わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Art Walk @ Miracle Mile

 ロサンゼルス群立美術館、ピーターセン自動車博物館などが軒を連ねる、ウィルシャー・ストリートのミラクル・マイル地域で、今日はアート・ウィークが開かれました。先の二館に加え、ページ博物館と工芸・民芸博物館が入場無料になり、周辺ギャラリーの多くがオープンハウスに参加します。この機会に、以前から興味のあった(でも入場料は払いたくなかったw)工芸・民芸博物館(CAFAM)を見て、ハンコック公園でのアート・イベントを見て回りました。サンプルの缶コーヒーやコーラなど色々タダでもらえて嬉しかった。若息子は、アート・スクールのテントで、キャンバスを買ってその場で絵を描くイベントに参加。わざわざ、タール池前のイーゼルを選び、池の縁に設えられたマンモスの像を前にして、ほぉ、マンモスの写生かな、と、思えば…


いきなり抽象画!?


拡大図

 そういえば、直前に、工芸・民芸博物館で、Michael C. McMillenの実験フィルム、”The Asylum of Lost Thoughts”に見入ってたけど… 上息子は、わに夫とページ博物館に行ってしまい、母はタダ缶コーヒーを飲みながら、小一時間ほど若息子の絵が完成するまで、ひたすら待つ。私もキャンバス買って何か描こうかなと何度も思ったけど、自分に絵心がないのはよく分っているので、なかなか踏み切れない。若息子の完成作品は、なぜか描きはじめの頃と、キャンバスが逆さまになっていたw

 若息子のゲージュツ作品が完成したところで、ギャラリー巡りへ。普段は敷居が高くて入りにくい画廊を、訪れてみるチャンスです。でも、今回はイマイチ不作で、「ほぉ…!」作品には出会えませんでした。今日はこのあと、メルローズのアート&デザイン・ウォークへ行きたかったのだけど、若息子にずっと、我が家でお泊りをせがまれていたので断念。このウォークには去年に参加して、とっても楽しかったので、今年も楽しみにしてたんだけど、ここ数週間、ずっと、お友達の家だったし、来月の週末はずーっと予定が詰まってるし。で、小学生男子3名をわに夫に任せて、上息子と私は、ピクサーの新作「Up」を見に行ったんだけど、チケットが売り切れてた。仕方ないんで、家でこうしてグダグダしております。明日は、「Up」見に行くぞ!
  1. 2009/05/30(土) 21:48:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Pixarの「Up(カールじいさんの空飛ぶ家)」 | ホーム | 逆人種差別の時代が来た?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/481-78a7613e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。