わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

財政難がこんなトコロにも…orz

 11月の第四木曜日は感謝祭(Thanksgiving Day)です。今度の木曜が感謝祭なので、今週いっぱい息子達の学校はお休み。昨年までは、感謝祭前後の水曜日と金曜日だけがお休みでしたが、予算不足の折、ロサンゼルスの周辺学校区は、感謝祭の週がまるまるお休みになりました。前後の土日も含めると、9日間の連休で、裕福な家庭にとっては、ちょうどいい旅行の機会です。議会も今週はお休みですし。でも、殆どの家庭では、だからってお父さんやお母さんが休めるはずはなく。この一週間は、お店にとっての大事な掻き入れ時。私がパートを始めたデパートでも沢山のお母さんが働いているので、従業員の休憩室では、「困った、困った」で15分の休憩が過ぎていってしまうほど。子供のいる共働き家庭には、余分な託児費用負担がかかる。結果として、そのぶんGNPは上がるかも知れないけど、それは就学児童を持つ低・中所得家庭の託児費負担という犠牲によるのなら、全く喜ばしいものじゃない。

 進行中の不況は様々な方面に悪影響を及ぼし、連邦や自治体の予算不足が多くの福祉をどんどん削っていますが、子供の教育のように、今現在だけではなく将来のためにも重要で必要不可欠な分野をも縮小に追い込むとは、本当に深刻な状況だと思います。教育を含む福祉の削減は、特に低所得層への負担を増やしていく。それでも、年収250,000ドル以上の全体の1%の富裕層に対する連邦税カットは、本当に必要ですか?と、共和党の皆さんに聞いてみたい。勿論、彼らは、貧乏人のことなんか気にかけてないんでしょうけどね。
 

応援お願いしますv
  1. 2010/11/22(月) 21:16:15|
  2. アメリカ経済・政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北朝鮮、韓国を砲撃。そして日本は?! | ホーム | ゆったりと流れる時間・ヨコハマ買い出し紀行>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/1003-6e228cf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。