わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

契約書での「any」

 夜は寝ないで、昼は寝て(ヲイヲイ)、内職に励んでおりますが、なかなか仕事が手につかない、エンジンが掛からない時というものがございます。今日がまさにそれで、金曜朝までに仕上げなきゃならない大きな文書を前に呆けている状態です。特に難しいとか、慣れない内容時でもないのに、目が滑る~

 翻訳というのは創作業とは違って、無から何かを産み出そうという作業ではありませんから、インスピレーションが降ってこない、アイデアが湧かないというのではなく、PC画面がいくら睨んでも真っ白なままなのは、偏に自分のやる気の問題。そこで、オノレのやる気を奮い立たせるためにも、今日は久しぶりに、使えない(法律)英語講座。私は法律の専門家でも、法学部出身でもありません。それどころか、法律の講座すら取った覚えもない(><)のに、最初のエージェントが当時住んでいたワシントンD.C.の翻訳会社で、自然と法律文書の訳が多くなってしまい、そのままズルズル、日々是、契約書だの訴訟状などと、10年以上睨み合っているわけですが、やっぱ多いのは契約書。これは、大抵が結局は同じような内容だし、決まり文句も多いので、やり易いといえばやり易いのですが、代わり映えしないんで、なんかもー、機械的に訳してます。その点、訴訟関連は内容や登場人物も様々なんで、契約書よりは楽しい。ビミョーなのは、検死報告書みたいなので、深夜一人で取り組んでいると、ちょっとイヤンな感じです…と、何時まで経っても本題にはいらないし!

 さて、契約書で厄介なのが「any」たる単語の扱いです。兎に角、法律文書というのは、弁護士さん達が一生懸命、互いに抜け道を作ったり、逆にこっそり回避できないように防御壁を築いたりと、込み入ったダンジョンみたいなものなのですが、その防御壁の基本的なものが、この「any」なのです。隙間のないよう、どれでも、誰でも、どこでも、と、固めたモルタルみたいなもんでしょうか。英語じゃ、anyで一括りだけど、これが、any persons,any parties, any places, any sections herein, any conditions… と、延々やられると、世にも諄い日本語になっちゃう。この「any」ってのは、「all」とは限らないから、全部、全てでまとめちゃうことも出来ない。そこで、文意に合わせて訳者は「如何なる」とか「あらゆる」とかを交えつつ、この3文字言語と格闘するのです。翻訳は戦いだ…ってのはウソw


どこでもドアは「Anywhere Door」
  1. 2011/05/11(水) 22:53:17|
  2. 使えない英語講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<上息子の高校で銃が | ホーム | Kindle が来た!>>

コメント

宇宙ハンター55さん

ほうほう、勉強になります。ありがとうございます。

 法律文書は翻訳者が訳した後に、法律事務所などで確認してもらうのが普通なので、翻訳者はひたすら元の意味を違えないよう、そのまんま言語を置き換えるのが仕事ですから、最終的には、いかなる、とか、どのような、とか、あらゆるは、「等」や「その他重要な」に置き換えられるのでしょうかね。
 「~を含むがそれらに限られない」というのも頻出する言い回しですが、これは正に「等」ですよね。
  1. 2011/05/14(土) 23:21:59 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

まさこさま

>ファイルは開いていても、未だに始めていないこの緊張感
うわ~!その気持、分かり過ぎるほど、凄く判る!(ww)

法律文書の翻訳は、多少文章がスムーズでなくとも、とにかく一語一句、意味を違えないように言語を変換するのが大事だし、定例句が多いので、慣れれば取っ付き難くはないと思います。ただ、日本語でも英語でも、アホ程長い文章が多いので、どの句がどの節に繋がって、意味は何処で一旦切れてるのか、なんかを判別するのに頭を痛めます。後から解釈をめぐって、クライアントに延々説明を求められることも多いし… そういうクライアントはイヤですね。
  1. 2011/05/14(土) 23:17:00 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

日本の契約書では、「すべての」とか「いかなる」はあまりなく、・・・等と書かれているものが多いです。
日本では「等」が「any」の役割をはたしているのでしょうか。

また、「その他重要な○○」というものもあります。
  1. 2011/05/14(土) 02:31:00 |
  2. URL |
  3. 宇宙ハンター55 #-
  4. [ 編集]

エンジン

私も(も?とわにさんを仲間に入れてもいいのかしら)、エンジンかかるまで時間がかかります。かくいう今日も、既にお昼前なのに、ファイルは開いていても、未だに始めていないこの緊張感...現実逃避が多く、自分でも困りものです。(緊張感は、「締め切りに間に合わないとどうしよう」という緊張感です。早くすりゃいいのにね。)

先週なんて、エンジンかかるまで時間がかかりすぎて、もの凄く辛い思いをしたのにも関わらず、今週もこれです...学ぶという事を知らないようです。(ひと事のようですが。^^;)

それにしても、わにさんの翻訳のお仕事、いろんな意味で大変ですね。私には難しすぎる内容です。(汗)
  1. 2011/05/13(金) 11:52:27 |
  2. URL |
  3. まさこ #73DAy5m2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/1158-86f858ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。