わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オバマ大統領・子供のための演説

 レイバーデイの週末開け、多くの学校は、今日から新学年が始まります。入学式も始業式もないアメリカでは、校長先生のお話、なんて物もないのですが、今年は全国一斉、大統領のお話がありました。この、大統領のスピーチは、ホワイトハウス公式サイトから視聴出来ます。ホワイトハウスが、全国の学校に生中継での視聴を要請したこのスピーチの模様、息子たちの学校では、若息子は授業中に生中継を見たけど、上息子は見せられなかったんだって。各教師の意向に任せたからでしょうか?なんか、裏で色んな思惑が渦巻いてそうで、面白い。

 うちには、まだTVが繋がっていないので、私はホワイトハウスのサイトで観たのですが、ほんと、校長先生のお話って感じね。保守派を中心に、政治理念の押し付けだとか、社会主義を植えつける目的だとかって文句がついて、演説内容は昨日のうちに公表されたのですが、学校に行きましょう、ちゃんと宿題をしましょう、目標を持って勉強しましょうという、正に「学問ノススメ」的なお話で、私には政治的なにおいは感じられなかったのですが、なんでも政治に結び付けてしまう、この国の風潮は、ちょっとどうかねぇ?と、思う。

 実際のところ、共和党のレーガン、父ブッシュ大統領は、同じような子供向けの演説をTV放映したことがあり、むしろ、なんで栗きんとん、子藪はしなかったのかな?と、思います。もっとも、自分自身の経験を交えながら、家が貧しいから、逆境にあるからという事は、学業を諦める理由にはならないと説くオバマ大統領の言葉は、坊ちゃんで何不自由なく育った放蕩息子、子ブッシュの演説なんかよか、ずーっと重みがあるでしょうが。

 子供向け大統領演説が気に入らないって理由には、例えば明日の夜、大統領の保険制度について重要なスピーチが予定されてるけど、大人はそれを見たくなきゃ見なくていいのに、子供には強制するんかい、オラオラ!ってのがあるらしい。でも、それなら、本読むの嫌いな子供にもジェーン・オースティン無理強いするんか、とか、無理矢理アメリカの歴史を教えるとは何たることか、ってレベルにまで問い詰めなきゃならんのではないかと思う。もっとも、この国は、人間は神様が造ったのに進化論を教えるなんてけしからん!ってのが、フツーに通ってしまう国だから、笑えないんだけど。それに、この道理では、始業式に終業式、ついでに朝礼なんかで、校長先生のお話なんてのを聞かされる日本の子供たちは、大いに人権を侵されていることになっちゃうね。

 学期初めに大統領直々に、一生懸命勉強しましょう、宿題しましょう、新学期です、抱負を持って頑張りましょう…いいではありませんか。政治的どころか、当たり前すぎる内容だけど、それを今まで子供達に伝えてなかったのがアメリカ。炎天下、貧血でぶっ倒れるまで話が続くわけで無し、大体、アメリカの子供は屋内で座ってTV見てたろうし、何の功罪があると言うのでしょう?いっそ、毎年やればいいと思うよ、私は。
  1. 2009/09/08(火) 17:51:01|
  2. アメリカ経済・政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<水曜日は医療保険改革の日 | ホーム | 夏の終わり>>

コメント

私たちの世代は、愛国心=極右のように言われたように思います。戦後日本も十分に成熟し、国民が、自国を愛していると、誇りに思うと、言える時代になったと思います。若い世代が、この国が好きだから、選挙の結果も気になる、他国の評判も気になると、堂々と言えるようになって来たことを嬉しく思います。
 実はまだ、通常運転には至っていないのですが、オバマ大統領の演説を見て、書かずにはいられませんでした。
  1. 2009/09/09(水) 20:02:08 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

連投ですね。

アメリカ国家としての教育理念の一つに民主・共和問わず、やはり愛国心や国益についての心を育てることを子供の頃からなじませておくような雰囲気がありますね。子供のころから意識させるというか。
どこかの国の曖昧な意識なのか教育なのか、また近隣諸国への配慮なのか、遠慮なのか分かりませんが愛国や愛国心などと言うと、なんだかあの時代を想起させてしまうような感じがして、大人もあまり触れようとはしない。もしかしたら大人たちも意識できないでいる。だからあからさまに国を愛するなどとは言えないのでしょう。
一部の国家機関と、一部の団体が高らかに叫んでいるくらいです。アメリカのそれと日本の一部の人たちが言っているそれは、少し意味合いが違ってきますが。

ところで、わにさんここ数日は正に怒涛のごとく、書きまくってますね。まるで甲子園の出場高校のエースピッチャーみたいじゃないですか。連投、連投。
いつもこんなペースだったんですか。こんなに書けるなんて素晴らしい。

”ぶっ飛び首相夫人に期待”もコメント寄せました。
  1. 2009/09/09(水) 05:58:24 |
  2. URL |
  3. Demee #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/570-cd0befb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。