わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

LAUSDにお金が足りない理由を見た!(と思う)

 息子たち、今日からやっと通学です。入学式があって、各学期毎に始業式、終業式とけじめをつける日本と違い、アメリカの学校はかな~りいい加減。高校になって初めて、卒業式が大規模に祝われますが、これは、高校になるとドロップアウトする子供も多いので、なんとか卒業まで漕ぎ着けたねぇ、めでたいのぉ...という意味もあるのかな?

 やっと朝、登録を済ませて、母はさっさと帰ろうとしたら、教科書は殆どが家においておくので、お母さん持って帰ってあげてくださいね、と、言われた。アメリカの学校では、教科書は借りて、変更があるまで次の学年に受け継いでいくので、頑丈なハードカバー仕様で、B5サイズというデカさ。これを二人分、8冊。重くて死にそうでした...orz

 LA統合学区とは、各自の負担額が大きく違い、今更ながら、LA市がどれだけ各生徒に費やしていたのか、どれだけ無理な支出をしていたのかを、伺い知ったような気がしました。例えばランチ。LAの中学では$1.50でしたが、ここでは$3.50と、二倍以上です。上息子の話から、ランチは破格だと思っていたので、現実的には、こちらの方が実費に近いのでしょう。だって飲み物(果汁ジュースが牛乳)、メイン(肉類)にフライドポテトや蒸し野菜などの付合せ、果物とプリンなどのおやつを、自分で好きなだけ取って、1ドル50セントです。食べ盛りの中学生、一日に一体どれだけの量を消費していたのか…

 ここでは、全生徒が$5で購入する計画帳も、LAでは無料で配られましたし、ノート、鉛筆、消しゴム…なんて、普通の感覚では、揃えて当然な文具なども、LAでは要求されません。テキサス、コロラドの小学校では、新学期前に長~いリストを貰って、必要なものを準備しましたが、LAでは、極端な話、手ぶらで学校に行っても大丈夫。皆、いくらなんでも鉛筆とノートくらい持参しますが、基本的には、学校側が全て準備してくれるハズ、なのです。

 上息子の数学の授業のために、80ドルほどの特殊な計算機を買わねばなりませんが、これもLAじゃ、全員に貸出しでした。選択授業の音楽(バンド)も、LAの中学では、学校から楽器を無料で借りることが出来ましたが、ここでは自己負担で買うか、借りるか。

 LA統合学区内には貧しい地域も多く、教育に掛かる費用のせいで、子弟を学校にやる事が出来なかったり、やりたがらなかったりという事態を防ぐため、子供達の間で貧富によって差がつかないため、といった配慮があるのでしょうが、裕福な地域では自分達の文具くらいは自分達で持ってこさせてもいいんじゃないの?と、思っていました。細かい所では、テキサスやコロラドでは、教室内で使うティシューやお手拭は、各生徒が持寄ります。LAでは、当然のように学校側が準備します。これだけでも、結構な費用です。そんな風に、消耗品の支出までも賄い続けた結果が、資金不足による教師の大量解雇、夏休み中の補習の中止です。

 日本では、義務教育ではないにも関らず、公立高校の授業料無料化なんかが公約されてるそうですが、なーんか、ちょっとLAの惨状に重なります…タダで高校いけるようにしたら、予算足りなくなったから、先生クビにして、補習なくして、1学級の生徒数増やして、事務員・用務員の雇用時間減らして…となれば、教育の質が下がります。そうなれば、お金に余裕のある家庭は子弟を私立に送り、地元の公立高校の質の低下に繋がりかねません。それは正に、私たちの住んでいた西LAで起きていることでした。お陰で、高い私立は大繁盛、一方で効率の評判は下がっていく。平等のために教育費用を低く抑えた結果、かえって格差を生み出しています。

 日本が同じ鉄を踏まなければいいのですが…と、少し心配です。
  1. 2009/09/04(金) 22:49:56|
  2. アメリカの学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ぶっ飛び首相夫人に期待 | ホーム | 三毛猫ミケの下克上>>

コメント

あと、ギャング抗争で撃たれて死んでた、とかねw
 私は、なんでも一律無料にしちゃうんではなく、払える余裕のある家からは、支給品代も取って、代わりに奨学金制度を充実させればいいのに、と、思いますが、その制度を作るにも大きすぎてどうにもならないのがLAUSDですね。なんでも、全国で二番目に大きく、学力はボトム5に入ってると聞いた事があるような…orz

 増税で公立高校の授業料をまかなうって、不公平な気もしないでもないのですが、文句は出ないのかしら?北欧型の高税福祉国家を目指していくってことなのかな?
  1. 2009/09/08(火) 12:54:12 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

配偶者控除を廃止するなど、増税でまかないますので、日本は大丈夫です。
  1. 2009/09/06(日) 05:34:54 |
  2. URL |
  3. 宇宙ハンター55 #-
  4. [ 編集]

LA学区はSouth Central 地区も含む

花園高校w学校に来ないなと思ったら、逮捕されてたとか、夜逃げしてたとか。
LA学区は大きすぎるので、身動き取れないんじゃないかしら。
まぁ、管理部門ぬくぬく+教員のレイオフとか比較的数字が簡単に出せるところからってのは定番コースです。
トーレンス学区は昔はLA学区だったと思いますが、ビバリーヒルズHigh(テレビ)のおかげか、今は独立学区。レドンドビーチも独立学校区でうらやましい。
学校区に記号が付いて分けられるぐらい大きいと駄目駄目です>LA
そして、うちは…うーん。悩みは尽きないですね。
  1. 2009/09/05(土) 20:59:50 |
  2. URL |
  3. ミミ #6lg5qE/s
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/566-fa585cb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。