FC2ブログ

わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

列車事故発生!!

 車がない間は、若息子をお隣か、ご近所に住むクラスメイトのお家に預かってもらって、自転車で上息子送り迎えしていました。中学校は、安全面への配慮から自転車通学を禁止しているので、上息子を歩いて送った後、自転車全力疾走で帰ってきて上息子を小学校へ連れて行くのですが、途中で結構な勾配の坂道が一つだけあり、ここは難関だ!ツール・ド・フランス参戦中のつもりで、イエロー・ジャケットは俺のもんだ!などと呟きながら昇ったり、指輪物語・二つの塔ラストシーンのガンドルフになったつもりで、あの丘の向こうで壮絶な戦いが今この瞬間に繰り広げられてるのだ、急げ、わにドルフ!などと言いながら漕いでいます。いいトシして、ちょっと自分でも恥ずかしいけど。今日は、わに夫が車が要るとかで、またも自転車でお迎えに行かねばならぬことに。また、わに・アームストロングと化して漕ぎました。

ところで…

 まだニュースが余り入ってきていないのですが、LA郊外で通勤列車と貨物列車が衝突したという大事件が!?!金曜午後4時半ごろ。少し早めに家路に向う人達で混み合っていた列車の事故の第一報を聞いたときには、数年前の尼崎でのJP脱線事故を思い出させて、背筋が寒くなりました。ニュースの映像で見ると、前の方の車両はぐちゃぐちゃになっており、未だ救出作業が続行中ですが…被害者が少なければいいのですが…

 車よりも時間は掛かるし融通も利かないけど、安全だから、という理由で、電車通勤を選んだ人も多いのではないかとおもいます。この列車には、郊外の住宅地、Simi Valley に住む人が多く帰宅中で乗り合わせていたとか。ここは、わに一家がLA移動決定時に、住む街の候補として挙げていた街の一つです。もし、そうなっていたら、わに夫は、きっと電車通勤をしていたと思う…

 それにしても、列車同士が正面衝突なんて、ありえない!一体、どうなってるの!?!
  1. 2008/09/12(金) 20:54:29|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ピーターセン自動車博物館 | ホーム | 7年目の…?>>

コメント

>赤信号を見落としてもブレーキがかかります
そうか!信号見落としたから衝突なんて、何かが変だと思った違和感の謎が解けました。日本じゃ普通に考えられない事故だと思っていたんですよね。なるほど、日本じゃ自動停止システムが普及してるからなんだ…って、この地域のメトロリンクには設備がなかったというのが違和感なのかな…

 暴走運転手のお蔭とはいえ、事故後すぐにカーブの手前の自動減速設備に投資できる日本の鉄道会社というのは、負担は大変でしょうが、矢張り安全に気を使っているのだと、頼れるように思います。東北地震の際にけが人を出さなかった新幹線など(あのFlashには泣かされた)、安全措置が徹底していると思えるので、電車は車より安全かなと安心できるけど、ここの電車、乗るの怖いし。

 LAメトロリンクは、つい数年前にも、自殺志望の男の車にぶつかって多くの死者を出したばかりなのに、その後も何ら改善措置をとっていなかったようです。しかも、ニュースでインタビューに答えていた事故現場周辺住民のお話では、この正に事故のあった場所は危険だからと住民が改善を求めていたんだって。転ばぬ先の杖ってコンセプトはないんかね!?
  1. 2008/09/16(火) 20:54:00 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

日本では、ほとんどの路線にATSが設置されているので、赤信号を見落としてもブレーキがかかります。福知山線の事故以来、カーブにもATSを設置しなければならなくなり、カーブの手前で自動的に減速するようになりました。滅多にお目にかからない飛ばし屋の運転士さんがいたために、鉄道会社の負担は大変です。
  1. 2008/09/16(火) 07:02:23 |
  2. URL |
  3. 宇宙ハンター55 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/231-6305acbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。