わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アメリカの悲劇

 トラックを売り払って以来、一年以上、前が凹んだままのプリウス一台でやりくりしてきましたが、車社会、LAでは、日常的な不便さは否定できません。引越しの可能性もあるし、キャンプにも行きたいし...と、SUVに食指の動く今日この頃、トヨタとホンダのディーラーに、試運転に行ってみました。目当ては、Ruv-4と、CR-Vの比較です。わに家は、というか、わに夫は4駆でガタガタ道を走るのが大好きなのだ。トラック・ラムくんは、テキサスの荒野やロッキーの雪道を、嬉々として走り回ったものだけど、LAで4WDは必要ないし...と、思ったら、夏になればキャンプに行きたくなる、山間部や砂漠地帯に行けば、横道に入ってみたくなる…で、乗り比べてみた結果は、
  どっちもどっちやね

 敢えて言うなら、CR-Vの方が小回りが利き、シートの感触がいいけど、全体的な運転感覚は、Ruv-4のほうがいい。でも、これは、同じトヨタのプリウスに乗り慣れてるからかもしれない。 値段、燃費はほぼ同じ。内装はCR-Vの方がお洒落だけど、トヨタの収納スペースにかける意気込みも捨てがたい(特にカップホルダーw)。外観は、ちょっとRav-4の方が好みかな。結局は、値段やディーラーの便利さによるかと思いましたが、そこはディーラーも心得たもので、互いに相手の条件に合致させるといいます。最終的には、トヨタとホンダ、どっちが好き?が、決め手になるのかと。

 ついでなので、ホンダのパイロット、トヨタのハイランダー(日本ではクルーガー)と、クロスオーバー車のVenzaも試してみた。ベンザとは妙な名前だと思ったら、北米専用モデルなんだって。ま、日本の便座はヒーター付きであったかくて快適、トイレも高機能だからw Venzaの見た目は、いかにもアメリカ成金が好みそうなデザインだと思ったけど、ワイドアングルの後方カメラや広々とした車内スペース、ATでありながら、マニュアル感も楽しめる5速ATは、なかなかの優れもの。でも、この名前とデザインは、日本じゃちょっと...だね。

 それにしても、トヨタとホンダのディーラーを見て思ったことは、アメリカの自動車会社のエンジニアは、一体、何をやってたんだろう?ってことです。車のエンジンなんて、そう変化するものではない。トヨタとホンダのエンジニア達が、少しでも燃費を高めるためにしのぎを削り、ハイブリッド・エンジンを開発し、精密度を高め、エアバッグやレーダーブレーキを開発、商品化し、収納スペースを一生懸命増やしている(^^;)間、「少しでも速く」の時代を終えてからの過去十数年間、GMやクライスラーのエンジニア達は、塗装の新色コンビネーションでも考えてたんだろうか??

 1980年代初期に始まった、映画「ウォールストリート」に代表される強欲の時代、その最大の功罪は、アメリカの頭脳を金融に流入させたことではないかと思います。ソ連との宇宙開発競争時代、60年代の「スタートレック」、70年代の「スターウォーズ」が、若者に示したのは、宇宙への憧れ、新技術かっこいい!だった。米国の最高頭脳は、NASAやMITに集った。それが、80年代になって、金融街のエリート達が注目され、その贅沢な暮らしぶり、日々の金融市場での緊迫したやり取りがグラマライズされた。MBAが持て囃され、「頭のいい子」達は、こぞって、有名ビジネススクールを目指した。で、その結果が、今の金融危機と来たもんだから始末に終えない。

 私の世代はその、理系がかっこよかった時代から、皆がビジネススクールに行きたかった時代への移行真っ只中。技術系や商社から、銀行や証券、そしてマスコミに人気企業が移った頃です。日本もこれからはオチオチしていられません。宗教原理主義に目眩まされてステムセル・リサーチを禁止したように、技術革新や最新医療リサーチを軽視した藪政権8年間は、アメリカの若者達を一層、技術系から遠ざけました。オバマの、宇宙開発再開、技術革新重視の公約は、再び、アメリカの若者達の目を科学と技術に向けることを望みます。

 日本もオチオチしていられません。次世代エンジニアの卵達を、孵化し、育て上げていかねばなりません。彼らを無精卵に終わらせてはいけないのです。「動物のお医者さん」のヒットは、獣医学部人気を高めたし、「もやしもん」の流行は農学部の受験者数を増大させたとか。漫画大好きな麻生首相は、エンジニア、かっこいー!!ロボット開発、さいこー!!漫画を推進し、どうせだから、ガンダム実現化計画を発動すれば良いと思います。いや、マジでお願いします、閣下!
  1. 2009/06/20(土) 22:27:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<父の日には大統領夫妻からメッセージが来るのだ | ホーム | 小学校のボランティア母さんを侮ってはいけない>>

コメント

久々に頭痛で呻ってました。うちの息子たちも、Popular ScienceやScience Illustratedを購読してるくらいだから、エンジニアには憧れていますが、いかんせん、おツムの出来の方がねぇ…(^^;)
 そういや、来週、フィンランドからLAにやって来るKしゃんは、本物の機械エンジニアだ!Kしゃん、エンジニアへの道を指南して。
  1. 2009/06/25(木) 18:51:52 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

まだ語りたい!

イケテない親父2人のミスバスターズに出てるグラント君はかっこいいエンジニアです!ケリーちゃんも可愛い。ストのあおりを食らって、筋がgdgdになっちゃいましたがHeroesのマシ・オカ君。彼もエンジニアですね。可愛い♪v-238
  1. 2009/06/25(木) 15:51:10 |
  2. URL |
  3. ミミ #6lg5qE/s
  4. [ 編集]

らぶ4に1票

理由は単に現行CRVの形がひらったいのが好みじゃないだけです。^^;両方いいですよね。
ハイブリッドの技術もトヨタから買ってるというし、アメリカのエンジニア的には悔しいものがあるかも。でも、ハイブリッドを従来の馬鹿でかいだけのSUVにくっつけて、燃費あんまりあがってなかったりするところは、アメリカらしいというか・・・。

うちの息子はバリバリエンジニアタイプ。ロボットファイトみたいな番組大好きでした。日本だと、全国高等学校ロボット競技大会みたいなのがアメリカにもあるのかしら。でもテキスティングコンテストと同様、「まだまだだな」レベルな気がします。
彼が一人前のエンジニアとなった暁には、ドラえもんを一台お願いしたいです。
  1. 2009/06/24(水) 17:01:59 |
  2. URL |
  3. ミミ #6lg5qE/s
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/500-55eee0e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。