わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サッカーファンは革命を救う

 今日、ラジオで聞いた話。エジプトでの反政府デモで、戦闘経験ゼロの民衆の先頭に立ち、警官隊とガチンコ勝負して、勝利を勝ち取った彼らは一体誰なのか?!その正体を探るという内容の、短いセグメントがありました。このストーリーは、番組のウェブサイト、PRI's the Worldのここから直接聴けます。

 毎週、毎週、試合のたびに警官隊と小競り合いを繰り返してきた歴戦の勇士たち、志(お気に入りチーム)を同じくする者たちの信念と、共に目的(負けたら暴動起こす、勝っても暴動起こす)を達成しようとする強い意思で結ばれ、見事な組織力と戦闘能力をフルに発揮して、革命を成功へと導いた現代のスパルタ戦士達。彼らこそは、熱狂的サッカーファンだったのです。オーレー、オレ、オレ、オレ!


ロイターより、カイロ・スタジアムへ乱入しようとするファンと戦闘中の警官

 これは、エジプトだけではなく、今、激動中のアラブ諸国どこでも見られる現象なのだそうです。これをラジオで聞いたときは思わず噴き出したけど、ものすごーく納得のいく話だと思いませんか?今も尚、政権打倒と独裁者カダフィの即時追放を訴えて闘争中のリビアでは、反政府勢力が若者に無料での戦闘トレーニングを提供して同志を募っているそうですが、リビアに足りなかったのは、フーリガン集団だったのですね(ホンマか?)。


これもサッカーファン。「開放広場でのデモ隊」ってタイトルがついてても絶対疑わないww

 この例を見倣うと、日本で革命時に民衆の先頭に立つのは、甲子園球場の阪神ファンですかぁ?そして、迎え撃つはデモ統制では日本一の能力を誇る、トラキチと甲子園競輪ファンにとっての永遠のライバル、阪神甲子園警察機動隊!いやー、胸に何か熱いものがこみあげてきますねw


サッカーで世界平和を実現って本当だったんだね、翼くんっ!
  1. 2011/04/12(火) 20:54:41|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<政治的駆引き vs.国民の暮らし  | ホーム | 民主主義は死んだ>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/04/14(木) 19:25:49 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/1129-62c46f8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。