わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カンフー・パンダ2

 上息子とわに夫は、高校のマーチングバンド部のこの1年間の締めを祝うパーティーに行ったので、若息子と私は「カンフー・パンダ2」を観に行きました。食いしん坊な駄目パンダだけど、実はカンフーの奥義を極めた龍の戦士でもあるポー、仲間でカンフーの達人(?)タイガレス(虎)、バイパー(蛇)、モンキー(猿)、マンティス(かまきり)、クレイン(鶴)、そして師匠であるレッサーパンダのマスター・シーフーが、中国全土の支配を狙う凶悪な白孔雀のシェンと戦い、そしてポーの秘められた過去も明らかになるのが、今回の2作目です。中国では、文化侵略だと反対運動も起きているという話題作です(って、オマイが言うな、って世界中が思ってそうだけどw)

 アニメーションがとにかく綺麗!切り絵風のオープニングから、背景、キャラクターたちの動き、まるでぬいぐるみのようなパンダのもこもこ感、ポーのお父さんのカモが頭に乗せているラーメン帽子の質感にいたるまで、大画面で見てよかったと思える美しさでした。明るいけど派手すぎない色使いもいい感じ。色彩的には、CGアニメ御三家のピクサー、ディズニー、ドリームワークスの中で、はっきりした色使いのドリームワークスが一番私の好みなのですが、この映画は正に、色彩的にも私のツボにドンピシャでした。ラストシーンは三作目を匂わせる一こまで、既に次が楽しみになっちゃった。帰りに若息子に、晩ご飯何にする?と、きいたら、チャイニーズ!という答えが帰ってきた。でもホント、カモのお父さんの肉まんとラーメン食べてみたい!

 3Dは苦手な私ですが、今回は3Dで観ましたよ。でも、「塔の上のラプンツェル」みたいに飛び出してくる3Dを期待してたんだけど、そうじゃなくて残念。飛び出してきたら面白いのに、ってシーンがいっぱいあったのになぁ… 3Dの醍醐味は画面から飛び出してきて、自分を直撃する感じ、からからと降る雪や花びらが自分の周りにも降ってくる感じを味合わせてくれることだと思うので、ただ立体的なだけの3D映画は意義なし!と、私は思ってる。3Dは「飛び出す映画」でなくっちゃ!

 それにしても、ハリウッド産のCGアニメは、このカンフー・パンダに加え、「ファインディング・ニモ」「ロボッツ」「ヒックとドラゴン」「チキン・リトル」「曇りときどきミートボール」と、父と息子の繋がりや愛情を描いた映画は直ぐに思いつくのに、母と子が重要な要素の作品がてんで思いつかないのは何故?「白雪姫」のお妃とか毒親の極みだし、「トイ・ストーリー」は母子家庭だけどテーマは全然別のところにあるし。やっぱ、作り手が圧倒的にお父さんだから?この「カンフーパンダ2」の監督は女性なので、今後の活躍が期待されます。お母ちゃんだって頑張ってる!のに、なぜか娘に嫉妬する鬼母、母と娘の確執と戦いなんて映画はあるのに、母と子供、特に息子との愛情を描いた作品はないよね。そんな映画も観てみたいです。



前回の悪役、雪豹が改心して仲間になってくれることを望んでたんだけど、やっぱ死んじゃったのか…
  1. 2011/06/12(日) 22:01:07|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ありがとうございました | ホーム | ファルコンとの遭遇>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/1188-ecc7d6aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。