わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カリフォルニア州条例案

 うちのバスルーム、換気扇がないせいか、すぐ黒かびが生えてきます。毎日、シャワーを浴びるたびに擦り落とすようにしてるんだけど、天井はそうも行かないので、数週間ごとにブリーチ入り洗剤ぶっかけてカビ落としするんだけど、今朝は何かやりすぎたようで一日中頭痛かった。しかも、カビ落ちてない。天井の黒かび菌が、あざ笑わっているような気がする…

 黒かびに嘲笑われながら、ニュースをチェックしていると、LA郊外のオレンジ郡ではドライブスルーで、有権者登録が出来るようになったという記事が。おお、これはいい考えだねぇ。OCは、温暖な気候と便利さで引退先としても人気が高く、裕福なお年寄り人口も多い。バリアフリーで車から選挙に参加できるというのは、そういった人達には特に朗報だと思う。アメリカでは投票日は毎年11月の第一火曜日で、今年は4日になるのだけれど、今年は特に大混雑が予想されています。でも実は、そんな混雑を避けて、前以て郵便で投票することも可能。話題になるのは大統領選だけだけど、実際のところ細々とした役職だとか、法案や新規制等々、選ばなきゃならない項目が一杯あって、ブースでちょいちょいと選択って不安。例えば、今回の選挙では審議されるカリフォルニア州条例案(Proposition)は、以下の12個:

1A. ロサンゼルスーサンフランシスコ間に高速鉄道建設に995億ドルの州債発行
2.  家畜の飼育スペース拡大の義務付け
3.  子供病院拡大・充実のための9億8千万の州債発行
4.  未成年の中絶には48時間以上前に保護者の承諾が必要
5.  麻薬の関連する非暴力的犯罪を犯した者に対し、収監ではなく治療を施す
6.  州予算の1%を犯罪防止に確保
7.  クリーン発電の拡大
8.  同性間結婚の禁止
9.  犯罪被害者の家族への法的強制力を認めた州法の改正
10. 代替エネルギー車購入者に対するリベート用に50億ドルの州債発行
11  代表議員区の区分けを市民委員会に委託
12. 退役軍人に低金利住宅ローンを提供するための州債延長

 これだけでも、YesかNoかの選択に悩みそうなのに、他にも市やら郡やら、勿論、連邦の条例案あり、地方自治体の議員などの選択あり、等々で、選挙の手引きの小冊子だけでも数冊あるくらいだから、私なら家でじっくり選択して投票するほうがいいな。

 上の12で一番話題に上るのは、Prop.8こと、先に合法化されたばかりの同性間結婚を違反化しようという条例案。ブラッド・ピットが、この条例案に反対しようと大きな新聞広告を自費で出したりして、色々と取り沙汰されています。セレブが支持してネタになるのはProp.2で、折の中に閉じ込められて身動き出来ない鶏さんに、動き回れるスペースを与えることを義務つけよう、というもの。これが通れば、卵や鶏肉の値段が上がるでしょう。これ自体は良いとは思うけど、セレブな若い女性がすげえ高そうな首輪したチワワを抱いて、ニワトリさんかわいそう!ってやってるのは、凄い偽善臭い…
  1. 2008/10/21(火) 22:10:11|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<経済こけて犬と猿の気が合う | ホーム | 移民問題に思う>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/272-78f867b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。