わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

文句あるなら、もっと良い案出してみぃ

日本ではガソリン暫定税が復活して、急激にガソリンが値上げしましたが、アメリカでも同様に、物価高に苦しんでいます。4月は数ヶ月ぶりに消費者支出額が上昇したのですが、別に消費者が沢山買ったって訳ではなく、ガソリン、食料品の価格上昇に伴った支出増加だったという…うわー、サイアク!

 藪大統領は、最貧国対象緊急食糧援助7億ドルを要請しましたが、二週間前の2億ドル拠出命令に続き、合計9億㌦という大型援助となります。いまの食料品価格高騰は、藪政権による、とうもろこし農家への補助金支給など、エタノール燃料推進策があるので、今回の支援は当然だなんて意見を見かけましたが、それは余りにも近視眼的。食料価格の高騰の背景には、原油価格の高騰による、運送費要素の他の関連費用の増大があります。

勝手に値上げばっかする石油、困る(T△T)

とうもろこしで燃料作っちゃえ!やーい、見たか、産油国!

うわーっ、食料足りねぇ!!飢饉だ!物価高だ!経済低迷だ!! 

石油も食べ物も高いよ…orz


 原価コストを下げるための代替燃料が、コスト上昇に拍車をかけたというオチになっちゃった、と。だから、ジェフリー・サックスなどは、アフリカにも緑の革命を、と、訴えるのですが、遺伝子組換えに対する警戒感なども根強く、なかなかに進まないのが実情です。私なんか、んなモン、飢える心配のない工業国の寝言だと思いますけどね。

 ヘリから落とされる援助食糧を奪い合う群衆の前で、「遺伝子組換え食品の生態系並びに人体への将来的影響は未だに解明されておりませんので、賛同しかねます」って、言ってみぃ!なんか明日あたり餓死しそうなんですけど、って人の枕元で、「遺伝子操作作物は一定の企業からじゃないと種買えないんですよ。帝政アメリカの悪の権化みたいな企業の陰謀ですよねぇ。あいつらショッカーですよ、ギャラクターですよ。やですよねぇ。そんなヤツラにこれ以上儲けさせたくないですよねぇ」って、言って来い!60年代のアジアの緑の革命と、その後約30年続いた批判時代から、全然進歩しとらんじゃないか!あん時だって、化学肥料会社の陰謀とか、殺虫剤の影響が論じられたんだよね。でも現実に、「人が死んでんねんで!」という状況、今後一層の食糧難が予想される現在、他にインスタントな選択肢があるなら、今ここに出してみぃ!と、思う、なにげに怒っているので、いつもにも増して口の悪いわにこさんがお送りいたしました。
  1. 2008/05/01(木) 14:25:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マグネット・スクール | ホーム | わに、もにょる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/117-7da53f52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。