わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スコット・ピルグリム対セカイ

 またもや、ラジオで聞きかじった話。昨年のホリデー・シーズン(11月1日からは12月31日)の小売店売上高は、リーマン・ショックで景気が悪化する前の2007年以来の伸びを見せたものの、実は、この期間には、人口が80万人増加しており、一人当たり消費額で見ると、まだまだ、2007年レベルにも達していないそうです。消費の伸び率に関しては、まぁ、そんなモンでしょうと思うのですが、ここ3年で、人口が80万人も増えてるってのは驚いた。日本を含め、殆どの先進国が少子化に悩んでいるのに、アメリカはお盛んだなぁ、と…

ともあれ…

 今夜、借りて観たのは、「スコット・ピルグリム対セカイ」。ゲームの世界をそのまま持ち込んだ、なんとも不可思議な映画でした。字幕が出たり、ゲージが出たり、ゲームそのもののバトルシーンが盛り込まれていたりと、ありがちなようで、でも、新鮮。ここ数年、往年の人気アニメの実写化が多く作られてるけど、いっそ、ここまで突き抜ければ面白いのにって思う。映画の大筋は、主人公、スコット・ピルグリムが故意に落ちた理想の女性、ラモナには、7人の邪悪な元恋人がいて、パモナとデートするには、この7人を打ち倒さねばならないというトーナメント式。これだけ書くと、なにやら勇ましい話のようだけど、実はとっても脱力系です。「バス男」とか「キック・アス」に、大いに喜んだ私は、実は脱力系ティーン映画が好きらしいw

 日本劇場公開を求める会、なんてサイトがあるくらいなので、日本での劇場公開は決まっていないようですが、全国公開とはいかなくとも、ミニシアターでイベント式に公開したら、カルト人気を博しそうな映画だと思いました。この脱力感、絶対に日本でウケると思う。ところで、主人公、スコットのゲイのルームメイト、どっかで見た顔だなぁ・・・って、映画見てる間、ずっと気になったので、後から調べると、「ホーム・アローン」のマコーレー・カルキンの実弟でした。確かに、面影が… 飄々として、なかなかにいい味出してますv




こんな私が今観に行きたいのは、全米の評論家から絶賛最低評価中の「グリーン・ホーネット」
  1. 2011/01/14(金) 22:48:16|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ロスアンゼルスの日常 | ホーム | 伊達直人と菅直人の違い>>

コメント

下らない、アホらしい、無意味…そんな評論家の言葉を見るたびに、これは絶対観なきゃ、って思いますw
程よいアホアホ度と聞くと、更に!
早く行きたい~(でも、明日もパートだ)
  1. 2011/01/23(日) 00:57:30 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

グリーンホーネット見た。

面白かったよー。アホアホ度が程好い。
ケイトーの方がカッコいいね、
  1. 2011/01/21(金) 22:38:58 |
  2. URL |
  3. ミミ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/1051-ccf37b72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。