わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

遂に出た内閣不信任案

 本当に何をやってんだか、茶番!茶番!茶番!!自民、公明、たちあがれ日本の3党が菅政権に対する内閣不信任決議案を衆院に提出しました。民主党の小沢一郎元代表も、不信任案に同調しており、何のことはない、民主党内での内輪もめではないのか、と、国民誰もが冷やかな目で見ているのではないかと思うのですが、未曽有の大震災から3ヶ月近くを経て、未だに被災者は巨額の義援金も届かぬままに不自由な生活を強いられ、福島一原発の危機も未だ去らず、それどころか国民には現状の実態すら隠したまま、その放射能の影響も明らかにはされず、そんな為体で、今更、内閣不信任案とは、どこまで身勝手なのか。だいたい、いくら以前から決まっていたからといえど、国民が動転している震災直後に選挙を行い、自分たちだけで大騒ぎした挙句、国民の意志を無視するように政権を握り続け、その後も目ぼしい復興政策も何も出せないままに、ズルズルと今に至る図々しさ!国民は内閣どころか、国会全体に不信任案を突きつけてやりたいわい!

 政治を司る議員には、こんな時にいきなり不信任案を提出して混乱を招き、この非常時に首相の挿げ替え、さらには総選挙とは、他にもっと緊急勝つ重要な事項があるのに、うちわでもめている場合か、という声も多いようですが、私個人としては、その緊急かつ重要な責務を果たせぬままに3ヶ月弱をすでに無駄にしたのは、正にこの無能政権ではないか、これ以上、この烏合の衆を政権に留まらせておいても、致命的な遅延を繰り返すばかりではないのか、だー、もー、とっとと追い出しちまえ!というのが本音ですが、かといえ、この遅れを取り戻すほどに活発な時期のリーダーも不在。絶望した!とことん、自己中心的にして無能な政府に、とことん絶望だ!


絶望しても、ランキング応援の方は宜しく
  1. 2011/06/01(水) 22:57:49|
  2. 政治・外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<屋外コンサートは寒かった | ホーム | やっぱ天然温泉は最高!!>>

コメント

国司さん

そして、さんざん大騒ぎして結局は否決、そして言った、言ってないと水掛け論でケンカ。
一刻も早く解決しなければならない緊急かつ大事な課題が山積みの状態だというのに、そんな事で時間を潰している場合か!

しかし「延命寺」は、行かないほうがご利益あったようですね。
  1. 2011/06/04(土) 11:12:14 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

鍵コメさま

あい、消しときます。しかし、こういう時こそ、じっくり、日本のために祈っていただきたいです。
  1. 2011/06/04(土) 11:08:36 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

不信任案提出後
民主党衆議院議員90人から100人が造反する勢い

当日、鳩山さんと管総理が極秘に会談し早期辞任の約束。

そして圧倒的多数で否決される。

管総理、原発処理に”一定の目処”がたったら若い人に譲る。

マスコミが辞任を一斉報道。

夜、管総理、辞任するとはいってない。

鳩山氏激怒、管総理の事をペテン師とテレビの前で公言。

酷い茶番を見ましたね。騙された方も悪いけど
騙す方ももっと悪い。さすが全共闘世代の革命家ですね総理は。
不信任案はたしかにこの時期にとは思いますけど
やっぱこんな人には辞めてもらうべきです。

ちなみに昔、管総理が年金問題で代表を辞任した時
お遍路の旅に出た事がありましたが
その時途中で辞めたのですが次に行く予定だったお寺が「延命寺」
だったそうです。
  1. 2011/06/04(土) 09:55:29 |
  2. URL |
  3. 国司 #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/06/04(土) 06:38:20 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/1175-7ba57280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。