わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ピーターセン自動車博物館

 La Breaで、地震などの自然災害に備よう!という趣旨のイベントがあったので、行ってきました。備えあれば憂いナシ、色々と情報を仕入れてきました。イベントステージでは、9-11追悼と、当時の警察官と消防間を称える式典が行われていましたが、多くのLA警察官や消防士が、昨日の列車事故の遺体改修作業真っ最中だというのに、遠く離れた東部で七年前に起きた事件の際に出張した警察官、消防士を称えているというのは、余りにタイミングが悪くて、違和感ありあり…

 その後は、ロサンゼルス郡立美術館のお向かいにある、Petersen Automotive Museumへ。私的には、息子達が行きたがってるし、まぁ付き合うか、って感じだったのですが、意外と面白かった!外観のイメージより館内は広くて、一階の展示は、自動車発展の歴史や、この博物館の建つロサンゼルスのメイン・ストリートの一つ、ウィルシャー通りの変遷がメイン。二階には、息子達垂涎のミニカーに関する展示や、マッハ号、バットモービル、ハーピー、「グリース」のコーベットや、「インシー・ジョーンズ」のメルセデツなど映画に出た車、ドラッグレース用の車に、かつての大統領専用車、タッカー、市販された自動車の中で一番速い車等々、車好きなら絶対、お目々がキラキラしてしまうような豊富な展示が。

 現在、PIXARの映画、「Cars」の美術関連の展示催しをしていたのですが、その中央にどっかりと座るは、1951 Hudsonです。映画の、Doc Hudsonのモデルね。このハドソン、なぜか、ネバダ州のナンバープレートに「McQueen」と。なんでー?マックイーンは、主人公でしょ?ライトニング・マックイーンでしょ?と、思って説明書きを読んだら、なんと、このハドソンは、かつて、俳優・スティーブ・マックイーンの持ち物だったんだって!Lightening McQueenの名前は、Steve McQueenへのオマージュ…という噂の信憑性が!?写真、いっぱい撮ったんだけど、暗くて私のオリンパスのコンデジでは上手く撮れてなかったので、Webで画像拾ってきました。

hudson.jpg

 ところで、ドック・ハドソンの声は、実生活でもレースカーのドライバーだったポール・ニューマンでしたね。うちの息子達には、サラダドレッシングのラベルのおじさんとして知られていますが…orz

 この博物館、館内に納まりきらなかった(?)車が、隣接駐車場内に展示されているので、駐車場もチェックが必要。別に自動車に特に思い入れもなければ、興味もない私にも、十分楽しめるハク部t巻でした。入場料は、子供(5-12歳)5ドル、大人10ドルです。車好きには、たまらない博物館かも!?
  1. 2008/09/14(日) 23:39:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<晴れた日曜日のシアワセ | ホーム | 列車事故発生!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/238-ae18c866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。