかるとの見通しです。ホントにもお、事故った時に対応もできない癖に、深海底にボコボコ穴あけて石油掘ってたなんて、恐ろしいことだ。

     抑制目処は着いたものの、既に流出した原油は、着々と沿岸を脅かしつつあり、油膜をすくいとるための様々な手段が講されています。少し前に髪の毛+ナイロンのパンストで油膜掃除の事を取り上げましたが、人間お髪の毛や犬の抜け毛だけではなく、アルパカも一役買ってるというニュースを見つけました。アルパカの体毛は上質のセーターやマフラーに加工されますが、中には使われなかった体毛も出てきます。それをニュー・オリーンズに送り、ブイ状にして油膜を食い止めるのです。アルパカの毛は、羊毛や髪の毛と違って、中が空洞に成っているので、更に多くの油を吸い込むことが可能なのだとか。全国のアルパカ繁殖家が協力して、既に数千ポンドものアルパカの毛が寄付されたそうです。全く、アルパカですら協力してるのに、緑豆や海犬は何やってんでしょうね~??

     


     かく言う私だって、せいぜいお小遣い程度の金額を寄付しただけですが、自分が出来る範囲での小さな協力です。緑豆も海犬も、人海戦略でバケツリレーするなり、ご自慢の高速艇で髪の毛箒を引っ張り回るなり、色々出来そうなもんなのに、何もしない。完全に似非団体であることを世界に知らしめたと思います。地中海で、フランスの漁師さん達にモリで突かれてるといいさ。フランスの漁師さん、応援してますよ!


    煽てられれば直ぐノリます
    1. 2010/06/06(日) 23:42:46|
    2. 環境問題
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2

    死体の花

     ハンティントン・ライブラリー(The Huntington Library)へ行ってきました。お目当ては、昨日の午後から開花した、the Corpse Flower(学名:gigantic Amorphophallus titanum)です。「死体の花」なんて物騒な名前は、その腐った肉のような臭いから。日本では「死臭花」とも呼ばれるそうです。花の中では地球上最大の種の一つであり、発芽から成長までに10年以上、約7年に一度、2-3日間だけ開花する珍しい花だけに、この機会を逃さずにおれようか!なのです。

     死臭花は、スマトラ島の熱帯雨林に咲くので、和名はスマトラオオコンニャクだって。蒟蒻の一種なの?強烈な臭いは、腐肉や獣糞にたかる甲虫を惹きつけて、花粉を媒介させるためだそうです。これは実は単体の花ではなく、上の肉穂花序は付属体で、下の仏炎苞に包まれた部分の上部に雄花、下部に雌花が密生してる「花序」って状態なんだって。だから、花が終われば、肉穂花序にびっしりと赤い実がつきます。写真では随分と美味しそうだったけど、中身の殆どが種なんだって。大変な稀種なので、種は慎重に採集され、一層の栽培に役立てられます。今回、開花したのも、1999年に同じくハンティントン・ライブラリーの温室で開花した死臭花の種から育てられたもの。

     今日、明日の夜は、会員限定の時間外公開があるので、一般公開の混んでる間は避けて午後遅くに出陣。閉館時間まで美術コレクションを見て回り、5時過ぎに温室に向かって、遂に死臭花とご対面です。わくわく…  英国園芸協会のインターネット調査で、堂々、「世界で最も醜い植物」に選ばれた勇姿を御覧あれ!

    014_20100606123210.jpg
    え?これが花??


    上から見ると、確かに少し開いてます

     問題の臭いの方ですが、期待したほどでもなく、微かに腐ったような臭いがしただけでした。夜の方が臭うそうなので、もっと遅くまで粘ればよかったな。高さ3mにまで成長するそうですが、ハンティントンのは、せいぜい1.5mくらい…でも、大きいんだけど。期待しすぎて、ちょっぴり「こんなもの?」ってガッカリでもあったけど、取り敢えずは、来た!見た!臭い嗅いだ!で、微妙な達成感のある日でしたw


    オモロイwと思われたらポチをお願いします
    1. 2010/06/05(土) 23:11:13|
    2. カリフォルニア名所
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:6

    原油流出事故はBP崩壊につながるか

     日本では菅首相が誕生しましたが、どーせ首をすげ替えただけ、夏の参院選までは変化は望めないと諦めてます。この機に、むちゃくちゃだと思う、子ども手当や高校無償化見直しに繋がればいいなと、淡い期待はしてますが、まぁ、その程度ですね。

     ルイジアナ沖で多くの海洋生物が切実な危機にさらされているのに、緑豆や海犬は何をやっているのかと思いきや、地中海のマルタ沖で、フランス国籍の漁船の網から掛かっていたマグロを逃がそうとして、漁師さんにモリで突かれてたんだそうです。そのニュースは、こちらですが、いやはや何とも フランスの漁師さん、グッジョブ!

     小型漁船や日本には立ち向かう、これら似非環境団体が全く手を出さない大手のBP、今回の原油流出事故での損害金額は3-6億ドルに達し、株価は今日の時点で3割下げ、ムーディーの評価も下がって、BPの存続すらも危機にさらされている?なんて意見もあるそうですが、年間純利益が20憶ドルを超える、資産、実に500億ドルの企業が、これくらいで潰れるわきゃないやん、と、私は思います。BPのCEO、トニー・ヘイワード風に言うなら「BPは巨大だ。BP全体の金の量に比べれば、流出した石油と分散剤の量や、それに関する費用など微々たるモン」ってなもんでしょう(ヘイワードの湿原については、過去ログの「失言王、見参!」参照して下さい)。他の石油会社に買収されるなんて噂も聞きますが、今後も賠償金等で莫大な金額を請求されるのが判っていているのに、こーんなドでかい企業を賄えるだけの石油会社が、他にどこにあるねん?って思う。

     一方、オバマ大統領は、BPに対して「激怒してる」とは言いながらも、「私の仕事は問題を解説することだ」とクールな態度を示しています。それはもっともなのですが、先の藪みたいに「わし、メチャクチャ怒っとんねん!」とBPを罵倒して、油にまみれた鳥の姿に涙でもしてくれた方が、アメリカ国民の心情としては嬉しいんじゃないかな。藪が一気に支持率を下げたカタリナへの対応だって、どうせハリケーンに手向かったり、崩壊しかけの堰を止めることは出来無かなかったんだから、迅速に被害にあった人のもとに飛んで、被害者の手を握って泣いてりゃ、随分とアウトプットは違ってたはずだよね。オバマも、現地で多大な損害を受けている漁師さんや観光業界の人々の手を握って、「私がBPから、これを補う補償金を必ず巻き上げます!」ってやれば、支持率も上がるでしょうにw

     いくらBPが巨大でも、今回の事故は痛くも痒くもあるでしょうが、実際には、更に大きな打撃を受けるのは、アメリカ経済の方ではないでしょうか。昨日、ラジオで、ルイジアナ産の牡蠣を出しているニューヨークのレストランの人が「ルイジアナ産が入荷されないので、仕方なくメキシコ産を出してるけど、全然違うものなので困ってます」と言っていました。被害の影響は既に、メキシコ湾沿岸のみならず全米に広がっています。牡蠣だけではなく、ルイジアナ名物ザリガニも入手困難になりつつあるとか…っつーことは、私の大好きなザリガニのエトーフェも食べられなくなる?!ところで、etouffeeは、ガンボやジャンバラヤと並ぶ代表的なケイジュン料理で、ご飯にかけて食べるスパイシーなスープです。エトーフェにはザリガニ(英語ではCraw-fish)がつきもの。こりゃ、えらいこっちゃ!

     ところで、ここんとこ、この話題ばっかですけど、健康保険改革とか、財政問題解決の方はどうなっているんでしょうか……??


    今日の驚き

    道路を挟んで、シェブロンはレギュラー1ガロン $3.15、アーコは$2.83と、32セントも違うのに、シェブロンで入れてる人もいた。



    わにもおだてりゃ木に登る~
    1. 2010/06/04(金) 22:49:08|
    2. アメリカ経済・政治
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2

    RHのBook Offがなくなっちゃうよ~(TT)

     いつも利用させていただいていた、ローリングヒルズのBook Offが、今月一杯で閉店(><)です。今月中は閉店セールなので、早速行ってきました。もう一件の、レドンド・ブルバードのお店は継続するそうですが、うちから一番近いのはローリングヒルズ店なので、本当に寂しいです。なにしろ、アメリカに来て20年ぶりに、日本語での読書三昧が楽しめたのは、なによりこの御店のお陰ですもの。いつも店員さんがキビキビと働いておられるのを見ると、我が身を顧みて、もっとがんばらなくっちゃと思ったり、明るく対応してくださって、こちらも明るい気分になったり。

     今後は、デル・アモスに英語の本専門のお店を開店するのだそうですが、日本語の本が気軽に売買できるのは、本当に魅力でしたので、隅っこのコーナーでもいいから、日本語本も取り扱ってくれたらなぁ… でも、日本人向けのお店が、現地に根付いて、現地のニーズに対応するために心機一転なら、同胞日本人としては喜ばしい事ですね。ここ、サウスベイ・エリアは、日本企業が多く、日本人人口も多いので、日系のスーパーも沢山あって本当に便利なのですが、見る限り、お客さんは日本人やアジア系と、現地のアジア系以外のアメリカ人が半々って感じ。日本の食材が浸透している、日系のお店が現地に根付いている証拠だと思います。

     英訳した日本の漫画も、すっかりアメリカに定着して、私の住むレドンドビーチ市の図書館でも、翻訳コミックスやアニメのDVDが妙に充実しているw 財政難の折、新しい本や映画がなかなか入らないのに、「Naruto」や「Full Metal Alchemist(鋼の錬金術師)」の新刊は直ぐに入るんだから、かなーり需要が高いのでしょう。つい数年前には、一部のオタクの楽しみだったコミックスも、今では本屋さんでも大きなスペースを占めるようになりました。こうなれば、読んだ本を売って、欲しい本を中古で安く入手という日本ではおなじみのパターンも、アメリカで確立する日も近いでしょう。Book Offの英語本重視へのビジネスの移行も、その線に添ってるのかな?と、勘繰ったりしています。コミックスやゲームの古本屋さんがあれば、うちの息子達も「ラッキー★」と、喜びそう。わに夫のSFペーパーバックスの山も売っ払えるし(ひひひ…)。だから英語本専門になっても、利用させていただきますが… でも寂しいよう(TT)

    おまけ:フー、シャー、5秒前w


    押して頂ければ励みになります。ありがとう
    1. 2010/06/03(木) 22:19:56|
    2. 未分類
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2

    政治、ブログ、国民の声

     鳩山首相と小沢幹事長の辞任について、途中でやめるなんて無責任だとの声があることに驚いています。辞めろ、辞めろ、言っといて、本当に辞めたら、それを非難ってw 私個人としては、これ以上、日本国をかき回し国民を翻弄する前に、出て行ってくれて本当に良かったというのが本音です。それにしても、鳩山氏の辞任演説中の「国民の皆さんが聞く耳を持たなくなった」って、随分と自分勝手で失礼な言い様だなと思う

     とはいえ、夏の参院選までは民主党が続投するので、余り大きな変化も望めないような気がします。日本も首相を選挙で選べる日が来れば良いのですが、これは政策作成者である政治家達の利益に大きく反するので、実現する日はこないでしょうね。国民が自分たちのリーダーを選ぶことも出来ずして、一体どこが民主主義かとも思いますが。それにしても、次の選挙でどこに入れるべきか…悩みます…

     ところで、先にドイツのケーラー大統領も電撃的に辞任したのですが、それには、ブロガー達が大手メディアは見過ごした大統領の失言を取り上げ、反響を呼んだのが引き金となった、という見方もあるそうです。APで報道された、その記事はこちらから。私が誰に、どの党に投票するかも、インターネットをつじての情報を基に判断していかねばならないのですが、確かに主要ニューズメディアよりも、某巨大掲示板や個人ブログで得た情報に大きく左右される事になると思います。だいたい、20年も国を離れた浦島タロコの私、ネットから得る情報なしでは、とても投票なんて出来ませんし、日本の状況も闇雲です。誰もが発信出来る、インターネットと言うメディアのおかげで、今や、未だかつて無いほどに、誰もが必要な情報を手軽に入手出来るようになりました。次代が変わっているのだから、政治家の選択が変わってくるのも当然の成行と言えるでしょう。と、買いたら、やっぱ、首相も国民投票で決めたいよねー、に帰りついたけどw

     麻生氏が首相だった頃、漢字が読めない、とか、ホテルのラウンジでお酒、とか、世にも下らないことで麻生氏を貶め、民主党を持ち上げたメディア。前回はその手にまんまと乗ったかも知れないけど、二度目はないと思いたい。夏の参院選、大注目です!


    在外の皆様、選挙登録は済まされましたか?
    1. 2010/06/02(水) 22:15:49|
    2. 政治・外交
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:6

    鳩山首相、遂に辞任!!

     鳩山首相、小沢幹事超が退任!つい昨日は、「続投ですか」の報道陣からの質問に、親指立てて辞任の意思なしとのポーズを見せたばかりだというのに、この怒涛の展開に吃驚すると同時に、「やっと辞めるか」という安堵の気持もあります。国民の期待を裏切り、売国奴かとも思えるような日本の国益に反した悪策の数々、無駄に騒いで日米関係をこじらせ、住民の不安を煽っただけの普天間基地移設問題、外国人に税金をばらまくような子ども手当等々、非難されるべき事には枚挙に遑がありません。そして、鳩山首相の後ろに、小沢幹事長が控えていたのは、周知の事実。二人揃って去っていってくれて、正直なところ、私は少し安心したような、嬉しい気持が隠せません。

     鳩山辞任を伝えるウォール・ストリート・ジャーナルのHPでは、「Hatoyama to Resign Over Base Row(鳩山、基地問題で辞任)」と、普天間の海兵隊基地移転お公約を果たせなかったことが、今回の辞任の直接の原因という見方をしています。他にも、不透明な政治資金団体への疑惑、10%代にまで落ち込んだ支持率(ってゆーか、未だに支持してた人って一体どんな人なの??)など、要因は基地問題だけじゃないと思うんだけど、アメリカ的には矢張り基地問題が焦点なのでしょう。明日の新聞には一斉に、今件の解説が載るはずです。各紙の意見が見ものです。


     びっくりといえば、アルとティッパーのゴア夫妻が離婚とのニュースにも驚きました。これは、ゴア氏が政治的野心を諦めた、と、解釈してもいいのではないかと思います。離婚率が高いにもかかわらず、基本的にキリスト教理念のはこびるアメリカでは、離婚は政治家生命に関わる問題。しかも、結婚40年、大統領選の際にもおしどり夫婦ぶりをアピールしてきただけに、離婚は確実にゴア氏のイメージをダウンさせます。今や環境保護活動で名を成し、グーグルやアップル社でのポストも得たので、政治生命の方はどうでもよくなったのでしょう。それでも、アメリカの政界に一つの区切りがついたような気がします。

    ご賛同頂けたなら、一押しお願いいたします
    1. 2010/06/01(火) 22:31:03|
    2. 政治・外交
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:10
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。