わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

私は死刑を支持します

 日本でいう高校一年生の上息子の必修科目には、「Communications Today」が含まれています。この授業では、個人のプレゼンテーションや、ディベートの仕方を学ぶのですが、なんともアメリカ的かつ現代的な科目だと思います。この授業で今、上息子が取り組んでいるのは、死刑反対側と死刑擁護側に分かれてのグループ討論です。上息子は、死刑反対側のグループ(どっちのグループかは、先生が決めたそうです)。で、死刑擁護者である私と今日は、晩ご飯の席で討論しました。最初に植え息子が持ち出してのは、各々の終身刑者と死刑囚にかかる州や連邦の費用負担で、死刑囚には凄くお金がかかって合理的じゃないから死刑反対ってのだった。いきなりコストと合理性で来るとは、親の私に似過ぎ…orz

 私自身は、長年、死刑支持者です。世の中には、その死でもってしか償えない罪があると思うのです。アメリカ同様に日本でも、各死刑囚にかかる政府の負担は巨額になるのだそうですが、だったら、延々と刑務所内で衣食住を供給せず、手続き簡略化と迅速化するよろし!上息子は、実際に死刑の際に掛かる時間を持ち出し、致死注射、ガス、電気椅子のどの方法も、時には死に至るまで十数分もかかり残酷であると言うけれど、粗死刑囚によって殺された被害者やその遺族の気持を思えば、そして、被害者の苦しみを思えば、十数分で終わるなんて手緩いっ!って思う。ソロモン法みたいに、「目には目を、手には手も」で私的には無問題。続く上息子の反論は、冤罪問題。息子よ、死刑反対を擁護するなら、それが真っ先に出てくるべきではないのか?と、脱力するワタクシ。この点は、私にとっても、死刑廃絶のための最大の争点だとは思いますが、DNA鑑定技術の進化した今、冤罪は劇的に減ってきているはず。諸手を上げて死刑賛成とは沖な声では言えないけれど、人が裁かずして、他の何が裁くのですか?と、思う。

 ところで、ここで話は全然変わるけど、トヨタやホンダなどの日系企業のアメリカ本社所在地で、日本人居住者の多いトーランス市の、歴史博物館を見学しました。かつての一律図書館の建物を利用した、一室だけの小さな博物館です。実は、こんなところに博物館があるなんて知らなかったのですが、わに夫とランチしに旧市街へ行ったら(わに夫のオフィスは旧市街にある)、本日開館日、無料のサインがみえたので、入ってみました。トーランス市に関しては、市内の多くのエリアにずらり並ぶその戦後に建てられた画一型住宅を中心とする都市計画や、なぜ日本人が集中することになった経緯など、知りたいことが多いので、大いに期待したんだけど、その答えは得られず。でも、第二次世界大戦に関する展示で、軍に志願した市の住民のリストに、日本名が並んおり、戦前から日系人居住者が多かったことが伺えました。

 この博物館を30分ほど見て回っただけでは、謎は解けませんでしたが、一層、トーランスに対する興味が積ったので、
これから少しづずつ、機会あるたびに、その謎を探っていきたいと思いました。
 

トーランス歴史博物館



アメリカじゃ、各紙に必ずと言ってもいいほど歴史博物館があって面白いのです
  1. 2011/01/21(金) 18:42:18|
  2. アメリカの学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<ヒバクシャを哂う | ホーム | ポ、ポ、ポ、ポーカーフェイスw>>

コメント

Pylexmeeさん

コメントを書くが苦手で、何時も書いては消し、書いては消しで、結局は何も残さず去ってしまうことが多くて…
スミマセン。

こちらこそ、今後とも宜しくお願いいたしますm(__)m
  1. 2011/02/01(火) 13:06:17 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

きゃ、見られましたか。

わに様、ブログ見て下さったんですね。

放置ブログで、てきとーなので、
リンクを貼らなかったのですが、

ブログも他の方とやりとりをしていないので、
全然ルールとか分からず
すいませんでした。

これからもよろしくお願いします。
  1. 2011/01/30(日) 00:14:56 |
  2. URL |
  3. Pyrexmee #-
  4. [ 編集]

pylexmeeさん

こんにちは!
憧れの沖縄の碧い海、いつかは行ってみたいです!美味しそうなものも沢山あるし…(じゅるっ)

>こんな事をした生き物が、
>人として生きていって良いのだろうかと、
>考えてしまいます。
本当に同意です。子どもを虐待死に至らせた親が、妙に軽い刑だったりするのは、全く理解できません。むしろ、特に重刑にすべきだと思います。
モスクワの空港で爆発がありましたが、どんな大義の下であれ、無差別に人の命を奪うことも、決して赦されないと思うのです。
twngmgさんも書かれていますが、子供達を無差別に殺めた池田小学校無差別殺人の宅間死刑囚などは、「人として生きていって良いのか」と、私も思います。
  1. 2011/01/28(金) 00:35:18 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

ミミさん

Law Abiding Citizen、借りてみました。「必殺」シリーズもそうですが、法では裁けない悪人を、影のヒーロー(達)がやっつける、というのが定番なのは、皆、心のなかに、「絶対に赦せない」人間の存在を意識しているからだと思います。「必殺」シリーズや「ブラック・エンジェルズ」などの日本だけじゃなく、ハリウッド映画にも、よくあるモチーフですよね。復讐譚の「Spawn」なども、そのカテゴリーでしょう。悪人をバンバン殺しちゃう刑事映画もその範中かと。
  1. 2011/01/28(金) 00:25:20 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

twngmgさん

センシティブな問題ですが、ご賛同いただけて嬉しいです(><)
宅間死刑囚、そして未だ公判甲鈑中ですが麻原彰晃被告や、北九州連続札事件の主犯など、彼らの罪は極刑に値すると思います。
罪を憎んで人を憎まずとは言いますが、人はその行いに対する責任を負うべきであると思います。
  1. 2011/01/28(金) 00:19:44 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

わに様、いつも拝見しています。

難しい問題ではありますが、

とても理解できない犯行理由だったり、

あまりに理不尽に、
最後をむかえた被害者のお気持ちを思うと、

本当に、
同じ人間がこんな事をしたのかと
恐ろしくなる事件もあり、

こんな事をした生き物が、
人として生きていって良いのだろうかと、
考えてしまいます。

無差別殺人事件、
幼児や子供の殺人事件など
あってはならないことだと思います。

  1. 2011/01/26(水) 04:08:36 |
  2. URL |
  3. Pyrexmee #IYvIGV4s
  4. [ 編集]

そんなわにさまに、Law Abiding Citizen

えろえろばかりじゃない!ジェリーちゃまの映画です。
これ、マジこわーです。目には目を!を淡々とやってます。
目前で妻子を虐殺された主人公が法の裁きに承服しかね・・・
平賀源内と必殺仕事人を足してその上二乗しちゃったような映画です。
時間が空いていて、あまり暗い気分じゃないときに見てみてください。^^;

私は死刑擁護までは考えませんが、死刑反対派の良い人ぶりっこに虫唾が走る派です。
  1. 2011/01/25(火) 21:38:03 |
  2. URL |
  3. ミミ #6lg5qE/s
  4. [ 編集]

あたしも!

死刑擁護者です。
やはり償わないといけない重さはあると思うのです。

殺されてしまった人たちの無念さを考えるに
どうしてもこの極刑は必要ですよ

【付属池田小学校児童殺傷事件】を思い出すにつれ
この宅間死刑囚を極刑にしたことを順当だと思うんですよ
  1. 2011/01/25(火) 18:44:18 |
  2. URL |
  3. twngmg #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/1055-2be99043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。