わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

現政権の不甲斐なさが許せない!出て行け、売国奴!!

 ここ数日は、朝起きて、テーブルの上においてある新聞の一面に対面するのが怖いです。福島原発がどうなったことか…これ以上悪いニュースは見たくない。なぜ、最初に米政府が冷却対策を申し出た時に断っちゃったんでしょうか?あの時に対処しておけば、安定させることができたかもしれないのに。後から悔やんでも仕方ないけど、なんで?と、思わずにはいられません。真っ暗な中、被曝覚悟で作業を続けておられる作業員の方々には、アメリカでも「真のヒーロー」という賞賛の声が聞かれますが、本当にその通りだと思います。でも、政府が迅速に適切な手立てを指示していたら、彼らがこれほどの危険を賭す必要はなかったはず。んなもん、冷却水を汲み上げるポンプがぜーんぶ流されたのに、どうやって対処するつもりだったのでしょうか。神風が吹いて雨を運ぶとでも?

 しかも、チェルノブイリ原発事故後に処理に当たった専門家も、支援に向かった日本で「よく分からない理由」で入国許可が遅れたということも聞きました。積み重なる対処の遅れが、本当に悔やまれます。どうせ後悔先に立たないなら、ついでに言っちゃうけど、防災対策事業を廃止した民主党、「いつくるかわからない天災の予算は無駄」などとほざいてスーパー堤防も油と塩の備蓄も「仕分け」し、耐震対策費をばら撒きに使った民主党。中国、韓国に媚びへつらい、日本を粗末にする。絶対に許さない!

 政府の対応のお陰で折角の支援物資が現地に届かず、首都圏周辺でも物が不足して国民の不安を募らせているのに無策なまま。非常事態宣言すら出ていない。隔離された地域では多くの被災者が飢えと寒さに更なる打撃を受けているのに、一刻も早く支援物資を届けるどころか、逆に足止めしている。阪神大震災の時には人災の要素もあったけど、今回は余りに大きな地震と津波、正に天災と言われてましたが、人災が益々の被害を引き起こしつつある、今、この瞬間にも。物資の買占め問題にしても、その根底にあるのは、国民を不安に追い詰める政府の無能ゆえでしょう。

 福島原発の件にしても、未だ真相は報道されず、大丈夫、大丈夫の一点張り。父が原爆投下時に長崎市内に疎開中でしたので私自身が被曝二世ですから、核に対して少し過敏気味なのかもしれませんが、危うきは近寄らず、いきなり上から爆弾が降ってきたんじゃないんだから、早急に周辺住民を避難させ、国民に放射線レベルや風向きによる影響地域等の情報をリアルタイムで伝えるべきではないのか?ちょっとくらいなら大丈夫?何を根拠にそんな事を国民に向かって言えるのか?確かなら根拠を示して欲しい。

 そして、事実を伝えないマスコミ。9-11以前に藪大統領をたたえましょう、悪口言うのやめましょうと「自己規制]した雨利器あの報道機関が思い出されます。麻生元首相を陥れ、今の民主党を持ち上げたのだって、マスコミの功罪が大きい。現地に入って映像撮るついでに物資輸送して、帰りは怪我人や病人運送しろ。全局が同じニュース垂流しているのも無駄。節電はまず、民法各局の放送一時中止から始めたらいかがでしょうか。情報発信局として、生存者の名前発表とか状況報告用にNHKだけ残して、後は順番に一局づつ娯楽番組を流せば十分って思う。こんな時こそ、現実逃避のひと時が大事だと思うから。それが全局で同じ場面を映してんじゃ意味ないでしょ?私は一般にマスコミは信用できないって思ってるけど、決して反民放じゃないです。大学出て最初に勤めたのは民放局だし、当時の上司は今はその局の責任者だけど、その人柄を尊敬してます。それでも、今の、特に在京各局はムダだと思わざるをえない。いっそ、培った経験と技術で現地の救援に全力を使います、ヘリを飛ばして物資を運び、一箇所でも多くの避難所で被災者一人一人の名前と住所、様子を記録して放映すると共にデータベースを作成します、くらいやった方が、視聴者の支持を得られるでしょうに。

 色々ぼやきましたが、こんな時には特に、自分が海外に住んでいて、日本から遠いことに苛々するのです。とにかく、一分一秒でも早く被災地の皆さんを安心させてあげて、少しでも避難生活を快適にしてあげて、国民を護って、と、願うだけです。そして、それは政府だからできることなのです。政治家の皆さんには自分の抱える責任のを重さを、しっかりと理解して欲しい、そして、それを実行に反映させて欲しいと願うばかりです。
  1. 2011/03/15(火) 21:42:23|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<誇りと怒りと焦りと涙 | ホーム | カイザー・パーマネンテで嬉しい驚き>>

コメント

桜さん

おお!そうだったのですか!
教えて下さって有難うございます。
アメリカのGEが作ったんだから、GEが冷却材も開発済だったのかと勝手に思ってました。

それにしても、自衛隊のかたがたには感銘させられます。
  1. 2011/03/17(木) 15:11:40 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

米軍が提供する予定だった冷却材は
日本じゃ使えないみたいですね。
  1. 2011/03/17(木) 10:24:48 |
  2. URL |
  3. 桜 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/1103-97c810bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。