わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

WBC日本優勝!!で、LA Timesが何か不審な件

 侍ジャパン、WBC優勝!アメリカの、WBCへの興味や反応はイマイチでしたが、今朝の、LA Timesは、一面で日本の勝利を大きく伝えました。で、その見出しが、'Baseball War' for old Asian rivals…(-人-) いきなりWarかよ!?!

 左が、今日の一面の写真。日韓の応援団の写真が、ど真ん中に大きく出ています。スポーツ面ではないので、この記事の趣旨は、試合内容の紹介や解説ではなく、あくまでも、日本ー韓国戦を巡る、歴史的な確執、隣同士であるという位置的に微妙な関係、最近の領地問題(竹島のことでしょうね)等の、両国の因縁対決。原文は、こちらから、どうぞ。書いた記者さん達の名前は、テレサ・ワタナベさんと、ビクトリア・キムさん…あんたら、わざとやってるだろ!

 コリアン・タウンのバーで観戦中の、エイドリアナ・コンさん33歳は、「これは、ただのゲームなんかじゃないわ。もっと…そうね、プライドの問題なの。絶対、負けられないわ!」とコメント。「過去を忘れることは出来ない」とは、ショーン・パークさん35歳。「我々は絶対に勝たねばならない!」だって。なんか…鬼気迫ってそうで怖いんですけど… まぁ、フォークナーも「The past is never dead. In fact, it's not even past.(過去は消して死なない。実のところ、それは過ぎ去ってすらない。)」って、言ってる位だしね。

 読売新聞LA支局の、飯田達人支局長は、歴史的なライバルである韓国への敗北を、とても苦々しく思う日本人も居るとコメント。「多くの人が、韓国には特に負けるわけにいかないと感じています。韓国は歴史的に、日本に対してよい感情を抱いていませんし、日本を打ち負かそうとしてきましたから」だって。でも、リトル・トーキョーのレストラン・オーナー、浜村さんは、「第二次世界大戦後に生まれた、僕達、若いもんは、韓国ほどは、歴史的にどうこうとかって拘りはありませんね」と、核心を避け、そして、日本領事館の古沢洋志領事は、「ただの野球ですよ。日本は良いチームだし、韓国もまた、良いチームです」と、大変に外交官らしいコメント。

 リトル・トーキョーのミヤコ・ホテルには、100人弱の日本からの試合観戦客が宿泊中とか。わざわざ、日本から来た甲斐ありましたね!私もせめて、リトル・トーキョーで応援したかったな。一般チャンネルじゃTV放映してなかったし。

 それにしても、LA Timesは、暫く前にも、リトル・トーキョーの日本人シニア向け住宅に多くの韓国人が入居し始め、初めの頃は衝突もあったけど、今は和気藹々とやってます、って記事を載せて、地元住民の「(゜Д゜)ハァ?」を誘ったのですが、今回の記事も、何かを煽ってるような、あざとさが感じられてならない…
  1. 2009/03/24(火) 20:41:02|
  2. ニュースねた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<カリフォルニアで新たに70万エーカーが環境保護地に | ホーム | ご当地エコバッグで逆お洒落>>

コメント

VFW, アメリカの、ですよね?いいえ、集会に行ったことはありませんが、怖くて今後も行けそうにありません。メモリアル・デーのパレードでも、いやな感じがしてしまうので。勝者の驕り、だけではない、何か戦争肯定の雰囲気も嫌です。
 でも、ワシントンの立派なメモリアルを見ると、アメリカがうらやましいと思うことはあります。日本では、首相が靖国に参ると批判されたりするのですもの、靖国で会おう、と、散った戦没者の方々に申し訳ないような気がします。

 スポーツで、国威をどうこう…というのは好きではありませんが、実は野球好きなので、折角のスター選手が一堂に集った試合、TV観戦はしたかったな、と、ちょっと残念です。オリンピックの表彰、アメリカにいるんだから仕方ないんだけど、しつこく何度も星条旗掲揚を見せられると、本当にうんざりです。日本の選手は、最近では、自分が勝ちたいから勝つ、頑張る、という選手が多くて、すっきりしますね。
  1. 2009/03/26(木) 19:56:35 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

国対抗のスポーツは苦手です。応援というより、時に憎悪の表現に終始して、観て聴いて、気持ち悪くなりますから、、、。
ですから、私はオリンピックでも「表彰&国旗掲揚」の部分はチャンネルを変えます。

ところで、ワニさんはVFWの集会に行ったことありますか?私はミーティング本番そのものは遠慮しましたが、その直前の雰囲気には悪寒がしました。

つまり、WBCの観客とVFWのお爺ちゃん達とオーバーラップして、凄く気分が悪くなるのです。
  1. 2009/03/25(水) 17:07:10 |
  2. URL |
  3. 再生可能 #NOQUluTc
  4. [ 編集]

>戦後生まれの若者も、「そんなの、自分たちの生まれる前のことだから関係ないもんね。」とは言っていられない
 この意見は、むしろ少数派…と、いうか、珍しいんじゃないでしょうか。レストランの店主ともなれば、韓国人のお客さんも多いでしょうし、この人は、無難に問題を避けたコメントをしたんだと思います。そんなコメントをわざわざ載せて、韓国側の、歴史のせいで負けられない、って意見と、意図的に対立させてるんじゃないかって、記者のあざとさを感じます。日韓共に、自分の国の最高のプレーヤーが出場して戦ってるんだもの、そりゃ、熱くなるのは不思議でないのに、わざと、歴史だ、領土問題だ、って煽ってるみたいで、この記事にいやらしさを感じます。

 WBCの決勝戦を、アメリカでやる必然性は全くないと思います。ほんと、日韓でやって、儲けも山分けしたほうがずっといい!
  1. 2009/03/25(水) 12:44:03 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

我々、戦後生まれの若者には

我々、戦後生まれの若者も、「そんなの、自分たちの生まれる前のことだから関係ないもんね。」とは言っていられないと思います。筆舌に尽くし難い苦難を味合わせたことは事実であり、それは、戦後生まれだからといって、逃れることのできない責任の問題だと思います。

でも、サッカーのワールドカップの共同開催の成功などの事実も積み上げてきています。日韓の共同作業は、確実に拡大しています。

2月にニューヨークに滞在していた時、NYタイムズは、「ワールド・ベースボール・クラシックなんて、我々は力を抜いて片手間にやっているのに、日本は全精力注ぎ込んでやろうとしているよ。信じられないことだね。」といったことを書いていました。それでいて、今回の興行収入の半分以上は、米国がさらってしまうようなことになっているそうです。それだったら、日韓共同でWBCを主催し、その興業収益も、日韓で山分けにしたいですね。
  1. 2009/03/25(水) 08:41:59 |
  2. URL |
  3. Miyata Haruo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/420-5be965e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。