わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「もののけ姫」

 折角、圧力鍋を手に入れたので、オックステール・シチューを作ろうと、血抜きをしていたら、猫がふーはー、ふーはー、鼻息荒くして、血抜きしてるパッドの中の水を舐めに来るんで困った。なんか、目が血走ってるし。お母さん、そんなアンタがちょっとイヤだよ…

 と、猫を押しのけつつ、「もののけ姫」を見ました。上息子が歴史の授業で、神道について習っている最中で、その参考として、途中までクラスで見たんだって。で、続きが観たい!って言うので、吹替え版を借りてきたのだ。この先生は、儒教を教えるのにスターウォーズからヨーダの場面を、道教を教えるのに「くまのプーさん」を、クラスで見せたそう。日本人的には、神道といえば、「千と千尋の神隠し」かと思ったけど、言われてみれば、もののけ姫って、神道?

 私は、「もののけ姫」で描かれているのは、たたり神や、シシ神と、「神」とは呼ばれているけど、むしろ土着民俗学的フォークロア(民話)の世界かと思っていました。デイタラポッチや、コダマの存在、アシタカやサンの持つ縄文的な部分とかアミニズムが、そう思わせたのかも?すると、私が神道として接しているのは、実は、民話世界?とか、色々、考えてしまった。それにしても、森が破壊され、コダマ達が次々を死んでいく場面は、どんな環境保護団体の叫びよりも、自然破壊反対のメッセージとして強力じゃないかな。

 ちなみにオックステール・シチューは、手間掛かった割りに脂っこくてイマイチだった。最後に笑ったのは、煮込んだ後の骨をゲットした犬達。
  1. 2009/03/29(日) 23:45:37|
  2. 本と映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<GM、クライスラーへの執行猶予延長 | ホーム | 沖合いに鯨の群れを見た!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/425-86823c54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。