わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エジプトの火事がアメリカに飛んできた

 今日もニュースはエジプトで持ちきりです。他山の石であった、遠いエキゾチックな国での出来事が、自分の回り半径数百メートルを直撃し始めたのだから、アメリカ人もこの事態を無視できない状況になってきました…と、いうのは、エジプトの政情不安がガソリン価格に反映され始め、ガソリンスタンドの価格の看板が、あちゃー!になり始めているのです。自身は主要産油国ではなくとも、スエズ運河を仕切ってるのがエジプトですから、ここが閉鎖されたらタンカーが足止めを食らって大打撃となってしまいます。それに、エジプトの動きが、基はちぇにじあでの大統領罷免に追い込んだ民衆のデモがきっかけだっただけに、その他の中東諸国も「俺たちもやろうぜ!」なんて気を起こしちゃうかもって不安もある。

 そんな要素が重なって、とうとう今日は、原油価格が1バレル100ドルを超えたとのニュース。いくらウチの車は小食のプリウスだとはいえ、車社会のアメリカでは、ガソリンの値段上昇は家計を直撃します。せっかく景気回復の兆し(??)が見えて消費者に自信が戻りつつあるところに、またもや打撃ですよ。もー、泣くしかないけど、つい先の一般教書演説でも、代替エネルギーの開発、普及に触れたオバマさんとしては、これを更なる機会に、一層、風力や太陽熱、潮力発電に資金を注ぎ込む言い訳となればいいのではないかと、密かに期待する私です。アメリカって結局は、ソ連と競争して勝たなきゃなんない、とか、何か尻尾に火が点かないと動かない子だからww



尻尾が燃えてても動かない気もするが…
  1. 2011/01/31(月) 22:03:50|
  2. アメリカ経済・政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<温暖化、寒冷化、ヘンな事には違いないよね | ホーム | エジプトが動いている>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/1064-0dbd8110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。