わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

セコイア国立公園

 先週末は、キング牧師記念日のため、月曜日がお休みでした。折角の長い週末、お出かけ大好き・わに家の週末スペシャルは、セコイア国立公園とデスバレー国立公園。セコイアは「大きな木が見たい」という息子達の、デスバレーは「前から行ってみたかった」という、わに夫の希望。地図では東西に並んでいる、この二公園ですが、セコイア・キングズキャニオン国立公園の東側はアクセスがないので、実際には、ぐるりと回らねばなりません。本当は、各公園に3日間費やしたいところですが、わに夫はひょっこりひょうたん島男。いつまた、急に引っ越さねばならないか、全く判ったものじゃないので、カリフォルニアに住んでいる内に、とにかく一度は行っておこうというココロなのです。

 朝8時に家を出発し、昼過ぎにはセコイア・キングスキャニオン国立公園に到着。南のセコイア、北のキングスキャニオンは隣接していますが、今回はセコイアだけを見学。地球上で最も大きな、地上にあって(地下を含むとミシガンで見付かったヤワラタケの方が大きい。詳細はこちら)、単体の(アスペンの森は実は全部で根で繋がったクローン)、生命体であるシャーマン将軍の木を見る。但し、背はレッドウッド国立公園のコーストレッドウッド方が高いので、ここでいう「大きい」とは、体積のこと。わに家、世界最大の木(単体)前で記念撮影。足元は雪です。夏は、ここも大混雑で、記念写真も順番待ちだとか(@_@)
General Shaman's Tree.jpg
根元がこんなに太い


 この木の大きさは、柵越しにただ見上げるより、トレイルからちょっと横手に入ったところに展示されている、3年前に折れて落ちてきた枝を真近にすると実感されます。余りに背が高くて、枝の大きさは下からではよく判りませんが、枝だけでもこんなに大きい!と、しみじみ感動した。これ↓が、その枝。
シャーマン将軍の木.jpg


 他のジャイアントセコイアも巨大なので、特にこの木が大きい!とは、感じられませんが、この一本が特に凄いというのではなく、樹齢2千年、3千年の木々が林立しているのが凄い。ジャイアント・セコイアの長生きの秘密は、タンニンが豊富(セコイアが赤いのはそのせい)なので、木の大敵である火事に強く、木喰い虫が嫌って食べないからだって。セコイアの根元が黒く炭化しているのは、火事の痕なのだそうです。何千年も生きてりゃ、火事くらい何度も経験済み。この地が全米で三番目に国立公園に指定された後、自然火からセコイアを守るため、鎮火努力が行われました。ですが、実は、ジャイアント・セコイアが新たな命を育むには、火事が必要だったのです。一つの松ぼっくりに数万の小さな種子を含むセコイアですが、実際に条件のよい土の上に落ち、芽を出すのは、ホンの数粒。たとえ上手く地に落ち着いても、光を求めて、どんどん伸びるセコイアが育つには、いっぱい太陽の光を浴びる必要があります。その為には、火事によって草や潅木が焼き払われる必要があったのです。かつては山火事が、その役割を果たしていましたが、今では勝手に燃えられては困る(><)ので、綿密な計画を元に人工火事(Prescription Fire)を起こして、次世代のセコイア育成を図っています。

 道路沿いのセコイアを触ってみました。硬く締まった感じはなく、乾いたスポンジに触れるような感じです。気温は低いのに、幹は冷たく感じられません。たたいてみると、ポコポコと軽い音がして、なんだか、ほっこりしてしまいました。木に性格があったら、ジャイアントセコイアは、おとぼけ爺ちゃんタイプじゃないかな?ジャイアントセコイアが生息しているのは、シエラネヴァダ南部のごく限られた地域だけ。大事に守り、育てていきたいものです。
sequoia.jpg
太さは上の写真でも判っていただけるとおもうので、今度は高さを。木の間を通り抜けるプリウス。

 この日は、園内のワクサチロッジ(Wuksachi Lodge)に宿泊。メインロッジにレストランがあり、便利ですが、宿泊ロッジの駐車場は余り広くないので、夏の忙しいシーズンには、メインロッジ側の駐車場に車を停めて、えっちらこっちら荷物を運ばなきゃならないんじゃないかと心配。ロッジの前に物欲し顔で座っている雌のコヨーテがいました。人間に食べ物を貰って味を占めたのでしょう。野生動物に餌を与えないで下さい、と、あらゆる箇所に警告があるのに…

 夕方には、夕暮れを見に、ジャイアントセコイア博物館の近くのビートル・ロックへ。スモッグの海に、夕日が沈みます。親は一生懸命、写真を撮り、その後ろで息子達は雪合戦をしておりました。
  1. 2009/01/17(土) 18:51:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<セコイアの森からデスバレーへ | ホーム | いまどきの流行ものに手を出してみた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/353-14acf722
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。