わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

黒猫の街

 上息子が風邪を引き、熱はないもののガラガラ声なので、念のため学校を休ませました。午前中、寝まくったら随分と元気になったので、精の付くものでも食べましょうか、と、和食レストランの寅福へ。息子をダシに、プチ贅沢。くふくふ…
 息子は豚カツ定食($12)、私はアジフライとかきフライの定食($10)を注文。先日、マリブの突堤でバシバシ釣れてるのを見て以来、アジ食べたい…と、思っていたので嬉しい。もしかして、マリブで釣れたアジかしら… 牡蠣フライは、幾つかの牡蠣をごそっと纏めて一つの塊に揚がって出てきた。こんなの初めて見たよ。東京では普通なの?

 ランチの後は、寅福のお隣、本屋さんチェーンのBurnes & Nobleに寄ったのですが、ハロウィーンを間近に控え、ホラーやオカルト本のコーナーが出来てました。で、そのコーナーの地元の作家による作品の棚がやけに充実してるなと思ったら、レイ・ブラッドベリ作品がずらりと並んでた。確かにブラッドベリ御大のお宅は近所らしいが、フツーにご当地作家コーナーにレイ・ブラッドベリって、なんか違和感が…

 で、ブラッドベリ御大の住処だから、ではないだろうけど、この近辺、黒猫が多い!(とはいえ、随分昔の写真みたいだけど、確かに黒猫を抱いてる…まさか、この猫の子孫ってことは…) 公園には野良の黒猫一族が住んでいて、運がよければ黒猫ダンゴを見ることが出来る。普通に近所を犬と散歩していても、そこの飼い猫なのか、野良が勝手に昼寝してるんだかは判らないけど、玄関先に黒猫がタムロしている家がやけに多い。この子達みんな、多分、血縁なんじゃないかと思う。
 こんなだから、家の前を黒猫がふらふらと通っていく度に、うちのクロが勝手に家を抜け出したか!?と、大いに焦ります。猫なんぞ家の外に居たら、あっという間に裏庭に住むコヨーテくんか、夜にお山から降りてくるピューマさんのお食事になってしまうコロラドで育ったクロは、外の環境には慣れていないし、うちの前は交通量が多いので、こわくて表に出ないよう気を付けているのです。勿論、家の前を通っていく猫たちにシャーシャー、フーフー喧嘩を吹っかけたくる我が家のチンピラ娘は、自分も外に出て追っ払いたいと思っているようですが。でも、母ちゃんは過保護なので許しません!
  1. 2008/10/23(木) 23:03:15|
  2. 犬達と猫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<こわい話 | ホーム | 経済こけて犬と猿の気が合う>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/274-e6976d77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。