わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Big Daddy キック・アス Hit Girl

 今年のベスト映画トップ5に入るよね!と、思う映画見ました。アメコミを元とした、超バイオレント+セリフは4文字言語連発のB級カルト臭ぷんぷん「Kick Ass (キック・アス)」がそれ。公式サイトは、特殊クモに噛まれたのでもなければ、異星人でもない、インドの山奥で修行した大金持ちでもない、ただの平凡な… むしろオタクで冴えない主人公のデイブが、思い立ってスーパーヒーローになろうと決心し、ダイバースーツに仮面の出で立ちで街に出てみれば、悪人にボコられれて、しかも車にはねられる。でも、その結果、神経麻痺で痛みに鈍感になり、骨継ぎの為に合金を埋めこまれて、自称「ウルヴァリン」のような身体となったとついでに、学校では同性愛者だとのウワサが。それでも懲りずに街をパトロール中、暴漢と戦う姿がYou Tubeで流されて、いきなり世界中の注目が、この自称スーパーヒーロー「キック・アス」に集まります。

 そこへ、復讐のためにキング・ピンを狙い、各種武器のエキスパートで、バットマンそっくりのスーパーヒーローに扮するビッグ・ダディーと、その娘で11歳のミンディーことヒットガールが現れて、デイブに加担したことで、事態は更に妙な方向に、ってストーリーなんだけど、このヒット・ガールが実に痛快!口は悪いわ、度胸は満点だわ、刀で麻薬の売人たちを殺しまくったかと思えば、銃の腕も、接近戦も超一流!強い!カワイイ!そしてお色気はゼロ!B級アクションとしても、高校生が主人公の青春モノとしても楽しめました。流血ドバドバ、しもネタだらけ、女の子が1の台詞は18禁言葉のオンパレードしかも、少女が殴られたり、人を殺したりと、道徳的に超不届きなので、誰にでもオススメって作品ではありませんが、アホなハリウッド映画の真骨頂を見せてくれるような映画だと思いました。B級アクション映画としても、高校生を主人公とした青春映画としても、楽しめた一作です。
kickass.jpg
父の復讐のため、敵のアジトに乗り込むミンディー(ヒットガール)


 既に二作目の製作も決まっているそうですが、楽しみなような、ガッカリさせられそうで不安なような… 一作目のスコート突き抜けたスタイルを貫いて、ヒーローの苦悩とか、ヒーローを襲う予期せぬ不幸とかって、スーパーヒーローものにありがちな、妙な方向に方向に進まないでほしいなと思います。


 ところで、今年もあと僅か。ほんとうに早い~!冒頭で今年のトップ5映画と書きましたが、私的に「この映画サイコー」な、2010年のトップ5リストは、順不同で:
爽快!「キック・アス」
月次だけど、3D体験でひょえ~、な「アバター
おっさん筋肉祭り「エクスペンダブル
しみじみと「わたしを離さないで
そして、感動の「442日系部隊。史上最強の陸軍
かな。DVDで見た「ヒックとドラゴン」は、劇場で見ていたらベストの一つだったかも。「セラフィーヌの庭」と「ミレニアム・ドラゴン・タトゥーの女」のヨーロッパ映画二作品は、後を引きました。ミュージカルの「ナイン」と「第九地区」はお面白かったけど、「ナイン-九番目の奇妙な人形」は拍子抜け。「アバター:ラスト・エアベンダー」と「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」は原作改悪しすぎ。そして本年度の退屈映画第一位は「スパイク・ジョーンズのかいぶつたちのいるところ」で決まり!今年も面白い映画がいっぱいだったなぁ…v


「キック・アス」日本では、今、公開中です
  1. 2010/12/16(木) 22:20:16|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<包括減税法案成立:買収されたオバマ | ホーム | わに@出歯亀モード、お屋敷拝見>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/1026-49ea84c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。