わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アメリカの黄昏

LATimes06-26-09 左は、今朝のロサンゼルス・タイムズ一面です。一日のうちに、それぞれ、70年代と80年代のポップ・カルチャーを代表する象徴が、亡くなってしまいました。エンターテイメントを主産業とする、この街にとっては、特に打撃を受ける人が多いようです。強いアメリカを象徴したレーガン大統領は既に亡く、そして昨日、美しく健康的なアメリカのイメージを印象つけたファラ・フォーセット、ポップ・カルチャーで世界を席巻したマイケル・ジャクソンを亡くしました。産業面でも、かつて世界の製造業界の頂点に君臨したGMは、事実上の終焉を迎えつつあります。

 私などは、モロにファラ・フォーセットとチャーリーズ・エンジェル、マイケル・ジャクソンとMTVに感化された年代で、明るい陽光の下、かっこいいスポーツカーを乗り回し、悪者に空手チョップを喰らわせるチャーリーズ・エンジェルのお姉様方に憧れ、マイケル・ジャクソンの日本公演の放映に「ほえー...」と、口開けて見入った覚えがあります。それ故に、彼らの死と共に、彼らの象徴した、キラキラと眩しかったようなアメリカの黄昏を見るようで、何ともいえない寂しさを感じます。

 アメリカは今、一つの時代の終わりを経験している最中である、と、思います。一方で、今のアメリカを率いるオバマ政権は、先の政権とは一線を画し、次々と改革政策を打出しています。モスリム諸国ならびにイスラエルに対する態度一つをとっても、過去の政権のポリシーとの違いが感じられます。オバマ氏自身が初の黒人大統領である、ということは勿論、人種を重視した最高裁判所判事の人選もまた、この国が本当に人種間の平等に向かいつつあることを感じさせてくれるような気がします。今、一つの時代、一つのアメリカ像が終わっても、陽はまた上り、新たなアメリカが再起すると思いたいものです。


 ところで黄昏といえば、LAオペラの「The Ring」シリーズ観に行きたいけど、チケット高過ぎ(><)!ニューヨークのMetみたいに、立見席や、後ろの方のお手頃価格席も設定してくれたらいいのに... 貧乏人は、オペラ見るな、ってかぁ?(僻んでやる...)
  1. 2009/06/26(金) 23:11:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Night at Museum 2 | ホーム | I (OU)'ll be back - カリフォルニアのドゥームズ・デー>>

コメント

やっぱり!

私は63年生まれ、アメリカに来たのは同じ1987年です。奇遇ですね!私は、最初はニューヨークでした。一年ほど語学留学のつもりが、MBAを取得してキャリアアップを図る、少し年上の日本人女性たちに感化され、自分も大学院を目指したのでした。うちの親兄弟も、「コロラドならともかくロスねぇ」って感じ。そんな事言って、コロラドにだって来なかったのに。実は私も、見放されているクチか!?!(そういや、最後に妹と話したのって今年のお正月...)

 アンジェリーナ・ジョーリーかぁ...(苦笑)。ファラ・フォーセットの衝撃は、ネットなどで次々とグラビアアイドルが創出される今の、若い人達には分らないだろうなぁ… リユニオン・ツアーもですが、同世代のマドンナやボン・ジョビが、まだまだ現役、もっと上のローリング・ストーンズ、アエロスミスがステージをやっているくらいだから、この後に続くのは至難の業ではないでしょうか。妙な話題を振りまくという点では、ブリタニー・スピアーズがマイケル・ジャクソンの後を継いでくれるかもしれないけど。俳優にしても、トム・クルーズやマイケル・J・フォックスに匹敵するようなアイドルも思いつきませんね。シャイア・ラブーフなんて、小物、小物。

 マハラジャでバイトって、当時の最先端・超モテ・Super Coolではありませんか!御見それしましたm(__)m
  1. 2009/06/29(月) 20:51:29 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

時代のおわり etc

やっぱり、同い年ぐらいですかね。僕は1965年生まれでこっちに来たのは1987年、ちょうど レーガン政権の終わり近く、ソウル オリンピック の前年で、まだまだアメリカもカリフォルニアもパワーがありましたね。ポップカルチャーもPatriotic なものがかっこよかったころです: Rambo II, Rocky 4, Top Gun, Bruce Springsteen's "Born in the USA" (although with a bit of irony), Jon Bon Jovi's outfit, John Mellencamp etc. ロスアンジェルスにすんでいるだけで友達、親戚、知り合いやあまり知り合いともいえないのもどんどんたずねてきたものです。 ところが今では、カリフォルニアなんか 日本人はもう旅行先としては興味がないみたいですね。うちなんか親兄弟さえ韓国やヨーロッパのほうがいいといってLAを見放しています (それとも僕を見放しているのかも)。

同い年といえば、実はこっちに来る前は、マハラジャというデイスコで働いてました。DJ の人に ”Making of Thriller" のビデオをダビングしてもらって、そのビデオを持っているだけでなんとなく女の子にもてたような、simple and innocent な時代でした。

うちの職場の若い連中に彼らの世代でマイケルジャクソンやファラフォーセットのようなアイコンはいるかと聞いたら、”Maybe Angelena Jolly” といっていました。アンジェリーナなんかファラの足元にも及ばんわい!とつい、日本の中年のおっさんになってしまいました。

今は僕らの世代がいまだに遊び好きでお金を使うので、70-80年代のバンドがリユニオンツアーをどんどんやっているようですが、いまから20年先にリユニオンツアーができるようなバンドが今ありますかね? ジョナスブラザーズやマイリーサイラスじゃあまず無理でしょう。 

今のオバマ政権はいいですが、やっぱり、振り子が右に動くことはそのうちあるでしょうし、20年先のカリフォルニア/アメリカってどうなってますかね?

  1. 2009/06/29(月) 09:27:55 |
  2. URL |
  3. Honda #fIoVb3AI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/503-14365124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。