わにの日々-海が好き!編

NY、DC、テキサス、コロラドを経て、大都会ロサンゼルスから、その郊外の海辺の街、レドンドビーチに移り住んだ、ぐうたら中年主婦・わにのトホホな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

胡散臭い

 もう二日前(土曜日)のことになりますが… 首都、ワシントン、D.C.で、オバマ政策に対する、大規模な反対デモがありました。オバマ政権の掲げる増税案や、危機にあった金融機関等に対する巨額の資金援助、そして、特に医療保険改革に対して、不満を表明するものです。

 このデモを組織したのは、テイーパーティー・エクスプレスという団体で、西海岸カリフォルニア州の州都・サクラメントを皮切りに、抗議活動をしながらアメリカ大陸を横断してきて、この日がその最終目的地、ワシントン、D.C.でのデモだったのです。ティーパーティーとは勿論、イギリス本国議会の植民地支配政策への抵抗として、東インド会社の積荷の紅茶をボストン湾に放り投げちまった1773年の事件、ボストン・ティーパーティーに因んだ名前。アメリカ独立革命の象徴的な出来事と見なされる事件ですが、この時、イギリス船に侵入した面々は、インディアンの紛争だってんだから、この頃から既に胡散臭い連中やったんやねぇ…

 と、昔話はそこそこに、このティーパーティー・エクスプレスたる団体に、保守派政治団体が資金を供給している事は、周知の事実です。保守派の中には、信心深いキリスト教徒が多いのですが、こういう時には、汝の隣人を助けよ的な慈善精神は発揮されないんでしょうか?わに夫にきいても、キリスト教に偏見たっぷりなものだから、あいつらクレージーだもん、って、返事しか返ってこない。使えんヤツだ。

 ともあれ、それが理由かどうかは知らんが、一応、医療保険改革に反対するのは、自分らの財布から他人の保険を支払うのがイヤだからではなく、これに伴う政府の役割拡大、これをまた拡大解釈して、社会主義的だからイヤってのが建前だそう。確かに、巨額の公的資金援助を得た金融機関が、どえらいボーナスを払ってたり、一方で差押さえで家を失うケースは減らず、失業率も上昇するばかり。バーナンキ達は、既に底は打った、アメリカ経済は復興に向かってる、なんて言うけど、未だ多くの庶民が、家や職を失う可能性に怯えている状況なのに、一部の統計を基に、さぁ景気は上昇しつつありますよ、皆さん、お金を使いましょう♪と、太鼓を叩いていいもんか?と、不安です。

 これに加え、経済と社会の基盤を担う筈の中流階級への税負担の増加に対しては、私も不満だけど、何といいますか、色々とお金が掛かって、財政収入が必要なのは判るけど、せめて、この税を支払うことによって、一般市民がどんな恩恵を受けることが出来るのか、を、具体的に示して欲しいような気もします。今みたいに、教育支出は削られ、道路や橋はボロボロのまま、銀行は助けましょう、戦争も続けましょう、じゃ、国民の負担に'対する説得力がない。需要を拡大し景気を回復させましょう、と、言いながら、税金でがっぽり貰っていきますよ、は矛盾してる。この増税によって、どんだけ経済が回復、拡大し、どんだけ市民の収入に影響を与えるのか、そこんとこ、判りやすく示して欲しいよね。
  1. 2009/09/14(月) 22:03:38|
  2. アメリカ経済・政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<新型インフルが忍び寄る | ホーム | シアワセは獣の臭い>>

コメント

実は私も、ペイリンのおばちゃんは、親しみの持てる別嬪さんやとは思うのですが、だからって大統領になれるかどうかは、ちょっと考えればわかりそうなのに。確かにオバマもおっとこまえ!だけど、だから支持する訳じゃないですしね。
 正直、ペイリンを選ぶまで、マッケインも面白いかも、って思っていたんです。共和党の中で革新派なところとか、イランからの撤退計画も現実的な気がして。でも、ペイリンを選んだところで、だめだ、こりゃ!になっちゃいました。
  1. 2009/09/21(月) 14:42:39 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

---ペイリンには特に、もー、どうにかしてよ、あのオバチャン!と、本気で思いますね。まじで大統領狙ってるんでしょうか。どんな悪い冗談だよ...

でも何か変に色っぽいところがあるみたいですね、人それぞれ好みがあるでしょうけど。ちなみに今日のロスアンゼルスタイムス によると、EーBayオークションで、セーラペイリンとの晩御飯が63500ドルで落札されたそうです。630万円でっせ‼

僕は、ペイリンは、マケインが落選した時のスケープゴートに選ばれただけだと思います。去年の選挙中はどうみても、マケインがかつ見込みは無かったので、衆院議員としての今後の活動に支障が出ないように、カラフルな相方が必要だったんでしょう、たぶん。キリスト教系右翼にここまで人気が出たのは、たぶん計算外だったと思います。
  1. 2009/09/19(土) 15:02:44 |
  2. URL |
  3. Honda #-
  4. [ 編集]

オライリー教ですか!?!そりゃ確かに、家族の集いが頭痛いですねぇ…って、二年連続、クリスマスも感謝祭もばっくれた私の言えたことではありませんがw

 ウォルマートは便利で安くて好きですが、ペイリンには虫唾が走ります。ジュリアーニも、9-11の一発屋だったと思います。ペイリンには特に、もー、どうにかしてよ、あのオバチャン!と、本気で思いますね。まじで大統領狙ってるんでしょうか。どんな悪い冗談だよ...
 以前、テキサスに住んでいた時、当然ながらブッシュ支持者が多かったのですが、ブッシュに投票するのは、一緒にビールを飲んだら楽しそうだから、なんてアホな理由なんですね。共和党って実は凄いエリート主義、富裕層優遇なのに、親しみやすげな馬鹿藪やペイリンなんかを旗印にして、庶民の目をくらまして、味方だと思わせてるだけって気がする...
  1. 2009/09/18(金) 22:20:25 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

義母 revisited

ところで、姑さんは、貧乏で、学歴がある訳でもなく、いわば社会的弱者です。共和党支援してウオルマートの発展に喜んで、一体自分に何が帰ってくると思うんやろ?とよく疑問に思います。もしかしたら、自分を犠牲にしてでも社会の発展を計るえらい人なのかもしれません。....いや、やっぱり馬鹿でしょう。
  1. 2009/09/17(木) 17:52:59 |
  2. URL |
  3. Honda #-
  4. [ 編集]

"It's a horrible idea to allow government to be involved in our private life" がトピックに関係なく、うちのインローズの見解です。何の問題でもその信念から抜けれないので、合理的な話はできません。もちろん、ペイリンの大ファンです。その前はジュリアーニの熱狂的な信者でした。宗教は、ビルオライリー教だと思います。サンクスギビングとか家族大集合のイベントはつらいです。自分の娘が元不法移民者と結婚したって知ってんのかなあ??
  1. 2009/09/17(木) 15:51:31 |
  2. URL |
  3. Honda #-
  4. [ 編集]

共産主義とはまた、えらい極端な気もしますが、アメリカ人にとって、政府が個人に何かするってことは、何か嫌悪感を感じるものなのでしょうか?もしかして、彼女はペイリン支持、とか??

 私の義母は民主党支持者ですが、敬虔深いキリスト教徒です。なぜか私とは気が合いませんw
  1. 2009/09/17(木) 08:07:30 |
  2. URL |
  3. わに #-
  4. [ 編集]

義母

嫁さんの母親は、合衆国が共産主義に変わってしまわないために、ラスベガスのテイーパーティに行きました。すごくいいことをしたと誇りに思っているようです。ただの馬鹿です。もともとのボストンテイーパーティは、"TaxationWithout Representation" にたいしての反発だったはずなんです。なんかやるんやったら、歴史的事実ぐらいしっかりせんかい!と私は、鼻息をあらくしてしまいました。ちなみに、以前は、地球温暖化を否定したので、うちに来たときに一日中公共交通機関を無理やり使わせました。

あまり私とは仲がよくないのはなぜでしょう??
  1. 2009/09/16(水) 08:18:37 |
  2. URL |
  3. Honda #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shirowani.blog41.fc2.com/tb.php/577-68552383
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。