わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あなたの食事は安全ですか?Food Inc.

 学校の保健の時間で一部を観た上息子の熱烈お薦めで、2008年のドキュメンタリー作品、フード・インク(Food Inc.)を観ました(ってゆーか、実は家族揃って観賞を強いられた)。一昨年のアカデミー賞のドキュメンタリー部門で、「ザ・コーブ」に負けた作品です。一方的に片方の肩を持ち、もう一方側の見解は全く紹介せず、徹底的に悪者にするというスタンスは「ザ・コーブ」と同じですが、少なくとも各社にインタビューを申し込んだけど断られたってとこは、太地町の漁民のコメントなんて求めなかったというか、日本語を理解するつもりすら無かっただろう「ザ・コーブ」スタッフよりかはマシでしょうか。
 
 「食品株式会社」というタイトルの通り、今や食べ物は農場ではなく工場で生産されてるというのが、この作品の主張で、食肉生産現場や、安く大量生産されているトウモロコシを巡る政治的な裏側が映し出されます。手早く肉を生産するために、通常の3ヶ月の代わりに一ヶ月ちょっとで大きく育ち、需要の多い胸肉の量を増やすために改良された鶏、機械的に殺されて食肉化されていく家畜たち、他に選択肢のない違法移民や貧民層を安価で雇って危険で単調な労働を強いる食肉工場は移民局とズブズブで、連邦政府は大手食品会社の元幹部だらけという、ご近所から国家のレベルまで、企業が仕切っている現実。

 杜撰な管理によって汚染された食物が市場に流れ、食中毒のアウトブレイクを引き起こす。昨年の全米での大規模な卵のリコールも記憶に新しいですが、ちょうど今、現在、ヨーロッパではO-104が猛威を奮っている最中。日本でも、生肉を食べての食中毒で、死者が出るという事件が起きたばかりです。結局、死者を出した生肉を供じた焼肉チェーンは閉鎖し、未だ感染源が特定出来ていないヨーロッパでは、風評被害で損害を被った野菜農家に対し、EUが総額1億5千万ユーロ(約178億円)を補償する方針を発表しました。でも、アメリカでは、去年の大規模な卵汚染の後に、感染源となった卵を販売した会社に制裁が加えられたという話も聞かず… この映画によると、かつては食中毒を起こす原因となった作物を生産したファームは営業停止という規則がありましたが、大手の食品多国籍企業のOB、OGに仕切られた食品管理局で、この規則は廃止されてしまったそうです。

 映画の最後で、「食の安全のために私たちができること」として、以下が提案されていました。
● 労働者や動物に優しい、環境を大事にする企業から買う
● スーパーに行ったら旬のものを買う
● 有機食品を買う
● ラベルを読んで成分を知る
● 地産食品を買う
● 農家の直販で買う
● 家庭菜園を楽しむ(たとえ小さくても)
● 家族みんなで料理を作り、家族そろって食べる
 
 確かに、実践したいことばかりです。でも、これを全て実行するにはお金がかかる…(´д`) 私も出来る限りファーマーズ・マーケットで地元のオーガニックの作物を購入したいと思っていますが、こういう野菜や果物は、スーパーの価格の3倍くらいします。母方の叔父が滋賀県で有機農場を営んでいることもあって、お百姓さんをけサポートしたい!という気持ちはあるのですが、ただでさえ十代の息子二人の四次元胃に食われてエンゲル係数が(;´д`)トホホ…な我が家、なかなか割高のオーガニック食品には手が出ませんわ…orz 狭いベランダで、トマトやハーブ、ナス等を植木鉢で育てていますが、畳一畳ほどのスペースで出来ることは限りがあるし。それでも、まだできるだけマシで、コロラドのお山じゃ、いくらだだっ広い庭があっても、温室でも作らない限りは家庭菜園なんて無理だしww

 ところで、面白いことには、作中でギャラクターも負けそうな悪の組織扱いされているモンサント・カンパニーはそのHP中で、日本語でも、この作品に対する見解を公表しています。評判が気になったんでしょうねw


日本版のポスターのコピー、秀逸だね
  1. 2011/06/08(水) 21:47:20|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<それでも私はWal-Martを支持します | ホーム | 百日咳アウトブレイクとカリフォルニアの対応>>

コメント

nobukoさん

本当に子供の食生活には気を使いますね。卵や葉物の野菜、果物はなるべくオ-ガニックを購入しますが、牛乳は1日に1ガロン必要なので、安いスーパーのものを買ってまいます(><) うちは主人が相変わらずのワイン好きだし、息子たち、特に下の息子が肉好きなので、ご主人が食生活を改善してくれたNobukoさんの御宅が羨ましいです。うちもワインとビールをやめたら、かなり節約できそうなんだけどな~

 庭のある家に住んで家庭菜園がしたい!です。
  1. 2011/06/12(日) 22:30:10 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

私は日本では有機食品のみの生活をしていたのですがアメリカに来てからは他の事にお金がかかりすぎてそれどころではなくなり、子供が出来てからは卵と牛乳はオーガニックを買っていますが後は普通の生活でした。最近ほとんど有機食品に変えています。外食が少なくなったし、考えて商品を購入するので無駄がなくなりエンゲル係数二倍と言ったところでしょうか。(ものによっては3倍以上のお値段ですよね。)旦那が肉抜きになったので以前のようにステーキやワインに使う出費が無くなったのも家計を助けています。v-290
今の子供達は親よりも短命だと言われているのでやっぱり食生活には気をつけたいですよね。
  1. 2011/06/12(日) 12:35:25 |
  2. URL |
  3. nobuko #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/1184-8941bbca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。