わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2008年めがねオデッセイ

 わに夫も私も、TOSHIBAのノート型PC愛用なのですが、機体が洒落にならないほど熱くなる。チラシで、電気を使わないノート型パソ用冷却シートというものを見たわに夫、これ買ってくるvと、出掛けて、新しいノート買って帰ってきた。なんや、それ…orz

 私のメガネ苦労は未だ継続中で、やっと新しいめがねが出来てきたのですが、コンピューターのスクリーンが良く見えない。普通に掛けていても、なんか吐き気がしてくる。どこに焦点を合わせたら良いかわからなくて、目が当惑してるって感じで、もう一度検眼しなおしてもらい、処方箋の書き直しと、新しいコンピューター・読書用メガネの処方箋を書いてもらいました。で、これを作るのに、また1-2週間。これが出来てきたら、今度は今かけている、なんとなく合っていないレンズを新しい処方箋に合わせて作り直すのにまた時間が掛かる。ああ、不幸だ…
  1. 2008/08/30(土) 22:28:47|
  2. わにの傾向と対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<サンディエゴ動物園 | ホーム | ぺイリンはベーリング海のかなたに>>

コメント

>年とともに水晶体が濁っていくのは、紫外線による影響が一番大きい
うわわ!コロラドの雪山、カリフォルニアの海… 私、とっても危ない!ちょっと気をつけるようにします!

  1. 2008/09/07(日) 08:36:52 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

手術しなかった右目の状態

僕の手術は、全部で10分か15分でした。局所麻酔や消毒などの準備作業の後、水晶体を覆っている袋状の膜の端を少し切り、水晶体を超音波で砕き、それを吸い出し、人造レンズを入れ、後はガーゼなどで目を覆って終わりの感じでした。傷は勝手にふさがるので、縫ったりはせず。

元々左目だけが強い近視(+乱視+老眼)で、右目は普通の近視(+乱視+老眼)でした。そこで、左目の人造レンズを右目と同程度の近視にしてバランスをとりました。

右目は今までどおり。しかし、左目に透明なレンズが入った結果、右目が少し白濁して来ていることに気づきました。がーーーん。年相応の濁り方で、まだまだ老人性白内障の手術をする必要はないけど。

年とともに水晶体が濁っていくのは、紫外線による影響が一番大きいみたいです。春の山にスキーに行ってしまうので、その時、いかに紫外線から目を守るか、問題ですね。
  1. 2008/09/05(金) 06:38:25 |
  2. URL |
  3. Miyata Haruo #-
  4. [ 編集]

うわわ…やっぱり、天然物の目を大切にしなければなりませんね。湯気の掛かった状態…なんだか、とてもつらそう。左目だけが、人造レンズ調整で良く見えるようになったのですか?それとも、矯正は両方一緒に?

私の今の、この合っていないメガネをかけている状況って、眼に悪そうでコワイ。新しいめがねは来週には出来る予定なのですが、今、コンピューターの画面を見るのも、顔をしかめて一生懸命焦点を合わせながらです。母は緑内障になりかけたので、私も注意しなければ。

眼の手術は、本当に進化していますね。最近、知人がレーザック手術を受けたのですが、7分で終わったと聞いて驚きました。たったの7分!?
  1. 2008/09/04(木) 14:05:27 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

眼鏡で矯正できるうちが花かも

原因不明の白内障になった左目の水晶体を人造レンズに交換する手術を去年3月に受けました。眼科で使う光学系機器の世界主要メーカーで技術開発をやってきた従兄が手術の2日前にたまたま来て、自慢話をしたとおり、手術はごく簡単でした。(目を開いたままでないと手術できないことだけは想定外だったけど。)

そして、湯気の向こうに物が見えるような状態から、すっきり見える状態になりました。また、人造レンズの度の調整の結果、度の強いレンズも不要になりました。

でも、天然物のレンズは、自分で厚みを変えられるのに、人造レンズではそれができません。やっぱり違和感があります。屈折率が最高の素材を使ったレンズを待たなければならなくても、親からもらったレンズに代わる物はありません。
  1. 2008/09/03(水) 08:15:49 |
  2. URL |
  3. Miyata Haruo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/225-64d6c4b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。