わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

私は返品常習者が嫌いです

 やっと(?)クリスマスが終わって、お店の飾り付けも片付けられ、レジには返品の山。プレゼントされた腕時計のバンドのサイズ替えに来る人も多かった。クリスマス翌日のセールを狙っての買い物客も多く、どのレジにも長い列。そして私は、勤務時間後明けにボスに事務所に呼ばれ(ひえ~!)、来年早々にはダイアモンド販売の訓練を受けるようにとのお達し。とりあえず、30日間の雇用延長だそうです。この一ヶ月で、時計と宝石、貴石については随分と知識が増えたから、今度はダイアモンドの品質や等級、取扱いについて習えるのは嬉しい。売り物とはいえ、綺麗な宝石に取り囲まれてるのって楽しいし。でも、ややフクザツな心境でもあります。

 元々、再就職を狙って面接を受けても、マーケティングや営業関連の求人で接客経験ゼロを指摘されることが多く、実家はお店(美容院)と一体化(玄関が一緒w)で、学校から帰れば「ただいま~、いらっしゃいませ~」だったんだから、接客経験無し扱いは、自分的に納得行かなかったんですよね。そこで、クリスマス期の季節店員を経験して、履歴書に堂々と「接客経験あり」と、書き込んじゃる!という魂胆で始めたパートなので、雇用延長は予想外でした(サービスプランの売り上げ悪いしさw)。ボス曰く、この一ヶ月でサービスプランの売上が上がったら、正社員への道もありよ、なのですが、正直、それはムリ~、と、思う私です。

 奥さん、今日は何時もの値段の3割引、しかもクーポンを使えば、ほら、こんなにお得!断然、お買い得でっせ!と、電卓片手に浪速の商人タマシイ全開が、どうやら私のセールススタイルのようです。お得でないと自分で分かっている補償プランの勧誘には、つい、やる気の無さが出てしまうのかも。例えばサイズ替えの必要な指輪、傷が付き易そうな大きな翡翠やターコイズのペンダントトップやブレスレット、繊細な彫金細工、何年かに一度糸替えが必要な真珠のネックレスなんかは、補償を購入する価値あると私も思うので勧めるけど、お客さん側だってトクだと納得しなきゃ買う気にならないでしょうし、何でも補償、ってのは無理があると思うんだけど…売る人は売るんだなぁ…

 そんな事を考えながら、帰り道にラジオを聴いてると、小売り商店が返品ポリシーを緩和したことが売上増額に貢献しているというニュースをしていました。10年ほど前から特に、クリスマスパーティーの前にドレスや宝石を買ってパーティー後に返品しちゃったり、工具店でツールを買って使い終わったら返品、更に酷い例になると、短期留学や駐在中に買った電化製品を、数カ月後の帰国時に返品なんて、返品ポリシーを悪用してタダで借りる不届き者もいます。TVを何台も買って家で見比べて気に入らない方を返品、デジカメを数台買って帰り、写真を撮り比べて一台だけ選んで残りは返品なんてことをする自分勝手な輩に限って、箱から出していない新品しか買わない、とか言うんだよね。

 数年前には、一部でそれがカシコイ利用法みたいに持て囃す傾向もあり、その結果、お店側も警戒を強め、返品ポリシーが厳しくなっていきました。返品時に再ストック代を請求する全国展開の電化製品店、ベスト・バイなどは、上に書いたような返品常習者もいるし、返って来た電化製品は再調整が必要になったり、箱が破損してたりで、お店側としては損害が出る。そこで苦肉の策としての返品手数料だったのでしょうが、怒った顧客を減らしてしまったとか。一部の不届き者のお陰で、全体が損をする困った例ですね。

 実際、私も今日、箱には$99.99と値札がついてるけど、セール時に買って$40ドルのギフトレシートをもったお客さんが、「99.99ドル返せ!」ってゴネて困っちゃったよ。いくら、お客様は神様ですとはいえ、お客側も常識を踏まえ節度のある消費行動が求められると思います。



自分がされて嫌なことはしない。自分が返品を買うのが嫌なら、買って使い散らかした後で返さない。
  1. 2010/12/26(日) 22:44:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<カモの顛末 | ホーム | クリスマスもビーチ!>>

コメント

tobiuoさん

39.99ドルのレシートもって99.99ドル返せ、って言ってきた二人組は、無理です!と、言うと、ふてくされた顔して去って行きました。
レシートを無くしたけど返品したいって言ってきた人は、記録にある値段に「俺はもっと払った!」と言い張ったので、「私じゃ対応しきれないから、店のマネージャーを呼ぶ」って電話に手をかけたら、慌てて、「いや、やっぱり、その値段だったと思う」と(爆笑)

 この辺は実は、実は小心で、上手く行ったらラッキーみたいな街のチンピラレベルなんでしょうね。
最初から返品予定で書い比べするような人のほうが、実はふてぶてしいと思う。
  1. 2010/12/30(木) 12:08:55 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

ミキさん

私も、特に電化製品なんかを買うときは、箱を厳重チェックして、開けた形跡がないか調べちゃいます。
ほんと、部品が欠けてたり、破損してたり… しょっちゅうですものね。
返品を嫌がるお店側に気持ちもわかります。

パート先でも、プレゼントしたけど気に入られなかったから、って返品されたアクセサリーにお何度か身につけた形跡が…ってのが多いです。
「それは残念でしたね~」と、返品棚に放り込んじゃいますけどねww
  1. 2010/12/30(木) 12:03:42 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

いろいろ おりますね~
どんなお顔しながら~?
  1. 2010/12/28(火) 22:08:57 |
  2. URL |
  3. tobiuo #-
  4. [ 編集]

本当に返品天国アメリカですよね。私は何か買う時は箱が開けた形跡がないか調べてから買います。買ってから部品がない!とかよくありますから。最近はストアクレジットしかくれないお店も増えたなーなんて思ってたんですけど、今はもう少しゆるいんですね。
アメリカはとりあえず言ったもん勝ちみないなところもありますね。一応40ドルで買ったけど99.99ドルとごねてみる。。。ふてぶてしい顔が目に浮かびます。
あと1ヶ月がんばって正社員めざしてください!
  1. 2010/12/28(火) 13:30:55 |
  2. URL |
  3. ミキ #-
  4. [ 編集]

えみりんさん

私の場合は、デジカメを数台買って試し撮りした人が、実生活での知り合いです。
得意げに、そのことを報告されてからは、やっぱり極力、お付き合いを避けてます。
価値観や倫理観が、全く違うと思ったから、というのも、同様です。
  1. 2010/12/27(月) 22:14:43 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

宇宙ハンター55さん

そう言うあなたも同罪です>クレープを販売したり、タロット占いで暴利
  1. 2010/12/27(月) 22:12:06 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

ワキさん

これは、多分十代の若い女の子二人組でした。
Easy moneyを狙ったのかもしれませんが、世の中はそこまで甘くない!
  1. 2010/12/27(月) 22:11:18 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

タグを外さないで洋服を着て、一回着た後に返品した方がいて、その方とは、それ以来極力連絡をとらないようにしています。絶対に価値観が違うから。
  1. 2010/12/27(月) 20:39:54 |
  2. URL |
  3. えみりん #-
  4. [ 編集]

>接客経験無し扱いは、自分的に納得行かなかったんですよね。

あなたは学生時代にクレープを販売したり、タロット占いで暴利を上げていたことなどがあり、接客経験が豊富であることを私が証明します。
  1. 2010/12/27(月) 20:35:58 |
  2. URL |
  3. 宇宙ハンター55 #-
  4. [ 編集]

こんにちは

>箱には$99.99と値札がついてるけど、セール時に買って$40ドルのギフトレシートをもったお客さんが、「99.99ドル返せ!」

世の中にはそんな強者もいるのですか!ビックリしました。
  1. 2010/12/27(月) 14:10:24 |
  2. URL |
  3. ワキ #z2nOVyOU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/1033-38d63b6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。