わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

消費者金融の台頭に思うミドルクラスの崩壊危機

 毎日、毎日、暗いニュースばかりですが、今日のLA Timesには、日本で言うサラ金のような機関である、Payday Lendersの中流層の利用が増えている、との記事が出ていました。この記事は、ここ:More in middle class using payday lendersから見てください。

 とんでもない額の手数料、利率(CA州では利子率なんと年459%!)にも拘らず、利用者はここ数年、特に目だって増え続けているそうです。「チェックをキャッシュに」という看板を上げた融資機関は、ワシントン、D.C.ではH Streetにありましたし、オースティンやデンバー周辺では中南米移民が多く住む地域で見かけたものです。それがここ二年ほどで、ミドルクラスの住む郊外に店舗を増やしているのだとか。そういった店は、ショッピングモールのウォルマートやスーパーと同じ並びに入っており、見た目は普通の銀行のような感じ。

 興味深いことには、こういった高利融資機関の上げている利益が、実は通常の銀行などと変わらない、ってとこ。こんな短期融資機関の大手、Check Into Cash創設者Jonesさん曰く、「ほら、見てください。沢山の立派な銀行ビルが見えるでしょう。あなたは、大手短期融資会社の高層ビルなんてものを見たことがありますか?お金を儲けてるのは誰なのか、明らかじゃありませんか」だって。実際、ヴァンダービルド大学法学部とオックスフォード大学が2007年12月に実施した調査によると、高金利短期融資会社の利益は、普通の銀行などの金融機関の利益を、ちょっと上回っただけだったそうです。融資額制限がCA州の場合300ドルだから小額だし、次回の給与を担保にして現金を買うってシステムだから、日本のサラ金みたいには儲からないらしい。

 とはいえ、その調査は1年前のもの。今年…特に8月以降で更に急成長していることは間違いないでしょう。安易に手に入れられる現金、とはいえ、先に書いた通り次の給与小切手が担保だし、法外な(いや、法の許容内なんだが)高金利にも拘らず借りる側には、事故や病気で急にお金が必要になった、そして、クレジットカードや家賃などの支払期日までに一定額を払わないと利子が高くつくから、という事情があるらしい。短期融資機関の利率よりクレジットカードや家賃滞納のペナルティーの方が高いの!?!

 とにかく貯蓄がないから、急にお金が必要になった時にはにっちもさっちもいかなくなる、というのが、アメリカのミドルクラスの現実になりつつあるようです。貯蓄がない、とはいえ、多くは401Kという定年退職後の、いわば年金自己資産を積み立ててきており、今までなら、本当に困った時には、これを崩すことも出来た。それが、金融市場の崩壊で401Kも大幅に目減りしてしまいました。オバマ政権は中間層を保護すると公約していますが、その中間層が崩壊してしまわないうちに保護策が間に合いますように…と、願わずにはいられません。折角のイブなのに、暗い話題でごめんね。 
  1. 2008/12/24(水) 23:57:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<クリスマス?食べれるの、それ? | ホーム | 州予算不足を補う方法思いついた!>>

コメント

サブプライム問題にしろ、CDSにしろ、本来、政府が規制すべきだったのに、(あえて?)見逃した。自己破産の一番の原因が医療費という、セーフティーネットのない医療保険政度。一方で、中間層への負担は増大。思えば、ブッシュ政権はテロの脅威やイラクでの戦争という、派手な事に国民の目を向けさせておいて、その影で中間層を犠牲にして富裕層を一層肥えさせたんじゃないか、なんて気がしてきます。
  1. 2008/12/27(土) 19:36:23 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

中間層

近代型の市民社会の場合、中間層が厚いほど、消費文化や租税が成功することは、複数の本で読みました。

ずぶずぶの日本人の私から見ても、以前からアメリカ政府は中間層を育てるのではなく、借金をさせて社会をまわしていました。

そんなことを露骨にしていたブッシュ大統領を再選させたアメリカ国民がちょっと信じられません。
  1. 2008/12/27(土) 07:20:18 |
  2. URL |
  3. おのぼり #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/329-8c18825c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。