わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

LA市街地運転地獄

 所用で、レドンド・ビーチへ行きました。郊外であることに加え、ビーチタウンだからなのか、どことなくノンビリした雰囲気の街で、すっかり和んでしまいました。通りすがりに「Hi!」と微笑む人たち…そういや、アメリカ人ってフレンドリーな筈だったよね。地図を確認していて、信号が変わったのに気付かず発車が遅れても、いきなり警笛を鳴らされず、大いに恐縮。ごめんね~と、手を振ったら、後ろの車も、いいよ~ん、と、手を振り返してくれて、ちょっと嬉しかった。でも、一体いつの間に、こんな事が、ごく普通の出来事じゃなくなったんだろう?路上の最大障害物はエルクさん達だったコロラドのお山や、暗黙の了解は相手に道を譲ること、のテキサスのだだっ広い空の下では、のほほ~んとしていた筈なのに、この二年弱で、自分も随分とトゲトゲした運転をするようになっていたのかも。

 車社会ゆえに、いつも混み込みのLA市街地では、狭い道を沢山の車が目的地無向かって大急ぎな上、限られた駐車スペースを巡って真剣勝負。小型車用駐車スペースに平然と停めてある大型車(レクサスLXやリンカーン・ナビゲーターはいつから”Compact”になったんですか?)、左折禁止なんてムシ、駐車場入口から何故か車が出てくるのも日常茶飯事で油断できない。高速が事故で渋滞した時、入口を逆行して出て行く車の多さには呆然。一時停止の順番無視、無茶な割込み、頻繁な警笛…言い出したらキリなしで、いうもピリピリしているような気がします。

 前から来た車に道を譲ろうと端に寄ったら、後ろの車がビューンと追い越していって、目の前で追突寸前、ヒヤリ!なんて事が数回あってからは、敢えて、後続車があれば端に寄らないことにしました。目前で事故られたら、私にも責任あるし。中学校の送迎時間は毎日、壮絶バトル。無茶な割込みをしたり、平気で道路の真ん中に停車して子供を降ろす常習犯のメルセデツが遂にチケットを切られたのを見て、つい爽快に思ってしまった自分も嫌なヤツだ。

 そういえば先日、中学校前で、私の車は少し駐車場入口に掛かってしまうので、車半台分のスペースを開けたまま停止してる前の車に移動してもらおうと、軽く警笛を鳴らしたら、いきなり、「What's your problem!?」って怒鳴られた。私のProblemはアンタです。窓を開けて、「車停めたいから、ちょっと前に進んで!」と叫び返したら、一層ファビョられて喚かれた。つい私もカッとして喧嘩腰みたいな声になっちゃったのかも。私が車を降りて、悪いけどちょっと前に進んでくれない?って頼みに行ってれば、こういうことにならなかったのかなぁ…と、反省

 ふと家の前見たら、隣家のBMWがど真ん前に停めてあったよ。なんで、自分ちのドライブウェイに停めない?なんで、二台分の駐車スペースを占領する?あーあ、こんなんばっかり…
  1. 2009/06/12(金) 22:08:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プリンを押しやるため、イラン大統領選について考える | ホーム | マイルドセブンの最期?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/493-98b8f6dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。