わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

米失業率が遂に1割を下回りました!が…

 ダイアモンド販売の、第一日目講習を受けてきました。内容は、ダイアモンドの生成、特徴、等級、歴史や店頭に並ぶまでの過程から、盗難防止の心構え、そして保証契約の売りつけ方まで多岐に渡るもの。ついでに、腕時計の電池の変え方と、バンドの調整の仕方のビデオも見て、これって、実際に店舗に立つ前の最初のトレーニングで、見せて欲しかったな、と…

 講習内容は興味深かったけど、昨夜は…っていうより、今朝方まで、大至急の契約書翻訳の仕事してたんで、眠いのなんのって… 何度も、自販機のコーヒーを買ってはガブ飲みしながら、なんとか瞼を押し上げてる状態でした ( ´O)ηファ~

 20人以上いた、貴金属売り場の祭日セール期間中の季節店員も、生き残りは私を含めて3人だけでした。総合+時間毎売上高の上位3人なんだそうです。でも、3人揃って補償契約の売上成績が悪く、この30日間で補償プランをもっと売れば正社員採用と言われました。要するに、補償契約をお客に押売りをしないってのが、沢山売る秘訣だったんじゃないの~?なんて、密かに思ったりしてw でも休憩時間にお喋りしていると、他の二人(20代前半の若く魅力的な女の子たちです)の狙いはここの正社員じゃなくて、店員教育に定評のあるこのお店でみっちり訓練を受け、もっと高級・高給な他のお店に自分を売り込もうって魂胆なんだって(実は私もそうで~すww)。仕事を失って、真剣に正社員採用を目指していた元同僚を数人知っているので、彼ら・彼女達には、申し訳ない気もするのですが…


隠れ講習室の三悪人?


 さて、昨日、全米に文字通りゴマンと居る求職者の一人として、主婦の再就職目指す私にも、気になる発表がありました。労働省による、先月(2009年12月)の雇用統計です。失業率(季節調整済)は、前月比0.4ポイント減の9.4%と遂に10%を割り、2009年5月以来の低い水準となりました。就業者数の詳細を見ると、景気動向を反映する民間部門の就業者数は11万3千人、非農業部門での全体の就業者増加数は、前月より10万3千人と、市場予想を大きくは下回るもの。政府部門では、予算削減を繁栄して1万人減、逆に製造業では1万人増。建設業は1万6千人減ですが、ま、これは、東海岸での大雪の影響もあると思います

 と、なにやら明るいニュースのようですが、実は、もー諦めた!と、仕事探しをギブアップしちゃった元・求職者が増えた故、分母が小さくなったから数字が小さくなっただけで、雇用が大幅に増大したってワケじゃないってのが事実らしいです。全然、明るくない。むしろ、希望も失せて、暗い。米FRBは、またしても量的緩和を今年半場までに実施することを決めてるけど、これって、第一弾はてんで役に立たなかったし、日本でも失敗してるし、正に誰得。だいたい量的緩和(Quantitative Easing)なんて曖昧な名前付けて、「米国債の新たな買い入れ」と尤もらしい言い方しても、実は単なる、もっとお札刷っちゃうよ、ヒャッハー!って事に過ぎないさw

 いくらマネーサプライが増えても、その金を皆が使って消費が増え、その消費に応えるために企業はもっと物を作って、売上も上がって、もっと従業員雇ったり、お給料が上がって、皆の収入が増えてもっとお金を使って消費が増え、って環状線が出来ないことにゃ、景気は回復せんのよ。いつも書いてるけど、金は天下の回りもんになってなんぼのもの。一部の金融機関(ゴール○マン・サッ○スとか、○ールドマン・サ○クスとか、ゴー○ドマン・サック○とか…)幹部や、その周辺の懐を温っためるだけじゃ、何の役にも立ちません。貨幣供給が需要を上回るとインフレ状態になるのは、近代経済学の基礎だけど、アメリカじゃ物価上昇率がジリ貧でデフレ懸念があるので、貨幣供給を増やして人工的にインフレを起こすことでデフレ回避かも知れないけど、庶民の収入が上がらないのに、物価だけ上がったら、ワヤやんか!バーナンキは、一昨年の第一次量的金融緩和がインフレを起こさなかったから、今回も大丈夫ってゆーけどさ、立ち絵インフレが起きなかったとしても、一番大事な物価の安定と雇用創成への影響は期待できそうにない…となると、やっぱ誰得やんか?!たとえ米版・ネトウヨと呼ばれようとも、ガイトナーとバーナンキは、とっととクビにすべきだと思うワタクシです。



ダイヤを扱うのは、自分の物でなくとも楽しいのだ~
  1. 2011/01/07(金) 22:13:42|
  2. アメリカ経済・政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<帆船で鯨の群れに遭遇だって | ホーム | 言葉狩り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/1043-114811f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。