わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

足りないのは何?「同性愛者は何かが足りない」発言に思う

 わに家は年末におでんを作り、お正月には出汁の染みこんだおでんでヌクヌク~、を、ここ何年か続けていたのですが、今年は私がパートに出て、時間管理が上手く出来なかったこともあり(><)、おでんを作っていませんでした。でも、ここ暫くとっても寒く、あったかおでんが、しみじみと恋しい。そこで今日は、やっと日系スーパーに行って材料を買ってくることができました。出汁のベースには、先日のカモの骨を煮込んだブロスを使います。鴨ベースのブロスは使ったことがないので、どんな味が出るか、楽しみです。こーやって、食べる事ばっか考えてるから、ダイエットできなんだけどな(あう…)。実は、パート始めたときには、「これで少し痩せるかも」って思惑もあったんですよね。普段、一日中座ってPCに向ってるコタツわにですから、少なくとも一日4時間立ち仕事したら、通常よりカロリー消費しそうじゃありませんか。でもさー、全然痩せない。体重も減らなきゃ、メタボな腹も引っ込まない。あ~あ、アテ外れたぁ~!と、いうわけで、私の新年の抱負は今年もまた、ダイエット&もっと運動です…

 ところで、今日のバカ・ニュースは、原子力空母エンタープライズの艦内で制作・上映されたビデオ内で、艦長自身が同性愛者を中傷する発言を繰り返し、解任されちゃったというものでしょう。このビデオ内で、オーウェン・オナーズ大佐は、同性愛者への中傷のみならず、女性兵士をネタにお下劣ジョークを連発。結果、「適切な判断力とプロ意識が著しく欠けていた。指揮官としての信頼を傷つけ、もはや部隊を率いることはできない」と、艦長職を解任され、閑職に回されるそうな。

 
 空母では、実に5800人もの乗組員が働いており、このビデオはその娯楽用として制作されたもの。問題のビデオを見た人の間では、この程度のおふざけは、軍ではよくあることという意見もあり、ちょうど先月末に、軍では、おおっぴらに同性愛者であることを公言したらダメって規定が撤廃されたばかりで、オナーズ艦長は、同性愛者に寛容な軍をアピールするための、恰好のネタにされちゃったような気がしないでもありません。このビデオ自身は、オナーズ大佐が副艦長時代の2006-7年に制作されたもので、「Don't ask, don't tell.」ポリシーがまかり通り、キリスト教原理主義者の藪大統領政権下、「同性愛は聖書にダメって書いてあるからダメだよ」的風潮が許容されていた頃。今回の、オナーズ艦長解任で、過去の調子に乗った発言にビクビクしてるオフィシャル、実は多いんでは…w

 一方、日本では、石原東京都知事の、「「(同性愛者は)どこかやっぱり足りない感じがする。遺伝とかのせいでしょう。マイノリティーで気の毒ですよ」との、差別発言が問題視されています。このおっさんはホンマに、自分の立場を弁えない発言が多いねぇ… 普通のおっさんが赤提灯で、同年代のおっさんと管巻いての一旦なら兎も角、自分の発言がどれだけの影響力を持つかも鑑みず、マスコミにも大々的に報道されるって判ってるのに、こういう事を言っちゃうとは、


 私自身は、たしかに同性愛者には足りないものがあると思う。そしてそれは、法的な権利。アメリカでも日本でも、同性愛者間の正式な婚姻関係が認められていないので、同性愛カップルはあくまでも事実婚、”Domestic Partner”としての地位しか与えらないので、その結果、社会的、経済的にパートナーシップを確立できず、更に配偶者手当や、扶養者健康保険等々、婚姻者間には認められている福祉を受け取ることが出来ないという問題があります。福利厚生問題のみならず、他にも様々な弊害があります。例えば、カップルの一方が事故に遭い、病院に担ぎ込まれれば、最初に連絡が行くのは、その配偶者です。正式な婚姻関係ではないという理由で、長年連れ添ったパートナーが危篤状態なのに知らされず、遠方に住む両親やら兄弟姉妹を経て、やっと回りまわって情報が届き、病院に駆けつけたときには手遅れだったという人の話を読んだことがあります。何十年も連れ添い、ともに行きてきた同性カップルが、正式に婚姻関係にないからと、公的補助の老人ホームで別れ別れにされてしまったというケースも。システム故に、同性カップルは、かくも無碍な扱いを受けているのです。いきなり同性婚を認めるのは難しくとも、同性パートナーシップ法は認められるべきだと心から思います。

 少子化が問題視される中、同性婚を認めたら少子化に拍車がかかるからという主張もありますが、子供を作ることだけが結婚の目的だなんて、前時代的かつ、はなはだ失礼な見解だと思います。現代では、自分達の選択によって、子供は作らないという婚姻カップルだって多い。そんなカップルが、正式な婚姻関係にある異性間カップルに比べて、社会的、経済的に貢献していないなんてことは決してない。次世代の再生産だけではない、社会的、経済的、そして精神的なパートナーシップとしての婚姻関係がこそが、現代における結婚の意義であると思います。このような状況下で、宗教的ドグマや慣習を基に、同性だから法律的恩恵はあげないよ~ん、ってのは、実に不自然かつ不公平。石原知事の言う通り、同性愛者にははどこかが足りない。足りないのは本人達じゃなくて、剥奪されている彼らが本来得るべき権利。日本には、同性婚に対する宗教的なしがらみはないはずです。石原発言をキッカケに、日本における同性婚に対する論議が活発化し、考える機会となればいいと思います。



Beam me up, Scotty!
  1. 2011/01/04(火) 22:04:12|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<去年3D、今年タブレット | ホーム | ジュエリー、腕時計購入を考えている方へのアドバイスv>>

コメント

Lisaさん

日本には、母親が日本人でも父方に日本国籍がない場合、子供に日本国籍は与えないって規則も長らく残っていましたね。
体外受精児、外国人代理母等、単に、古い法律が時代と技術の進化に対応されないまま適用されているケースも覆いと思います。
女性は離婚後、一定期間再婚できないって法律が無くなったのは知っていましたが、「離婚後210日以内に子供が生まれた場合は前夫の子供になる」というのは、初めて知りました。なんたるナンセンス!

>これらの法律を改善しない限り、少子化対策も解決しない
全く、そうだと思います。小手先で、子ども手当なんか配るだけじゃあね…
  1. 2011/01/08(土) 15:56:40 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

ひややっこさん

私も同じくで、特にLAに来てから同性愛カップルの知合いが増えましたが、中には30年以上も一緒というカップルも。
子供のいないご夫婦で、とっても仲良く、常に互いに支え、高め合っているような素敵なカップルもお友達にいます。
自分自身は男女の子持ちカップルですが、同性間カップルも、男女の子無しカップルも、構成要因のタイプが違うだけで、他に何も違いはないと思うのに、法的には区別されてるのはヘン!

>日本で生まれて良かった事は、宗教色が薄いから、宗教に目をくらまされず、自分で物事を判断できるこ
同意!本当にその通りだと思います!!日本人的に、同性婚に反対する理由って、慣習的なもの以外、これといって見付からないですよね。だから、むしろ今回の石原発言が大きく取り上げられて、それまで同性婚のことを知らなかった人や、興味なかった人の注意をも喚起し、変動への弾みになればいいと思ってます。

  1. 2011/01/08(土) 15:50:04 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

同性愛者の権利を守るためには、同性愛者が多数国会議員になるか、または大口サポーターとして政治家に献金するかでしょう。。
カリフォルニア州は同性愛者で大成功しているビジネスマンや政治家多数。ドメスティックパートナーとして、会社の医療保険などほとんど認められてます。
日本はニューハーフと呼ばれるタレントは多いですが、同性愛者のタレントは少ないですね。
社会を変えるのは、世論と法律を決定する国会議員。
日本社会の世論と法律を変える方法を模索してくれる中心人物が欲しいところですね。
坂本龍馬みたいな。。。。

日本の法律は同性愛者に対する権利以外にも、体外受精に関してなど、問題山積です。
昔から男性が第三者から精子提供を受け妊娠した場合、本人の実子になるのに、未だに女性が第三者から卵子提供受けた場合には実子にならないとか。。。。
離婚後210日以内に子供が生まれた場合は前夫の子供になるとか。。。
これらの法律を改善しない限り、少子化対策も解決しないでしょうね。。。
  1. 2011/01/08(土) 08:54:02 |
  2. URL |
  3. Lisaky #AwIZlx5Q
  4. [ 編集]

no for hate!

同性愛カップルの権利に関するお話、まさしくtotally agreeです。
prop 8の時も、私はすごく応援してました。
会社などでは、domestic partner, significant other(s)など
呼び方いろいろあれど、福利厚生しっかりカバーしてくれてたりしますが
(ってそれはLAみたいな都市部にある新らし目の企業だけ?)
法制度が整ってないために、困ることがたくさんありますよね。
私は同性愛カップルの友人が多いので、この差別をなんとかして
なくす手助けができないかと思ってます。
(子持ちストレートファミリーも応援してるよって、ことで世間にアピール)
日本で生まれて良かった事は、宗教色が薄いから、
宗教に目をくらまされず、自分で物事を判断できることだと思ってます。
アメリカに来て、リベラルだと思っていた友人たちが、宗教で禁止されている
問題にはことごとく、反対しているのを見て、愕然としたので。
  1. 2011/01/08(土) 00:46:55 |
  2. URL |
  3. ひややっこ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/1041-737419ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。