わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カイザー・パーマネンテで嬉しい驚き

 上息子、小銭募金で日本の地震・津波被害者の為の義捐金を募ろうと、ポスターを作って学校の事務局に掛け合ったら、学校敷地内での募金活動は禁止ですと許可を貰えなかったのだそうだ。で、明日は、板チョコを持っていって、休み時間に一枚1ドル、お金は全て日本への援助向け基金に寄付されますってのをやる、などと、何を思ってこんなに大量に買ったのか、私本人にも謎の超苦いチョコの箱(32枚入りを2箱も買ったww)をカバンに入れてたけど。校内の販売行為は募金行為よりまずいんじゃないのか?キケンな気もするけど、まぁ頑張りんしゃい。これで停学になっても、母は君を支持するよ。しかしながら、苦いチョコを売りつけて、臥薪嘗胆な気分を味わってもらおう、ってんでしょうか?コンクリートに寝転がってチョコを食べ、日本の被災地の苦労をしのぶのだ!

 と、息子を鼓舞しつつも、自分は苦いチョコも食べなければ、コンクリ床で寝もしませんが、定期健診とインフルエンザの予防接種(いてっ!)とマンモグラム(いててっ!)は受けてきました。わに家の保険は、わに夫の職場からサポートを受けて、この付近に施設も多い全米展開民間健康保険のカイザー・パーマネンテなのですが、今までに行ったアメリカのどの医療施設とも違って、待ち時間ゼロなのは驚いきました。色々、批判も多いカイザーだけど、これだけで私はカイザーにして良かったと思う。だって今まで、待合室で1時間以上!なんてことも普通だったのですもの。

 診療所行って、居心地の悪い待合室で何十分、ひどい時は数時間待たされて、お医者さんに合うのはホンの数分。予防接種を受けたければ、また診療室で延々待つ。血液検査やマンモグラムには、また別のところに予約を入れて出直す。これが普通だったのが、受付のあと直ぐに呼ばれ、看護婦さんが血圧等を測った直後にドクターが現れ、入れ替わるように予防接種を持った看護婦さん登場、には、感動すらしてしまった。カイザーは総合医療施設なので、マンモグラムは今日、今からしますか~?とドクターに聞かれて「えっ?できるの?」と驚いちゃいました。同じ建物の一階のレントゲン室に行けば、ここでも待ち時間ほぼ無しでマンモグラムを受け、お昼休みの一時間以内に全て終了。しかも、処方してもらったお薬も館内の薬局で受け取ることができます。アメリカでは、処方箋をもらって近所の薬局に行って薬を買うのが普通なので、同じ場所で全て完了というのは便利。しかも検査の結果は、ウェブ上で確認できるので、手紙を待つより迅速です。今日のところは、余は満足じゃ…な、私でした。


 ところで、今週末から夏時間に入りました。おや、わにこちゃん、年に二回の定例ボヤキはどうしたの?と、不思議がられそうですが、今回ばかりは夏時間になって嬉しい。時計の多くがWiFiになって、いちいち変えて周る必要が減ったのも一員ですが、明るいうちに会社を出られるのが嬉しい。日没のビーチに散歩にいけるのも超嬉しいよ(T▽T)
  1. 2011/03/14(月) 21:28:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<現政権の不甲斐なさが許せない!出て行け、売国奴!! | ホーム | 立ち上がりましょう、動き出しましょう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/1101-1feb1818
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。