わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アメリカでも漏れてます

息子たちは今週いっぱい春休み。いきなり夜更かしして、お昼の休憩時に家に帰ってみたら、上息子は未だ寝てた!(うがー!)

 日本では、相変わらず福島第一での危機が続いています。そして、実際にどの程度の放射能が漏れているのか、人体への影響はどの程度なのか、危機は回避できたのか、未だ重大な危機にあるのか… 何の情報も伝わってこない。官内閣は、今まで一体、どんな危機管理をしていたのでしょうか。防災費用を削減し、危機管理は出来ず、ただオロオロとうろたえながら、事実の隠滅には一生懸命、という気がしてなりません。まだ、大型の余震が来る可能性もあるのに、また地震・津波コンボが来たら、またも対応できずに被害を拡大するのではないかと心配です。

 一方アメリカでは、多くの主要チェーンのオンライン顧客リストを管理し、電子メール送信代行を行なうマーケティング会社最大手の一つ、Epsilon社のデータベースが流出し、顧客のメールアドレスが濫用される恐れが出てきました。Epsilon社のクライアントには、Best BuyやWalgreenなどの大手全国チェーン店やチェース銀行などの金融機関が含まれ、
イプシロン社のクライアントの一つ、Krogerは、Safeway(カリフォルニアではVon's)スーパーマーケットチェーンを全米に展開し、私も各地でお世話になってます。で、早速、昨夜、「名前とメルアドが漏れちゃったかもしれないんで、気をつけてね。うちのふりしてクレジットカード番号なんかの個人情報を尋ねるメールが来ても、絶対に教えちゃダメだよ!」って、警告メールが来てました。スーパーくらいなら兎も角、個人情報を聞き出されても信憑性のありそうな銀行やホテルのリワードプログラムは、うわーっ!と、叫びながら走り回りたいくらい、パニックなんではないでしょうか。イプシロン社と契約していた各社にとって大事だけど、それでも、放射能が漏れるよか、ずっとマシ…って比べるのも、不謹慎かしら?


イプシロン社、死亡のお知らせ?
  1. 2011/04/04(月) 22:15:51|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ジェーン・バーキンに感動! | ホーム | 友好の鐘の裏にはミサイル基地が隠れてた!>>

コメント

まさこさま

うちはTiVoとBest Buy、なぜかついでに関係ないはずのCVSからもメール来てました。
この、警告メール出すもの、かなりのコストですよね。

今のところは、名前とメールアドレスだけ、って言ってますが、銀行なんかの場合、本当に大丈夫なのかなぁ、って思っちゃいますよね~
  1. 2011/04/08(金) 09:41:10 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

あ~

そのメール、うちにも何通か来ました。 TiVo から始まって(ただし、 TiVo はだいぶ前に解約済み。笑)、 Best Buy Reward Zone、 Chase。(他にも何かあったかなあ)

まあ、以前住宅ローンの会社からの顧客情報流出(おそらく SSN も含む)、そして、夫の元職場の W-2 情報盗難を経験した者としては、今の所パニクり度はやや低め。

ただし、メールアドレスだけと言っているけど、他の情報とかも一緒に流出されてて、それを隠されていたら怒りますね。
  1. 2011/04/08(金) 07:49:11 |
  2. URL |
  3. まさこ #73DAy5m2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/1123-fe8b765e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。