わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自粛?自重?

 右は今日のロサンゼルス・タイムズのキャプチャー。小さくて判り難いかも知れませんけど、天皇皇后両陛下が都内の避難所を訪れて、被災者を励ましている写真が、大きく一面を飾っています。この写真は、日本人、日系人の多い地域ならではのサービスという要素もあるでしょうが、それに加えて、「皇室」の存在しないアメリカでは、本物のロイヤリティーに対する憧れが強いように感じることがあります。ウィリアム王子の結婚式もワクワクしながら待ってるって感じで、ケイティーさんの人形や、婚約指輪のコピーが売り出されていますが、ダイアナ妃の時ほどのフィーバーは感じられないような… お嫁さんが貴族ではなく、庶民だったのは、アメリカのおばちゃん的には、ちょっぴり失望なようです。

 その結婚式、日本からは皇太子夫妻が参加する予定でしたが、今回の震災の影響で招待を断ったのだとか。なんだか勿体無い気がするな。なにしろ、何十年に一度の大規模な皇室外交の機会ですし、こういった時だからこそ、華やかで明るいニュースが欲しいと思うのですが。援助してくれた各国に、皇太子夫妻が直接にお礼を言える機会でもあったでしょうし。雅子妃のドレス、楽しみだったのになー

 悲劇に襲われ、国全体が桜の下でドンちゃん騒ぎをする気にはなれないかもしれないし、お花見する気になんかなれない、という人もおられるでしょうが、皆で揃って自粛しましょう的な風潮はどうかと思う。東京ではm節電のために夜間の照明が出来なかったり、簡易トイレを被災地に送ってしまったからお花見会場に準備できないといった事情があるようですが、大変な時期だからこそ、お酒買ってパーッと発散も必要だし、こういった小さなエクストラの出費が積もり積もって消費を押し上げるのですから。関西はまだ、物不足にはなっていないそうなので、こんな時こそ、関西人の陽気さを発揮しましょうよ!自分たちが震災にあった直後ですら、神戸の人達はバイタリティーに溢れていたと聞きます。関西人って、自分たちが苦境の時は通常以上に根性出すけど、かえって今回のように、自分たち以外に被害があった場合は、同情でしょぼーんとしちゃう傾向があるような気がするな。


 ところで、台湾からの義捐金がなんと100億円を超えたそうです。ありがたいことです。台湾は、今年建国100周年で、様々なイベントが企画されています。私は、義弟が住んでいた頃に一度、ホンの数日だけ台北を訪れたことがありますが、都市だけではなく、山間の景勝地域や、有名な夜市に行って、いろんな珍しい食べ物を試してみたいな。余裕のある人は、今年の夏休みは台湾、いかがですか?



何事もほどほどが宜しいようで
スポンサーサイト
  1. 2011/03/31(木) 22:11:13|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

津波来て、石油採掘ロビイスト儲かる

 今日、ワシントンのジョージタウン大学で、エネルギー安全保障に関する演説を行なったオバマ大統領、2025年までに、国外の石油依存を3分の2まで減らすという目標を打ち立てました。中東は政情不安でアテにならないし、切り札のはずだった原子力発電は、日本がヘマやらかしたもんだから国民に嫌われそうだし、よりによって、石油の供給が不安なこんな時に、原子力発電まで問題視されるような事故が起こるかね?って、内心思ってそうです。

 そこで、ちゃんと管理さえすれば(ああ、耳が痛い…)、地球温暖化対策としても有用であるとか、国内原発の安全制裁評価するよ、もっと安全な次世代原発の開発に励むよ、と国民をなだめつつ、原発稼働中の諸国の間での協力も米国主導でやってくよ、と、勝手に決めちゃうところが、世界のジャイアン、アメリカ。うちがリーダーですんで~、って言い切る前に余所の国の意見、聞いたんかい?

 実際、もっと震源地に近く、更に激しく揺れた東北電力・女川発電所はピンピンしてて、むしろ頑丈だからって、避難所にまでなっているそうなので、福島第一の危機状態は、東京電力の怠慢によるもので、原発そのものが全部ひっくるめて批判されるのは理不尽だと思うし、確かにオバマさんの言うとおり「日本の経験を教訓として」世界が、既存の原発を見直し、安全性を高めた原子力利用へと歩を進めることができれば良い… とは頭ん中では思うんだけど、原子力廃棄物の処理問題が解決されてないのに、人間が好きに使っていいんかいな?って気がしないでもない。

 話をオバマさんの方に戻すと、中東産油国で何かあるたびに振り回されるのはもううんざり、今後は自分ちでなんとかする!と、沖合の海底油田やガス田、天然ガスの「シェールガス」といった国内資源の開発・生産を強化するんだって。ルイジアナ沖で痛い目に遭ったから、もう沖合いは掘り返しませんってムードに一時は向かっていたのに、国民の原子力発電への警戒が高まっているのをいいことに、国内採掘派を勢いつかせてしまったようでガッカリです。東京電力と民主党め…ギギギ…

 ところでオバマさん、環境に配慮するって公約はどうしたよ?!という皆様向けには、バイオ燃料の利用や自動車の燃費改善と電気自動車の普及、建築基準の改善を通した省エネ等々をご用意。もー、石油は高いし、燃費の良い車を買いましょうって大統領のお墨付きとありゃ、うっしっし、ますますプリウスが売れちゃうね と、言いたいところだけど、日本での製造一時中止や部品の影響が出始め、手に入りにくくなってるそうです。こんな時こそ、トヨタさんやホンダさんに外貨を稼いで欲しいんだけど…orz


電気自動車っつたってさー、GMのボルトとかアホみたいに高いし、信用度低いしさー
  1. 2011/03/30(水) 20:28:00|
  2. 環境問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

頼りない政府は本当に困る!

 ブルー・マンデーではありますが、お天気がいいと、元チャリ通勤も気持ちいいものです。夏時間に入ってからは、つい帰り道そのまま太陽に向かって海岸まで行ってしまって、帰ったら、「晩御飯まだー?!」と、息子たちが怒ってたりするのですが、今日は帰ったら、ハンバーグが出来てたぞ(@_@) わに夫が、ひき肉をこねて作っのだそうで、突然お料理に目覚めた夫に、びっくりの妻でした。ちなみに、お肉の味付けは、テキーラと、冷蔵庫に入ってた既製品のだし汁。ちょっと謎…

 さて、福島第一の放射線漏れは、世界中を脅かし、アメリカでも、どこで放射能が検出された、ここで放射線が測定されたと騒いでいます。実際んとこ、実は以前からある程度の放射能が含まれてたんだけど、こういう機会でもないと検査してなかったんじゃないか、実は今に始まったことなんじゃないか、なんて、ふと疑問に思ってしまいます。気になるのは、今は、大災害に襲われた日本かわいそう、頑張れ、日本ムードが世界中を覆っているのですが、この「自粛ムード」が明けると、日本のせいで放射能汚染!なんて騒ぎ出す輩が出てくるのではないかという懸念です。日本政府が、もっとオープンに情報を公開し、迅速に国際的協力を求めていれば、非難も少なかったでしょうが、この件では逆に、政府は完全に信用を失い、頼りなく脆弱でリーダーシップに欠如しているという見方が欧米諸国に広まってしまった。今の政府では、放射能拡散問題に対する、世界の批判に対応するのは絶対に無理!まだまだ、先行きには不安がいっぱいです…


 ところで、今週中は、夏のような好天気になるそうですが、週末には曇り空なのだそうで、週末になるとお天気が悪くなるってのは、一体、何のイヤミ??


国民はこんなに頑張ってるのに…
  1. 2011/03/28(月) 22:05:55|
  2. 政治・外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Abalone Cove とガラスの教会

 久~しぶりのオフ日、朝のうちは昨日同様にグズグズしたお天気でしたが、負けずにパロスバーデス半島のアバロネ湾にハイキングに行きました。午後になると、空は晴れ、遠くにカタリナ島も望める好天気になり、絶好のビーチ日和になりました。アバロネ湾と、その東側のSacret Cove(神聖な入り江)には、干潮時には大きな潮溜りの岩場が現れ、様々な海洋生物に出会うことが出来ます。鮮やかな紫色のウニ、小さなカニ、緑色のイソギンチャク、小さなヤドカリ、色も大きさも様々なヒトデ、小魚、etc... 自然保護地区なので、生き物たちにちょっかいは禁止なのですが、磯巾着見ると、つい指を突っ込んでみたくなってウズウズ… 岩場にへばりついて、じっくり観察。このウニ、食べられるのかなぁ…なんて、不謹慎なこと考えたり。私はうに、イクラが大好きなのだ。ここには、干潮時にだけ渡ることのできるエリアがあり、そこには小さな岩の洞窟があります。大きな波が来ると、岩の割れ目から潮が飛び出し、なかなかにスリリング。皆でビオショ濡れなっちゃった。ついでに、この↓写真を撮ってたわに夫と、私のSONYα350も…orz


波が… キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!


サワガニと、Up Close Personal


 この静かなビーチは、かつて、60、70年代にはヒッピーの聖地だったという過去があります。と、いうわけで、こんなサインも出ています。昔を思い出して、裸でくつろいじゃう元ヒッピーさんもいるのかしらね??(見たくない…)


ヌードはダメよw


 ビーチへ降りる駐車場の、パシフィック・コースト・ハイウェイを挟んで向かいには、フランク・ロイド・ライトの息子、ロイド・ライトの設計によるガラスのチャペル、ウェイフェラーズ・チャペル(Wayfarers Chapel)があります。陽光がたっぷり挿し込むガラス張りのチャペルも雰囲気いいですが、お庭も素敵。景色最高です。今日も結婚式が二組あり、ちょうど、その合間に中を見学しましたが、カリフォルニアらしい青空の下のウェディング、きっとロマンティックねv


やっぱビーチは最高
  1. 2011/03/27(日) 20:38:25|
  2. カリフォルニア名所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

所詮は石油目当てでしょw

 降ったり止んだり、なんだか一日中どよ~んとした曇り空の一日でした。そんな中、修理に出していたプリウスを受取りにガーデナへ。修理代は2000ドル超え、修理期間中のレンタカーが400ドルちょっと。殆どは保険でカバーされるので、自費はこのうち千ドルだけなのですが、それでも、とっても痛い…orz

 そして、今日の空模様のように、イマイチすっきりしない英米仏伊多国籍軍によるリビアへの軍事介入。オバマ大統領は、週末恒例の国民向けビデオ演説で、リビアへの軍事介入について、「人道上の大惨事が回避され、数え切れない一般市民の命が救われた」と、米国民を説得し、作戦指揮権も米国から北大西洋条約機構(NATO)に移譲されたと、理解を求めました。NATO加盟国唯一のモスリム国、トルコは、NATOが作戦指導権を取る事に反対してたし、ドイツも不参加のままメンドウなことを押し付けちゃった感じ。

 それにつけても、平和のために、リビアの国民を守るために、ボカボカ空爆して殺しまくってるってのは、日本人としては違和感を感じをざるをえません。なんか、原爆投下ん時と同じ言い訳ね…なんて… 加えて、確かにカダフィ大佐は西側諸国にとって、ずーっと頭痛の種ではあったけど、他の国だって反政府勢力を攻撃してるのに、新米国や石油の出ない国は無視して、リビアだけを寄ってたかってフルボッコしちゃうって、判り易過ぎて泣き笑いしちゃいますよ。ここ暫くは、アメリカでもガソリン価格が高騰して大変だし。そのうち、反政府勢力に対抗する為にお金のいる中近東諸国が、内線用の資金稼ぎに石油ガンガン売ってくれそうな気がするけどww

 日本の復興の為にも石油が安いほうがいいので、OPECの皆様、焦って原油を投売りして下さいな(ふはは)


日本のせいで原子力への風向きが(文字通り)悪いし、石油が大事だねw
  1. 2011/03/26(土) 22:20:25|
  2. 政治・外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本の若者たちが袖をまくった

 「Time」誌に、地震被害の救済に立ち上がった日本の若者たちを紹介する記事が出ていました。「Rising to the Challenge: Can Young People Save Japan?」というのが、そのタイトル。定職に就かずフリーターになったり、引きこもって社会から自分を隔離したり、ぬるま湯に浸かってのんべんだらりと生きてきた日本の若者たちが、袖捲り上げてボランティアに勤しんだり、募金をしたり、節電して、被災者に役立つべく、日本の復興を支えるべく動いている様子を伝えています。自然災害の社会的後遺症を研究する東京の同志社大学(いつ京都から移ったの?)の林俊彦経済学部教授は、バブルが弾けて、それに続く失われた20年を経てすら、基本的には何も変わり映えしなかった日本の経済的・政治的体制が、この大きな危機を迎えて遂に変化を遂げようとしているのかもしれないとコメントしています。

この記事でも指摘されているのは、日本のリーダー不在です。若者たちを刺激し、国を引っ張っていくカリスマが全く存在しない。なんてったって、こ4年間に首相の首のすげ替えが5回もあり、官首相は、東電に行って怒鳴る以外に能も無く、国は迷走中です。震災から二週間、牛歩の歩みの官僚主義で物事は進まず、福島第一原子力発電所を所有する東京電気は官僚の天下り先なので政府とズブズブで、災害に備えた原子炉の管理、災害への迅速な対応、そして、その後の対策においても、政府とグルになって事実を隠蔽し、責任逃れに忙しく、その間にもどんどん被害は広がっていく。地震、津波は天災だから「仕方ない」部分もあるけれど(ここでは敢えて、前以て備えておけばという繰言は控えます)、この福島第一に纏わる一連の出来事、震災を生き残ったのに、被災地で寒さや既存症の悪化等で亡くなる人が増え続けているという事実、自殺者まで出てくる事態は、人災以外の何物でもない!

こんな政府の為体を目の当たりにし、失望の上に失望を重ねた日本の若者世代が、これをきっかけに日本を動かし、変えていくかもしれない。先世紀だけでも、関東大震災、そして第二次世界大戦で灰塵化しながらも、更に力強く蘇った日本が、再び蘇ることに疑いは全くありません。ですが、今までと同じ澱んだ政治の日本ではなく、新生日本として再生するには、若い世代が目覚め、動かなきゃならない。私の世代が為しえなかったことを、彼らに託したいと思います。


日本、大地に立つ!
  1. 2011/03/25(金) 21:15:48|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この期に至って未だ国民を愚弄するか

 高木文部科学相が、閣議後の記者会見で、北朝鮮による韓国砲撃を受けて審査手続き中断中の、朝鮮学校への高校授業料無償化適用について、「審査に要する期間を考えると、年度内に指定するかどうかを判断することは困難になった」として、年度内の適用断念を表明したそうです。ただ、4月以降に適用を決めた場合に2010年度分の就学支援金を遡って支給するかどうかについては、「可能かどうかも検討しなければならない」んだって。
やるつもりやったんかいっ?!

 この非常時、復興の為に少しでも多くの資金を回さねばならないはずなのに、未だに日本の学校法に沿わない非公式機関であり、反日教育をしている朝鮮学校に国民の税金をつぎ込むつもりなのか。高木文相は、大相撲の八百長問題による春場所中止の是非も、東京ドームのナイターでの開幕戦の日程も、「国民の意志に従って」決めたと言った。ならば、朝鮮高校無償化の件も、先ずは国民の意志を伺っては如何か?本当にやる事と、為す事、いちいち腹の立つ政権です。国際的にも、国民はこんなにも頑張ってるのに、政府は役た立つどころか足手まといだと知れ渡ってしまいました。日本を愛していない人間は、日本の政から一切手を引け!


 本日の秀逸コピーは、特攻野郎Aチームの前口上のパロディー、放射能野郎Aチーム。不謹慎だと怒られるかもしれませんが、私はこれで放射能のことが判って、ニュースを読む時、役立ちました。ウンチとおならで説明する原子力発電事故と同じで、ムツカシイ事を感嘆に説明してくれるのは有難いです。しかし、日本にはいろんな才能が、隠れてるものだ…と、毎日、感心しています。


総選挙、いつ~?
[この期に至って未だ国民を愚弄するか]の続きを読む
  1. 2011/03/24(木) 21:56:22|
  2. 政治・外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

その気持ち、行動力、支援物資…ありがとう!

 先ずは下の写真を見て下さい。これを見て、一体どんな状況を想像しますか?

dst11032121590094-p1.jpg



 実はこれ、トラックに大鍋と材料を積み込み、名古屋から48時間かけて被災地に赴き、被災者に熱いカレーをふるまったパキスタン人ボランティアさんなのです。だったら、笑顔でカレーを手渡す人とか、嬉しそうに頬張るお年寄りとか、湯気立つカレーを混ぜるパキスタンおじさんとワクワク顔で覗き込む子供たちとか、他にいくらでも微笑ましい雰囲気の写真がありそうなものですが、よりによって、ニコリともせずカメラを凝視する包丁片手に顔をマスクで隠したアラブ人男性という、「どちらのアルカイダさんで?」的な、微妙な写真を選ぶところに、産経新聞編集部の、私たちは常に変な写真を選び続ます、という一本筋の通った信念が伝わってきます。安藤美紀選手の演技中の写真は常に変顔を選ぶなど、常にブレない産経新聞編集部の心意気ですね。

 と、アホな戯言はさておき、この名古屋に住むパキスタン人のボランティアグループのみなさんは、神戸、新潟の震災時にも矢張り、自前で炊き出しに行ってくれたそうです。このグループだけではなく、千葉県のパキスタン人グループも、10時間掛けて材料を運び、被害著しい気仙沼市で1000人分のチキンカレーを炊き出し、被災者の皆さんに振舞ったそうです。カレーには様々なスパイスが入っていて、滋養にも良いそうですし、なにより、体の芯から温まりそう。この行動力、そして思いやり、日本人として忘れないでいたいと思います。インドやタイからは毛布が届き、今年建国100周年目の台湾からも、政府の励ましもあって多くの募金が集まりました。世界中の、日本を思う気持ちが本当に嬉しい。でも、多くの救援物資が、政府の倉庫に棚積みになっているという噂も聞きます。単なる噂ならいいのですが、あの政府ならやりかねない、と、思えるところがイヤだ。世界中の日本頑張れ!が、ちゃんと、被災者のもとに届きますように…


動画も見たけど、日本語上手でびっくり
  1. 2011/03/23(水) 21:52:40|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Fear Factor

今朝、近所のドラッグストアに行ったら、ヨウ素剤はありませんという張り紙が… 朝から超脱力…orz

 ともかく、ここアメリカにおいては、日本から放射能が来る、日本の食べ物は汚染されているという流言蜚語が飛び交っています。実際、ニュースでは毎日、水道水からヨウ素、ブロッコリから放射性物質と報道しているのですから、葉は必要以上に繁っちゃってるとはいえ、しっかり根はある噂なんで、始末が悪いですな。

 全米電気供給量の20%が、全土に104箇所ある原子力発電所で発電されているそうなのですが、アメリカ人の放射能に対する恐怖心は、日本人に近いものがあるのではないかと思います。スリーマイル島の事故の経験や、自分たちが落とした原爆のせいもあるのでしょうが、加えて、放射能や原子力という、目に見えない、自分に馴染みの無い、得体の知れないモノに対する恐怖心もあるのでしょう。フランスでは、総電力の80%が原子力発電で賄われているけれど、原子力発電所の見学が子供の遠足の行き先定番になっており、馴染みがあるせいか、今回の日本での危機に対しても、市民は比較的冷静らしいです。

 私は、原子力発電そのものは、決して危険だとは思わない。今回のように、管理が杜撰で、施設が老朽化し、非常時における対応が遅れたという人為的ミスさえなければ、安全で確実に電力を提供してくれると思っています。今回の事故を、水力発電に置き換えてみれば、予想を越える大地震が起こって、ダムにひびが入った、実は何を隠そう、前からあったヒビで、「そのヒビ埋めないと危ないぞ」って言われたんで、修理用に費用を配当しておいたけど、よっぽどスゲー地震でもこない限りは大丈夫なのに、巨額を使って直すのは無駄、と、国民の機嫌取りにばらまいた。スゲー地震来た。でも、今直したら後で使えなくなりそうだから直さない。とうとうダム決壊、辺り中水浸し(←今、ここ)ってなもんでしょう?勿論、水と放射能は比べようがないけど、どんな方法だって、ちゃんと管理しないと危険なことに違いはないと思います。

 管理不足の過ちに加え、政府と東京電力には、事実隠蔽で世界中に恐れをばら蒔くという過ちを、未だ犯し続けています。日本国内のみならず、アメリカに対しても危機感を煽っているのは、事実を発表しない政府と東電に他ならないと思います。下手に隠すから、何か重大な秘密があるんだと勘繰って、事実以上に恐怖心ばかりが膨らんでいく。政府と東電が堂々と情報を公開すれば、国民も引用するかは別としても、少しは安心できるのに、ただオロオロして、諸外国、第三者機関の調査を拒み、米軍の撮った原子炉を上から見た航空写真の公表も拒み、言ってることは二転三転、福島周辺で収穫された野菜を食べても大丈夫です、でも乳児や幼児には与えないでくださいと警告する矛盾。これで、信用しろって方が無理でしょう。

 各国大使館が次々を東京を後にして大阪に移動し、米軍厚田、横須賀基地勤務者の家族は避難し、フランスは特別機まで飛ばして自国民を日本から撤退させている。スイス等他の国も、帰国希望者の為に航空機の席を確保したそうです。タイタニックからネズミが逃げるみたいな、外国人がゾロゾロこぞって逃げていく状況は、他に行き場の無い日本人にとっては、更に不安なことでしょう。「アイツら、日本国民に公表されてない何か知ってるんじゃ」と勘繰ってしまう。そして一方で、他国の政府が、このような行動を起こす要因は、日本政府や東電が事実を隠蔽している事に対する「アイツら、何かヤバい事を隠してんじゃ」という不信感ではないかと思います。そして、それが逃げ場の無い日本国民への絶望に繋がる。本当に、どうしようもない。昔々、高校の漢文の時間に習った「影響」という言葉の由来、「指導者が道義に倣った政を行えば民は吉となり、ど意義に逆らうような政を行えば民は凶となる。しれは、影が行動に忠実な姿をし、響きが発言に忠実な音となるようなもの」という「書経」んからの引用が思い出されます。今の民主党は、正にその、道義に逆らった政をしている。


 ところで、放射能汚染された土地の浄化には、ひまわりを植えるのが良いそうです。もう福島の発電所はとっとと諦めて、更地にして向日葵畑にしてしまおう!海辺に見渡す限りの向日葵畑、良いではないか、良いではないかv


夏生まれの私はひまわりが大好きなのだなぁv
  1. 2011/03/22(火) 22:08:48|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ネタは尽きない今日この頃

今朝は寒かったです。週末中、暖房を切ってたオフィスは底冷えがして、タイプする手がかじかんだ~ 昨夜も大嵐だったし、これが南カリフォルニアの春だなんて、信じらんねーと、思っていたら、午後になったら、雲一つない快晴に。空の気紛れっぷりが半端無さ過ぎる…

 信じられないといえば、今朝のラジオで、福島近郊で収穫されたほうれん草やミルクに、基準値を超えた放射線物質が検出されたことで、アメリカで日本製の食品全てに対する警戒が強まり、スシやコーベビーフなどの消費も下がるだろうとの見識者の意見が紹介されていました。うわー、すごいバカ!でも、このお陰で神戸ビーフやお寿司が安くなるなら、むしろ大歓迎してやるぜっ 神戸まで放射能が行って汚染されたとか、日本近海でとったわけでもない魚を怖がるアホは、神戸牛もお寿司も食べんでよろし!

 さてさて、共同通信によりますと、国際原子力機関(IAEA)当局者が約2年前に、日本の原発の耐震安全指針は時代遅れで、巨大地震が発生した場合は持ちこたえることができない可能性があると警告していたことが明らかになったそうです。イギリスのデイリーグラフ紙によりますと、ウィキリークスが入手した米外交公電で、IAEA当局者が200812月のG8原子力安全保障協議る会合で、発生した地震はいくつかの原発の耐震設計基準を超えていると指摘し、深刻な問題だと懸念を示した。日本政府は警告を受け、原発の安全性を高める約束をしたそうなんですね。で、当時の麻生首相はこれを受けて、安全管理費を次年度予算委組み込んだのですが、民主党が「仕分け」しちゃったんですね。本当に、人災以外の何物でもなくなってきましたよ(呆・怒)

 もう一つ、地震関連ニュース。世界銀行が、東日本大震災の影響で、日本の実質国内総生産(GDP)成長率は一時的には鈍化するけど、復興に伴って今年半ば以降には回復に向かう見込みだと発表したんだそうです。そのココロは、1995年の阪神大震災の日本経済への影響が短期的だったから、だそうですが、正直、ホンマかー?!って気がする、だいたい、世銀は予想家としてはイマイチ成績はよろしくないし…

 阪神大震災の時に比べると、被害範囲がずっと広い上に、トヨタやホンダが一時工場閉鎖を止む無くされるほどに製造の損害が巨額、農産物への打撃も甚大で、更に産業の中心である東京が被害を受け、ビジネスが滞った。これらの経済的打撃は、阪神大震災時を大きく上回っているし、それに加えて、円が高いっ!阪神大震災の時には、財政的にも余裕があったけど、今じゃ、お国の家計は火の車。復興特需があっても、無い袖は振れん。未だに福島原発は危機にあり、電力が不足してる。更に国外に目を向ければ、中東政情不安で、原油が高騰中ときたもんだ。これで、日本経済は半年後には上向きにってのは、楽観的過ぎなんじゃないかなと思います。そりゃあ、当たってくれれば嬉しいけど。


追記に今日見つけた秀逸コピー付き。お題は東京都知事選です。


ランキング復活しました。またヨロシクですm(__)m
[ネタは尽きない今日この頃]の続きを読む
  1. 2011/03/21(月) 22:34:08|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Hondaさん完走!

カリフォルニアの春とは思えぬ冷たい雨の中、実施されたLAマラソン大会、日本への支援金を募るこの大会で、Hondaさんが、見事 完走なさいました!お疲れさまでした!現在、1万5千ドルまであと少しの募金が集まっています。


サウスベイにお住まいの日本人、Honda氏が、来るホンダLAマラソンにて、日本の被災した子供たちの為に激走します!HondaさんがHONDAマラソンでファンドレイシングです。寄付金は、Save the Childrenを通して、日本の子供たちを支援する資金となります。目標額は100万ドル。どうか、ご協力をお願いします!

March 14, 2011
Save the Children Relief for Japan

Hi everyone,
I have always shied away from fundraising through marathons, but I am making an exception this time. My country, Japan, was hit by a huge earthquake on March 11, 2011. Prime Minister Naoto Kan calls this disaster “the worst crisis since World War II”. The search and rescue effort has already begun, and awesome things are already happening. However, we have to keep this going for a long time.

I decided to join the L.A. Marathon’s effort to raise relief fund for Japanese children affected by this tragedy. The goal is to raise $1 million by the end of this marathon. We can accomplish this if 2,000 runners reach out to 25 people who donate $20. With 23,000 runners participating, I believe this is an achievable goal. If you would please go to www.crowdrise.com/SaveTheChildrenReliefForJapan/fundraiser/Honda-LA-Marathon .

We are all having tough time financially, and I fully understand that making contribution can be hard on your wallet. To show that I am extremely grateful of your donation, I pledge that I will give my absolute 100% during this Sunday’s 26.2-mile running race.

Thank you so very much,


Jimmy Honda, P.T.
  1. 2011/03/20(日) 21:04:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

リビアへの多国籍軍攻撃開始

朝起きてニュースサイト開けたら、いきなりリビア爆撃のシーンで、わたしゃ原発が爆発炎上したんかと思って腰抜かしかけたよ。心臓に悪いことは止めて欲しいもんだ。CNNをつけてみると、日本の状況と、リビアの空爆の模様を交互に流してました。肝心のオバマ大統領は南米を歴訪中で、記者会見は遅れるらしいけど、議会の承認を得ないでやったってんで、また揉めそうな予感ならぬ悪感。イギリスのキャメロン首相が、これは国連が認めてるから合法だ、って演説してたけど、こういう時だけ利用される国連って…w ともあれ、日本が自分の国が大変すぎて、今回も含めて、中東の民主化要求運動にまつわる一連の動きに対する欧米諸国の対応には、蚊帳の外でいられるのは、むしろ良かったのではないでしょうか。特に、外交オンチの民主党が下手な動きに出るよりかは、何もしないほうがよっぽどマシ!って思うんだけど。

日本って、欧米には一応、追従しとかなきゃなんないし、でも、中東の皆さんの神経にも触りたくない。リビアの爆撃なんて、自国民を撃ち殺してるきち○い(←放送禁止用語)カダフィからリビア国民を守るという大義名分があるし、国連のお墨付きだから、一緒に応援しときゃよさげなものだけど、ちょっと周辺を見回せば、自分ちに火の粉が降りかかるのを大いに恐れてるバーレーンやイエメン、サウジアラビア等にとっては、既に熱くなっている民衆を刺激するんじゃないかとハラハラものでしょう。そして同時に、バーレーンやサウジの国民からは、新米国の民主化運動は無視ですか、そうですか、と、不信感が募り始めている。エジプトの時には動かなかったし、中国の天安門の時だって、あれだけの大規模な国民虐殺が行なわれたのに、何もしなかった。出来る限り迅速に、この「オデッセイの夜明け」作戦とやらの指揮を、中東諸国に譲りたいとか言ってるけど、だいたい、その当のアラブ連盟諸国の承諾を得ての攻撃じゃないし、彼らにしてみりゃ、「飛行禁止区域は賛成したけど、攻撃しろなんていってないし!」ではないかと。だいたい、これだけ派手に空爆して、カダフィ政権に反対する民間人には全く被害が出ないとは考えられない。へんにグダグダにならなきゃいいんだけど…
  1. 2011/03/19(土) 19:24:34|
  2. 政治・外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Dodge Caliber 運転中

 上息子の日本への支援金集めチョコレート販売の途中報告では、昨日までに21ドル分売ったそうです。アマゾンでチョコのパックを買って、来週も引き続き涙が出るほど苦い(ヲイヲイw)チョコを売り続けるそうな。買ってくれた中には、日本への支援ならと、一枚で3ドルを寄付してくれた女の子も居たそうです。

 えー、さて、話は変わりますが、もはや例年恒例と化した(とほほ…)車をがっちゃん!を、またやってしまいました。滂沱の涙(TT) 長らく凹んだままだったバンパーが遂に外れて、ヘッドランプも割っちゃったんで、今度こそは修理に出すことにしました。部品注文なんかで一週間はかかるので、レンタカーをする事に。ガーデナのレンタカー会社、エンタープライズで車庫にある中で一番安いのを貸してもらう。危うく、KIAになるとこだったけど、これが修理が必要とかで仕方なく(ほっ)エコノミー価格で、コンパクトのダッジ、キャリバーを借りました。外観やメーターの設置、各ボタンの位置なんかが、かつての愛車、ラムくんこと、私が愛したダッジ・ブランドのピックアップトラック、ラム1500の小さい版って感じで、ちょっと嬉しい。

 見た目はダサい。内装はちゃちい。エンジンはうるさい。いかにもアメ車なんだけど、シートの高さが調整できたり、前部シートのアームレストが前後できたりとさりげに機能的で、凸凹コンビのわに夫婦には有り難いし、シートの座り心地はとてもいい。見た目は無骨で無愛想だけど、実は包容力ある力持ちで、これまた愛しのラム君を(以下略)

 普段はスムーズで静かなプリウスに乗ってるので、ギアリングのたびにガックン!ときて、エンジン音が結構うるさく、でもプリウスよかパワーのあるキャリバーは、「何これ?楽しい!」 お利口で従順、躾もよくできたプリウスに比べ、キャリバーはハフハフいいながら前へ前へと引っ張るアホ犬を散歩させてる気分です。見た目的には大きいけど、実はプリウスより短いので、私が苦手な路上の縦列駐車も思ったほど大変じゃない。むしろ車高があって見晴らしがいいのので、駐車もしやすいかも。車高があると、車内は広々した感じでいいよね。私はかなり気に入ったんだけど、わに夫は、こんな安っぽい車やだー!だって。んなモン、実際に安い車なんだから相応でしょ!

 もし旅行でアメリカに来て、レンタルカーをするのならば、キャリバーはおすすめかも。いかにもアメリカ車って感じの大雑把さが堪能できますよv(←あくまでも褒めてる)
  1. 2011/03/18(金) 22:58:20|
  2. 単なる日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

世界中が応援しています

今朝は、厚木に駐留中の義弟からメール、妻子を奥さんの実家である台湾に避難させることにした、と。基地内なら物資不足も関係ないだろうし、なんで~、と、思ったら、福島原発事故を受けて、防総省が日本本州に駐留する米軍の家族退避を許可すると発表したんだって。三沢とかなら兎も角、本州ってことは岩国から避難もありなワケで、激しく脱力する…orz まぁでも、電力不足の折、とっとと出てってもらったほうがむしろ有難いのかも。

今朝はまた、上がり続ける円に懸念を示したG7中央銀行が共同で市場介入という、なんとも有り難いニュースが。G7各国にとって協調介入をする事は、将来的に円が世界経済への不安要素にはなりえるけど、今すぐ自国の得にはならないわけで、これはG7的「日本頑張れ、支援してるぞ!」という意味合いが強いのではないかと思います。他国の情けと同時に、日銀の情けなさが胸にしみる。さらに、自分ちが極貧の発展途上国から援助が届いたり、クロアチアでは反政府デモ隊が日本大使館前では黙祷を行なったなど、日本はこれまでに愛され、尊敬されているのだと、胸が熱くなる思いです。

やっと物資が届いた被災地域では、男衆がバケツリレーで荷物を運ぶ映像が紹介されました。物資来る⇒奪い合い、ではなく、待ちかねた食料が届いて、協力し合い皆と分け合う日本人の崇高さ。ラジオでは、福島原発で作業に励む人たちが紹介され、地元に残って作業の支援を強いる男性に「被曝の危険があるのに、なぜ作業しているのですか」とインタビューしていました。答えは、「こんな時に真っ先に危ないのは子供だから、女子供は逃げてもらって、わしらがやらな仕方ないでしょう、わはは!」でした。タイタニックのジョークで、女子供を先にボートに乗せて逃がす為に、日本人には「みんな待ってますよ」といえば待つ、なんていいますが、そんな事を言われなくても、日本人は女性子供を救う為に海に飛び込むと思う。

アメリカでも、日本は政府はダメダメだけど、日本人は立派だという意識が、しっかり根付きつつあります。政府高官だって日本人の(少なくとも国籍はw)のハズなのに、なんでこんな使えないのばっか集まったかねぇ・・・
  1. 2011/03/17(木) 21:11:49|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誇りと怒りと焦りと涙

 今日からは通常運転、日本の経済を盛り返すにゃ、被害を受けてない日本人が頑張らにゃ!と、思いつつも、やっぱりボヤかずにはいられません。今朝は、いつものようにNPRを聴いてたら、現地の様子の報告が流れてガン泣きしてしまい、途中で脇道に入って車を停めなきゃなんなかったじゃないか、このヤロー!

 更なる政府の無能無策振りを明らかにする、この未曾有の円高!日本経済も大被害を受けてるのに、なんで円が買われるのか本当の理由は分かりませんが、私の乏しい想像力での予想は、この先、復興の為に日本の政府や企業は沢山お金が要るから、今のうちに買い占めて、後で高く売ろうという世界中の禿鷹どもが群がっているからでは?と。折角、貧しい国までもが日本のためにと援助金を送ってくれてるのに、どんどん価値が目減りしていっちゃうよ 国内工場は停止状態でも、海外拠点で外貨を稼ごうとする日本企業にとっても大打撃だよ こんな時こそ円を守れ、日銀よ!!この事態が予想できなかったわけじゃないでしょう??

 ニュースを見るたび、目に余る無能っぷりに恥入る日本の現政権とは全く逆に、この期に及んでも秩序を守り、礼節を忘れない日本の人々の心の強さに、大きな誇りを感じます。生活必需品買占めという恥ずかしい事態も起きてはいますが、これだって、政府がちゃんと調整できず、国民の不安感を鎮める事が出来ないが故である部分が大きいと思います。阪神大震災の際には、うちの実家近所の数件のコンビニは、皆が押しかけることを予想して、早朝のうちにさっさとトイレットペーパー等の必需品などを棚から引き揚げ、避難地となった小学校に運び込んで寄付しちゃったんだって。この事を当時から住んでいた人は覚えていて、他のコンビには潰れても、これらのお店は未だ健在です。買占めの事態だって、コンビニ経営者の方達が予想できたんだから、政府だって十分に予想できたはず。政府が買い取って震災地への支援向けとして確保できなかったのか。そして、国民に政府が物資を確保してあるので心配は無用であると宣言できなかったのか。あー、もー、イライラする

 でも実際のところ、トイレットペーパーやカップ麺の買占めなら、今すぐ命に関わらない。福島の放射能がアメリカにまで届くことを恐れるアメリカ人が、こぞって体内被曝予防用のヨウ素剤を買占めたので備蓄剤が不足し始めたというのです。ラジオ局のNPRでは、アメリカまで放射能は届かないから買わないでくれ、と、呼びかけていますが、NPR聴くような人は、慌ててヨウ素剤買って飲まないって気がする。だいたいさ、太平洋越えて放射能が流れてくるなら、あんたらの落とした広島、長崎の原子爆弾の放射能だって、ちゃーんとあんたらに返ってきてたわ、アホっ!


追記で、本日の秀逸コピーをご紹介します。日本の民主党許せん!と思ってる方だけどうぞ。 [誇りと怒りと焦りと涙]の続きを読む
  1. 2011/03/16(水) 22:54:25|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

現政権の不甲斐なさが許せない!出て行け、売国奴!!

 ここ数日は、朝起きて、テーブルの上においてある新聞の一面に対面するのが怖いです。福島原発がどうなったことか…これ以上悪いニュースは見たくない。なぜ、最初に米政府が冷却対策を申し出た時に断っちゃったんでしょうか?あの時に対処しておけば、安定させることができたかもしれないのに。後から悔やんでも仕方ないけど、なんで?と、思わずにはいられません。真っ暗な中、被曝覚悟で作業を続けておられる作業員の方々には、アメリカでも「真のヒーロー」という賞賛の声が聞かれますが、本当にその通りだと思います。でも、政府が迅速に適切な手立てを指示していたら、彼らがこれほどの危険を賭す必要はなかったはず。んなもん、冷却水を汲み上げるポンプがぜーんぶ流されたのに、どうやって対処するつもりだったのでしょうか。神風が吹いて雨を運ぶとでも?

 しかも、チェルノブイリ原発事故後に処理に当たった専門家も、支援に向かった日本で「よく分からない理由」で入国許可が遅れたということも聞きました。積み重なる対処の遅れが、本当に悔やまれます。どうせ後悔先に立たないなら、ついでに言っちゃうけど、防災対策事業を廃止した民主党、「いつくるかわからない天災の予算は無駄」などとほざいてスーパー堤防も油と塩の備蓄も「仕分け」し、耐震対策費をばら撒きに使った民主党。中国、韓国に媚びへつらい、日本を粗末にする。絶対に許さない!

 政府の対応のお陰で折角の支援物資が現地に届かず、首都圏周辺でも物が不足して国民の不安を募らせているのに無策なまま。非常事態宣言すら出ていない。隔離された地域では多くの被災者が飢えと寒さに更なる打撃を受けているのに、一刻も早く支援物資を届けるどころか、逆に足止めしている。阪神大震災の時には人災の要素もあったけど、今回は余りに大きな地震と津波、正に天災と言われてましたが、人災が益々の被害を引き起こしつつある、今、この瞬間にも。物資の買占め問題にしても、その根底にあるのは、国民を不安に追い詰める政府の無能ゆえでしょう。

 福島原発の件にしても、未だ真相は報道されず、大丈夫、大丈夫の一点張り。父が原爆投下時に長崎市内に疎開中でしたので私自身が被曝二世ですから、核に対して少し過敏気味なのかもしれませんが、危うきは近寄らず、いきなり上から爆弾が降ってきたんじゃないんだから、早急に周辺住民を避難させ、国民に放射線レベルや風向きによる影響地域等の情報をリアルタイムで伝えるべきではないのか?ちょっとくらいなら大丈夫?何を根拠にそんな事を国民に向かって言えるのか?確かなら根拠を示して欲しい。

 そして、事実を伝えないマスコミ。9-11以前に藪大統領をたたえましょう、悪口言うのやめましょうと「自己規制]した雨利器あの報道機関が思い出されます。麻生元首相を陥れ、今の民主党を持ち上げたのだって、マスコミの功罪が大きい。現地に入って映像撮るついでに物資輸送して、帰りは怪我人や病人運送しろ。全局が同じニュース垂流しているのも無駄。節電はまず、民法各局の放送一時中止から始めたらいかがでしょうか。情報発信局として、生存者の名前発表とか状況報告用にNHKだけ残して、後は順番に一局づつ娯楽番組を流せば十分って思う。こんな時こそ、現実逃避のひと時が大事だと思うから。それが全局で同じ場面を映してんじゃ意味ないでしょ?私は一般にマスコミは信用できないって思ってるけど、決して反民放じゃないです。大学出て最初に勤めたのは民放局だし、当時の上司は今はその局の責任者だけど、その人柄を尊敬してます。それでも、今の、特に在京各局はムダだと思わざるをえない。いっそ、培った経験と技術で現地の救援に全力を使います、ヘリを飛ばして物資を運び、一箇所でも多くの避難所で被災者一人一人の名前と住所、様子を記録して放映すると共にデータベースを作成します、くらいやった方が、視聴者の支持を得られるでしょうに。

 色々ぼやきましたが、こんな時には特に、自分が海外に住んでいて、日本から遠いことに苛々するのです。とにかく、一分一秒でも早く被災地の皆さんを安心させてあげて、少しでも避難生活を快適にしてあげて、国民を護って、と、願うだけです。そして、それは政府だからできることなのです。政治家の皆さんには自分の抱える責任のを重さを、しっかりと理解して欲しい、そして、それを実行に反映させて欲しいと願うばかりです。
  1. 2011/03/15(火) 21:42:23|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カイザー・パーマネンテで嬉しい驚き

 上息子、小銭募金で日本の地震・津波被害者の為の義捐金を募ろうと、ポスターを作って学校の事務局に掛け合ったら、学校敷地内での募金活動は禁止ですと許可を貰えなかったのだそうだ。で、明日は、板チョコを持っていって、休み時間に一枚1ドル、お金は全て日本への援助向け基金に寄付されますってのをやる、などと、何を思ってこんなに大量に買ったのか、私本人にも謎の超苦いチョコの箱(32枚入りを2箱も買ったww)をカバンに入れてたけど。校内の販売行為は募金行為よりまずいんじゃないのか?キケンな気もするけど、まぁ頑張りんしゃい。これで停学になっても、母は君を支持するよ。しかしながら、苦いチョコを売りつけて、臥薪嘗胆な気分を味わってもらおう、ってんでしょうか?コンクリートに寝転がってチョコを食べ、日本の被災地の苦労をしのぶのだ!

 と、息子を鼓舞しつつも、自分は苦いチョコも食べなければ、コンクリ床で寝もしませんが、定期健診とインフルエンザの予防接種(いてっ!)とマンモグラム(いててっ!)は受けてきました。わに家の保険は、わに夫の職場からサポートを受けて、この付近に施設も多い全米展開民間健康保険のカイザー・パーマネンテなのですが、今までに行ったアメリカのどの医療施設とも違って、待ち時間ゼロなのは驚いきました。色々、批判も多いカイザーだけど、これだけで私はカイザーにして良かったと思う。だって今まで、待合室で1時間以上!なんてことも普通だったのですもの。

 診療所行って、居心地の悪い待合室で何十分、ひどい時は数時間待たされて、お医者さんに合うのはホンの数分。予防接種を受けたければ、また診療室で延々待つ。血液検査やマンモグラムには、また別のところに予約を入れて出直す。これが普通だったのが、受付のあと直ぐに呼ばれ、看護婦さんが血圧等を測った直後にドクターが現れ、入れ替わるように予防接種を持った看護婦さん登場、には、感動すらしてしまった。カイザーは総合医療施設なので、マンモグラムは今日、今からしますか~?とドクターに聞かれて「えっ?できるの?」と驚いちゃいました。同じ建物の一階のレントゲン室に行けば、ここでも待ち時間ほぼ無しでマンモグラムを受け、お昼休みの一時間以内に全て終了。しかも、処方してもらったお薬も館内の薬局で受け取ることができます。アメリカでは、処方箋をもらって近所の薬局に行って薬を買うのが普通なので、同じ場所で全て完了というのは便利。しかも検査の結果は、ウェブ上で確認できるので、手紙を待つより迅速です。今日のところは、余は満足じゃ…な、私でした。


 ところで、今週末から夏時間に入りました。おや、わにこちゃん、年に二回の定例ボヤキはどうしたの?と、不思議がられそうですが、今回ばかりは夏時間になって嬉しい。時計の多くがWiFiになって、いちいち変えて周る必要が減ったのも一員ですが、明るいうちに会社を出られるのが嬉しい。日没のビーチに散歩にいけるのも超嬉しいよ(T▽T)
  1. 2011/03/14(月) 21:28:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立ち上がりましょう、動き出しましょう

 週末には、これまた別件のバイトで、画面に字幕を打ち込む仕事をしています。このバイトは短期間で、今月1ヶ月だけの予定ですが、たまに字幕の翻訳も頼まれることがあるので、字幕ってどうやって付けるのかな?と、思ってたので、暮秋を見付けたときには、渡りに船でした。私が放送局で働いていた昔々には、字幕… というか、テロップの作成は特殊技能だったのですよね。それが今では、PCで打ち込むだけで、どんどん字幕が出来ちゃうんだからすごい。デパートの店員さん+宝石関係、字幕テクニシャンと、やってみたいと思ってた仕事のうち2つを経験した今、他にトライしてみたい仕事は、ホテルのコンシェルジュ(かっこい~)、トラベル・ライター(旅行して金がもらえるなんて超羨ましい)、犬のデイケアか躾教室の受付(毎日色んなわんこと…^q^)、漫画の翻訳(漫画読めるv)なんだけど、どっかに機会が落ちていないものかしら…??

 日本では既に月曜日です。関西以西では、いつものように登校、出勤なさったことかと思います。ネット上では、ブログや掲示板でのまるで何事の無かったかの様な通常通りの書き込みに対して、「不謹慎だ!」と怒る声も多く見かけられますが、私個人としては、皆で喪に服して欝になる時間は終わった、何か出来ることから始めよう、という気分です。ニュースでしか伝わってこない日本の様子に、遠く離れた地に居る私は、つい、まるで日本が壊滅したかのような幻想にとらわれることがあります。でも、不謹慎かもしれないけど、やや、ふざけたような内容であっても常識の範囲内であったなら、むしろ「日本、大丈夫」と励まされるような気がします。何人かの友人は、無事なら一息ついたら教えて、というメールに未だ返事が返ってきません。何度もチェックしては泣きそうになりますが、きっとネットが繋がりにくいのだろう、まだ「一息ついたら」状態じゃないんだろう、と、信じ続けています。楽しみにしているブログの数々も、更新があれば安心し、更新が途絶えているブログは気に掛かり… けれど、繋がらない電話に胸をざわつかせた阪神大震災のときと比べ、ネットのおかげでメールでの安否確認が出来るのは本当に心強い事だと思います。


 ところで、今朝早朝には、ミニッツ級の米空母、ロナルド・レーガンが、宮城沖に到着しました。こういう時の米軍の機動力は、やはり頼もしいものだと思います。これを拠点にヘリを駆動して、救援活動に、物資支給に大活躍して欲しい。いつもは威張ってて、理不尽な俺様だけど、いざという時には頼りになる力もち。やっぱりアメリカは、ジャイアンだ!

 ロシアではプーチン首相が、電力供給不足に陥っていることを鑑み、液化天然ガス(LNG)の対日供給量を増やすよう関係閣僚らに指示したそうです。たとえ、後から請求書が回ってきたとしても、今、切実に必要とされるものは何かを感じ取る鋭さ、さすがはプーチンさん。元は日本のものだろう!とか、これをネタに後々強請るつもりじゃ、なんてことは置いておいて、今は、ありがたくもらっておきましょうよ。兎に角、今は、一つでも多くの命を救う為に尽力する事が必要だと思います。

 そして、地震災害の度に自社製品を大量に寄付してきたユニクロは、今回も多くの衣料品に加え、柳井会長が個人的に10億円を寄付と。ちょっと、個人でポンと10億円って凄すぎじゃない?!あるとこにはあるもんだ、と、感心すると同時に、日本中のお金持ちもマネして欲しい。多くのタイガーマスクの真似っ子が出たように、柳井会長の真似するお金持ちも出てくればいいのに。売名行為、大いに結構。広告効果、大歓迎。やらない善より、やる偽善。例えば、ルーピーさんのお母さん、御宅にもいっぱいあるんでし、ここで息子の汚名挽回の為にも、バーンと出してくれませんか?
  1. 2011/03/13(日) 20:46:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

自分でやれる事だけでも

 東北地方を襲った地震のニュースから一夜開けました。未だ各地では、余震が続いているとのことですので、どうか、お気をつけ下さいませ。昨日は仕事も余り手につかず、ふと、朝方、CNNで見てしまった津波の映像のことを考えては、あの、道路を走っていた車は、無事に逃げ切れただろうかとか、そんな事を考えてしまったり。つい先ごろの、ニュージーランド、クライストチャーチの地震で、英語を学んでいた多くの若い日本人が犠牲になったときには、哀しく、そして悔しかったけど、今の気持ちは、ただ虚しさ、何とも言えず空虚な気持ちです。私は、東北地方には、直接の知り合いはいないのですが、ネットのお陰で、いつもブログを楽しませてくださってる方や、画像掲示板でおなじみの方… 無事を伝える書き込みに喜んだり、一方で、全く知らなくとも、同じ時代を生きている仲間である多くの人々が、突然にその人生途中で生きることを中断せざるを得なくなったという現実にひどく悲しくなって、暫く呆然としたり。まるで典型的なうつ症状。

 昨日はずっと、危険状態にあるという原発が無事に冷却されますように、近辺に住む方々にも、作業中の方々にも、何の被害もありませんように…と、思っていたのですが、とりあえず、今はもう呑気に祈ってる場合じゃない。少なくとも自分の出来ることを、と、思ったのですが、国外にいると、節電しても、献血しても、何の助けにもならない。せいぜい出来ることは、義援金寄付程度。こんな時に、お金を送ることしか出来ないのも情けないものですが、それでも何もしないよかマシだろうと、アマゾンと、PayPalを通じて、出来るだけの募金をしました。PayPalには、アルバイトの通訳や翻訳の報酬の一部が振り込まれますので、今後暫くは自動的に私の口座に振り込まれる金額も、日本の地震・津波被害救援向けの口座へと募金されます。本当に微々たる金額で、単なる自己満足に過ぎませんが、それでも、何かをやってると思い込むことが、今の自分には必要なのだと思います。これで毛布の一枚、子どもの心を癒すぬいぐるみの一個なっと買う足しになってくれたらいいな、と、夢想しながら、バイトにも精出します。

 祈ってる場合じゃない、と、言いつつも、やっぱり、日本の良萬の神様たちにお願いします。一人でも多くの命を救ってください。日本はたとえ七回転んでも、八回起き上がれる国です。だから、一人一人の起き上がれる機会を救ってください。ぽんぽん(かしわ手)
  1. 2011/03/12(土) 20:27:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

地震

今朝は、日本での地震のニュースで起こされました。
こちらの報道番組でも、ずっと特集が続いており、驚くべき映像が流されています。
午後には、ここ、アメリカ西海岸にも、この地震に起因する小規模な津波が押し寄せるそうです。

日本の皆様がご無事でありますように…
  1. 2011/03/11(金) 07:58:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

レドンド・ビーチ魚大量死続報

 魚、見に行きました。野次馬でございます。かなり回収が終わって、ニュース写真のような、魚がびっしりと水面を埋めている所は、もうありませんでしたが、まだ多くの小魚が沈んでいました。昨日、今日で35トンもの魚を回収しましたが、未だ25トンが沈んでいる状態で、これがガスによって浮かんでくると、阿鼻叫喚世界になるのだそうで… 明日も回収作業が続けられるのだそうですが、全ての回収が終わるには1週間かかると予想されています。この一週間、海から風が吹いてきませんように… くわばら、くわばら…

 ハーバーの桟橋から見下ろすと、みな10cm 程度の小魚です。よく見ると、イワシだけではなく、鯵や鯖もいました。嵐を避けて穏やかなハーバーに逃げ込んだ結果が、酸欠で大量死なんて、なんだか象徴的でやるせない気がします。昨日の午後に様子を見に行った、若息子のお友達によると、魚を食べ飽きたアシカが鼻で魚を放り上げて遊び、食べ過ぎたカモメが、もー、身体重くて飛ぶの嫌~とばかり、ぐてーっと桟橋に座り込み、食いしん坊のペリカンまでが呑気に魚の間で浮いていたそうです。遊ぶアシカは見たかったな。

 私がハーバーに行った昼頃には、まだ悪臭はしていませんでしたが、わに夫達が夕方に自転車で見に行ったときには、干潮時だったこともあって、結構、臭かったそうな(はい、家族揃って野次馬です)。今日は夏のように暖かを超えて、暑い日だったので、腐敗を早めたのかも。初めてワシントンの有名な桜を見に行った年、やはりタイダル湾で魚の大量死が発生し、美しい桜を映す緑の水面を、お腹を上にした大きな魚がドヨーンと埋め尽くしていた光景は、未だちょっとトラウマなのですが、タイダル湾の方が大きなフナだったのに対し、こちらは小魚で、未だ新鮮なせいか奇麗な銀色だったので、それほどトラウマ光景ではありませんでした… って、トラウマとか言いながら、わざわざ見に行く私って一体w


ライフガードが魚回収作業中。背後ではカモメが宴会中


息子達も興味津々


 魚の打上げられた岩場に、たくさんのカニがいたのが印象的でした。未だ小さなカニでしたが、ふんだんに魚を食べて大きくなるのでしょうか?今年のレドンドの蟹は、よく太って美味しいかもしれません…


この小魚を餌にもっと大きな魚を狙う釣人も沢山いたよ
  1. 2011/03/09(水) 22:12:58|
  2. 単なる日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いやぁぁぁぁぁぁぁぁ!

レドンドビーチのキングハーバー・マリーナに、何千何万もの死んだ魚が浮いてるというニュースです。新聞の写真を見て、うわわわぁぁぁぁぁぁ!!

 特に海面に油膜も認められず、水質検査でも赤潮の原因となる物質や、公害も認められなかったことから、自然な現象である可能性が強いそうですが、嫌だ、嫌すぎる。昨晩は凄い強風が吹き荒れていたので、魚の群れが波の穏やかなハーバーへと逃げこみ、あまりに多くの魚が限られた水域に入り込んで、酸素不足になったという仮説が、今のところ最も強力な説だそうです。わに夫はこのニュース見て、わに、イワシ好きだろ。ハーバーまでザルもって走れ!なんぞと曰わっておりましたが(天誅!)、冗談抜きで、このイワシ、どうすんの?と、思ったら、埋立てて肥料にするんだって。想像しただけでも臭ってきそうだ… ちなみに、市の公共事業部によりますと、今朝の魚の死骸の回収と移送にかかった費用は、約10万ドルだそうです。50人の市職員に加え、約100人がボランティアとして、回収を手伝ったそうですが、作業は今日中には終わらず、明日にまで持ち越される予定。このハーバーに停留したボートを居住地にしている人もいるのに、たまらんだろうなぁ…

 一方で、ハーバー近辺に住む、ペリカンやカモメなどの海鳥、アシカやアザラシたちは大いに満腹らしく、明け方、市の職員が様子を確かめに行ったときには既に、魚には見向きもしていなかったそうなw 

地元のローカルニュース
 



たしかに知ってたら、昨夜のうちに魚を掬いに行きたかったかもしれない…orz
  1. 2011/03/08(火) 21:08:27|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

あの世でフリーダム!

なーんだか、花粉症なのか、風邪なのか… どうも、ここ数日スッキリしません。咳が出るので風邪って気もするし、私は芝生に激しくアレルギーなので、今の季節はどんぴしゃだけに花粉症かのぉ…って、気もするし。とにかく、頭がガンガンするんで、今日は仕事を早引けして爆睡しちゃった。5時ごろ起き出したら、息子たちが私を見て、まるでバケモノでも見るように、「うわーっ!!!」だと。家にいたとは知らなかった、だそうだけど、’ちょっと失礼すぎるんじゃないかね?(プン!プン!

 そんな、安いポリエステルの薄布に包まれたような冴えない脳味噌で理解した、今朝のLA Timesの記事によりますと、夫側のご先祖と一緒の墓に入るのは嫌!な、日本女性が増えているそうです。自分一人だけ、もしくは、夫と二人だけのお墓がいい、夫の家族と一緒に埋葬されるなんて真っ平御免、自分の希望に沿って埋葬される権利というのは、この記事的には、日本の女性の平等権における「最後のフロンティア」で、多くの女性にとって、夫の家族と同じお墓に入るのは「永遠の拷問」なんだそうです。確かに私も、父の葬式の際の、お坊様の「それぞれの人には極楽の蓮の池に座が準備されている」という説話を聞いて、もし自分があの世に行って、自分の席が親族一族郎党に囲まれてたら、全力で漕いで逃げたいから、燃やす時には、ボートの櫂も一緒に燃やして欲しい…と、内心、思ったし、気持ちは分かる。(しかも、わに夫のではなく、自分の親戚だ)

 記事に話を戻して、青山墓地には、そんな女性たちの希望を叶えるべく、お一人様専用、カップル専用の区画が作られたそうです。気軽に一人でアフターライフ、ですか。その青山墓地で犬のお散歩をしていた女性3人の一人、ヘゴサキ ノリコさん(46歳)にお話を伺ったところ、「あの世では、お姑さんフリーになりたいって、私達も冗談を言い合うんですよ」と。「自分の親と一緒にお墓には入れればいいけど、実際にはそれはとても難しいのです。多くの女性は、一度結婚してしまえば、たとえ死んだ後でも、婚家の一員となる運命なのです」だって。実を言うと、私の親世代ではなく、私の世代の女性が未だに、そんな風な考えを持っている事に、私には少し驚きでしたが…

 この、LA Timesの記事へのリンクは、ここから。しかし、これが今日の一面記事とは、世界はそんなにも平和なのでしょうか…?


私は火葬した灰を太平洋に流してもらうよう頼んであります
  1. 2011/03/07(月) 22:51:02|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

南カリフォルニアで一番美味しいレストラン

今日はわに夫の誕生日。本人の希望は、博物館へ行くことですが、行った事のないところ、ということで、オレンジ・カウンティー、アナハイムのMUZEOと、サンタ・アナのBowsers Museum博物館へ行きました。まずは、今、黄金に関する展示を行なっているMUZEOへ。メインの「Gold」は、ペンシルヴァニア大学が所有する、パナマで発見された古墳から出品されたプレ・コロンビア期の純金の埋葬品と、カリフォルニアのゴールドラッシュに関する展示の二本立てです。ゴールドラッシュの展示で、どれだけ金の発掘が効率の悪いものか、精錬して純金にするのが複雑かを見ると、プレ・コロンビア期には一体どれだけ金がゴロゴロしてたんだー?!と、たまげてしまいました。黄金の装飾品に、プレート、ビーズ等々、見るからにずっしりと重そうで、文化的価値を抜いても、金だけで時価どのくらいだろう…?と、下世話な疑問を抱いてしまうわたくし。エル・ドラドは本当にあったんだ!

 両目が溢れる黄金でキラキラ したところで、ボワーズ博物館へ。若息子と私は、ここにミイラを見に行ったので、来るのは二度目です。その時、館内のレストランでランチを頂いたのですが、これがとーっても美味しかったのです。若息子的に、カリフォルニアで一番美味しいバーガー!なんだそうで、お誕生日のランチも兼ねての訪問でしたが、駐車場に入ると、館外にまではみ出す超長い列が!実は今日は、入館料が無料の日で、現在公開中のベンジャミン・フランクリンに関する特別展示を身に来た人たちの列だったのです。わに家は既に、同じ展示をコロラドで見たので、ここまで来たのにこの列かー!と、ドキドキした胸を、ほっと撫で下ろしたのでした。むしろ、他の展示をただで見れて、超ラッキー。私は、「安い」と「無料」をこよなく愛する女…

 中庭では、ペルシャのファミリー・デーが開かれており、異国情緒たっぷりの音楽や、飛びかうペルシャ語を聞きながらのランチでした。運転手はわに夫なので、前回は自分が運転するんで飲めなかった、お酒も注文できます。ピンクリボン・マティーニを試してみましたが、よくあるアルコール分の低いジュースみたいな”なんちゃって”マティーニではなく、しっかりジンが味わえる本格派。昼真っから、ぷはー と、いい気分~ 期待通り、お料理は、どれもとっても美味しく、若息子絶賛のアンガスバーガーは、上息子も「The best burger ever!」だそう。食後のコーヒーとデザートも完璧で、お値段はそれほど高くも無い。もしサンタ・アナにいく機会がある方には、是非お勧めしたい穴場です。


Coffee and Something Sweetセット($6)についてきたケーキ。ウマー!!


 その後は、博物館をゆっくりと見て周りました。さすがに無料入館日、前に来た時よりは混んでいましたが、それでも、十分ゆったりと鑑賞出来る程度の人ごみです。むしろ、太平洋の首狩り族文明の展示は、若息子と二人っきりを見た時より、落ち着いて楽しめたかもww


人間の指の骨で出来た首飾りとかがね、薄暗い証明の下でね…
  1. 2011/03/06(日) 21:28:14|
  2. 単なる日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ソーシャル・ネットワーク

今日は楽しいひな祭りですね。うち、関係ないけど。娘がいたら、小さなお雛様飾りたかったな。何段飾りみたいな大規模な飾りじゃなくても、お内裏様とお雛様と金屏風とか、千代紙で出来たミニお雛様とか。孫に期待するしかないか…


 で、ひな祭りとは全く関係なく、映画「The Social Network」を借りてみる。賛否両論みたいだけど、私には、とっても面白かったです。日本ではまだまだ馴染みが少ないようですが、うちの上息子もはまってる、アメリカの若者には無くはならないツールとなっているフェイスブック創立にまつわるお話ですが、あくまでもお話であって、実話や実際のエピソードに基づいてるけど、その経過には色々と脚色がなされているらしい。でも、ドラマがあるから面白い。主人公・フェイスブック創設者のマーク・ザッカーーグの如何にも神経質なオタクっぽさ、その元親友にして共同設立者エドゥアルド・サベリンのナイーブさ、そしてNapster創設者で協力者のショーン・パーカーのいかがわしい雰囲気と、メインの3人もぴったりだったし、周りを固める脇役もはまってたと思います。音楽の選曲も良かった。特にラストでビートルズの「Baby, You Are Rich Man」が流れるところなんて、くふふ…と含み笑いせざる得ないでしょう。

 前半、興味深いのは、とってもハーバードっ!な感じが、しみじみ伝わってくるとこでしょうか。これって、アメリカ東海岸の人以外には伝わりにくいかもしれませんが、近くに居るハーバード出身者を思い浮かべると、成程、こういう教育を受けると、ああいう人間が出来上がるのだなぁ、と、納得してしまうといいますか… 冒頭、主人公がボストン大学を馬鹿にしたり、ハーバードからもっと枠を広げようと、イェール、プリンストン、スタンフォードを加えるとか(お隣MITと残りのアイビーリーグ校、涙目)、主人公たちは、アメリカが実にシビアな学歴社社会であり、階級社会であることを見せつけます。そのハーバード内でも、権威ある秘密クラブがあったり、漕艇部メンバーは特別だったりと、階級が存在する。キャメロンとタイラーのウィンクルボス兄弟は、裕福な名家の出身で体格もよく、オリンピック級のアスリートという、アメリカ社会の最上流に属するタイプ。「あんたらは、生まれて初めて自分の思い通りに物事が進まなかったから、プライドが傷つけられて、カチンと来てんだろ」というようなマークの台詞がありましたが(あやふやだけど)、これを誰かに言ってみたい人は多そうだ。でも、実際には、このまんま鼻っぱしを折られることなく、大統領にまでなっちゃうようなヤツもいるんだもんねぇ。例えば、藪とか、藪とか、藪とか…w

そして、その二人をも軽くあしらう、当時のハーバード学長、天下御免の傲慢男、ローレンス・サマーズ!流石は、世界のジャイアン、アメリカを代表する、国際レベルの傲慢さです。「うわー、サマーズだ、サマーズが出た!」と、わに夫と二人で盛り上がってしまいました。このアメリカきってのイヤなおっさんは、TVで見る記者会見でも、このノリなんですよねw 近くに居たら、超が付くほど鼻持ちならないでしょうが、見てる分には面白い。「あーん?誰かにアイデアを盗まれたって?だったら次を考えりゃいいだろ!」って、あんた、そんな無碍な(爆笑)

後半、ショーン・パーカーが登場してからは、マークに代表される東部エリートの実力だけを頼る堅実さと、破天荒なショーンの実力+演出という、東西起業家のスタイルの違い、更に東海岸と西海岸の決定的な差のようなものが見えて面白かったです。こう考えると、西海岸出身だけど、東海岸のエスタブリッシュメントで教育を受けた、ハーバード中退のビル・ゲイツの成功には、このスタイルの東西融合にもあったのかな?と。実在の方のマーク・ザッカーバーグは、この映画公開直前に、「金があれば教育レベルは上がるんだよ!」と、ニュージャージーの学校区に巨額を寄付しちゃいましたが、彼も、ウェストコーストの外連味を身に着けたんだなぁ、といいますが、キャラクター出てるよね、と、いいますか。そんな風に、色々と思いつくことの多い、楽しめる映画でした。


ネットで見つけた、登場人物の本人と俳優さんの比較。本質突いてるな、って感じ



スタンフォード・パンティーってホントに売ってるのかな?
  1. 2011/03/03(木) 22:21:39|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

堕ちた英雄

 こうなる予感はしてたけど、やっぱり実際になると落ち込むニュースが伝わってきました。ノーベル賞受賞者、貧しい女性向けに、自立と収入増のための無担保小口融資機関グラミーン銀行を設立したムハマド・ユヌス教授が、バングラデシュ中央銀行から、解任された、というニュースです。公的な理由は、ユヌス教授が2000年にグラミーン銀行総裁に就任した時に、同行の株式の25%を保有する政府の承認を事前に得なかったので、国有企業の総裁就任規定に違反しているから、ということになっています。 でも、実際には、特に2006年にノーベル平和賞を受賞して以来、「ユヌス、調子に乗りすぎ!」と、政府からの反感を買い続けてきたことがあるのは明白。

 国際的には未だ大変意評価の高いユヌス教授ですが、国内では、政府筋のみならず、様々な方面から、グラミーン銀行の内含してきた問題が噴出しつつあることは、漏れ聞こえていました。ですが、奇跡的な成功例ともいえるほどの実績と名声を誇っただけに、小さな亀裂も過大に批判され勝ちです。また、特に農村部の女性を対象としたマイクロファイナンスという小規模な事業から、今やインフラやIT,エネルギー等の多方面での事業を行なっていますから、規模が拡大するにつれ、そこここにひび割れが生まれて来るように問題が出てくるのは仕方のないことかもしれません。今回の辞任要求の中心人物は、シェイク・ハシナ現首相その人らしいのですが、ただの言い掛り、いちゃもんだとは片付けられない事情もありそうです。

 私が国際開発学を勉強し、国際開発に関わっていたころ、ユヌス教授は、貧しい農村部の女性のエンパワーメントと、貧困層が自らを負のスパイラルから抜け出すきっかけの提供という、開発の必須条件を実現してのけた輝かしいーローでした。そのユヌス教授も、もう70歳です。そろそろ後任者を指名して、この偉大な事業を他に任せたほうがいいのかもしれません…


長期に渡って権力の座に居座る最高指導者が次々と落ちていく今日この頃
  1. 2011/03/02(水) 21:57:48|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地球が揺れている

もう三月か~(ほけー)

 と、生温い南カリフォルニアで、わたくしが呆けている間にも、世界は大きく動いています。ニュージーランドでは文字通り土地が動き、アラブ世界は社会や政治の激動が続いています。クライストチャーチでの地震は、当初の報道からずっと被害が拡大し、日本人の多く学んでいた語学学校の建物崩壊から数日が過ぎて、これ以上の生存者が確認できないままに捜査が終了しそうです。志を抱いて留学した若い人たち、彼らを送り出した親御さん達… こんな風に、異国でそのせいを中断しなければならないなんて、さぞや無念なことでしょう。私も悲しく、また、悔しくてなりません。特に、崩壊建物が以前から危険性を指摘されていたと聞いて、もう、悔しくて、悔しくて…!

 そして、リビアでは、反政府デモ隊が攻撃を受け、多くの死者が出ている模様。カダフィは、最後の地の一滴が流されるまで闘うと、狂犬というあだ名を裏切らないクレイジー振りを発揮していますが、アメリカに住む私としては、アメリカ政府が推進してきた民主主義を求めて、リビア国民が闘い、多くの血を流しているのに、彼らを支援すべきアメリカ政府側の態度が煮え切らないのが気にかかります。こういう時にこそ、アメリカ政府が自分で主張してきた、世界の警察やら、ワールド・リーダーとやらの役割を発揮して欲しい。一応、反政府を訴える国民を支持すると表明はしたものの、実際の行動に移るのに時間がかかりすぎています。

 今日、取り敢えず海軍の揚陸艦2隻と海兵隊員の地中海派遣が発表されましたが、軍事介入には慎重に…と、念を押している。未だ、アメリカが戸惑っていることで、カダフィは更に反政府勢力を弾圧し、短期間で多くの被害を出そうと大胆な行動に出る可能性もあります。証拠も根拠も無いのに、とっととイラクに踏み入った藪は素早過ぎだったけど、オバマはノロすぎる!この行動の遅延にどんな思惑があるのかは、私には知る由もありませんが、折角のアラブ社会の支持を得る機会を、みすみすと指をくわえて眺めているような気がしてなりません。オバマ政権は外交オンチなんて噂もありますが、もし、これが、本当に状況が掴めてないから行動が遅れてる…なんて事態だったら、相当哀しい。

 オバマ大統領は、初の黒人大統領であるばかりではなく、最初の「帰国子女」大統領(アメリカに帰国子女の観念は殆どありませんが)です。お父さんはアメリカ人ではなくケニア人で、少年時代はインドネシアで過ごした、日本的に見れば「国際的」な人のはず。しかも大変に頭の切れるオバマ、とってもアメリカ~ンで切れ者とは言い難い藪息子の方が外交手腕が優れていたと認めるのはムカつくので、そうは思いたくは無いのですが、レーガンー藪父繋がりで、藪が外交感覚優れた人材を揃えていたことは確かでしょう。直接、表立っては関与しなくとも、外交界の古狐・ジェームズ・ベイカーはたまにチラチラ尻尾のうちの一本が除いてたし、専門家にもコンディ・ライス姐さんなど、一流処を揃えてました。今の国務長官、ヒラリー姐さんは、頭は最高に切れるし、人脈も、海外諸国からの尊敬も、これ以上は望めないほどに適任だとは思うのですが、実際の外交官経験はないので、彼女をサポートする古狸外交官僚が付けば最強だと思うんですけどね…

 ともあれ、リビアでの混乱を一刻も早く沈静化させるためにも、アメリカ政府の迅速な行動が望まれます。カダフィにしてみれば、ムバラクや、その他の最高権利者とはちょっと事情が違って、亡命しようにも、地球上どこでも嫌われてるもんだから行き先が無い。アミン大統領ですら諸手を広げて安住の地を提供したサウジアラビアですら、カダフィが昔、今の国王を暗殺しようとした過去があるんで肘鉄食らわすでしょうし、ヨーロッパは論外、南米も微妙。チャベスと仲良しらしいですが、ベネズエラ国民がSiとは言わなそう。アフリカ内のモスリム国元首は、自分ちに反政府運動が起こったらどうしよう、って戦々恐々なのに、わざわざ、その引き金となるような動きをしたくない。カダフィには行く所がないのです。だから、今の権力にしがみつくしかない。無理矢理、退かさなきゃ、どかないよ、この男は。だから、アメリカ軍が介入する必要があると私は思うのです。押して、引いて、カダフィを追い出しちゃえ!


オバマさん、頼みますよ…
  1. 2011/03/01(火) 23:25:26|
  2. 政治・外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。