わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

友好の鐘の裏にはミサイル基地が隠れてた!

 わに夫の風邪も少し治まり、お天気もよくなったので、パロスバーデスへ短い散歩に行くことにしました。今日の目的地は、サン・ペドロ市の海を見下ろす高台にある、Korean Bell of Friendshipのあるエンジェルズ・ゲイト公園。1976年に、アメリカ合衆国建国200周年と、朝鮮戦争帰還兵の名誉を祝って、二国間の平和と友好の象徴として贈られたのだそうで、極彩色のお堂の中に巨大な青銅の鐘が鎮座している様は、目立つ事この上ないので、気になっていたのです。この鐘、映画「ユージュアル・サスペクツ」にも登場していましたが、サン・ペドロ市は実は、色んな映画の舞台になっているのです。この鐘は年に5回、アメリカの独立記念日や、韓国の独立記念日につかれるそうな。あ、大晦日にもつかれるらしいですが、108回かどうかは不明。




 この丘から見下ろすカタリナ島を見渡すパロスバーデス湾、コンテナ船で賑わうロサンゼルス港と、遥かにターミナル島のパノラマ風景は最高です。ペリカンの群れが風に吹かれて海上をふわふわ。海にダイブするわけでも無いので、ランチでもなさそうだし、ただ楽しんでいるだけって感じです。所々、ワイルドフラワーの咲く草の斜面に寝転がるカップル、凧揚げする親子連れ、そして私達みたいな犬を連れて散歩する人などなど、強い風にもかかわらず、お天気の良い午後を楽しむ人が沢山いました。鐘の土台となる丘の下には、コンクリートと錆びた鉄筋の古い貯蔵庫、そして、鐘つき堂の先には、砲台跡が残っています。実はこの「平和と友情」の鐘、皮肉というべきか、教訓的というか、かつての軍事基地内にあったのでした。時は第二次世界大戦時、日本軍の攻撃に備え、太平洋に向けて設置された砲台が、今じゃ米韓の友情と平和のシンボルの居場所とは、なんとも、かんとも…(考えすぎ?)

 この丘から緩い坂道を下って、西の遊歩道へ向かうと、更に大きな砲台跡があり、なんだ?なんだ?と、そこから階段を下りると、いきなり古い砦に出たのです。サン・ペドロに古い砦があって、博物館があることは知ってましたが、何処かは知らなかったので、結構びっくりした~!この、マッカーサー砦軍事博物館(3601 S. Gaffey Street; Fort MacArthur Museum)は、元々は港の防衛の為に1914年に設立された砦で、オズウッドーファーレイ砲台と、ジョン・バーロウ・アンド・サクソン砲台からなります。昔の兵舎は今はユースホステルとして使われており、敷地内には、戦争で活躍した軍事犬の墓地も残されています。軍事犬たちは皆、戦後、人を攻撃するように訓練されているからという理由で薬殺されてしまったのだそうです。毛皮を着替えた彼らの中には、今、アフガニスタンで活躍している犬もいるかもしれませんが、今度は普通にリタイアして、温かな家庭で寿命を全うして欲しい…

 オズウッドーファーレイ砲台は、米国内でも最も状態よく保存された沿岸軍事基地跡として、「ドラグネット」「トラ。トラ、トラ!」「ミッドウェイ」などの映画の撮影にも使われたそう。この砦は、第一次世界大戦、第二次世界大戦、そして冷戦時代を通して利用され、ナイク・ミサイルの発射基地として1970年代初頭まで現役した。薄暗く冷んやりした砦内には、戦中時の新聞記事などを含む豊富な記録、ミサイルのシェルなどミリタリーマニアにはとっても興味深いであろう展示に加え、地域の歴史に関する展示もあって、見応えありました。ところで、この砦の名前は、始めは、日本人おなじみのダグラス・マッカーサー元帥ではなく、お父さんのアーサー・マッカーサー中将に因んでつけられたそうです。


軍事犬達の墓地



まだまだ知らない面白い場所が一杯あるんだろうな
  1. 2011/04/03(日) 21:40:15|
  2. カリフォルニア名所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<アメリカでも漏れてます | ホーム | 消防署でスパゲティー>>

コメント

鍵コメさん

実は私もコメントを書くのが苦手で、ポチ逃げしてばかりなのです~(T▽T)
一周年おめでとうございます!これからも素晴らしい風景を楽しみにしておりますm(__)m
  1. 2011/04/07(木) 09:49:29 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/04/07(木) 04:07:12 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/1122-791538f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。