わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

これでも日本人は黙ってるつもり?!

 なんじゃこれは~!?!と、今朝の新聞を見た途端、思わず叫んじゃいました。トヨタ車の急加速問題で、道路交通安全局(National Highway Traffic Safety Administration: NHTSA)で27年間勤めた後に、先の7月3日に退職したばかりのジョージ・パーソン氏が、運輸局はトヨタに有利な情報を意図的に公開しなかったと証言した(Release of Toyota Documents Blocked, Ex-Official Says)との記事が、ウォールストリート・ジャーナルに出ていたのです。パーソン氏は退職前は、NHTSAの不備・不良調査局(Office of Defects Investigation)に属する、リコール管理部(Recall Management Division)の長だった人なので、今回の調査でも、中心的なポジションにあった一人です。

 この記事によると、NHTSAの調査した、急加速を起こしたとされる車両は全て、アクセルとブレーキを踏み間違える等の、ドライバーのミスを疑わせる結果が判明したに関わらず、ラフード運輸長官とその周辺が敢えて、その結果の公表を遅らせていたというのです。このレイ・ラフードってのは、例の「トヨタ車運転するな」って言ってのけた輩ね。オバマも、さっさとクビにしりゃいいのに。WSJ紙の読者コメントでは、先日紹介した「ヒャッハー!トヨタ叩こうぜ!」コラムに対しても、トヨタ擁護の声が圧倒的でしたが、この記事に対しても厳しく、オバマ政権全体に対する不信の念を主張する声も多い。このような国民の目を晦ます工作や偽証が漏れるくらいなので、裏で一体、他にどんな不正が行われているのか判ったもんじゃない。

 とはいえ、WSJ紙読者は一般には知識層であり、国民全体が同じような意見を持っているとは言い難い。Buy American!主義でメキシコ産のフォードを買って得意げに乗り回し、米国工場で生産されているトヨタ車を指さして、やっぱり日本車なんて信用できないと堂々と言い放つアメリカ人は多いのです。彼らにとって、トヨタの悪評は、巨船クライスラーとGMが沈んだショックを癒す糧だったはず。ホントはトヨタ車悪くないよ~、は、出来る事なら、見ざる.聞かざるしたいでしょう。だから、この真実は、地味に流してしまってはいけない。しっかりと問題追求していかねばなりません。リアナと一緒に、I love the way you lie…♪と、歌っている場合ではない(実はエミネム好きな私)。ともあれ、トヨタ株所持者は連邦をグループ訴訟くらいしてもいいんじゃないの、って私は思うよ。


 ところで、おニューのカメラ、届きました~ 嬉しいんで、早速カメラ下げてビーチへ行って試し撮りしてきたんで、追記に数枚アップ。


[これでも日本人は黙ってるつもり?!]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/07/31(土) 22:23:33|
  2. アメリカ経済・政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

LA郡立自然史博物館、新展示オープン!

息子達は今日がコミュニティーカレッジでの夏期集中講座最終日。若息子のクラスは、数学の知識を使って竹ひごで橋のモデルを作るというもので、最終日の今日は各自の力作を発表です。若息子の作品はトラス橋。結構大きなもので、30cm程のモデルを想像していた私は吃驚。上息子のクラスは、今日はパーティーだってw

 ロサンゼルス群立自然史博物館(Natural History Museum of Los Angeles)の1913年築の西側部分が遂に改装を終え、今月11日に「哺乳類の時代(Age of Mammals)」の新展示と共にオープンしました。これに伴い、中央の美しいロタンダも公開されました。これは5年間を掛けた予算1070万ドルの改修工事の一環で、来年夏には、「恐竜ミステリー」展を備えたロタンダ東側のウィングもオープンの予定です。新聞や会員向けニュースレター等を読んで、う~、早く行きたい~!と思っていたのですが、今日やっと念願かなって、プリウス後部に竹ひご橋を乗せたまま、自然史博物館と、サイエンスセンターのあるエクスポジション公園へGO!

 本当は、お隣りのカリフォルニア・サイエンスセンター(CSC)で開かれている、「世界のミイラ」展も見るつもりだったのですが、入場料が高いっ(><)のでパス。サマーキャンプの遠足組がたくさん来ており、おそろいのTシャツを着た子供たちのグループが10組以上!わに息子達は、去年はこのCSCのサマーキャンプに参加していたので、同じキャンプのTシャツを着た子供たちを見て「懐かしいねぇ」なんて話し合ってる。この年頃には1年前なんて、ずーっと昔の事なんだろうな…w

 CSCのエコ・システム展で暫く遊んだ後、お目当ての自然史博物館へ。これも新展示である、鯨のシロナガスクジラの骨格のぶら下がったホールを通って、いよいよおニューの旧館へ。旧館なのにおニューとはこれいかに~


自然光をふんだんに取り入れた明るい展示室


インターアクティブな展示が豊富で、楽しみながら学べます


追記に、この新展示の写真をアップしています。
 
[LA郡立自然史博物館、新展示オープン!]の続きを読む
  1. 2010/07/30(金) 22:52:05|
  2. カリフォルニア名所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

デジタル一眼レフ買っちゃったv

 カメラ買いました~!(≧▽≦)

 来月初めの私の誕生日に欲しい物… お掃除ロボットのルンバ、ル・クルーゼのお鍋と、大いに迷ったのですが、旅行にも行くので、カメラをリクエストし、SONYのα330をアマゾンで注文しちゃいました。銀塩では、ずっとニコンのF80を愛用していたので、ニコンの入門機、D3000にも、かなーり心惹かれたのですが、お値段と機能を色々と検討した結果、ライブビュー機能があり、やや軽量で小さめのα330にしました。SONY機は初めてです。今まで、一眼レフっぽい調整もできるクールピックス8800を使っていましたが、レンズ取り替えも出来る本格一眼デジカメを使うのは初めてなので、とっても楽しみです。なにしろ超初心者向け機なので、ガイドもついてるという親切設計。カメラそのものに使用説明表示しちゃおう、っていう発想は日本人ならではではないかと思います。

 亡父の趣味がカメラだったので、私も子供の頃から、父が飽きたカメラを貰っては、写真撮影を楽しんできました。中学の時に貰った小型のオリンパスは、その後10年以上愛用して、初めてアメリカに来た時も持ってきたはずなんだけど… 一体、何処にやったものか全く記憶がありません。レンズさえ綺麗にすれば、きっとまだ使えると思うのですが、今じゃ骨董品だろうな。息子達も写真撮影の楽しさを知って欲しいな、と、自分が使わなくなったカメラをあげると言っても、彼らは全く興味なし。小さい頃から、母が典型的日本人観光客よろしく(住んでるのにw)、何処へ行くにも首からカメラかけてるのがイヤンなったかな?でも、この頃は、首から大きなニコンやキャノンをかけてるのはアメリカ人ですよん。

 速聴届かないかしらん。るんるん♪


やっはー!やっはー!
  1. 2010/07/29(木) 22:34:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

旅行準備

 今日は素晴らしい晴天でした!やっぱカリフォルにはこうでなくっちゃ!こんな素敵な日はビーチでのんびりしたいけど、来週からの10日以上もの旅行の準備や、出掛ける前に片付けきゃなんない仕事があるので、遊びに行けません。この旅行では、ワイオミング州のコーディーで開かれる、わに夫の母方の親族一同親睦会(Family Reunion)に参加の後、わに夫の両親と弟二人の家族と共に、コーディーから近いイエローストーン国立公園を訪れる予定です。このファミリー・リユニオンは、毎年開かれているのですが、今まで回避し続けてきたのです。でも今年は、日本で駐留中の義弟一家も参加するし、イエローストーンの側での開催というので、わに夫が大乗り気で、私も遂に年貢の納め時。あう…orz

 わに家は、お金はないけど暇はたっぷりあるので、酷使プリウスくんに荷物を詰め込んで、三日掛りでえっさらおっちら行くのです。その準備で、今日はコストコへ出陣。我が家は旅行中、なるべく飲物やスナックを途中で買わず、持参するようにしています。その方が安上がりだし、知らない街でお店を探す手間が省けますから。コストコへ行くのは久しぶりでしたが、以前は置いてあった缶入り「おーい、お茶」24本箱売りがなくなってたのにガッカリ。他にも、再生紙トイレットペーパーが転倒から消えていました。少しだけ割高でしたが、手触りが気に入ってたのに(><)常に同じような品揃えに見えるコストコですが、実は商品に変化があるのを実感。おーい、お茶、復活希望!

 スポーツドリンクにパック入りジュース、ビーフジャーキー、チョコレートバー、ナッツ類を買込んで、地図は全米自動車協会(AAA)で仕入れます。ガイドブックと、移動中の息子達の時間潰しのオーディオブックは、図書館から借り出し。長旅の備えて、タイヤ圧をチェックし、オイル交換。なるたけ費用を最低限に収めるための工夫です。丁度一週間後の来週水曜日に発つ予定なので、少しづつ準備開始なのですが… あう…

  1. 2010/07/28(水) 23:00:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

過剰請求にご用心

 わに夫が陪審員義務に召喚されて、朝からイングルウッドの裁判所へ送って行きました。わに夫婦は、この車社会LAで一台の車を共用してるんで、こういう事態には本当に不便。通勤ラッシュ時を半時間分以上掛けて家に辿り着いた途端、今日の陪審員から外れたから迎えに来て、だって。また混み合う高速をノロノロと逆戻り。その後、その足で息子達をコミュニティーカレッジの夏期講座へ。面倒臭いったら!実は、私も先週、も陪審員召喚通知を受取りました。Jury Dutyという通り、アメリカ国籍所有者には逃れることの出来ない義務ですが、逆に、国民でなければ陪審員にはなれません。もっとも、だからって無視しちゃダメで、ちゃんと書面か電話での「市民じゃないです」と申請しないと、お咎めを受けるので要注意。

 その、LA郡からの陪審員義務召喚状は、紙質もいいし多色刷り。ワシントンD.C.やコロラドの召喚状は、ペラペラの一枚紙に黒インクだけの覚えがあるので、LA群の召喚状の豪華さに驚きました。しかも、まずは電話でレジスターしてから、指定要項を書き込んで用紙返却なのね。だったら最初に、陪審員に選ばれたから電話しろって葉書一枚でいいんじゃないの?なんたる無駄!だから財政赤字なるんだよ、火の車の後ろにバラバラ死体が累々だよ。因みに右の画像は、妖怪・火車。塗り絵したい。

 郡が青息吐息なら、親玉のカリフォルニア州も危篤状態で、シュワ知事は遂に非常事態を宣言し、歳出削減のため15万人以上の州職員の無給一時帰休を実施すると発表しました。このご時世に定職があるだけでも有り難いんだけど、州職員の皆さんだって毎月払わねばならぬ家賃等の支出があり、お給料が減額しても失業したんじゃないから手当も出ない。厳しいでしょうね…

 そんな厳しい状況の中で、激しく追求されているのが、LA郡内ベル市の市職員のべらぼうなく高額給与です。この頃、NPRのローカルニュースは、これで持ちきり。住民数3万7千人は中低所得者のベル市の総務責任者の年収が、なんと約80万ドルと、オバマ大統領の二倍。あまりの滅茶苦茶ぶりに地方検察局が調査を開始し、弾糾された市職員の一部は辞任、給与返還、減給等の処置を受けましたが、住民の怒りは収まりません。今日もラジオで市民集会での様子を流していましたが、アンタ達は犯罪者よ、さっさと監獄に行くがいいわ!と叫んでる市民もいました。ご尤もです。でも、ゴールドマン・サックスやリーマン・ブラザーズの幹部も同じようなもの、全部グアンタナモに送っちゃえ(当然自己負担)とも思ったのでした。

 ところで、息子達を送り届けて一息、迎えの時間まで余裕があるので、マルカイやBook Offと同じモール内のお店で、30分$9.90のフットマサージをしてもらいました。しっかり揉んでもらって気持いい~、と、$12出したら、チップは最低5ドルだって!とても上手なマッサージだったので15ドルでもいいかな、と、ふと思ったんだけど、チップ50%超え強制なんて看板に偽りありじゃない?って聞いてみたら、相手も一応言ってみただけらしく、じゃ、いいです、と、あっさり引っ込んだので、チップは2ドルだけ(と言っても20%超えだよ)払いましたが、Redondo Blvd.沿いのモールの中国系のお店(明治薬局のお隣)、お値段に注意。


オバタリアンは負けない!
  1. 2010/07/27(火) 22:57:36|
  2. アメリカ経済・政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヒャッハー!トヨタ叩こうぜ!

寒いです

 日本じゃ梅雨が開けた途端に猛暑なのに、ロシアじゃ記録破りの暑さらしいのに、ここ、南カリフォルニアは冷夏です。7月も末だというのに、日中晴れてても寒いって、一体何事~?!今日も犬と散歩していたら、老婦人が、「寒いわね。一体何時になったら冬が終わるのかしら!」と言いながら通りすぎていきました。未だ冬が終わらない、とは、さすがに大袈裟ですが、確かに寒いっ!

 さて、またしてもウォール・ストリート・ジャーナルからのネタなのですが、面白いので取り上げずにはいられなかった記事がありました。その名も「おい!トヨタを叩こうぜ!(Hey, Let's Bash Toyota!)」という、アル・ルイス氏のコラムです。ルイス氏はデンバー・ポストにビジネス・コラムを連載していたので、謂わば私には懐かしい名前。「BPのトニー・ヘイワードは、豊田章男の暴走車をトップニュースから追い出しちまったけど、ルイジアナ沖の穴もふさがったことだし、さて、またトヨタを泣かそうか(BP's Tony Hayward drove Akio Toyoda's runaway cars off the 24-hour news cycle. But now that BP's hole is plugged, it's time to start wailing on Toyota again.)」で始まるこのコラム、実はトヨタに対するアメリカの政治家やメディアに対する痛烈な皮肉なのです。

 ブン捕れるだけの罰金を徴収して、何度でも訴えて、何万台もリコールさせて、何度でも謝罪させようぜ。運輸長官はアメリカ人にトヨタ車に乗るなといったけど、財務長官が同じようにゴールドマン・サックスは使うなと言うとこを想像出来るかい?BPのヘイワードは、「自分の暮らしを取り戻したい」って、高級ヨットで海に出ていったことだし、誰か次の叩く相手をを探さなきゃ。GMや位スターのトップたちのやらかした大ヘマや、ゴールドマン・サックスのCEOの証券取引委員会と5億5千万ドルで和解したコスい決定を始めとした、アメリカの金融機関の組織的な大規模サギを忘れさせるにも、トヨタを叩かくちゃ。それにトヨタを叩いてりゃ、ウチの国の指導者たちがアメリカ国民を守ってる!って風に見えるし、一石で何鳥ものおトク政策じゃね?

 豊田社長は2月に議会で、「我社は早く成長しすぎたのかもしれない。トヨタは伝統的に、まずは安全性を第一に、第二に質を重視し、領はそれらの次ぎに来るはずだったのが、混乱があったようだ」と言ったけど、どうして他の会社にも、同じことを認めさせられないんだろう?これって、全ての企業が抱える問題じゃないのかな?と、以上がこのコラムのかいつまんだ内容。アメリカ人にも、トヨタ叩きの裏にあるものに気づいている人は多いのです。これに対する読者のコメントにも、米自動車メーカーの陰謀だ、アホらしい、との意見が主流です。私の愛するプリウスだって、酷い扱いを受けてるのに、今まで何も問題あったことない。それでも、トヨタ車のあるかもしれない欠陥を、税金ふんだんに使ってほじくり続けるのかしら?
 

 ところで、ここ数日、気に掛かっていることがあります。先週、ビバリーヒルズの自宅前で、日本人映画プロデューサーの21歳の息子さんが、3人の男に刺殺されたという事件があり、こちらの新聞やニュースでも報道されたのに、日本での報道が全く見つからないんですけど。海外で日本人が被害に遭うと、かなりマメに報道されているようなのに、何故この事件は取り上げられないの?謎すぎる…


しつこいが私は自分のプリウスが好きだ
  1. 2010/07/26(月) 22:24:26|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エッシャー+京極堂=インセプション(?)

 渡辺謙さんが準主役とでも言うべき重要な役柄をこなして、日本でも注目の新作ハリウッド映画「インセプション(Inception)」を観てきました。面白かった!以下、さりげにネタバレなので、この作品未見で、これから観に行こう、って方はパスしてくだされ。

 ストーリーを主人公に注目して一言にまとめれば、身も蓋もないけど、「シャッター・アイランド」同様、この映画も、相変わらず眉間に皺寄せたディカプリオ演じる主人公が、妖怪・過去への未練と、妖怪・死んだ妻への罪悪感という「憑物落し」される話。その主役のコブ演じるレオナルド・ディカプリオは、個性的な脇役たちに対して、一番陰が薄い。こないだの「シャッター・アイランド」では、全ては既に取り返しが付かず、悲劇に終わったと同じ男が、今回は、子供たちの再会という悲願を果たすので、二作続けて観るとレオ様救済映画と思えないこともない…程に、演者と登場人物を切り離せなくなる程度の役者だったかねぇ、レオ君って… 「ギルバート・グレイプ」ん時の演技派神がかってたのに…

 渡辺謙さんの演じるサイトーは、コブたちを雇う大金持ちで大企業家。「必要かなと思ったから」航空会社をポンと買収し、電話一本で妻殺害容疑のかかったコブを無罪に出来ちゃう。英語の台詞もこなして、多大な権力の持ち主というのも納得出来るほどの堂々たるカリスマと貫禄。かっこいいです!老けメイクも見ものよ。

 主人公コブが率いる、他人の夢の中に入り込み、潜在意識から秘密を盗み出すチームの一員で、コブの右腕的存在のアーサーを演じるジョゼフ・ゴードン・レビットは、1996年から2001年まで放映されたTVのコメディー番組「3rd Rock from the Sun」で、地球に観察にやってきた宇宙人四人組の一人のイメージが強すぎて、ついギャグを期待してしまう。ジョニー・デップがどんなに化けても、ある世代にはティーンアイドルのままと似た感じかも。演技力も存在感もあり、知的な雰囲気に加え、この映画ではアクションもこなし、将来が楽しみですが、ついつい「トミー」がチラついちゃうんだよね。

 そのトミー曰く(をい!)、夢の世界は左のエッシャーの絵のようなメビウスの輪なのだそうだ。夢のなかで夢を見て、その夢の中でまた夢を…という、入れ子式といいますか、壺中天のような何層にもなった夢を集団が共有するっていうコンセプトは、ユングの集団深層無意識的なもの?ともあれ私は、深いことは考えず、派手な映像やアクションを堪能しましたが。映画そのものには大満足、劇場で見た価値あったと思います。

 妖怪・死んだ奥さんのマリオン・コティヤールは無茶苦茶コワイ。「NINE」では繊細な感じだったのに、ここではチャーミングなまま、貞子並みに怖い。チーム+サイトーが夢のなかに入り込む、そもそもの対象である、大企業の二代目はキリアン・マーフィー。「バットマン」のスケアクロウだった人なんで、悪賢い奴かと思ったら良い人だった。他の脇役も皆はまり役で魅力的でした。夢が入れ子式になっているという設定、007ばりのアクションや映像、無重力下の格闘などなど面白さ満載です。でも、正直言って、予告での目玉、LAのど真ん中を列車が走ったり、パリの街が折り畳まれるみたいな、大規模な不可思議シーンをもっと見たかったな。

 この映画で面白いと思ったのは、サイトーに代表される日本の扱い。いくらオバマ政権が米中関係が一番大事と言おうと、日本の首相がシカトされようと、「日本」は十分にアメリカに浸透してる。日本に不気味さや驚異を感じたアメリカ人の世代は60代後半以上、の第二次世界大戦中、あの海を超えて日本軍が攻めこんで来るかもと恐れた子供の頃の記憶を持つ世代、そして、80年代後半から90年代前半の日本がアメリカを買い尽くすのではないかと驚異を感じていた時代に青春を送ったアラフォー世代。クリストファー・ノーラン監督は、1970年生まれなので、この世代にはまります。サイトーの底知れぬ権力や航空会社買収に、その影響が伺われると思います。そして、虚無に落ちたサイトーの夢に現れる謎な日本家屋には、やはり同じバブル期に急に入ってきた日本文化の、間違いじゃないけど何かヘンじゃね?な、「ベスト・キッド」の雰囲気を彷彿とさせる違和感が感じられます。

 もう一つ若いアラサー・グループになると、ポケモン等で日本のポップ文化を身近に感じ、馴染んでいる。更に若くなると、日本のアニメや漫画、ゲームは既に異文化ではなく、彼ら自身の文化の一部です。これから出てくる若い監督の作品には、どんな「日本」が描かれるのか、老後の楽しみが増えるってもんですわv


日本文化よ、特異であれ!
  1. 2010/07/25(日) 23:02:04|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言語と文化

 実は昨日は、若息子の12歳のお誕生日でした。昨日は家でささやかにお祝いをしただけなので、今夜は家族で外食しました。若息子のリクエストは、ハーバー沿いにある全国チェーン展開のお店「チーズケーキ・ファクトリー」です。去年末に、ボートパレードを見るために行ったきりでしたが、様々なフレーバーのチーズケーキに目移りしていたので、この機会を狙っていた模様。でも、カリフォルニア州の新しい州令で、レストランのメニューにカロリーを表示しなければならなくなったので、各フレーバーのチーズケーキ一切れのカロリーにガクブル。一番カロリーが低いのが「オリジナル」で710cal、転倒に出ていた中で一番高カロリーのチョコレートタワーとなると1680calと、かなりオソロシイ

 カロリー表示に恐れを成した母はケーキをパスしてしまいましたが、お料理もカクテルも安定した味で美味しかったし、ハーバーに沈む夕日もとても綺麗で、楽しい夜を過ごすことが出来ました。

harber1.jpg
日没後のハーバー


 ところで、今朝のウォール・ストリート・ジャーナルに、とても興味深い記事が出ていました。「言葉は文化に影響するか?(Does Language Influence Culture?)」がそれですが、私はこの記事を読んで、先日の日本企業の英語公用化に関して、色々と考えてしまいました。

 例えば、アメリカで一番よく使われるトイレを意味する言葉は、"bathroom"ですが、これはお風呂にはトイレが付きものだから。日本人的に、お風呂場=トイレってのは、なかなかにウゲーもんですが、アメリカじゃデフォ。だから、風呂桶もシャワーもない個室でも、バスルームと呼ばれます。不動産でハーフバス(1/2BR)とは、このトイレと洗面所だけの部屋。公共の場では、"Ladies' Room”ともいいますが、公衆トイレには実際、お化粧直しや、ちょっと休憩のための小部屋が付いていることが多い。なぜか、"Gentlemen's room”はありません。男性用の公衆トイレに、同じような小部屋が付いているかどうかは、私は入ったこと無いんで知りません。カナダでは”washroom"の方がよく使われるそうですが、これは正に「お手洗い」と同じ感覚でしょう。

 そんな風に、トイレ一つ取っても、言葉に文化や慣習の一つが垣間見れるのですから、思考の殻を成す言語全体となると、文化に影響居ないはずはないですよね。この記事の中で紹介されている例として、うっかり花瓶を落として割るビデオを見た後、英語を主言語とする人が、誰が過敏を落としたのかを明確に覚えているのに対し、日本語とスペイン語を主言語とする人々は、花瓶が割れたという事実は印象深く残っていても、誰が落としたのかは覚えていなかった人が多かったそうです。スペイン語のことは判りませんが(スペイン語に詳しい方がおられたら助けてね)、日本語では:
  花瓶が割れた
または、主語を省略して
  花瓶を割った
という表現が可能であり、いちいち
   画面に現れた人物は花瓶を割った
と考えるよりも先に、落ちて派手に砕け散った花瓶が印象の主体に成り得るのです。

 一方、英語では、勝手に自分で砕ける花瓶というのは文法的に有りえません。
   The vase was broken.
と、受動態にするか、より簡潔に
   He broke the vase.
となって、あくまでも主体は、花瓶を割った誰か、なのです。英語の、The vase broken itself.(花瓶が勝手に割れた)では、まるでオカルトで、このような場合にふさわしい表現ではありません。この場合ですら、上の文章での印象は、眼に見えない何かによって割られた、というニュアンスであり、幽霊だか超常現象によって割られたんであって、花瓶は自殺しないのが大前提。

 だから英語を主言語とする人は、誰が割ったかを無意識のうちに意識し、一方で日本語・スペイン語を主言語を釣る人は割れたという事象だけが印象に残る。つまり、言語は、主観にすら影響するものなのです。国際化のため会社の公用語を英語にしましょう、なんて軽々しく言い出す前に、本当の国際化とは「アイデアや思考体系の英語化」なのかどうかを、ちょっと考えてみて欲しいよね。日本の「未来を生きてる」と言われるユニークさは、この言語的なユニークさによるものもあるとすれば…企業として、英語化によって欧米と同一化して、それでもいいの?(私がオーナーだったら、むしろ社員の英語教育よか、俳句教室に投資したいかも)


しかし息子が食べ残してお持ち帰りしたケーキの誘惑が…orz
  1. 2010/07/24(土) 23:05:00|
  2. 使えない英語講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

なんちゃってで日本のヨーグルト

 息子達が多いに楽しんだセーリングのクラスも今日が最終日。各セッションの最後の日には、皆でバーベキューをするので、前回に好評だったスペアリブを持たせました。買ってきたリブを塩と胡椒をこれでもかっ!って程ぶち込んだ大鍋で、ぐらぐら煮ること一時間半。市販のBBQソースを掛けて、あとはグリルで数分。この煮汁がこれまた美味しいんで、一晩置いて表面に固まった脂を丁寧にすくいとって、適当に野菜を放り込んでスープにします。トマトペーストを入れてミネストローネにしてよし、デミグラスソースを足してビーフシチューにしてよし、スパイスだけでシンプルにビーフスープ…何しようかなぁ。じゅるっ…

 先日、トーランスの図書館で、西健一郎氏の「日本のおかず」という本を借りてきました。

日本のおかず日本のおかず
(2008/03)
西 健一郎

商品詳細を見る

 著者は京都の料亭「京味」の御主人で、美しい写真と共に日本の家庭料理の作り方、そしてコツが、和え物から始まり、煮物、焼き物・揚げ物、鍋物・汁物、ご飯物、締めに甘味とフルコースで紹介されています。「今どき」の手前に何かのアップ、背景はソフトフォーカスという、お洒落だけど、お料理の全体像がよく判らないという写真ではなく、無駄な演出なしに、粋な器によそわれたお料理が鮮明に写し出されています。

 紹介されているお料理は、どれも素朴で、特別な素材や道具を必要ともしなければ、特に手間も掛からないレシピばかりないで、気軽に作ってみれそうです。片っ端からぜーんぶ試してみたい!とりあえず昨夜は冷蔵庫の中にあるもので、インゲンの黒胡麻和え、新じゃがと牛肉の煮物に冷凍かぼちゃを使った甘煮にチャレンジしてみました。これに、わかめと豆腐のお味噌汁で、とても豊かな気持ちになりました。若い頃はこってり味が好きだったけど、この頃は薄口のあっさり風味が好き。今日は若息子の誕生日なので、食後のデザートだけはデコレーションを施したアイスクリームケーキw

 アイスクリームを含め、冷たいおやつが美味しい季節ですが、私は日本風のツルンとした食感のヨーグルトが好きなのですが、こちらで売ってるのはトロっとしたタイプばかり。自分でヨーグルトゼリーを作ればいいけど、面倒くさいんだもん。容器に小さなマシュマロと無糖ヨーグルトを重ねて暫く置くと、ヨーグルトのホエーでマシュマロのゼラチンと甘みが溶け出し、混ぜて食べるとちょっと日本のヨーグルト風。冷凍フルーツをと投入したら、シャキシャキして、一層美味しいぞv


おかげでこの頃、お通じがよろしいです
  1. 2010/07/23(金) 20:48:41|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミケのお出掛け

 カイカイと、いつも後ろ足で身体を掻き毟っているような気がしてならない、我が家のミケ嬢、ノミの姿も見えないのに、そんなに痒いのは何処か悪いのではないかと、獣医さんに連れていきました(はい、過保護飼い主です)。大人しく、礼儀正しく、協力的なミケの診療は、凶暴のお墨付きを頂いたクロの時とは大違い。クロなんか、分厚い革の手袋した助手さんが、バスタオルでぐるぐる巻きにして、押さえつけないと診療できないんだもん。お行儀のいい猫ちゃんねー、と、言われて、かわいい声でにゃーと返事した日にゃ、飼い主鼻高々なのですが、ドクターはファイルを見て、「ああ、あのクロちゃんの…」と呟き、獣医さんにまで「あの」言われるかー、と、がっくりくるワタクシである。クロは、甘えん坊で可愛くもあるんだよぉ… 凶暴だけど

 結局、ミケはフードを変えて暫く様子見となったのですが、すっかりキャリーが気に入ったらしく、家に帰ってからも嬉々としてキャリーに入って得意げ。お医者さんが猫にとって楽しい経験とは思えないのに、それに繋がるキャリーに入りたがるなんて謎(@__@)


 ところで、ミケはローマ字表示だと「Mike」で、一般的な男性の名前、マイクと同じ綴り。だから獣医さんではいつも、「女の子なのにマイクなの?」と聞き返されちゃう。「マイクじゃなくって、Meekeeなんです。日本語で三毛って意味なんですよ」と説明しなければなりません。ちなみに、英語では三毛はカリコ(calico)、縞柄はタビー(tabby)、そしてサビはトータスシェル(tortoiseshell:亀の甲って意味w)といいます。アメリカでは、日本に比べて野良猫を見かける事が少ないように思います。この辺りでも、海岸沿いの防波堤で、たまーに見かける程度。普通、海辺には沢山ノラが住んでそうなものだけど。

 以前も書きましたが、以前住んでいた西LAでは、公園を中心に、野良何だか飼い猫なんだか判らない黒猫一族がいました。この辺りで出会うのは、茶トラかサバトラが多いような。里親募集では、断然黒猫が多いですが、クロは生まれる数が多いのか、貰い手が見つかりにくいのかは知りません。三毛やサビは珍しく、獣医さんでも、「どこで手に入れたの?」と聞かれますが、うちがこの子を保護したというより、ミケの方でうちに住むと決めたので、彼女がどこから来たのかイマイチ不明。彼女の座右の銘は、”Don't wait to be adopted, adopt them!”


待ってちゃ運は来ないわよ
  1. 2010/07/22(木) 23:14:31|
  2. 犬達と猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

少年たちは海を目指す

 息子達をマリーナへ送った後、ハーバーで海へ出て行く船を待ち構えました。若息子の船は、姿が見える前から直ぐ分かります。大声でギャーギャー騒いでる声が聞こえるから(あう…orz)。下の画像の水色パーカーが若息子、立ってる黒シャツがインストラクターのお兄さん。なぜか女の子二人が漕いで、男の子二人は座ってるだけ(ヨットはインストラクター+子供4人)。目の前を通りすぎるとき、みんなが一斉に私の方向にもたれて手を振ってくれたので、ヨットが引っ繰り返りそうになりました。実は下の写真は、慌てて逆側に立ってバランス取ってるトコ。上息子は今日は25ftヨットに乗船し、ハーバーのもう一方の出口から出港したので見ることは出来ませんでしたが、なぜか頭にワカメを乗せて通りすぎていった若息子を見たら、十分すぎるほど脱力したから、もういいです。あう…

025_20100722140206.jpg
大海へ乗り出す…んだけど、漕いでるし~w

asika.jpg
彼はいつも群れを離れ、このブイで孤独を楽しんでるそうだ


 ここで話題を急展開して、公用語を英語に切り替える国内企業が増えつつあるそうですね。まずユニクロが、国際化と外国人従業員の増加を理由に、会議での会話や公用書の作成原語を英語にしたそうですが(国際化の一環でLAにも出店してってば~!)、楽天もそれに続き、なんでも社内食堂のメニューまでが英語(ローマ字)になってたらしい。ミツワのフードコートみたいなもん?

 この、公用語英語化のココロは、「コミュニケーションを英語にすることで国際化を図る」んだそうですが、技術翻訳業者として、んなコトされたら商売上がったりやんか!という個人的事情を差し置いても、なんか方向がずれてるような気がしてならないんですが。要は、コミュニケーション能力向上が必要なのであって、英語を使うこと自体では無いんではないの?英語は世界で一番通じ易い原語だから、無理矢理、今日の表題になぞらえても、海に出て通用するのは日本語ではなく英語なんで、確かに使えれば便利だけど、それで自動的に国際化に繋がるかといえば、それは違うんではないかと。メインは「英語」の方じゃなくて、「コミュニケーション」なんじゃないかと。

 確かに自分の母国語以外で話し、書こうとすると、思った事をそのまんまポンと出すのではなく、考えを他者に伝える前に、一旦別言語に置き換え、日本語とは全く構成の違う英語に文章を組み立て直すというプロセスが加わり、それによって、言語感覚は磨かれるかも知れません。例えば、我々、翻訳業者の泣き所である主語。日本語では主語を曖昧なままに、動詞と形容詞だけでも文章は成り立つけど、英語じゃ先ず主語ありき。これには考え方の一大転換が要求されます。

 英会話や翻訳は、ただ日本語をそのまんま英単語に置き換えるという作業ではありません。可能な限り正確に変換すると同時に、相手に分り易いよう、より自分の意思を正確に伝えるよう、時には異なった文章に置き換えねばなりません。たとえ母国語でのコミュニケーション能力が優れた人でも、この「置き換え」過程の中で、明快な思考が失われる危険性があります。まぁ、エラソーにイッチョ前ぬかしとりますが、ここで我が身に当て嵌め、自分のモットー5Eに照らし合わせても:

  Economical(経済的): 翻訳料は節約できるが、英語教育に掛かるお金で逆に負担増かも

  Efficient(効率的): 一々通訳しないんで効率上がるかも知れないけど、言いたい事が上手く表現できず無駄に時間食うかもという罠が(時間かけたからって、相手にちゃんと伝わったかどうかはまた別問題)
 
  Effective(効果的): 本当に自分の言いたい事がスラスラと出てこない状況で、効果的にプレゼン出来るのか謎

  Effortless(努力しない):外国人社員は日本語学ばなくていいから良いけど、だったら何でわざわざ日本企業で働くかね?

  Environmental(環境にヨロシイ):公用書を日英2種類作らずに済むんで紙の使用量は減るし、英語は複雑な日本語の印字よりインクを使わないんで、これはヨロシイかもしれない。でも、日本人同士で英語で喋るのは気恥ずかしいんで、つい会話を避けがちになり、職場の雰囲気って意味では宜しくないかも

と、どうも悲観的な方向に向いてしまう。英語できるに越したことはないけど、他の環境は変わんないのに、いきなり今日から英語圏!ってのは、社員の皆様の苦労が忍ばれます。だってさ、在米日系企業の方でも、昨日まで日本人の同僚同士は日本で話してたのに、今日からオフィスは日本語禁止!とか言われたら、うげー!なると思うんですが、如何でしょうか?


Please crick the banner above.
  1. 2010/07/21(水) 22:16:58|
  2. ああ息子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

American Nostalgia

 今週と来週、息子達はトーランスのお隣にあるコミュニティー・カレッジで数学のクラスを取っています。朝二時間だけなので、送った後は迎えにいくまで近場で時間を潰すのですが、この「近場」ってぇのが超危険地帯。なにしろ、Book Offや日系スーパーMarukaiのあるショッピングモールや、和食飲食店がどっさりなのだ。初日の昨日は早速、Book Offで本買って、日系のパン屋さんでサンドイッチ買って、お持ち帰りのシュークリームに… 無駄使いへの誘惑が強すぎる~(><)

 そこで今日は、マクドナルドでコーヒー買って、お迎え時間まで粘ってました。この頃は、いろんなカフェやファーストフード店でWiFiアクセスがあるのがありがたい。最近やっと、スターバックスがWiFi無料化になりましたが、このご時世に今までフリーで提供してなかった方が、何考えとんねん?なワケで…

 家に居る時のように雑事に煩わされないし、図書館のように本や雑誌の誘惑もないので、物事がはかどります。この時間帯のマクドナルドはおじいさん達の社交場。3-5人のグループが、ブースで論議しており、時には結構白熱しています。夕方頃には、パフェを食べている老夫婦なども見かけますし、マクドナルドは、かつてのダイナーに取り変わるものかもしれません。原題の私たちは、ノーマン・ロックウェルの世界にノスタルジーを感じますが、今から50年後に人々が郷愁を感じるアメリカの日常とは、プラスティックの椅子とリノリウムの床のマクドナルドの情景かも?


しかしマクドは冷房効きすぎ

 ところで、劇場で見て以来、ずーっと気になっていたシャッター・アイランド、DVDのおまけ映像で丁寧なネタバレがあり、やっと真相が明白になりました。時代背景や、当時の精神疾患治療の葛藤に関する説明もあり、わざわざ、これだけの為に借りる価値あった!と、思える特典映像でした。これを見たあと今、ベン・キングスレー演じる精神科医、コーリー医師は裏主人公だったのか、と思いました。あー、やっと気になってたことが一つ明らかになったわw
  1. 2010/07/20(火) 22:24:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「Best places for the rich and single」の真実?

 ランキング参加サイトを、人気ブログランキングから、このブログの大家さんであるFC2へと鞍替しました(まだ反映されてないようですが)。ブログ村の方も、アメリカ情報からアメリカ西部情報へ移動。ランキングとはいえ、日のアクセス数が万を超えるような人気ブログでもないので只のお遊びなのですが、上がった、下がったと一喜一憂するのも、ブログの楽しみ方の一つだと思います。始める前は「順位?けっ!」なんて思ってたくせに、今じゃ結構楽しんでる私。

 上位サイトを拝見すると、日替わりのオリジナル投票ボタンとか、さすがに色々と工夫されてるなぁ…と、感心しちゃう。私も一つ作ってみたけど、日記を書くだけで精一杯なので、毎日、投票ボタンを作るパワーはないっす。目標・書籍化、人気ブログ!を目指して、テーマを統一したブログしたいとも思うんだけど、夢見るばかりで実行に移る気力無し。猫達の写真を使った使えるアメリカ英語とか、アメリカのフツーの食料品や日常品の紹介とか、どなたか如何ですか?(←他力本山)

ともあれ…

 火の車が燃え尽きそうな勢いのロサンゼルス市は、お金の節約のため、今日から市立図書館を毎週、日曜と月曜は休館することに。日曜日はまだしも、月曜日までお休みだと、例えば自宅にコンピューターのない子供たちは、どこで宿題をすればいいのか?放課後を、親が迎えに来るまで図書館で過ごしていた子供たちは、何処へ行けばいいのか?図書館の平日休館で、最も影響を受けるのは、低所得家庭の子供たちではないでしょうか?彼らの行く場所、安全に時間を過ごす場所を取り上げる事は、彼らをストリートへ放り出すも同然ではありませんか。図書館は、予算を削る場所としては間違ってると思う。

 私の住むレドンド・ビーチ市の図書館は、資金不足の折、新刊はなかなか入らないし、返却が遅れたら罰金がかなりイタイ(><)。取置きを頼めば手数料50セントがかかり、取置き本を一定期間内に借り出さねば2ドルの罰金。貸出デスクの人達は徹底的にやる気がない。私はもっぱら、お隣のトーレンス市の図書館を愛用させてもらってます。日本人が多く住んでいる街なので、日本語の本や雑誌も置いてあるのが魅力。

 そのレドンド・ビーチ市は、CNNのMoney Magazineによると、リッチな独身者のための街・全米で12位なのだそうです(ソースはここ)。この記事によると、レドンド・ビーチ市の住民の34.2%、三分の一以上が独身者なのだそう。この辺、アパート多いもんね。因みに一位は、同じくサウスベイのNewport Beach。ドラマ「OC」の舞台になった、おっ金持ちー!なエリアです。確かに、お洒落な独身貴族さん達が一杯住んでいそう。でも、ふと思ったんだけど、「独身者」の中に、そりゃ法律上はシングルだけど実は特定の同性パートナーがいる、って人達が含まれてないか~?そういや、この辺、双方に収入があり、しかも専門職で高給取り。トレンドに敏感でセンスが良く、身嗜みに気を使うので鍛えたボディーでおしゃれに決めるリッチなゲイのカップル、多いですわ。


CNNには騙されんようにせな
  1. 2010/07/19(月) 23:54:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

魔法使いの弟子

 借金を返さねばならぬからか、この頃映画に出まくっているニコラス・ケイジが、数栓歳の魔法使いを演じるディズニー映画「魔法使いの弟子(Socerer's Apprentice)」を観てきました。私的には「インセプション」が見たいーっ!だったのですが、息子達の押しに負けたのでした…orz

 お話は、良い魔法使い(マーリンの後継者達)と、悪い魔法使い(モーガナ・ル・フェイとその部下達)の、世界の命運を掛けた戦いにケリを付けるために選ばれたのは、一見普通の少年で…っていう、古典的なもの。お約束の、掃除の手抜きをしようとしてモップの報復にあい、部屋中水浸しシーンもありますv

 光の玉で相手を吹き飛ばすワザは、カメカメ波そのもので、手の中でプラズマを貯めるところで、思わず「カメカメ…」と呟いてしまう。舞台設定も、SFXも何ら目新しいものはないけれど、主人公の青年が、本当にオタクで冴えないとこは新しい。たとえ、ごく普通の青年って設定でも、実際にはハンサムでかっこいい俳優が演じるのがお約束じゃありませんか。アニメやゲームだって、気弱なオタクの主人公は、人の良さそうなイケメン君に描かれてる。でも、この映画の主役、魔法使いの弟子、デイビッドは、本当に冴えないルックスの持ち主(褒めている)。顔だって男前じゃないし、背も高くないし痩せてて猫背(称ている)。服装も本物のオタク・ファッションで、マジで冴えない(しつこいが誉めるてるんである)。

 デヴィッドはオタクの中でも物理学オタク。魔法が、物理的に物質を動かしたり変化させたり、はたまたプラズマを放つ、自由に操ることで武器とするなら、魔法と物理は深ーい関係にあるわけで、主人公が、自分が物理学オタクなのは、魔法使いの素質があったから当然の成行きか!と、納得する場面もありますが、説明のつかないことは「魔法」や「神の奇跡」だったのが、説明がついたら、論理的整合性が付いたら、途端に「科学」に名前が変わるのと同じで、魔法と科学は補足しあうみたいなもんだよね。ハリー・ポターみたいな、生まれ持った才能だけで魔法のスーパースターというんではなくて、物理学の知識を活かしての魔法というのは面白いと思いました。

 冴えない風貌の主人公含め、モーガナを復活させ人類の歴史を終わらせようと企むホルヴァート(ドクター・オクトパスの人)、その弟子のドレイク、イタリアの宝石、セクシー・モニカ・ベルッチお姐さまのモーガナ、主人公が10歳の頃から恋してた女の子のベッキーに、角度によってはニコール・キッドマンに似てるテリーサ・パーマー(可愛いですv)と、他の配役は皆、似合ってたけど、肝心のニコラス・ケイジは、千年以上の月日をマーリンの後継者を探し当てることに費やした伝説的魔法使いバルバザールには、あんまり合ってなかったな。基本的に、余り演技のうまい人じゃないしねぇ… 出番は少ないけど、主人公のハウスメイトのでぶっちょ黒人くんもいい味出してました。一昔前にはヒーローには成り得無かった、冴えないオタクがヒーローな作品がもてはやされるのが2000年代なら、次世代はでぶっちょヒーローか?!(そういや、「プリシャス」の主人公って…)


左のんも宜しくですv
  1. 2010/07/18(日) 22:11:34|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の夜のハンティントン・ライブラリー

 やっと夏らしくなってきた、ここサウス・ベイです。今日の昼過ぎに海岸沿いを通ったら、砂浜がカラフルなパラソルで一杯でした。陽が落ちると、ぐんと涼しくなってしまうのですが、日中はお日様が痛いです。私は日焼け止めにアレルギーなので、昼間は幅広麦わら帽子を愛用しています。でも、元々が地黒なんで、直ぐ焼ける~

 アメリカでは夏の間中、各地で夕方からのコンサートやシェークスピア劇、屋外映画上映が開かれ、夕涼みをしながらパフォーマンスを楽しむ機会に溢れています。わに家は今日は、車で45分ほどかかるパサデナのハンティントン・ライブラリーで開かれるコンサートへ行きました。コンサートだけではなく、時間外に博物館をゆっくり鑑賞したり、お庭を散策できます。今夜は、おなじみのクラッシック名曲に乗せて、面白可笑しい詞を歌っちゃう、Beethoven's Wigというグループの演奏。上記のサイトの”Music"のページからCDサンプルを聴くことができるので、是非とも聴いてみてください。但し、一度聴いたら、あのクラッシックの名曲も、もう二度と普通には楽しめないので、覚悟の上でどうぞww

 芝生に座って、館内のレストランが提供する定食ディナーをいただきながら、おかしな歌詞に爆笑。ワインは自分で持ち込み、夏の夕暮れを家族で楽しむにぴったりの、とても素敵な催しでした。ハンティントン・ライブラリーでは夏中、月に二回の会員向けコンサートが開かれ、次回は8月1日の日曜日です。食べ物や飲み物は、自分で持ち込むもよし、中で購入するもよし。今夜の定食メニューは、メインはオレガノ・チキンかポークとコーン・サルサで、付け合せはトマトときゅうりのサラダ、新じゃがのディル・サラダ、ライス、シーザーサラダ、ピタとヨーグルトソースから選びます。もちろん、5つとも取るのもアリ。これに、飲み物(ソーダかミネラルウォーター)が付いて14ドル。結構ボリュームもあるし、お惣菜屋産の味じゃなくて、しっかりレストランのお味でした。写真撮っときゃ良かったんだけど、つい食い気が先に出て、半分くらい食い散らかしてから、あ、手を付ける前に写真撮ればよかった、って、毎度のパターンだったのでした。食い気に勝てない私…orz

huntcon1.jpg
ベートーベンのカツラ、というのがグループ名

huntcon.jpg
広い芝生が埋まるほどの人出です


 次のコンサートにも行きたいんだけど、パサデナ(本当はそのお隣りのサン・マリーノなんですが)、遠いんだなぁ… でも、こういった、会員限定のイベントを色々と催してくれる場所は好きです。会員費を払った価値があった、って、思えるしvハンティントン・ライブラリーのメンバーシップは、入場料無料とマガジンの定期購読、ギフトショップでの割引といった通常の特典に加え、このコンサートのような会員限定イベントも豊富なので、お勧めです!


3Bはバッハ、ブラームス、そして?
  1. 2010/07/17(土) 22:19:27|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オペレーション・ウミガメの卵を救え!

 昨日のLA Timesに出ていた、一日古いニュースなのですが、アメリカ連邦魚類野生動物保護局(USFWS)の要請を受けた、Share the Beach-Sea Turtle Volunteer Programの呼びかけで集まった数百人のボランティアが、流出原油に汚染された海域から7万個のウミガメの卵を救うため、砂浜から卵が掘り返しています。FEDEX車の寄付した特定のカートンに詰められた卵は、フロリダのケープ・カナベラルへ送られ、倉庫内で孵った小亀たちを、原油に汚染されていない海へ返そうという計画です。

 過去にも、ハリケーンに見舞われる海岸から掘り返された卵が移動されたことはありますが、これだけ大規模に、遠距離を移動した例は未だかつてありません。未曾有の移送計画だけに、この計画がうまく行くかどうかの保証は全くありませんが、他に手がないのも事実。絶滅の危機にあるウミガメを汚染から救うための、最後の手段です。この記事の原文は、ここから読めますが、いつも自然保護だ、海洋生物を救えだって大騒ぎしてるくせに、シーシェパードやグリーンピースって、カメの卵を掘り返しにすら行かないのね。ほんと、口ばっかり。むしろ、自然違反して卵を移動させるな、って、邪魔しにこないだけでもマシかしら?(←PETA辺り、ほんとうにやりそうでコワイけど)


 ところで、わに夫は自分の業界関係者の会合に参加するため、サンフランシスコの北にあるオークランドに行ってるんだけど、会議はどうだった?ってきいたら、「ゲイの人が無闇と多いんだけど!」だって。さすがサンフランシスコ!


カメは恩返ししてくれるよ
  1. 2010/07/16(金) 21:39:04|
  2. 環境問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Change!1930年代以来の大改革

 アメリカでは世界大恐慌真っ只中のルーズベルト政権以来となる、抜本的な金融改革法が遂に成立しそうです。既に下院をパスした、金融危機再発防止を狙う金融規制改革法案が上院本会議において賛成多数で可決され、あとはオバマ大統領の署名を待つばかり。本当は、独立記念日である今月4日に署名ー成立を目指してたんだけど、野党である共和党の議事妨害にあって間に合わなかったのね。議事妨害を阻止するには必要定数(100)の3分の2以上を確保しなければならないのですが、与党の民主党の議席がこれに足りていないので難航していたのです。でも今夜、やっと共和党内穏健派の賛成を得て、賛成60、反対38と必要定数を確保しました。各州の代表として選出された議員による多数決で法案が決まるって言うのは、民主主義のキホンの基本過ぎて、わざわざ深く考えもしないけど、落選議員が大臣職を務めたり、選挙直前に与党が強硬採決を繰り返した日本からすれば、羨ましくもあり。

 今夜通った金融改革法案は、大手金融機関に対する監督強化や高リスク投資の抑制、消費者保護強化などをメインとした抜本改革で、世界金融の中心であるアメリカがこれを実施することになれば、国際的な金融規制や監督制度にも影響を及ぼすのは必須。これは、オバマ大統領が選挙中に掲げた公約の中の重要課題の一つで、しばらくBPのゴタゴタや、国民健康保険改革の迷走、イランからの軍撤退の遅れ、もー何がどうなってんだかウヤムヤなグアンタナモ閉鎖問題、アフガニスタン泥沼化、etc…と、問題山積みの中のオバマ大統領ですが、ここできっちり、一つ仕事をこなしました。拍手!

 だけど、気になるのは、将来的な金融システムの健全化と安全網は、この新法案で取り上げられてるど、過去の過ちに対する処置はどうなってるのか、ってとこ。自分たちの強欲を満たすために、多くの人々の生活を危機に陥れ、時にはその基盤を奪い、世界経済全体をも脅かした、一部の銀行家や投資家の罪は問われないのでしょうか?彼らは相変わらず、のうのうと豪奢な生活を享受しています。そして、彼らに対するアメリカの世論の物忘れっぽさにも呆れますが、本当にこのまま「過ぎたことだし~」と、赦されても良いのでしょうか?

 いくら規制を縛っても、人間の果てしない欲は、直ぐに抜け道を見つけ出すに違いありません。そして、新たな危機が、今度は80年ぶりではなく、もっと早く訪れるかもしれない…っていうより、また直ぐ始まるような予感ならぬ悪感。それらを牽制するためにも、全開の危機を招いた張本人たちは、きっちりと制裁されねばならないと思います。でも、この辺って、政治家ともズブズブだから難しいんでしょうね。だからこそ、世論がつるし上げねばならないんだけど、その世論を引張るマスコミが、これまたズブズブ。この辺りは、日本とどっこいどっこいね。草の根活動で罪を追求していくにしても、結局は空吹かしだったトヨタ問題、そしてBP騒ぎで国民の目は、すっかり余所に向いてしまっている。ほーんと、都合の宜しいこと!


でも何だかんだ言ってもオバマは仕事してるね
  1. 2010/07/15(木) 21:50:23|
  2. アメリカ経済・政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱり!

はいはい、来ましたよ、来ましたよ!

 トヨタ車の急加速事故原因は運転者のミスの可能性(Early Tests Pin Toyota Accidents on Drivers)という初期調査結果の、米運輸省からの正式発表!!!

 アメリカ運輸省の高速道路交通安全局(NHTSA)がまとめた調査結果によると、意図しない急加速が原因で事故を起こしたとされるトヨタ車の複数のデータレコーダーを分析した結果、エンジンのスロットルが全開となっており、ブレーキは使用されていなかったことが判明したんだって。要するに、ブレーキと間違えてアクセルを思いっきり踏んじゃった、ってのですね。まだ、アクセルペダルが踏み込まれたまま奥に引っ掛って戻らないって問題が残っていますが、取りあえずは、電子制御スロットルシステム上の不具合が不意の急加速の原因じゃないって、トヨタ側の主張を裏付ける結果であると見ていいでしょう。トヨタ車は走る棺桶なんて言ってた米運輸省のお役人さん、きっちり謝ってくださいね。偽証テストまで放映したABCや、CNNは、トヨタ本社のみならず、この件で損害を被ったトヨタのディーラーや、アメリカ・トヨタの従業員、果ては誤った情報を与えられた消費者から訴えられてもいいと思うよ。


 ところで、今週もセーリングのクラスに通っている息子達、今日はお食事中のイルカの群れに遭遇したんだって。遠目にに水面が泡立っていたので、「サメじゃない?」と近寄ってみたら、50頭を超えるかと思われるイルカの大群が、飛び跳ねたり、魚をパックンしたり。ヨットの直ぐ側で、そんなイルカたちを暫く観察できたそう。ううっ、いいなぁ…


レドンドの突堤と、小型船用のマリーナ


私は自分の愛車プリウスが大好きです
  1. 2010/07/14(水) 23:38:27|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またもやアメリカが怪しいぞ…

 来月、ワイオミングで開かれるわに夫の母方一族のファミリー・リユニオン(うへぇ~)に、休暇を兼ねて出掛ける予定なので、その分を今月中に片付けるべく、今週もギチギチ状態の私です。日本の皆様、お願いだから、カタカナ英語を妙に短縮して新語を作り、想像力に欠ける翻訳業者をいじめるのはやめてぇ~(涙)

 そんな状態なので、情報ジャンキーな私も新聞を読んだり、ネットでニュースを追ったり、NPRを聴いたり、といった時間をいつもよりかは控えめにしているのですが、原油流出事故発生当時から噂はちょくちょく出たものの、毎回「ありえない」で終わっていたBP売却、遂に具体的な話が出てきたそうで…

 流出口を覆うキャップの交換に成功し、これでやっと原油の流出が止まるかも(?)という希望が見えてきたところに、原油流出対策費用捻出のために、資産売却を検討中のニュース。米国の原油・天然ガス生産を手掛けるアパッチ・コーポラションに、最大で120億ドルの資産売却について協議中なのだとか。売却が検討されている資産の中には、北米最大規模の油田であるアラスカのプルドー・ベイ油田の権益などが含まれてるというウワサ(←未だ正式決定されたわけじゃないので、はっきりとは言われてないけど、大方の見方ではそうなってるんだって)。

 これだけじゃなくって、エクソンとシェブロンの二社がオバマ政権の許可を得てBP買収を視野に入れての調査開始へと動き出したとの報道も。BP買収には、ざっと1千億ポンド(約13兆3千億円だって~!)かかるという見通し。これに対してBPは、アラブ首長国連邦のアブダビ投資庁など複数の政府系ファンドに資本増強への協力を打診したりと、防衛を図っており、英政府も、英国最大規模の上場企業であるBPの買収には抵抗するとみられるそうですが… 果たして、なんだかノリノリの米政府に対抗しきれるかどうか??アメリカで事故起こして、その自己処理や賠償を支払うためにアメリカに身売りとなれば、因果なことよのぉ…といいますか、転んでもタダでは起きないとはこの事か?と、いいますか…

 とはいえ、ここ2週間でBP株は2割上昇しており、市場のBPに対する今後の見通しは楽天的だったみたいですが、今週、この資産売却話でどう動くかは、見ものだと思います。それにしても、現在既に、世界の大石油メジャー(国際石油資本)であるBP、ロイヤル・ダッチシェル、エクソン・モービル、シェブロン4社の半分がアメリカ資産。もしBPがアメリカ傘下に下れば、今以上にアメリカの天下?ところで、BPの前会長であるピーター・サザーランド氏(今の会長で、部下のヘイワードCEOに負けない暴言王のす版ベル会長の前任者)は現在、ゴールドマン・サックス本社の会長で、そのまた前のジョン・ブラウン卿はGSの取締役してたんだよね。なんか、この辺りも偶然にしては出来すぎ。9-11みたいに、アメリカ自作自演説を唱えるグループが出てくるに一万円だよ。

 この資産売却については、今週後半には明らかにされるらしいので、この件がどんな方向へと転がっていくのか、まだまだ予断を許しませんね!


ところで今日の画像はおまけなので、本文とは全く関係ありません。タイトルが「BPの黄昏」とかってんでもありませんw


しかし13兆円って凄くね?
  1. 2010/07/13(火) 22:25:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レドンド・ビーチのマリーナ、キング・ハーバー

 ベランダで育てているトマト、やっと色付きました。もう真っ赤ですが、まだ身が硬い。同じ日に植えたナスと唐辛子はまだまだです。やっぱり、直接地面に植えるようにはグングン育たないものですね。お庭のある家に住みたいなぁ…

 7月に入ってもまだ肌寒かったサウスベイも、今週からやっと夏らしくなってくるようです。今日の海は波が高くて、息子は、「船酔いしそうだった」だって。自分の操舵するヨットで船酔いなんて、自分が運転する車で車酔いするみたいなもんじゃないの?今日乗ったのは艇長14フィートの小型で、明日は25フィートの”Big Boat”だから、ずっと安定してて酔わないよ、と、インストラクターのエリックさん。ちなみに、「ビッグ・ボート」ってのが、その船の名前。なんだか投げやりな命名だなw(←黒猫にクロ、三毛猫にミケと名付けた私が言えたこっちゃないかww)

 でもマリーナに停留する多くのボートには、意匠を凝らした様々な名前がつけられていて、それを見て歩くだけでも楽しい。オーナーの思い入れが感じられます。マイ・ガール、シー・ブリーズ、ラプソディー、アミーゴ、等々… そういや、西LAに住んでいた頃、Knot for Sail(非売品という意味の”Not for Sale”に掛けた洒落)という名前のボートが路上で売りに出されていましたがw

 レドンドのマリーナに止まっているボートの中には、数億円はしそうな超高級大型モーターボートも少なくありません。高級ボートといえば、私にはかなりトホホな思い出があります。まだテキサスに住んでいた頃、家族でスペインのコスタ・デル・ソルに旅行したのですが、世界中の超がつく大金持ちがボート遊びを楽しむ、マラガのハーバーを散歩していると、いかにも高そうな純白の大型ボートが近づいてきました。おお!はてはサウジの王様か、はたまた有名スターかと、カメラを構える私。数人のビキニの美女の乗った、そのボートが間近に来たとき見えたのは、誇らしげに翻るテキサスの州旗、ローン・スター(一つ星)。わに人生、あれほどに脱力したことはない…orz
 
 続きにレドンドのマリーナ周辺の写真をアップしましたので、よろしければ見てくださいv


[レドンド・ビーチのマリーナ、キング・ハーバー]の続きを読む
  1. 2010/07/12(月) 22:34:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライダー・キ~ック!!

 タコ、すごい~!!

 タコのパウルくんの予想通り、ワールドカップはオランダを下したスペインが優勝しました。点は入らないし、反則は多いし、見てて、あんまり面白い試合じゃなかった。飛び蹴り食わして、退場にならないって、一体何?カンフー映画の少林蹴球でさえ見られなかったトンデモぶりではありませんか。


 退場にならないといえば、千葉法相ってば落選したのに続投ってのも何?国民に支持されなかった人間が、法務大臣という重要な役割を担当するって、一体、どれだけ国民なめてるのやら?民意が無視され、民主主義の根底が否定されようとしています。これこそ、飛び蹴りしたい状況。千葉景子氏は弁護士だそうですが、法を重んじる気持があるなら、辞任して欲しいですね。

 とりあえず、今回の参院選の結果、民主党は過半数を失いました。今は、速やかな衆院解散を望むばかりです。あの人は今的・昔の有名人が軒並み落選したのは納得だけど、蓮舫議員が117万票を集めたのは、正直なところ呆れました。完全な素人でありながら、「仕分け」と称して適当に予算を振り分け, 「2番じゃダメなんですか?」なんて非常識なことを言ってのけた人、程度しかの認識しかなかったからなのですが、これだけの支持を集めるからには、何か理由があるのでしょう。私には分からんけど。蓮舫議員は、元は台湾との二重国籍所有者だし、帰化した人たちの支持を得たにしても、この数字は大きすぎるような。知名度?芸人としての好感度?

 この結果を鑑みるに、過半数を失ったとはいえ未だ民主党を支持する人も多く、自民党の躍進は消去法の結果、無難に自民党に入れといた、な「でも、しか」投票や、民主党への対抗馬としての選択も多かったのではないかと思います。これも大変に不幸なことです。種々様々な政党が色とりどりのマニフェストを掲げているにも関わらず、国民が共鳴できる、賛成できる、信頼できる政党がないんですから。実は私も、どの党、候補者にも、本当に自分たち国民を、そして日本の国益を守ってくれると思える党や候補者を見出すことは出来ませんでした。みーんな、オノレの欲を満たし、オノレと自分の周りの特定少数の利益を追求してるような感じがしてなりません。単に私の見方が穿っているだけなら、よいのですがね…


ご賛同いただけたら、是非ポチを
  1. 2010/07/11(日) 23:48:42|
  2. 政治・外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

参院選選挙、投票しましたか?

 日本では投票が始まっています。明日の結果が本当に待ち遠しい。こんなにも結果のキニナル選挙は久しぶりです。個人的には、日本国獣を混乱化した民主党への、国民の鉄槌が下されることを期待していますが、前回選挙での、民主党が勝つわけないという私の予想は完全に外れたので、やや戦々恐々です。国民の税金をばら蒔いた子ども手当、なぜか私立にまで適用される高校無償化、まだ実施はされていませんが外国人参政権、素人の仕切る「仕分け」、普天間問題等、民主党が過去7ヶ月間に犯した過ちのダメージは既に過大。なんとか、この選挙で見直し勢力が強まり、出来れば衆院解散にまで持ち込んでほしいところ。そして、郵政改革、漫画規制、消費税問題など、まだまだ重要な問題も検討されねばなりません。欧米が金融危機から回復しきれず、中国は台頭しつつも足元が崩れかけている。今は、日本の踏ん張りどころだと思っています。たかが一票、されど一票!自分がいれた候補の当落ももちろん気になる。

 ところで、今日のドイツ対ウルグアイ、三位決定戦はペースの早い面白い試合でした。ガーナを応援していた私には、例の、試合終了直前ハンドの反則からPKの悲劇でガーナが敗れたことが後を引いて、ウルグアイに対しては、ぐぬぬ…感情があるのですが、にもかかわらずウルグアイのゴーリーの彼がなかなかに好みでもあるので、そういった楽しみもw 結果はタコのパウル君が予想した通りのドイツ勝利。もう、サシミにしろ、とか、天ぷらにしてしまえ!って、言われないで済むかな?(タコの天ぷら、おいしいけどさ)←こら!


明日の予想はスペインだって
  1. 2010/07/10(土) 22:46:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

復活…したかなぁ?

 なんとか東海岸五時(ここの2時)の締切りに間に合わせ、ファイルを送ったあとベッドに直行、起きたら10時回ってました(@_@)。息子が、「あれ?いたの?」だってw

 全く仕事の来ない週があるかと思えば、寝る暇のない週もある。フリーランスの辛いところですが、このご時世、お呼びがかかるだけでも有り難い。でもさー、時差の関係で時間の早い東側に、政府主要機関が集中してるのって不公平だよなー!ああ、時差が憎い。

 昨日は、息子達のセーリングレッスンの第一セッション最終日で、レッスン後にみんなでBBQがありました。私は参加できずに、スペアリブとスイカを持たせたのですが、生徒15人がそれぞれに加え、コーチも食べ物を持ってきて、「思いつく限り、全部のBBQフードが揃ってた!」そうです。運動の後はお腹が空くし、美味しくてサイコー!だったとか。息子達は、次のセッションにも参加しますが、上息子はいっちょまえに操舵も出来るようになったらしいのですが、若息子はひたすらヨットの上でのリラックスを楽しんでるような気が…

bbq.jpg
食べながら説明を聴いてるトコ


 上息子は、「波と風を体感できる。セーイングは最高だね」などとカッチョつけたことをほざいておりますが、昨日、結構大きな地震があったのに、全然気がつかなかったんだって。そういや、とても大きな波が二度来て、なんだろうと思ったんだけど、あれだったのかな、だって。それって、海底から押し出された、ミニ津波だったのかもよ?と、言ったら、「・じゃ、地震・津波の時には船の上にいればいいんだ!」だと。海上生活者最強?


 ところで、ふと気がついたのですが、昨日(日本じゃ一昨日だw)は、たった一人しか居ない私の妹の誕生日でした。PCの前でドタバタしててすっかり忘れてました。毎度、毎度、すまんのぉ。私の知らないうちに、織姫彦星ご夫妻も年に一度の逢瀬を果たしたようなので、使い残った短冊の再利用。使ってたペンタブが故障して以来、新しいの買ってないんで、一日遅れで願い事は「新しいペンタブが買えますように。出来れば、バンブーのんがいいです。 わに」

…って、妹の誕生日は忘れても、自分お願いごとは忘れない強欲者め~!って、妹が突っ込んできそうだw


  1. 2010/07/09(金) 23:56:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

更新滞りのお詫びとご挨拶

 ご無沙汰しております。珍しく仕事ギチギチです。もー、終わらない、終わらない、訳しても訳しても、全然残り字数が減らない~、って感じです。世の他人さまが独立記念日を祝ってる間に、せっせと夜なべして仕上げたファイルを送ったら、これ明後日の朝までにお願い!と、また大量のファイル、それを送ったら、また… しかもpdfで良く字が見えませんよ。そんなに急ぎなら特別割増料金取る!って言ったら、逆に、特大ボリュームだからまけろと言われた。わたしゃ、コストコか?でも、小心者の上、零細なので、嫌と言えません。なんだか、

  火急じゃ!大急ぎで、しかも面白みのない仕事じゃ!誰そ、暇な者はおらぬか?!
  
  ご家老、暇といえば、わににござりますな。

  なるほど!わにならば、金はないが常に暇はあるわい。

  その通りに御ざります。二束三文でも、尻尾を振って飛びつきましょうぞ。わっはっは!

  わーっはっは!


ってなパターンじゃないぁと、被害妄想に浸っておりますが、報酬に目がくらんで、つい受諾してしまいます…orz


 頂いたコメントへのお返事も、週末にさせていただきます。すみません m(__)m


レート上げてくれ~
  1. 2010/07/07(水) 23:11:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プリズモ・ビーチの独立記念日パーティー

 Big Surに行っていた、わに夫と息子達、思いのほか朝早く帰ってきてしまったので、ぐうたらと朝寝しようと企んでた私のアテは、すっかり外れてしまいました。ちぇ…

 叔父さん叔母さん家の独立記念パーティーは、市内の老人ホームからミニバスを乗り付けるグループまでいて、ご当地敬老会の集まりみたいだった、とは上息子の弁。友達の友達の友達、とか、友達と同じ敬老会のメンバーとか、パーティー主催者とは全く見ず知らずの人もかなり多く、ホームパーティーなんて生易しいもんではなかったと、わに夫。それでも、お開きの後、15分ほどで全ての後片付けが終わったというのだから凄い。もう二十年以上、毎年、独立記念日パーティーを開いてるんだそうで、もー、パーティー開催に関してはプロなんでしょう。

 食べ物は皆で持ち寄りのポットラック方式でしたが、誰の何が美味しいかは、皆、よーくご存知。ご近所のおばあちゃんのブラウニーと、ビルさん特製タレに漬けたチキンなどは、一瞬にして消え去り、まるで魔法のようだったとか。叔父は、息子達には祖母の妹の旦那さんなので、血の繋がりは全く無いのですが、一刻足りともじっとしていられないところと、ホイップクリームに目がないところが若息子と同じ。叔父さん家に行くと、若息子も一緒にくっついて、とにかく出かけまくる。やれ牛乳がない、紙ナプキンが足りない、と、いちいち買い物にいく。晴れたと言ってはボードウォークに出掛け、霧が出たと言っては浜辺に行く。パーティーの最中も、おじさんと若息子は、完全にホイップクリームで埋まったパイの皿を持って、人溜まりから人溜まりをうろちょろしてたそうで、眼に浮かぶようですw

 そして、写真を一杯撮ってきてね、と頼んだのに、お喋りに忙しくて全然写真を撮らなかったわに夫。花火がとても綺麗だった。テーブルいっぱいの食べ物も凄かった。Red, Whire and Blueがテーマの飾り付けも良かった、云々…と、言われては、益々、見たかったよ~!


 ところで、参院選を目前に、マニフェストマッチというのを見つけました。私はもう投票しちゃったんだけど、軽い気持ちで占い感覚(?)でも楽しめます。格闘のマニフェストが簡潔に、匿名で説明されているのも分かりやすい。お暇な時に、どうぞv


因みに私の結果はバラバラだった
  1. 2010/07/05(月) 22:21:58|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

あんた、バカぁ?

 今日、7月4日は、アメリカの夏の風物詩、一大イベントである独立記念日です。アメリカ全国、街中が赤白青の星条旗カラーに溢れ、庭でBBQを楽しみ、暗くなったら花火を見る日。私は家に篭ってるだけだから、関係ないけど!ふん!外から花火の音が聞こえてくるよ。花火見に行きたいよ…

 ところで、この独立記念日に毎年開かれる、ニューヨークはコニーアイランドでのホットドッグ早食い大会、契約上の問題で参加しなかった、過去6連覇の小林尊さんが、突然、見物席から立ち上がり「Let me eat!」と、舞台上に乗り込もうとしたところ、会場警備の警官に拘束されたそうです。突然のチャレンジャー登場という劇的な場面のはずが、尻窄みに終わってしまったわけですが、小林氏的には、競技に参加する以上に自分の存在感を示す格好の演出となったのでは?もし、始めからそれが狙いなら、小林氏、なかなかの策者ですな。

 でも、この頃は逆に、ニュースをチェックしていると思わず画面に向かって「あんた、バカぁ?」と言いたくなるような事が多すぎる。

 まずは、ドイツ、オーバーハウゼンの水族館に住む、ワールドカップの試合結果予想タコのパウルを、PETAが「タコは無脊椎動物の中でも最も賢く、複雑な思考プロセスをこなす能力があるほか、短期記憶も長期記憶もよい。道具を使ったり、自分が見たことから学習することもでき、一匹一匹個性がある」から、自然に返せと要求しているそうだ。ずーっと水族館で、外敵もなく、自分で捕食する必要もない環境で育った生き物を、海に放り出せとは、死ねというのも同じこと。 あんた、バカぁ?自分も全く文明のない無人島にでも移り住んで、食べ物も全部自分で取って、野生動物が襲ってきても自作の竹槍で応戦しろ、ってんだ。それにしても、次には海犬が、タコは賢いから食べるなって、タコ漁を隠し撮りして、タコ漁禁止を世界に訴えるんじゃないでしょうね?


 そういや、元祖隠し撮り「ザ・コーブ」の撮影メンバー、リック・オバリーが来日中だそうですが、曰く「イルカは人間より大きな脳を持っている動物です。人間やゴリラと同じように、自分が鏡に写っている姿を見ればそれが自分だと分かる、豚や犬や牛とは全く違う生き物なのです。人間は陸上で最も高等な動物かもしれませんが、イルカは海中で最も優れた動物なのです。(シネマスクランブルより)」だってさ。 あんた、バカぁ? だから豚や牛は食べてもいいし、某国の犬食も反対しないけど、イルカ漁には反対するんですか?生き物の命に価値の順位をつけることへの烏滸がましさなんて、全く感じていないんでしょうね。それで、自分の価値観を人に押し付けようというのではない、とは、そりゃ確かにイルカの頭の方がアンタのよか上等そうだよなぁ、と、私も納得してしまいましたよ。

 
 そして、すっかり私が見逃していたのをHondaさんが教えてくださった、数日前のLA Times記者が、如何にトヨタが新型車の急加速に関する苦情を無視したかを暴いた一連の記事で、ジャーナリズムの権威ある賞・ジェラルド・ローブ賞を受けたという記事(Times writers honored for stories on Toyota woes)。結局、米運輸省道路交通安全局がトヨタ車に何の不備も見つけられなかった今となっては、この記事は無駄に世間を不安に陥れただけだったにも関わらず、賞を受けるってなにそれ?と思ったら、このローブ賞ってのは、UCLAが出している賞だというではありませんか。要するに手前味噌ってヤツ?バカ記事を書いた記者も、それに賞あげちゃう機関も、それを嬉しそうに自慢する新聞社も  あんた、バカぁ?

私はアスカは式波より惣流派
  1. 2010/07/04(日) 20:59:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雑学:独立記念日と建国記念日

 今日はアルゼンチンがドイツに大敗!本当に予想を裏切ってくれる、今回のワールドカップです。わっ!入っちゃった!えっ?また?!って感じで、なんだかすごい試合でした。早起きしてみてよかった。

 試合を見終わったところで、わに夫と息子たちは、ビッグ・サーの叔父叔母の家へ。プリズもビーチ市で一番大掛かりというウワサの、叔父叔母主催・独立記念日パーティーに参加するのです。二人とも、とても社交的な人たちなので、毎年このパーティーには、100人以上が集まるそうな。想像できん…

 叔父叔母宅にこっちから行くばかりではなく、叔父はロサンゼルス国際空港からフィリピンに年に数回出掛けるので、舅姑より会ってる回数がずっと多いけど、気さくな人達なので、正直言って舅姑よりも気楽でもあります。だけど私は、急ぎのプロジェクトを請け負ったので、犬猫の世話も兼ねて、またもやお留守番。零細家庭内手工業なので、誰も働かない祭日こそが新クライアントをゲットのチャンス。断ったら次がないんではないかという強迫観念のせいもあるのですが、仕事を選べない弱小翻訳者の辛いトコです。あう…

 とはいえ、しばしの独身生活で、羽を伸ばせるのが少し嬉しくもあるのですが、わに家には車が一台しかない。これを持って行かれちまうと、完全車社会のLAでは、ヒキコモリになるしか無いのです。3日間、冷蔵庫の中の残り物を片付けつつ、仕事に励む日々。ホントはダウンタウンで開催中の、AnimeExpoに行きたかったよー!!(←魂の叫び)

 ところで、アメリカの独立記念日(Independence Day)は、単に、July 4thとか、Fourth of Julyだけで呼ばれるほど7月4日であることも重要ですが、これは、アメリカ合衆国が1776年に独立宣言を公布した日なのです。それで、昨日のバドライトのCMになる、と。日本の建国記念日が、かつての紀元節(『日本書紀』によるところの神武天皇の即位日、紀元前660年2月11日に因んだ祝日)なのとは大きく違いますね。神話によると、神武天皇は初代天皇だそうですが、日本の皇族の始祖は天照大御神やったんと違うんか?と、素朴なギモン。でも、そうなると、女系天皇反対派には都合が悪いかねw


♪働くわにさん、働くわにさん、ポチしてね~♪
  1. 2010/07/03(土) 23:26:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おもしろCM

 ブラジルが負けたのも驚いたけど、ガーナの敗退に痛恨無念のわにです。試合終了と共に、ぐったり脱力でした。PK戦に縺れ込んだとき、ふと日本の敗退が脳裏を過ぎって、ぐぬぬ…となったのですが、いやいや、これは全く違う試合、と、気を撮り直したのも束の間。それにしても、試合終了直前のペナルティー・キックを外したのは痛かった。これで、アフリカ勢は全て負けてしまい、南米vs.欧州という、毎度のパターンに。それにしても、ガーナが先取点を揚げたときに映された、南アフリカ国内のバーで黒人と白人が抱き合って喜んでいる映像には心を打たれました。同じ国のチームを応援することで、国内の民族闘争なんか吹き飛ぶかも知れない。同じ大陸のチームを応援することで、アフリカーナは団結できるかもしれない。そんな夢を見せてくれました。試合内容も充実で、120分間、ずっと息を飲みっぱなしだったよ。ガーナは若いチームなので、次のW杯での活躍も大期待です。

 普段余りTVを見ないので、CMにも疎い私ですが、ワールドカップ放映のコマーシャルは面白いものが多くて、楽しんでいます。一番好きなのは、ベン・フランクリンやトマス・ジェファーソンが独立記念日を祝うCM。セカンド・レディーにならないかい?なんて誘う、いけないワシントンがツボw 若い女性に囲まれてニタニタのベン・フランクリンおじさんは、実際に結構なLadies' Manだったそうです。

"


 同じCM枠には、待ち受ける英国勢を、車で蹴散らすワシントンなんていう広告もあり、良くも悪くも、尊敬する先人たちをおちょくるセンスが活かされています。それだけ、この国では、独立の立役者達に対する親しみが強いということでもあるのでしょう。日本人的には、新選組をおちょくるような感覚かなぁ?(ちょっと違う?)
 

Livin' in America♪
  1. 2010/07/02(金) 23:15:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

トヨタ騒動とは一体何だったのか?

 昨日のウォール・ストリート・ジャーナルに、ひっそりと出ていた記事、実は私は気がつかなくて、今日になって、WSJ日本版のウェブサイトで読んで、元記事を探したのですが…

 「トヨタ車の電子制御欠陥発見できず-米運輸当局」とは、なんじゃそりゃ~?!というべきか、やっぱり、そうだったか…と言うべきか。北米トヨタを800万台リコールと巨額の制裁金支払い、そして何よりも信頼の墜落に陥れた急加速問題、結局、今までの調査では、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)はトヨタ車の電子制御の欠陥を発見できず、全米科学アカデミー(NAS)の科学委員会が調査に乗り出した、というのが、上の記事の趣旨ですが、要は、ありがちなアクセルとブレーキの踏み間違えによる事故を、車のせいにしてるんではないかと。

 それにしても呆れるべきは、トヨタ・レクサスのリコーリハ大々的に報道するくせに、欠陥が見つからないという報告記事は、こっそり目立たないところで小さな扱いという、アメリカ・マスメディアのセコさ。WSJは、報道しただけまだマシで、LA Timesには、どこを探しても、この記事は道借りませんでした。リコールの方はでかでかと出てたけどね。トヨタというブランドは、ステータスシンボルとしての高級感、言い換えれば「お金持ちでカッコいい俺」を演出する道具としての価値ではなく、プリウスに代表されるエコ・コンシャス性、そして信頼できる安全かつ堅実な車であるところにブランド価値があった。それゆえに、この「トヨタ車危険」という言い掛かりが、トヨタのブランドとしての地位に、ましては日本製品に対する価値に、どれだけの損害を被らせたかは、金額には出来ないと思います。結局、確証もないのにさんざん騒いで、吊るし上げて、トヨタの企業秘密であるエンジン電子制御システムを巻きあげて、今や国産企業であるGM,クライスラー、フォードに譲ったようなもん。

 世間の目が、メキシコ湾の原油流出に注がれて、攻撃先がBPに移ったところで、トヨタの方はひっそりとケリをつけちゃおうって魂胆でしょうか。一向に下がらない失業率、膨れ上がるばかりの財政債務、泥沼化するアフガニスタン状況、結局、未だに完全撤退できないままのイラク、保険改革の行き詰まり、移民問題、etc... 外国企業叩きで国内問題から国民の目を反らせる、道具の一環に使われたような気がします。そして、危機に立たされた国内企業を一向に支援しなかった日本政府。どう考えても悪者でしょ-w、なBPを、英国政府がバックアップしているのとは対照的です。

 中国で邦人が死刑に処されたときにも思ったことですが、今の日本政府は、国民を、国内企業を保護する意図は全く無いのではないか。外国人にまで子ども手当や、佳活保護をばらまき、参政権を与えようとする。海外在住邦人の私としては、何かあっても、この国は守ってくれないのだ、と、思わされる、恐ろしい事態です。国民を重視し、外交にも強い党に立って欲しい。今度の参院選、結果を刮目して待っております。


怒りに任せて、ここをクリックだ!
  1. 2010/07/01(木) 22:56:59|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。