わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第44代オバマ大統領誕生

 新しい時代の夜明け、歴史の重要な一幕…今日、この日を形容するフレーズです。首都ワシントンで今日、熱狂的な支持者の声に迎えられ、オバマ大統領が就任しました。息子達の学校でも、この歴史的な瞬間を生徒と共に分かち合おうと、全校生徒が教室や講堂で就任式の生中継を観たそうです。わに夫の会社でも、会議室に集まって、プロジェクターで就任式の様子を映し出したそう。

 この就任式に参加するため、一目、新大統領を見るため、全米中から首都に人が集まりました。オバマの就任演説は、現実問題も交え、とても良かったと思います。一部、ちょ…、当のブッシュがあんたの真後ろにいるんだけどwって、部分もあったけど。そういえば、ワシントンに引っ越して直ぐ、クリントンの最初の就任式を見に行って、議事堂の上を一回旋回して、ブッシュ父がワシントンを去るのを見送ったわ。あれから、もう16年だなんて、なんて早い…

 オバマ新大統領はリンカーンを尊敬し、今回の就任式でもリンカーンをなぞった演出が多く見られました。そのリンカーンは、ケネディー大統領との不思議な因縁が認められ、そしてその末弟、テッド・ケネディー議員が、就任式後の正餐最中に痙攣を起こして病院に運ばれたのは、これまた何か不思議な因縁を感じさせます。

 これだけ大きな期待を背負って大統領の職に就くオバマ氏には、期待も大きいだけに、小さな躓きにすら失望も大きいかもしれません(でも、どんな事があっても、ペイリンが副大統領になったかもしれないって事を思えば耐えられるかもw)。就任演説中でも取り上げられたように、イラクでの戦争、経済危機、失業率の急激な増加等々、問題は山積みです。でも、今日のところは、新大統領の就任を素直に喜びたいと思います。オバマ就任演説で謳われた「恐れではなく希望を」という言葉に賛同したいと思います。

昨日、訪ねたマンザナール収容所跡博物館での展示の一つ

一時の自由を得るために、本物の自由を捨て去る者には、
自由も安全も得る資格はない。
  -- ベンジャミン・フランクリン


 以下は、先週末のお出かけ日記です。一日分にたくさん記事があると、読むのも管理もめんどくさいので、日時をさかのぼって、訪れた日の日付けにしています。
  1. 2009/01/20(火) 21:22:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<第44代大統領の仕事初めと「二つの祖国」 | ホーム | デスバレー国立公園とマンザナール収容所>>

コメント

うわー、ライブでストリーミングしていたのですか!私は、ずーっとTVで観ていたので知りませんでした。小浜大統領誕生は、世界中で、多くの人が、その瞬間を分かち合っていたのですね。就任演説は、私も、現実的かつ希望をもたらす良いスピーチだと思いました。オバマ大統領の演説は、語尾が少し上がるような話し方と、文末をはっきりと締める感じが、力強さを感じさせて、私は好きです。思わず、「yeah!」と、賛同したくなるような。オバマがロック歌手にたとえられるのは、こういう部分かも。ブッシュは、もじょもじょ…っと喋るので、あれもマイナスのイメージで損してましたね。クリントンも演説は上手かったけど、ソフトな感じで、オバマとは逆の印象だな。

>イギリス国王の載冠式をアメリカ流の民主主義で表現したもの
なるほど、言われてみれば、その通りだと私も思います。
  1. 2009/01/21(水) 21:57:27 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

私も生中継を見ました!

テレビではなく、オバマ大統領の公式サイトのストリーミングで見ました。マイクロソフトのsilverlightという技術形式でのストリーミングでしたが、すごい!世界中からアクセスが集中したと思うのですが、微動だにせず、演説のときも完全に安定していました。極東の一市民に無料でリッチコンテツを提供できるアメリカの技術はすごいな‥

新大統領の就任演説は、表現が文学的になり(私にはとっても難しかった)、扇動的なコピーはなく、大統領候補から本当の大統領になったのだなときいていて思いました。

テキストで演説を読み返してみたのですが、内容の高尚さに驚きました。夢のような約束手形は出さずに、困難な現実の提示とそれに立ち向かう意志表示を丁寧に表現しているところに感心しました。

ストリーミング放送だったので、上院議員や最高裁判事の入場など、前座も見ることができました。大統領就任式は、イギリス国王の載冠式をアメリカ流の民主主義で表現したものだという感じを受けました。

今後、どのようなことが私や日本、アメリカに起こるかは全く想像できない状況ですが、何はともあれ就任式を生で見られて良かった。私もアメリカ人になったつもりで‥‥

Godspeed, President Obama !
  1. 2009/01/21(水) 08:40:35 |
  2. URL |
  3. おのぼり #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/355-dfd83a88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。