わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

007 Quantum of Solace

 空気悪いので、屋内娯楽で、007映画見に行った。邦題は「慰めの報酬」。配給会社さん、頑張ったな、って感じ。以下、色々とネタばれなので、ご注意くだされ。

 しょっぱなから、カメラ回る回る、臨場感があるというより、視点がグルグルしすぎて、もー、誰が何やってんだか良く分からない。いまどきブレア・ウィッチ・プッロジェクトじゃないんだから、勘弁してくれー、と、思った。で、ボンドくん、殺す、殺す。殺しすぎて、Mに文句言われてる。物も壊しまくる。特に最初の追っかけシーンでは、本当にやったらイタリアから入国禁止を食らうのは必至。後のスマートでエレガントなスパイのイメージはなく、荒削りな男で荒っぽいアクションの連続です。それは、ダニエル・クレイグの男っぽい容貌に似合ってはいるんだけど、「どちらのジェイソン・ボーンさんでしたっけ?」って思ってしまうシーンもいくつか。なんかゴルゴ13を髣髴させもしたし、実写版ゴルゴは、ダニエル・クレイグが髪を黒く染めたら完璧だ!

 今までの歴代ボンド・シリーズの一話完結とは違い、今回は前作の続きのお話で、やっと、謎の組織「Quantum」の名前が出てきたところ。次作も同じ話が続くようです。ソ連とか東側諸国なんて、明解な敵がいた時代は、スパイ映画のお話も作り易かったんだろうな。環境保護を訴える会社のオーナーが悪役、っていうのは、皮肉っぽくて面白かった。

 前作同様、以前のシリーズとは違う点が沢山あって、007も21世紀に向けて方向転換したんだなー、って感じでした。決め言葉の「ボンド、ジェームズ・ボンド」もなかったし、Mは感情をあらわにする場面が何度かあったし、最後にヒロインとしっくりぽっくりしているところでカメラがパン、な終わり方でもなかったし。そのヒロイン、エキゾチックで謎めいた美女であることは今まで通りだけど、人を殺したことのないボンド・ガール、というのも、実は新しいんじゃないかな?そして、Mはやっぱり漢前でした。さすがのデイム・ジュディ・デンチ、ふとした表情とかが上手すぎる…ボンドガールよりも、Mに憧れるようになったのは、トシを取った証拠かしら?

 そして、一番の違いは、007シリーズの名物だった特殊道具の数々。Qも登場しないしね。荒唐無稽な道具は影を潜め、こんなの今実在してても全然おかしくないって通信機や捜査システムが色々と。冒頭のカーチェイスでも、マッハ号みたいな武器は出てこず普通の車みたいだったし、ある意味では呆気ないほどにリアルなのです。じゃ、特殊道具のない007がスーパー・クールで他と一線を画するポイントはといえば、服装、かな?ボンドはいつもお洒落だけど、今回の映画でも、次々と高級スーツを着替えています。LA Timesに出てた記事によると、ダニエル・クレイグのスーツは、生地はイタリア製で、わざわざ007映画用に織った特注モヘア。スーツ一式は14,800ドルだって。凄すぎる。007といえばタキシードと、マティーニですが、今回もちゃんとびしっと決まったタキシード姿でパーティーに潜り込みますが、このタキシード、実は他人のを盗んだもの。それでも、サイズぴったりなのが笑う。伸縮自在、魔法のタキシードなのか、ボンドさんのほうが魔法のボディーなのか!?マティーニの方は、飛行機のファーストクラスで注文してました(かき混ぜるのではなくシェイクで)。どうでもいいけど、ボンドさんは本当にお金持ちだなぁ。

 かっこいいけど、かつての007シリーズの、そこはかとないユーモアみたいなのは感じられなくて、ひたすらハード路線だった。007シリーズってよりボーン・シリーズみたい。なんか、もうちょっと、肩の力の抜けたお洒落なボンドさんが、少し懐かしいかも。あ、一応、昔のボンド映画へのオマージュ的シーンもありましたよ。ゴールドフィンガーのあれ…


すみません、単なる出来心です…
  1. 2008/11/16(日) 22:54:58|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<少し泣く | ホーム | 火星の夜明けだ!(?)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/292-4f3b0519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。