わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

展望鏡を発明したのは誰でしょう?(ガリレオちゃうよ)

 雨、同時に晴れでした。どっちかに決めろ!アメリカにも「狐の嫁入り」があるのだろうか、その前に、LAに狐は住んでいるのだろうか?と、悩みつつ、今日はまた遠足の引率で、グリフィス天文台へ行きました。ちょうどラッシュ時にダウンタウンを経過してグリフィス公園に行くなんて、きっと渋滞に巻き込まれるだろうと思ったのですが、スクールバスの運転手さんは、高速の出口ランプから、そのまま入口ランプへ突っ切ったり、混みあうインターセクションでは一旦高速を降りて迂回したり、道を知り尽くした運転ルートで、時間前に華麗に到着。流石はプロ…

 どんより曇った空の下の、グリフィス天文台。他の2クラスのバスは、まだ着いていません(渋滞に巻き込まれて、遅れて到着したそうな)。

望遠鏡のドームが開いています。何が見えるのかな?


 まずは講堂で、彗星の作り方講座。若息子、これを見るのは3度目w 砂、BBQで使う炭、窓拭き洗剤をジップロックバッグに入れて、砕いたドライアイスとガシャガシャ混ぜれば、はい、ミニ彗星~★ その後、プラネタリウムで天体ショーを見る。ナレーションは録音されたものではなく、説明員の方のナマ出演。声も良いし、すっごく上手で、感心しました。プラネタリウムのショーは、人気が高くて切符を入手するには早くから並べねばならないので、今まで見る機会がなかったのですが、人気があるのも当然、とても分り易く太陽系のことを教えてくれる、迫力たっぷりの上質のプログラムでした。

 展示室に移っても、一般公開時間前なので、いつもは押し合いへしあいの展示をゆっくりと見学することが出来ます。今日は何校くらい来ているの?と、お化粧ばっちりの係員のお兄さん(誤字にあらず)に尋ねてみたら、「そうねぇ、今日は10組くらいかしらん。この時期は多いのよねん」だって。

 ここで説明してくれたのは、ボン・ジョビの扮装をしたジャック・ブラックって感じの、実に芸達者な天文学者さん(本物)。
 
 本物の天文学者: 最初に天体望遠鏡を発明したのは誰だー?!
 子供達(自信満々):ガリレオ・ガリレイ!
 本物の天文学者: はずれー!大外れー!!
 子供達(びっくり): なにィ!?!

 ガリレオが望遠鏡を発明したというのは、トム・ペニーがスケートボードを発明したって言うのと同じくらい誤りで、望遠鏡を最初に発明したといわれているのは、一応はオランダのリッペルスハイって人…ってことになってるけど、この人は商品化したってだけで、レンズを二枚重ねて、「お、山が大きくなったぞ、今度は小さいぞ」と、レンズの屈曲率によって遠くのものが近くに見えるという事を発見したのは偶然から。だから多分、最初に望遠鏡を発見したのは、君達と同じような子供達だよ、というのが、今日のタイトルの答です。そしてグループは、展示室入口横へと移り…

テスラ・コイルー!!!



 疲れたけど、楽しかったです。
  1. 2009/06/03(水) 22:21:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<天安門事件20年目とオバマ大統領エジプト演説 | ホーム | イランをジャパンのように取り扱えって?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/485-5ae32d9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。