わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

LACMA再訪

 ロサンゼルス群立博物館(LACMA)へ行きました。別にコレといった目当てがあった訳ではなく、途中半分くらいの場所まで行く予定があったので、ついでに行こうか、というノリだったのですが、ちょうど今、江戸時代の絵の個人コレクションを特別展示中だし、前回にはたまたま閉鎖中だった日本館も見たいし、と、ブラリ立ち寄ってみました。

 日本館は、自然光をたっぷり取り入れた造りになっており、人口の光ではなく自然な光の下で絵を見ることが出来るよう工夫されています。暗すぎて詳細が見えない、という時には、短い時間作品を照らすスポットライトのスイッチがあり、隅々まで書き込まれた絵巻の屏風や、動物の毛の質感などをじっくり楽しめるようになった気配りに大満足。充実した根付コレクションもあり、かわいー!かわいー!と、一々騒ぐ私。昔は鍔飾りに根付、現代は携帯マスコットと、小さくてカワイイものをぶら下げたるのが好き!という傾向は、日本人のDNAに組み込まれているに違いない。オリンピック見てても、スポーツバッグにぬいぐるみとかぶら下げてるの、日本人選手だけだしw ところで、根付の材質で、象牙ってのも多かったんだけど、鎖国の江戸時代、この象牙って、一体どこから来たのかなぁ?


これ↑が、その日本館。
障子のような白い壁部分は、光を通すようになっており、天井からも自然光が差し込みます。


 特別展示の方は、「創造の世紀」と名づけられた、の建築会社のオーナー、ジョー&エツコのプライス夫妻の選りすぐり江戸期芸術コレクション。ウェブサイトは、LACMA:Price Collectionから。奥さん、エツコさんって、きっと日本人ね。このコレクション自身のウェブサイトは、Price Collectionです。もーね、金があるってすげえ!としか言いようがない、りっちなコレクションです。見せてくれてありがとう、ではあるんだけど、バブル期に、個人でゴッホなどのマスターピースを買った日本人は批判されたのに、これだけの日本の宝が、アメリカ人個人所有ってのもどうよ?と、思った。

 その後は、ここも前回は見れなかった、新設の近代美術新館へ。イマイチよく判らない「芸術」、水槽に入った羊の剥製を前に「これのどの辺が芸術?」と聞く若息子に「作者が芸術だといえば、それで芸術になんのよ」と言ったら、アーティストっぽいおじさんがそれ聞いて「そりゃそうだ」と笑ってたw
この館の見ものは、私的には、ロイ・リキテンシュタインのコレクション(特に、The Cathedral のシリーズは素晴らしい!)と、巨大なガラス張りのエレベーター(をい!)。

 膨大なコレクション、あまり欲張らずに、のんびり一部だけを絞って見たので、疲れず楽しい美術館鑑賞でした。隣接の広大な土地には、2011年オープン予定の新館建設が進んでおり、どんだけコレクションあるのー!?って感じですが、メインのハマー・ビルディングの展示は少し混み合ってる感じがあるから、日本館みたいな細かく計算された展示法で、ゆったり見せてくれても良いかな、って思う。ここのオープンも楽しみだなぁ…


 ところで、先日の英語与太話が一部の巷限定で好評だったので、新しいカテゴリなど作ってしまいましたが、会話の翻訳では、罵り言葉が面白いですな。英語は、この分野では、実にボキャブラリーが豊富です。本当によく、文化を表していますね(にこっ)。で、そういう類の会話文は、現役十代男子である上息子にチェックしてもらうのですが、彼のこのテの語彙の広さに感心したりします。で、どこで覚えてくるんじゃ、このマセガキがぁーっ!?手伝って欲しいんだったら文句言ってんじゃねー!と、母子の争いが始まったりする、今日も平和な(?)わに家でした。
  1. 2008/08/14(木) 23:55:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Apple Pan | ホーム | 仲良し?>>

コメント

うんうん、人類の宝を個人で「うひひ…」って、いくら自分のお金で買ったものとはいえ…一方で巨額を寄付して、博物館や美術館をおっ建てちゃう超金持ちは、うあっぱ尊敬に値すると思うの。

例の掲示板、あたしってば内弁慶だから、怖くて書き込めましぇん(><)
  1. 2008/08/17(日) 22:34:54 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

わしも日本人がアントワネットの遺品なんざ持っててどうする!と思うことが良くあるんですわ。まあその国に行かないと見れないものとかは、わざわざ行くのも大変なので、参考として外国で展示してもらってもいいんだけど、文化財だし、やっぱ自分だけで隠し持ってないで、誰でも見れるように国の博物館なりに寄贈してほしいなーと思うのでした。
で、例の掲示板で、アテクシ、英語の権威なんですがとか煽って釣堀してほしいんすが。
  1. 2008/08/17(日) 04:50:26 |
  2. URL |
  3. 華南 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/213-6489a909
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。